2020年09月06日

京都の未来について議論するワークショップ

京都の未来について議論するワークショップ参加者募集!
〜2050年二酸化炭素排出量正味ゼロの実現に向けて〜
top1.jpg

京都市では、2050年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量正味ゼロを実現するため、「京都市地球温暖化対策条例」の見直し及び次期「京都市地球温暖化対策計画」の策定に向けて、検討を進めているところです。
この度、二酸化炭素排出量正味ゼロの実現のために、私たちの生活をどのように変えていくべきかについて、専門家からの地球温暖化等に関する情報提供や京都市の取組をもとに、皆様に御議論いただくワークショップをオンラインで開催しますので、お知らせします。
特に今回は、これまでにお仕事等で地球温暖化問題に直接関わっておられない方に御参加いただき、幅広い意見交換を行いたいと考えています。
京都、そして地球の未来を考える機会にしていただきたいと考えています。皆様の申し込みをお待ちしております。

日時:2020年10月10日(土)14:00〜17:00

開催方法:オンライン会議システム(Zoom)での開催
 ※御自宅等からのオンラインでの参加が難しい方は、当日、京エコロジーセンター(アクセス)へお越しいただき、そこから参加することも可能です。

参加対象者:次のいずれにも該当する方を対象とします。
・地球温暖化問題を専門に学ぶことや、仕事等で気候変動問題に直接関係する活動を日常的に行っていない方
・市内在住又は市内へ通勤・通学されている方

プログラム(予定)
(1)趣旨説明
(2)専門家による地球温暖化に関する情報提供
(3)グループに分かれて議論
(4)グループごとに発表
(5)まとめ

参加費:無料

定員:15名(申込多数の場合は、できるだけ参加者の年代や職業などの多様性を増すよう事務局で選考させていただきます。)

申込方法等
(1)9月28日(月)までに電子メールで必要事項(お名前、メールアドレス、年代(例えば20代など)、御職業)を御記入のうえ、件名を「ワークショップ申込」として事務局(agenda@ma21f.jp)までお申し込みください。御記入いただいた個人情報は、本ワークショップに限り使用されます。報告書に記載する際には、個人が特定されないようにデータの処理をいたします。
(2)9月29日(火)〜10月2日(金)の間に参加の可否を電子メールにて御連絡します。
(3)参加していただく方には、関連資料やZoom接続に必要な情報等を電子メールにて御送付しますので、必ず御確認ください。
  ※Zoomの接続設定等は御自身でお願いいたします。

主催:京都市
京都市の広報資料
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000274590.html

申込先・問合せ先:京のアジェンダ21フォーラム
(事務局)公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課(担当:井上、内藤)
電話:075-647-3535 FAX:075-647-3536 電子メール:agenda@ma21f.jp
電話対応時間:8:45〜17:30(土日祝を除く。)

▼京都市の情報については、以下をご覧ください。
【広報資料】「地球温暖化対策条例の改正骨子(案)」に関する市民意見募集の実施について
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000274796.html
posted by アジェンダ at 11:01| お知らせ

2020年09月01日

2020年度京のアジェンダ21フォーラム意見交換会

京都の未来について議論しませんか?
〜2050年二酸化炭素排出量正味ゼロの実現に向けて〜

201006.jpg

京都市では,2050年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量正味ゼロを実現するため,「京都市地球温暖化対策条例」の見直し及び次期「京都市地球温暖化対策計画」の策定について,検討を進めているところです。

今回の意見交換会では、様々な立場の方々の意見をお聞きし、京都市への提言や京のアジェンダ21フォーラムの今後の活動に活かすことを目的としています。2050年二酸化炭素排出量正味ゼロに向けては、様々な立場の人々が議論し、脱炭素社会への転換に向けて、共通の認識や社会像を作り上げていくことが重要であり、本ワークショップを、まずはそのスタートとしたいと考えております。脱炭素社会の主人公は皆様です。
ご参加お待ちしております。

