2015年05月01日

京えこめる 2015年5月号(No.65)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2015年5月号
                       No.65
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦への寄付のお願い
◆京都市からのお知らせ
 ○市民協働発電制度地域コミュニティ版 支援コーディネ
 ーターの派遣について
 ○Live!Do You Kyoto? Vol.8〜音楽と自然を結ぶ〜
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
 ○自然の恵み味わいたい!〜ヨモギ団子を食べよう〜
 〇見て!触って!食べて!はちみつのヒ・ミ・ツ
◆その他のお知らせ
 〇平成27年度補助事業に係る公募説明会の開催について
 ○環境入門講座・野の塾【熱帯林破壊の現場からの報告〜
 私たちの暮らしとのつながりの視点から】
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○祇園祭ごみゼロ大作戦への寄付のお願い
本年も祇園祭の宵宵山・宵山(7月15日・16日)で、夜店や屋
台でリユース食器を導入し、ごみの減量を図る「祇園祭ごみ
ゼロ大作戦」を行います。京のアジェンダ21フォーラムも実
行委員会に参画しています。
そこで、今年度の祇園祭ごみゼロ大作戦への寄付を京都地域
創造基金を通じて募集していますので、ぜひご協力をお願い
いたします。
寄付募集期間:7月24日(金)まで
1口1,000円からのご寄付をお願いしています!
ご寄付は税制優遇措置の対象です。

詳しくは以下をご覧ください。
京都地域創造基金
http://www.plus-social.com/jigyo/kyoso/02.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○市民協働発電制度地域コミュニティ版 支援コーディネー
ターの派遣について
京都市では、昨年度、地域のコミュニティ組織(※)が主体と
なり、地域に太陽光発電や小水力発電など再生可能エネルギ
ー利用設備を設置しようとする意欲的な取組を支援するため、
地域住民の合意形成をはじめ、再生可能エネルギーを活用し
た発電事業に関する調査や事業化の検討等を行うコーディネ
ーター派遣制度を創設し、平成26年9月から、コーディネー
ター派遣を希望する団体を募集しました。
この度、昨年度に引き続き、コーディネーター派遣を希望す
る団体の募集を開始しますので、お知らせします。
※地域の町内会、自治会や商店街、マンション管理組合、各
種市民団体等(個人、個人事業者を除く)
派遣費用:無料
応募要件:応募者は、次の応募要件を全て満たすものとする。
・地域の町内会、自治会や商店街、マンション管理組合、各
種市民団体等であること。(個人、個人事業者は除く。)
・発電事業を実施しようとする施設、場所が明確になってい
ること。(ただし、施設、場所の管理者の合意が得られている
必要はありません。)
・京都市暴力団排除条例第2条第4号に規定する暴力団員等
又は同条第5号に規定する暴力団密接関係者でないこと。
応募について
受付期間:4月20日(月)〜平成28年2月29日(月)
派遣数:5団体程度を想定
派遣決定:応募書類等の内容や応募者へのヒアリング、現地
調査を踏まえ、派遣団体を決定
その他、詳細は下記ホームページ参照。
[募集要項等アドレス]
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000180974.html
問合せ先:京都市環境政策局地球温暖化対策室
TEL:222-4555

