2018年09月18日

祇園祭ごみゼロ大作戦2018  活動報告会&講演会開催のお知らせ

祇園祭のごみをゼロにすることをめざして2014年から始まった「祇園祭ごみゼロ大作戦」。
毎年のべ2000人のボランティアの手によって、リユース食器の回収とごみの分別が行われ、散乱ごみの減少やごみの減量の効果が表れ始めています。

日本有数のお祭で始まった取組みも5年目を終えました。
新しい試みも行った2018年活動の状況について報告します。

そして、世界的にプラスチック規制の流れが大きくなるなか、祇園祭での取組みはどのような意味やインパクトを持つでしょうか。
ジャーナリストで、東京2020オリンピック・パラリンピックの街づくり・持続可能性委員を務める崎田裕子さんを迎え、祇園祭ごみゼロ大作戦の意義やこれからの社会の動きを展望します。

またボランティアスタッフの交流会も開催します。
皆さんのご参加をお待ちしております。

【日時】
2018年9月24日(月・祝) 14:00〜18:30 (13:40開場)
14:00〜15:15 2018年活動報告
15:30〜16:45 講演会「脱・使い捨て!祇園祭ごみゼロ大作戦の意義〜Beyond 2020」
17:00〜18:30 ボランティア交流会

【場所】
ひとまち交流館京都 3階 第4会議室
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

【参加費】
報告会&講演会 :無料
交流会: カンパ制

【申し込み・お問い合わせ】
一般社団法人祇園祭ごみゼロ大作戦
できるだけ、フォームもしくはファックスでお願いします。
フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S69817854/
ファックス:075-205-1434
電話: 075-205-5297
posted by アジェンダ at 11:13| 祇園祭ごみゼロ大作戦

2018年09月01日

トークイベント「京都から考える成熟期の都市戦略2050」

IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業×京都カーフリーデー2018

京都市では、2017年12月にパリ協定に掲げる今世紀後半の脱炭素化の実現に向け、「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」を発表しました。また、2019年5月にはIPCC総会が京都市において開催されます。この機会に市民の皆様に環境について考えていただき、環境にやさしい取組を実践していただけるよう、市内各所で環境に関する多彩な講座やトークイベントなどを開催しております。

また、毎年9月16日から22日まで、ヨーロッパを始め世界中で行われている「ヨーロッパモビリティウィーク」は、欧州委員会環境総局が推奨しているプロジェクトです。京都では、2013年からJR二条駅西口周辺を会場として「京都カーフリーデー」を開催しており、2016年度からは環境省京都御苑管理事務所との共催で、京都御苑も会場になっています。

そこで、上記の機会を合わせ、交通や気候変動対策を含めた総合的な観点から都市づくりを進めることの重要性を広く市民の皆さまと一緒に考えるためのトークイベントを開催します。ぜひお気軽にお越しください。

日時:9月15日(土)14:00〜16:45
場所:京都御苑・閑院宮邸跡収納展示館内 レクチャーホール
(京都府京都市上京区京都御苑3)
アクセス:http://fng.or.jp/kyoto/access/index.html
定員:60名(申込先着順)
参加費:無料

プログラム
・基調講演「都市の質を向上させるための戦略」
講師:諸富 徹(京都大学大学院経済学研究科/地球環境学堂教授)
・情報提供「パリ協定の時代:世界で進む自然エネルギー100%の地域づくりと京都の役割」
講師:伊与田昌慶(特定非営利活動法人気候ネットワーク研究員)
・トークセッション
登壇者:諸富 徹、伊与田昌慶、
松田法子(京都府立大学大学院生命環境科学研究科専任講師)
進行:大國正明(京都カーフリーデー実行委員会実行委員長)

speakers.jpg

主催:京都市
運営実施:京のアジェンダ21フォーラム
共催:京都カーフリーデー実行委員会環境省京都御苑管理事務所
協力:特定非営利活動法人気候ネットワーク

申込み期日:9月1日(土)〜9月14日(金)まで
申込み方法:以下の申込フォームにご入力いただくか、メールかFAXで以下の必要事項をご記入の上お送りください。
@お名前 Aフリガナ B連絡先メールアドレス(メールアドレスがない場合は、FAX番号もしくは電話番号)
申込フォーム:http://bit.ly/2K65EN5

お申込み・問合せ先:京のアジェンダ21フォーラム事務所
TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

180915_1.jpg
ちらしのダウンロードはこちら
posted by アジェンダ at 13:28| お知らせ

京えこめる 2018年9月号(No.114)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年9月号
                       No.114
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 〇臨時総会のご案内
 ○トークイベント「京都から考える成熟期の都市戦略2050」
 ○京都カーフリーデー2018
◆京都市からのお知らせ
 ○IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業
◆京エコロジーセンターから9月のお知らせ
 ○おうちにあるもんde簡単パーティークッキング
◆その他のお知らせ
 ○リユースびんのRE100%をめざす
 ○今こそ脱プラ!これからの「循環型社会」
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 11:12| 定期発行物

2018年08月01日

「太陽光発電2019年問題」勉強会

2009年11月に太陽光発電の余剰電力買取制度がスタートした際に売電を開始した太陽光発電設備は、2019年11月には、10年間の余剰電力の買取期間が終了します。
そこで、再生可能エネルギーの普及の観点から、この問題の影響や対応などについて、皆さんと一緒に考える機会を持ちたいと思います。
ぜひ多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:2018年8月22日(水)14:00〜17:00(受付13:30〜)
会場:京エコロジーセンター シアター(1階)  
https://http://www.miyako-eco.jp/about/access.html
対象:一般など約50名(申込先着順)
内容(予定):
1.「2019年問題とは?」林 敏秋さん(再エネ工房)
2.「PV-Netの活動を振り返って」南里 弘さん(NPO法人太陽光発電所ネットワーク大阪地域交流会代表)
3.「再生可能エネルギーの固定価格買取制度について」岡村琢暢さん(近畿経済産業局エネルギー対策課課長補佐)  
4.ディスカッション
テーマ「太陽光発電2019年問題に備える」
コーディネート:豊田陽介さん(NPO法人気候ネットワーク主任研究員)
パネリスト:林 敏秋さん(再エネ工房)
      南里 弘さん(NPO法人太陽光発電所ネットワーク大阪地域交流会代表)    
参加費:無料
主催:京のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)
協力:京都府地球温暖化防止活動推進センターNPO法人太陽光発電所ネットワーク京都地域交流会
申込方法:問合せ先のメール・FAX・電話まで
1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(あれば) 4)連絡先(メールアドレス・FAX番号・電話番号のいずれか)
をお伝えください。

問合せ先:京のアジェンダ21フォーラム(担当:井上・山谷)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
電話:075-647-3535  FAX:075-647-3536  
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

京えこめる 2018年8月号(No.113)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年8月号
                       No.113
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○「太陽光発電2019年問題」勉強会
◆京都市からのお知らせ
 ○IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業を開
 始します!
◆京エコロジーセンターから8月のお知らせ
 ○エコセン☆夏休みワクワクひろば〜ミニイベントにみん
 な集まれ〜
 ○京都の木でイスを作ろう!
◆その他のお知らせ
 ○京商ECOサロン×京都市共同事業「環境マネジメントセ
 ミナー
 ○CSR活動公開セミナー「SDGs時代のCSRと森林」
 ○今こそ脱プラ!これからの「循環型社会」
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 11:19| 定期発行物