日時:2020年10月6日(火)18:00〜20:00

会場:京エコロジーセンター3階 第1・2会議室
※希望者はオンライン参加(Zoom)も可

対象:京のアジェンダ21フォーラム会員及び気候変動問題に関心のある方

内容
1 京都市の地球温暖化対策についての情報共有
京都市地球温暖化対策条例改正骨子案のポイントを解説します。

2 2050年までにCO2排出量正味ゼロに向けたワークショップ
グループごとに話し合い、アイデアを付箋でまとめます。
・条例改正骨子案についての意見出し
・次期計画策定に向けた提案(具体的な取組等)

3 京のアジェンダ21フォーラムの取組についての議論
京のアジェンダ21フォーラムでは、市民・事業者・行政のパートナーシップで持続可能な社会づくりを目指す取組を行っています。今後の取組についてアイデアを募集します。

参加費:無料

申込期限:2020年9月25日 (金)

参加方法
<会員の皆様>
会員の皆様には、意見交換会のご案内を郵送します。同封の返信用はがきにて、出欠のご連絡をお願いいたします。

<関心のある方>
必要事項【お名前、メールアドレス、当日の参加方法(会場またはオンライン参加)】を記入の上、件名を「意見交換会申込」として以下の申込先までお申し込みください。ご記入いただいた個人情報は、本ワークショップに限り使用されます。報告書に記載する際には、個人が特定されないようにデータの処理をします。 

※会場は新型コロナウイルス感染症対策のため、人数制限をする場合があります。その際はご連絡いたしますので、オンライン参加をご検討ください。
※会場での参加にあたっては、新型コロナウイルス対策としてマスクの着用をお願いいたします。また、当日の体温が37.5℃以上の場合は参加をご遠慮ください。

▼詳細は以下のFacebookイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1103085250086768/

<申込先・問合せ先>
公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課(担当:井上,内藤)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13京エコロジーセンター内
TEL: 075-647-3535 FAX: 075-647-3536 E-mail: agenda@ma21f.jp

▼京都市の情報については、以下をご覧ください。
【広報資料】「地球温暖化対策条例の改正骨子(案)」に関する市民意見募集の実施について
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000274796.html
posted by アジェンダ at 17:24| お知らせ

京えこめる 2020年9月号(No.144)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2020年9月号
                       No.144
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○2020年度意見交換会
 ○オンライン版『事業所で守り育てる「和の花」写真展』
 公開
◆京都市環境保全活動推進協会からのお知らせ
 ○市内事業者向けオンライン特別セミナー「これなら始め
られるかも!? 0円ソーラー」
 ○みやこKAMADOKIプログラム受講生募集
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
 ○雲のみわけかた〜雲を知って、お天気博士になろう!〜
 ○簡単リメイクをしてみよう〜いらない服が子どものお気
 に入りに大変身!〜
 ○みつろうラップをつくろう
 ○環境活動パワーアップ講座2020
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
 ○企業向け講座「食べ物を捨てたくない。〜『佰食屋』が
 目指すもの〜」
 ○日々是好日(にちにちこれエコにち)〜今日も環境に良
 い一日を!〜
◆さすてな京都からのお知らせ
 ○「さすてな☆ゴミラプロジェクト」ものづくり現場の端
 材を使ったアートづくり
 ○さすてな☆リユース工作〜捨てれば「ごみ」使えば「素
 材」
 ○さすてな☆いきもの探偵団
 ○エネルギーのはてな?を実験しよう!「さすてな☆こど
 も発電所」
 ○さすてな講座「バイオマスエネルギーとは?」
 ○学習講座 横大路の自然を学ぶ連続講座2〜蘇らせる技
 術・守ってきた人々〜
 ○さすてな☆こどもごみ分別講座
◆京都市からのお知らせ
 ○令和2年度(第18回)京都環境賞の募集について
◆その他のお知らせ
 ○せいこうようちえんおひさまプロジェクト
 ○脱炭素社会のビジョンを考えるオンライン連続セミナー
 第4回
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 17:17| 定期発行物

