2017年04月12日

祇園祭ごみゼロ大作戦2017 ボランティアスタッフ募集中!

祇園祭をごみゼロに!
みんなで楽しく世界に誇れる祭をつくりあげよう!
ボランティアスタッフ(個人・団体)大募集!!!

宵々山 :2017年7月15日(土)
宵 山 :2017年7月16日(日)
食器洗浄:2017年7月17日(月・祝)

2013年の祇園祭宵山期間に発生したごみの量は約57トン(内約1トンが資源物)。
2014年から始めた祇園祭ごみゼロ大作戦の取り組みにより同期間のごみの量は来場者が 12万人増加したにもかかわらず約42トン(内約8トンが資源物)となりました。
しかし、まだ多くの使い捨て容器等の大量のごみが排出されています。
祇園祭ごみゼロ大作戦は、繰り返し何度も洗って使用できる「リユース食器」を露店へ導入しごみの減量と散乱ごみの防止を実施する日本最大級の取組です。
今年4回目となる祇園祭ごみゼロ大作戦では、
共に活動を行うボランティアスタッフを募集しています。
四条通や烏丸通等にリユース食器の返却やごみの分別回収拠点として「エコステーション」を複数設置し、国内外から訪れる来場者に対し、呼びかけや散乱ごみの清掃などを行います。
ぜひご参加ください!

詳しくは、「祇園祭ごみゼロ大作戦」WEBサイトへ
http://www.gion-gomizero.jp/volunteer/

b1d6fc2ac966cba6757f3cc74c5fd7e6-1.png
posted by アジェンダ at 17:31| 祇園祭ごみゼロ大作戦

2017年04月01日

太陽熱で温水を作る。料理をする。

太陽光で電気を作るソーラーパネルが普及していますが、太陽熱でお湯を作るソーラーシステムはとても効率がよく、中国や発展途上国では普及しています。日本でもお湯を大量に使う福祉施設やホテル旅館などでは少しずつ導入が進んでいます。
都市部に住む私たちも、太陽熱を生かして、お湯を作ったり、料理をしたり、簡単な体験から学べることは多いと思います。
講師の福寿さんは経験が豊富な技術者さんです。
ぜひ、この機会にさまざまな事例を聞いたり、実験したり、交流しましょう。

●日時:2017年4月14日(金)10時30分〜12時30分
●場所:まちなかエコライフ実験所 @京都市立朱雀第三小学校正門からすぐ
 ※詳しいアクセスは、申し込み時にお知らせいたします。
●講師:福寿喜寿郎さん
 ※スバル望遠鏡など世界最先端の機器設備の開発に携わった技術者さんで、現在は太陽熱ボイラーなどを作っています。貧困地域で医療器具や飲料水の殺菌のために研究を始めたのがきっかけで、東日本大震災で仮設風呂へのお湯の提供や、ハウス栽培用の暖房や高齢者施設の給湯用にも開発されています。

●参加費:無料
●定員:20名
○主催:京のアジェンダ21フォーラム
○共催:有限会社ひのでやエコライフ研究所

◆お申し込み:お名前、メールアドレス、電話番号、参加動機を以下の連絡先に お知らせください。
京のアジェンダ21フォーラム(担当:井上)
FAX:075-647-3536
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
posted by アジェンダ at 15:43| お知らせ

京えこめる 2017年4月号(No.94)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2017年4月号
                       No.94
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○セミナー「太陽熱で温水を作る。料理をする。」
◆京都市からのお知らせ
 ○「京都市地球温暖化対策計画〈2011-2020〉」の改定につ
 いて
◆京エコロジーセンターから4月のお知らせ
 ○開館15周年&アースデイ記念イベント 豊かな暮らし
 と地球環境〜サスティナブル社会への新たな視点〜
◆その他のお知らせ
 ○映画「日本と再生 光と風のギガワット作戦」上映会@
 京都〜世界が自然エネルギー100%に向かうワケとは?〜
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 14:57| 定期発行物

2017年03月31日

季刊誌「あじぇんだ」2017年春号発行

京のアジェンダ21フォーラムの季刊誌「あじぇんだ」2017年春号を発行しました。

agenda2017spring.jpg

ダウンロードはこちら(PDF 7.5MB)

バックナンバーはこちら
posted by アジェンダ at 10:22| 定期発行物

2017年03月06日

グリーンインフラ・雨庭について学ぼう

私たちのくらしを支える「まち」を守るのに、コンクリートだけでなく、自然をうまく使う「グリーンインフラ」という考え方が注目されています。
このたび、都市のグリーンインフラとして「雨庭」に着目されている森本幸裕先生を、エコ改修で雨水利用施設やビオトープ「いのちの庭」を整備した朱雀第四小学校にお招きし、その意義や考え方について学ぶ機会を持ちたいと思います。
また、朱四学区での取り組みもご紹介し、そのインフラを地域ぐるみで維持・活用するためにどうすればいいかも合わせて考えたいと思います。どうぞお気軽にご参加ください。

日時:2017年3月27日(月)14:30〜16:30
場所:京都市立朱雀第四小学校 ふれあいサロン
(京都市中京区西ノ京笠殿町164)
アクセス
https://www5.city.kyoto.jp/map/?lat=35.014068890000000&lng=135.733651900000000&id=1000000772&zoom=18

プログラム
1 朱雀第四小学校の雨水利用施設・いのちの庭の説明
2 講演「グリーンインフラ・雨庭の意義(仮題)」
  森本 幸裕さん (京都学園大学教授・公益財団法人京都市都市緑化協会理事長)
3 朱雀第四学区「エコ学区 グリーンUPプロジェクト」の取組紹介
  谷内口 友寛さん (公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
4 雨水利用施設・いのちの庭・西ノ京公園の花壇見学

対象:みどり・雨水・防災・環境などに関心のある企業の方、地域の皆さま、学校関係者、NPO関係者、行政関係者など
参加費:無料
定員:30名(申込先着順)

申込方法:@お名前 Aご所属(あれば) B連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)をメールかFAX(チラシ裏面に申込用紙あり)で下記申込先までお送りください。

主催:京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム
協力:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会公益財団法人京都市都市緑化協会特定非営利活動法人KES環境機構

お問合せ・申込先:京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務局(担当:井上)
電話 075-647-3535  FAX 075-647-3536
メール ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

170327_ページ_1.jpg

チラシのダウンロードはこちら
posted by アジェンダ at 12:11| お知らせ