2018年01月15日

明徳小学校「わきの山」にあるチマキザサについて知ろう!

京都市立明徳小学校の学校林、通称「わきの山」には、「チマキザサ」と呼ばれるササが生えています。左京区北部の花脊・別所地域等に分布するチマキザサは、古くから祗園祭の厄除けちまきの材料や、和菓子等に使用されてきましたが、近年、数十年に一度の一斉開花・枯死の後、山間部で増加しているシカによる食害を受けるなどして、絶滅の危機に瀕しています。
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラムでは、中小企業等がチームを作って地域の環境活動を行う「京都環境コミュニティ活動(KESC)」として、学校や地域の方と一緒にわきの山の保全活動を行ってきましたが、このチマキザサを保全するため、専門家による学習会を開催いたしますので、ぜひご一緒に学びましょう。

日時 2018年2月3日(土)14時〜16時
場所 京都市立明徳小学校 ミーティングルーム
   (京都市左京区岩倉忠在地町 221)

プログラム
14:00〜15:00 お話「チマキザサの保全について」
 講師:東口 涼さん(京都大学大学院 農学研究科 森林科学専攻)
15:00〜15:15 移動
15:15〜16:00 わきの山現地見学(参加自由)

対象 生物多様性などに関心のある企業の方、地域の皆さま、学校・NPO・行政関係者など
参加費 無料
定員 50名
申込方法 @お名前 Aご所属(あれば) B連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)を
メールかFAXで下記申込先までお送りください。
主催 京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)
協力 京都市立明徳小学校

お問合せ・申込先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務局 (担当:井上)
電話 075-647-3535  FAX 075-647-3536
メール ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

180203_ページ_1.jpg
チラシのダウンロードはこちら↓
http://ma21f.jp/pdf/180203.pdf

チマキザサについては、こちらをご覧ください。
京生きものミュージアム(京都市生物多様性総合情報サイト)
http://ikimono-museum.com/column/relay/detail/150123101651
posted by アジェンダ at 16:34| 京都環境コミュニティ活動(KESC)

京えこめる 2018年1月臨時号(No.105)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年1月臨時号
                       No.105
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○明徳小学校「わきの山」にあるチマキザサについて知ろ
 う!
◆京都市からのお知らせ
 ○レジリエント・シティ京都市民フォーラム
◆その他のお知らせ
 ○CSR・地産地消・食のグリーン調達セミナー
 ○2017年度環境首都創造公開セミナー
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 15:16| 定期発行物

2018年01月12日

CSR・地産地消・食のグリーン調達セミナーのご案内

〜MSC「海のエコラベル」と株式会社ワコール様の社員食堂の取組を解説
MSC「海のエコラベル」と会社が取り組めるCSR・グリーン調達と従業員の健康食を解説します
セミナー案内PDF(約330KB)

平成27年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」に「持続可能な生産消費形態を確保する」「持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する」ことが掲げられています。この目標達成を目指した持続可能な漁業で獲られた水産物の国際的な認証制度である MSC(Marine Stewardship Council)の「海のエコラベル」について学ぶセミナーを開催します。

事業所では、会社経営において、社会的責任(CSR : Corporate Social Responsibility)活動を求められているところも少なくありません。社会的責任に関する手引きである国際規格ISO26000では、環境、消費者、コミュニティへの参画・発展、労働など7つの課題が挙げられていますが、最近従業員の健康増進に力を入れておられるところが増えています。社員の健康づくりの基盤ともなる社員食堂や会社弁当のメニューの改善に魚や野菜の積極的利用も注目されていることから、社員の健康を考えた社内食堂のメニューづくりのポイントを紹介頂く機会もつくりました。

SDGsの達成に向けた取組の一つとして、CSR、地産地消、食のグリーン購入、従業員の健康をつなげる活動のヒントを知るセミナーです。CSR活動、グリーン調達、社員食堂ご担当の皆様のご参加をお待ちしています。

日時:平成30年1月26日(金) 15:00〜16:30
会場:キャンパスプラザ京都 第4演習室
 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939(京都駅より徒歩5分)

