2014年10月01日

京えこめる 2014年10月号(No.58)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2014年10月号
                       No.58
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○糺の森ワンダーマーケットに出展します
 ○京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト スキル
 アップセミナー“環境への配慮”とは何か?
◆京都市からのお知らせ
 ○京都国際環境シンポジウム
◆京エコロジーセンターから10月のお知らせ
 ○『環境ボランティアはじめませんか?』京エコロジーセン
 ター環境ボランティア 第15期「エコメイト」募集!
 ○Ecology × International 〜えこいん話〜 vol.4
◆その他のお知らせ
 ○藤袴と和の花展
 ○ベランダで太陽光発電しよう!第5期
 ○京商ECOサロン2014「気候変動と自然災害」〜地域の水
 害リスクを知り、豪雨災害に備えるためには?〜
 ○野の塾 身近な草花、樹を知る〜鞍馬山の草花、樹と親
 しもう〜
 ○紙フェスin京都 〜遊びと学びの紙の世界〜
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○糺の森ワンダーマーケットに出展します
左京ワンダーランドの一環として開催される、「糺の森ワン
ダーマーケット」にて、再生可能エネルギーの普及について
出展します。
他にも楽しいイベントがありますので、ぜひお越しください。
日時:10月5日(日)9:00〜16:00
会場:下鴨神社糺の森
主催:左京ワンダーランド2014事務局&糺の森ワンダーマー
ケット企画部

詳しくは以下をご覧ください
糺の森ワンダーマーケット
http://sakyo-wonder.com/tadasunomori.html

○京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト スキルア
ップセミナー“環境への配慮”とは何か?
環境について意識が高まりつつある今、“環境への配慮”と
は何か、改めて考えてみませんか?
企業や地域で環境活動をされている方を対象に“エコな考え
方と視野を広げる方法”と“TPOに対応できる能力を身に付
ける”という2点に重点をおいたセミナーを開催します。得
意な分野や興味のあることをきっかけに、柔軟に考える・視
野を広げる・知る事で課題の解決やステップアップを図りま
す。興味のある方、これから活動を始めようとされる方も歓
迎です。
日時:11月18日(火)14:00〜18:00
会場:京エコロジーセンター
プログラム内容:施設見学、事例紹介、セミナー、交流会
是非ご参加ください。

詳しくは以下をご覧ください
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/103484765.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都国際環境シンポジウム
京都市では、国連の公式協議機関であり、地球環境分野の国
際自治体連合組織である「イクレイ−持続可能性をめざす自
治体協議会」に平成8年から加盟し、世界の自治体と連携し
た環境政策を推進しています。
本年11月6日にイクレイ東アジア地域理事会を京都で開催す
ることに併せ、「パートナーシップによる東アジアの持続可
能な低炭素都市づくり」をテーマに東アジアの自治体関係者、
研究者、環境保全団体等が一堂に会する「京都国際環境シン
ポジウム」を下記のとおり開催します。ふるってご参加くだ
さい。
日時:11月5日(水)10:00〜17:00
場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)アネックスホ
ールほか
主催:京都市
共催:イクレイ−持続可能性をめざす自治体協議会(東アジア
事務局、日本事務所)、京都府、大学共同利用機関法人人間文
化研究機構総合地球環境学研究所、公益財団法人京都高度技
術研究所、 特定非営利活動法人気候ネットワーク、公益財団
法人京都市環境保全活動推進協会(順不同)
後援:環境省、京都商工会議所、京都新聞、KBS京都、NHK京
都放送局(順不同)
[プログラム]
10:00〜10:40 オープニング
10:40〜12:00 基調講演
「地球温暖化のリスクと人類の選択〜IPCCの最新報告から
〜」江守正多氏(国立環境研究所地球環境研究センター気候変
動リスク評価研究室長)
「『東アジア低炭素共同体』構想とその具現化」周 瑋生氏
(立命館大学政策科学部教授、一般社団法人国際3E研究院院
長)
13:15〜15:30 分科会
「産業・技術」、「市民生活・くらし」、「教育」、「都市
づくり」の4つの政策分野の分科会における、日本、韓国、
中国、台湾、モンゴルの自治体、大学・研究機関及び環境団
体関係者等による事例発表と議論(詳細は、HP参照)
15:50〜17:00 全体セッション(総括)
各分科会で議論された内容等について報告、議論し、その結
果をもとに東アジアにおける環境保全に関する「宣言文」の
発表
参加者:東アジアの自治体関係者、研究者、市民、環境団体、
企業等1,000名
定員:オープニング・基調講演及び全体セッション1,000名
各分科会:約200〜400名
参加費:無料
その他:当日夕方、会場内で登壇者等との交流を目的に開催
する懇親会(参加有料)を予定しております。詳細は後日お知
らせいたします。
申込方法:代表者の氏名、郵便番号、住所、電話番号、FAX
番号、参加希望プログラム(オープニング・基調講演、分科会
(「産業・技術」「市民生活・くらし」「教育」「都市づくり」
の4つのうち、いずれか1つ)、全体セッション)及び参加希
望人数を記入し、往復はがき、ファックスで下記まで、又は
HPからお申し込みください。
申込期限:10月28日(火)必着
申込・問合せ先:「京都国際環境シンポジウム」参加受付事
務局(株式会社Jプロデュース内)
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル6F
TEL:06-4964-8871 / FAX: 06-4964-8809

