2012年07月18日

『地球サミット「リオ+20」報告会&アースダイアログ in 京都 〜現地参加者の生報告とこれからの地球の未来に向けて〜』を開催します

京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム(京都市伏見区、代表:内藤正明)では、この度、アースデイ東京、地球
サミット2012Japanと共同で主催、一般社団法人環境パートナーシップ会議が共催し、本年6月にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連持続可能な開発会議「リオ+20」の報告会を京都で開催します。

1992年に開催された国連地球サミットでは、持続可能な開発のための行動計画「アジェンダ21」が採択されたほか、気候変動枠組条約や生物多様性条約が署名されました。その20年後の2012年6月、再びリオで「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が開催され、各国の首脳をはじめ、NGO、女性、先住民グループ、自治体、企業などから約4万5千人が集まり、私たちの望む未来について話し合いました。
 主なテーマとして、グリーンエコノミー、持続可能な開発目標(SDGs)などが話し合われたこの会議で、何が決まり、また決まらなかったのか。これからの未来へ向けて、私たちに問われていることは何なのか。
 報道では低調の声もあった地球サミット「リオ+20」ですが、現地に参加した各分野のゲストが実際には何を見て、何を感じたか、現場からの生の声を届けるとともに、地球の未来をどのように守っていけばいいのかを皆で考える機会にしたいと思います。

なお、今年の3月24日に同じ主催者でリオ+20のシンポジウムを行い、約100名の参加者に自分たちが望む未来について考えていただく場を持ちましたが、本報告会はその流れも汲むものとなります。

【開催日時】 2012(平成24)年7月28日(土) 16時〜19時30分
【会場】 京都テルサ 第2・3セミナー室 (東館2階)

◆添付資料
・広報チラシ(表・裏)

◆本件問い合わせ先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム (担当:井上和彦・石崎雄一郎)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコロジーセンター内(木・日曜休館)
TEL 075-647-3535  FAX 075-647-3536
E-mail ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp  URL http://ma21f.jp/

PDFのダウンロードはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:30| プレスリリース