内容
・講演「海のエコラベル・MSC 制度」
 講師 MSC(海洋管理協議会)日本事務所 プログラム・ディレクター 石井 幸造氏

・講演「社員の健康を考えた社員食堂メニュー開発(仮称)」
 講師 株式会社ワコール 総務部総務課 環境担当 崎川政文氏

・地産地消キャンペーン紹介及び全体質疑応答、名刺交換会

参加費:無料
定員:30名
申込方法:参加ご希望の方はKGPN事務局まで、会社・団体・自治体名、御所属、御氏名をご連絡ください。
連絡先:KGPN事務局
TEL 075-708-8551 Fax 075-708-8062
E-mail kgpn※dolphin.ocn.ne.jp(※を@に置き換えて下さい)

主催:KGPN(旧 京都グリーン購入ネットワーク)
共催:京のアジェンダ21フォーラム、特定非営利活動法人KES環境機構

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.k-gpn.org/2018/01/10/msc_180126/
posted by アジェンダ at 09:52| お知らせ

2018年01月05日

京えこめる 2018年1月号(No.104)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年1月号
                       No.104
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○新年のごあいさつ
 ○窓断熱セミナー「トイレの窓から始めよう!〜木枠で作
 る内窓〜」
◆京都市からのお知らせ
 ○「平成29年度京都市生物多様性セミナー」の開催につい
 て
 ○第9回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境
 文化学術フォーラム」国際シンポジウムの参加者募集につ
 いて
◆京エコロジーセンターから1月のお知らせ
 ○マレーシアにおける「低炭素社会実現に向けた人・コミ
 ュニティづくり」プロジェクト中間報告会
◆その他のお知らせ
 ○CSR活動公開セミナー「森林とSDGs時代のCSR活動」
 ○「海ごみ問題から考える私たちの暮らしとプラスチック」
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 16:42| 定期発行物

2017年12月27日

窓断熱セミナー「トイレの窓から始めよう!〜木枠で作る内窓〜」

内窓(うちまど)って知っていますか?
窓の内側にもう一つ窓をつけ、ペアガラスのように空気の層を作ることで、暖房した熱を外に逃がさないようにしたり、窓の近くの冷えを軽減する工夫のことです。

今回は、この内窓をテーマに学習会とDIYでの製作会を開きます。
製作はモニター3名を募集し、家の中の一番小さな窓、トイレの窓にトライしていただきたいと思います。
また、温度計の貸し出しをしますので、温度の計測もお願いすることになります。
ふるってご参加ください。

寒い冬の真っ最中に取り付けてみることで、その違いが実感できます。
木製の枠は、部屋の雰囲気もガラリと変わって思わぬリフォームです。

●日時:2018年1月10日(水)10時00分〜12時30分
●場所:まちなかエコライフ実験所 @京都市立朱雀第三小学校正門からすぐ
 ※詳しいアクセスは、申し込み時にお知らせいたします。
●内容:座学「窓断熱について」
    見学「木枠の窓断熱」
    製作「トイレの窓から始めよう!木枠で作る内窓」
●定員:20名 
 ※モニター(トイレの内窓を作る方)は、うち3名

●参加費:無料 
 ※ただし、モニター(トイレの内窓を作って持ち帰る方)は材料費(サイズによる実費)が必要。

●モニター募集:今回トイレの内窓を作る方は、実費のみで製作できます。寸法のはかり方など事前協議が必要ですので、お申込時にお知らせください。また、モニターとして温度の測定などをお願いいたします。あらかじめご了承ください。

○主催:京のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)
○共催:有限会社ひのでやエコライフ研究所

◆お申し込み:お名前、メールアドレス、電話番号、参加動機を以下の連絡先にお知らせください。
モニターとして、自宅用にトイレの内窓作りを希望される方は、その旨お申込時にお知らせください。
※なお、1月6日(土)正午の時点で3名を超える場合は、抽選とさせていただきます。

ひのでやエコライフ研究所(担当:オオゼキ)
TEL:070-5650-0769
メール:hinodeya@hinodeya-ecolife.com

◆予告(続編):別日程でも内窓作りのワークショップ(全2回)を開催する予定です。
今回参加された方は、2回目のみの参加でOKです。詳細は、当日お知らせいたします。
posted by アジェンダ at 12:07| お知らせ