詳しくは以下をご覧ください。
京都国際環境シンポジウム
https://kyoto-ies.jp

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから10月のお知らせ
------------------------------------------------------
○『環境ボランティアはじめませんか?』京エコロジーセンタ
ー環境ボランティア 第15期「エコメイト」募集!
「エコメイト」とは、京エコロジーセンターで活動する環境
ボランティアの呼称です。お客様への展示解説、環境学習プ
ログラムやイベントの企画・実施を通して、環境に配慮した
暮らしを市民の目線で広める活動をします。
現在、学生から社会人、主婦、シニア層まで幅広い世代の方々
が活躍中です。
環境ボランティアとしての活動にご関心をお持ちの18歳以
上の方であれば、どなたでもOK!まずは以下の日程で実施さ
れる事前説明会にご参加下さい。その後、養成講座を受講し
ていただき、活動に必要な知識や技術を学んだのち、「エコ
メイト」としてご登録いただきます。
募集期間:9月15日(月・祝)〜11月15日(土)
[事前説明会]
下記の日程にて説明会を開催いたします。職員が「エコメイ
ト」活動や京エコロジーセンターについて詳しくご説明しま
すので、ご都合の良い日時にぜひご参加ください。(事前説明
会の参加については、申し込み不要です。)
【事前説明会 日程】
10月3日(金)10:00〜/14:00〜
10月11日(土)14:00〜/19:00〜
10月20日(月)14:00〜/19:00〜
10月25日(土)10:00〜/14:00〜
11月2日(日)14:00〜/19:00〜
11月12日(水)10:00〜/14:00〜
※各回1時間程度を予定しております。
[エコメイト養成講座実施期間]
平成26年12月〜平成27年3月の間に計6回。詳しい日時は、
HPまたは募集チラシをご参照ください。
(エコメイトとしての活動開始は、平成27年4月からです。)
[養成講座会場・活動場所]
京エコロジーセンター(京都市伏見区深草池ノ内町13)
※最寄駅は京阪電車「藤森」駅、または市営地下鉄「竹田」
駅です。
お問合せ:京(みやこ)エコロジーセンター(京都市環境保全活
動センター)(担当:吉田、永島)
住所:〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
TEL:075-641-0911 FAX:075-641-0912
E-mail:boshu15@miyako-eco.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/activity/