2020年08月21日

市内事業者向けオンライン特別セミナー「これなら始められるかも!? 0円ソーラー」

京都市では、2050年までに二酸化炭素排出量正味ゼロの実現を目指し、本市最大の再生可能エネルギー源である太陽光発電の普及拡大を図っています。
近年、太陽光発電設備のコスト低減を背景に、初期費用ゼロで同設備を導入する新たなビジネスモデルである「0円ソーラー」が生み出されています。「0円ソーラー」により初期費用負担のハードルが下がることで、太陽光発電の更なる導入拡大が期待されるものの、現在、認知度が低いことが課題です。
この度、市内事業者を対象に、「0円ソーラー」に関するメリットや具体的な導入事例をはじめ、最新情報を知る機会を提供することで認知度や関心を高めることを目的に、下記のとおり、オンライン特別セミナー(Zoom)を初開催します。

日時:2020年9月18日(金)14:00〜16:15

内容
・京都市におけるこれからのエネルギー戦略(京都市
・脱炭素経営の推進に向けた太陽光発電設備普及に係る取組
株式会社エコスタイル
・自家消費型「0円ソーラー」モデルについて
NTTスマイルエナジー株式会社
(東京電力グループ TRENDE株式会社
・事例紹介(株式会社大川印刷
・質疑応答(登壇者にて、ご参加の皆様からの質問にお答えします)

参加費:無料

主催:京都市
後援:特定非営利活動法人KES環境機構

京都市内の事業者様であれば、どなたでもご参加できます。
セミナーの登録はこちらから
https://keaa.or.jp/info/1725

【京都市の広報資料】
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000273658.html

<問合せ先>
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会(担当:相澤、井上)
電話:075-647-3535 E-mail: agenda@ma21f.jp
電話対応時間:8:45〜17:30(木曜、土日祝を除く。)

IMG_6387.jpg
posted by アジェンダ at 15:07| お知らせ

2020年08月11日

みやこKAMADOKIプログラムキックオフイベント〜千年続く京、変わる京。

本イベントでは、京都市におけるSDGsの担い手として大学生のネットワークや学びの場づくりを行います。そこで今回、SDGsを学び、行動につながるキックオフシンポジウムを開催します。

・これまでとこれからのSDGsに資する取組や考え方について企業や団体から事例を紹介・前年度参加者から,前年度の活動や成果についてのプレゼンテーション
・講演者と参加者との質疑応答によるクロストーク
・事業説明と参加者同士のネットワーキング
の4つを行うシンポジウムになります。
本イベントは学生のみならず、SDGsに関心のある方が参加可能です。

○日時:2020年8月23日(土) 14:00-16:00
○参加費:無料
○対象:どなたでもご参加いただけます。(高校生・大学生・教職員・一般・行政職員・企業CSR・ SDGs担当者など)
○場所:オンライン(YouTube配信)

○イベント内容
〈開場・オープニング〉
〈趣旨説明〉
〈ゲストトーク1〉
株式会社坂の途中 海ノ向こうコーヒー吉村 友希氏
〈ゲストトーク2〉
石清水八幡宮 田中 朋清氏
〈学生トーク〉
昨年度みやこKAMADOKIプログラム受講生の2名が
印象に残っているプログラム内容や現在の活動をお話しします
〈クロストーク〉
〜これからの社会でどう生きるか。withコロナの学生活動を考える〜
登壇者:吉村氏・田中氏・学生2名
〈みやこKAMADOKIプログラム説明〉
〈クロージング〉

○参加申し込み:
参加をご希望される方は、以下のFacebookのイベントページで「参加」をクリックしてください!
https://www.facebook.com/events/682867498966134/

○イベント運営
主催:京都・関西SDGsネットワーク-みやこKAMADOKIプログラム-実行委員会(事務局:公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会)
後援:関西SDGsプラットフォーム,京都市,京都ユネスコ協会,公益財団法人大学コンソーシアム京都,京都新聞(予定)
令和2年度 ユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)採択事業

○問い合わせ
京都・関西SDGsネットワーク-みやこKAMADOKIプログラム-実行委員会
E-mail:kamadoki@miyako-eco.jp

詳しくは以下をご覧ください。
みやこKAMADOKIプログラム
https://kamadoki.net/archives/91

kickoffeyecatch_16.9-1280x720.png
posted by アジェンダ at 10:44| SDGs