○Ecology × International 〜えこいん話〜 vol.4
エコでインターナショナルなお話(えこいん話)第4弾です!
今回は、世界の環境問題や、環境教育を通じた国際協力の事
例紹介と、参加者同士の意見交換・交流を行います。
「Ecology × International」な視点で、私たちが世界や環
境のためにできることを一緒に考えてみませんか?
日時:10月15日(水)18:30〜21:00
対象:どなたでも(Ecology × Internationalのキーワー
ドに興味のある方)
定員:50名(先着順)
会場:京エコロジーセンター(1 階・シアター)
京都市伏見区深草池ノ内町13
アクセス:京阪「藤森駅」徒歩5分、近鉄・地下鉄「竹田駅」
徒歩12分
*駐車場はございません。公共交通機関でお越しください。
参加費:無料
主催:京エコロジーセンター
京都市職員国際協力研究会arco iris(アルコイリス)
後援:JICA関西
【プログラム】
パート@ きいてみよう! (18:30〜19:45)
事例紹介 「西アフリカ・ブルキナファソにおける環境教育」
石井敬己氏(平成21年派遣・ブルキナファソ/環境教育隊員)
事例紹介 「中米・ベリーズにおける環境教育」
古澤福太郎氏(平成22年派遣・ベリーズ/環境教育隊員)
パートA しゃべってみよう! (19:45〜21:00)
事例紹介を踏まえて、参加者同士での意見交換・交流をしま
す。
参加申込:お名前、連絡先を、下記の問合せ先まで電話・FAX
でご連絡ください。
京エコロジーセンターのHPからも申し込みができます。
*イベント申込みサイト:
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/08/ecology-international-vol4.php
お問合せ:京エコロジーセンター 担当:新堀(しんぼり)・
杉本(すぎもと)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
TEL:075-641-0911 FAX:075-641-0912
E-Mail:shinbori@miyako-eco.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○藤袴と和の花展
京都市都市緑化協会とKBS京都は、9月26日(金)から10
月5日(日)まで、「守ろう!古都の自然」をテーマとした
「藤袴と和の花展」を開催します。今年で6回目となります。
秋の七草の一つに数えられる藤袴(フジバカマ)は、万葉の
時代から日本人に愛されてきました。しかし、現在、自生す
る藤袴は京都府レッドリスト(2013)では、絶滅寸前種(京
都府内において絶滅の危機に瀕している種)に分類されてい
ます。
この催しは、四季の草花・木々の中で育まれてきた古都京都
の自然と緑の文化を守ろうという取り組みです。
梅小路公園内の「朱雀の庭」で、自生種の藤袴200鉢をはじ
め、京都の希少植物など約170種500鉢の和の花等を展示し、
合わせて保全の取り組みなども紹介します。是非ご来場くだ
さい。
日程:9月26日(金)〜10月5日(日)
時間:9:00〜17:00 (入園は16:30まで)
場所:梅小路公園 朱雀の庭 入園料(小学生以上)200円
主催:KBS京都、(公財)京都市都市緑化協会
後援:京都新聞、京都市観光協会、京都市交通局、JR西日本
特別協力:京都駅ビル開発(株)/ 京都市みどり政策推進室/
京都府立植物園/(一社)日本造園建設業協会京都府支部/
(一社)京都府造園建設業協会/京都市造園建設業協会
出展協力:梅小路公園花と緑のサポーターの会/ 大本花明山
植物園/ 乙訓自然を守る会/ 交野さくらそうの会/ 京都大原
山草園/ 松栄堂(株)/ 曽根造園/ 日本新薬山科植物資料館
(50 音順)及び、京都の園芸家のみなさん

詳しくは以下をご覧ください。
京都市都市緑化協会
http://www.kyoto-ga.jp/

○ベランダで太陽光発電しよう!第5期
エネルギーは創れても、使う一方ではだめで、省エネをして
初めて、創エネの価値があると思っています。電気のことや
省エネのことを学び、自分でソーラーシステムを設計し、作
る、全3回の、ちょっと面倒くさいけど、やりがいのある楽
しい講座です。
第1回 電気を知ろう!
10月10日(金)19:00〜21:30 Social Kitchen 2Fスペース
第2回 ソーラーシステムをデザインしよう!
10月17日(金)19:00〜21:30 Social Kitchen 2Fスペース
第3回 自分の家に合ったソーラーシステムを作ろう!
11月 1日(土)10:00〜17:00 ※参加人数により会場を確定
します。
参加費:全3回通しで 12,000円
単発の参加は 1回 3,000円
※単発参加は、講座受講のみで、太陽光システムに関するフ
ォロー、機材注文の相談受付などはありません。
ご家族やパートナー、仲間の方と一緒に参加され、かつパネ
ルがひとつで良い場合、2人目以降の方は 参加費1回1,000
円 こどもは無料
材料代:パネルやバッテリのサイズによって プラス10,000
円〜45,000円
会場へのアクセス:Social Kitchen 2Fスペース
http://hanareproject.net/access_contact/
定員:12組(全3回参加される方を優先します)
講師:ひのでやエコライフ研究所 山見拓
オプション:コントローラーを自作しよう!(参加費3,000
円)
バッテリー残量表示ランプや、過充電を防止するコントロー
ラーを自作したいという希望者がいれば、第2回と第3回の
間に、自作する回を設定します。
抵抗やダイオードなどの電子部品を、基板にはんだ付けする
ため、はんだ付けに慣れていない方は、かなり骨が折れます
が、達成感があると好評です。
この機会に、中学時代の技術の時間を思い出しませんか。自
作オプションは、2組以上の希望者があれば、開催いたしま
す。参加費は3,000円です。

詳しくは以下をご覧ください。
ひのでやエコライフ研究所
http://www.hinodeya-ecolife.com/article.php/2014091915010085

○京商ECOサロン2014「気候変動と自然災害」〜地域の水害
リスクを知り、豪雨災害に備えるためには?〜
近年は、台風や集中豪雨、地震、竜巻など、私たちの生活や
事業活動を脅かす自然災害が後を絶ちません。このような近
年の気候変動は地球温暖化の影響によるものなのでしょう
か?
今回の京商ECOサロンでは、近年の豪雨や台風の特徴、災害
の危険性を説明いただくとともに、我が国がこれまで行って
きた洪水対策の歴史を俯瞰しつつ、今後、地域の水害リスク
を評価し、管理するにはどうすればよいのかといった点につ
いてお話しいただきます。
変動する気候と社会の中で、気象災害によるビジネスへの影
響やリスク対策を考える機会としてお役立て下さい。
日時:10月14日(火)10:30〜12:00
テーマ:「気候変動と自然災害〜地域の水害リスクを知り、
豪雨災害に備えるためには?〜」
講師:堀 智晴氏(京都大学防災研究所水資源環境研究セン
ター教授)
場所:京都商工会議所 教室(2階)
<地下鉄烏丸線「丸太町」駅 6番出口より直結>
定員:先着100名 ※定員を超過の際は、お断りのご連絡を差
し上げます。
主催:京都商工会議所環境・エネルギー特別委員会
お申込み・詳細:http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_098923.html
お問合せ先:京都商工会議所 産業振興部 まちづくり推進
担当 tel 075-212-6443 fax 075-255-0428
e-mail shinkou@kyo.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都商工会議所
http://www.kyo.or.jp/kyoto/

○野の塾 身近な草花、樹を知る〜鞍馬山の草花、樹と親し
もう〜
まちなかや郊外で見かける、草花や植物の名前、そしてどん
な植物なのか、知っていますか?植物は私たちの生存の基盤
であり、暮らしに様々な恩恵をもたらすばかりでなく、心を
癒し、人類の文化を豊かにするような力を持っています。し
かし、現代の暮らしはそうした植物と私たちの暮らしのつな
がりを感じにくくなっており、そのことが生物多様性の破壊
につながっています。そこで、この講座では身近な植物の生
態、他の動植物との関連、人や文化とのかかわり等を知り、
植物とともに生きることの大切さを学びます。

講師:片山雅男氏(本会理事、夙川学院短期大学教授)
日時:10月18日(土)9:45受付開始 10:00〜16:00
ところ:鞍馬山
※詳しい集合場所は申込後にご連絡いたします
定員:20人(先着順)
参加費:会員 500円/一般 800円
主催:認定NPO法人環境市民
〒604-0934 京都市中京区麩屋町通ニ条下る225 第二ふや町
ビル405号室
TEL:075-211-3521 / FAX:075-211-3531
申込み:要申込み。申込みの際は、お名前、連絡先電話番号、
FAX番号、メール、会員or一般を環境市民までご連絡くださ
い。
イベント申込フォーム
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=7

詳しくは以下をご覧ください。
環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=171

○紙フェスin京都 〜遊びと学びの紙の世界〜
紙に関する様々な工作体験や暮らしに役立つ知識とエコが学
べる、紙とエコのフェスティバルを開催します。
「紙プール・ペーパークラフト」や「紙の楽器で音楽会」な
ど、楽しい催しがいっぱい!!
皆さまのお越しをお待ちしています。
日時:11月2日(日)10:00〜16:00
場所:京エコロジーセンター(京都市伏見区深草池ノ内町13)
内容:工作体験ブースやミニ講座,紙とエコに関する展示の
出展
対象:どなたでも
参加・申込:参加無料。ただし,各ブースとも工作材料がな
くなり次第受付終了。
申込不要(当日先着順・数に限りがありますので、あらかじ
めご了承ください)
主催:京都市ごみ減量推進会議
共催:京エコロジーセンター
協力:泉製紙株式会社・大津板紙株式会社・京都グリーン購
入ネットワーク・日本銀行京都支店

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/news/26.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2014年10月号(No.58)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2014年10月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーはこちら
posted by アジェンダ at 10:36| 定期発行物