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000181032.html

○Live! Do You KYOTO? Vol.8〜音楽と自然を結ぶ〜
京都市では、「DO YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」
を合言葉に、地球温暖化防止に向けた取組を進めています。
来る5月31日(日)に、その取組の趣旨に御賛同いただいた
「Live! Do You KYOTO?実行委員会」との共催により、音楽を
通じて地球環境の大切さを考えるイベント「Live!Do You
KYOTO? Vol.8〜音楽と自然を結ぶ〜」を開催します。
同実行委員会は、「DO YOU KYOTO?」をPRいただく京都市「DO
YOU KYOTO?」大使として、ライブの開催のほか、木屋町
通周辺のまち美化活動などに取り組まれております。
出演アーティストやDO YOU KYOTO?のキャラクター・エコち
ゃんと一緒にみんなで、歌って、踊って、楽しくエコについ
て考えてみませんか?
日時:5月31日(日)14:30〜19:00(開場13:45)
会場:京都市円山公園音楽堂(地下鉄東西線「東山駅」から南
へ徒歩約13分、京都市バス「祇園」から東へ徒歩約5分)
*地球温暖化防止のため、会場には公共交通機関を御利用く
ださい。
主な出演者:サンプラザ中野くん、中西圭三、池田聡、face to
Ace、みのや雅彦、ノグチアツシ、岸孝志、秋人(順不同)
入場料:当日3,500円、前売り3,000円(全席自由)
・ 未就学児は無料
・チケットは、チケットぴあ(Pコード 257-844)で発売中
主催:Live! Do You KYOTO? 実行委員会(代表 秋人)
共催:京都市
後援:京都府、KBS京都
お問合せ先:Live! Do You KYOTO?実行委員会事務局((株)Star
Light Stage内) TEL:080-6185-0512
京都市環境政策局地球温暖化対策室
TEL:075-222-4555 / FAX:075-211-9286

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000179745.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
------------------------------------------------------
○自然の恵み味わいたい!〜ヨモギ団子を食べよう〜
エコセンの屋上で自然観察とヨモギの葉っぱ摘みをして、お
団子を作って食べます。
開催日時:5月16日(土)10:00〜12:00
対象:どなたでも(小学4年生以下は保護者も要参加)
定員:<先着>20名
参加費:200円
持ち物:エプロン・三角巾・手拭タオル・帽子・飲み物
会場:京エコロジーセンター 3階 エコ厨房
申込受付期間:5月1日(金)〜5月15日(金)
申込方法:参加者全員のお名前・連絡先を申し込み期間中に、
TEL(075−641-0911)、FAX(075-641-0912)、または来館にて京
エコロジーセンターまでお申込ください。

〇見て!触って!食べて!はちみつのヒ・ミ・ツ
甘くておいしいハチミツはどうやってできているのかな?
ミツバチの暮らしをのぞいてみよう!巣箱の見学や種類の違
うハチミツの試食もあるよ。(※巣箱の中にハチはいません。)
開催日時:5月31日(日) 1)11:00〜12:30 2)14:00〜15:30
対象:小学生以上(小3以下は保護者も要参加)
定員:<先着>各回20名
参加費:200円
会場:京エコロジーセンター 3階 エコ厨房
申込受付期間:5月15日(金)〜30日(土)
申込方法:参加者全員のお名前・連絡先を申し込み期間中に、
TEL(075−641-0911)、FAX(075-641-0912)、または来館にて京
エコロジーセンターまでお申込ください。
講師:比嘉彩夏 氏
 高校時代、はちみつの美味しさに気が
つき、探求し始め、はちみつは地球と繋がる食品だというこ
とを実感する。その後、ファスティングマイスターを取得し、
「人も地球もよくする」をモットーに活動している。現在は
ハニーコンシェルジュとして、養蜂やはちみつの魅力をお伝
えするためにイベントやセミナーを開催。2014年には日本初
となるすべてのドリンクに、はちみつを使用した「BARはち
みつ」をプロデュースした。
米川安寿 氏
 ハニーハンターとして、日々世界の美味しい
蜂蜜を探しながら、蜂蜜を食べることで花と緑の保全を実践
していく「蜂蜜ビジネス」を通した環境保全を目指し、まだ
知られていない美味しい良質な蜂蜜を食べていただき、ミツ
バチのことや、蜂蜜を作ることと自然環境を守ることのつな
がりを伝えている。
http://honeyrenaissance.com

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
〇平成27年度補助事業に係る公募説明会の開催について
(一社)京都産業エコ・エネルギー推進機構
当機構では、多様なエネルギーの活用による経営や次代の京
都経済を担うエコ・エネルギー産業の創出等の中小企業の取
組に対して、京都府、京都市をはじめオール京都体制で支援・
補助を行っています。
この度、平成27年度補助事業に係る公募説明会を下記のとお
り開催しますので、ご案内します。
[日時・場所]
<京都市会場>
日時:5月14日(木) 14:00〜16:00
会場:京都テルサ(京都市南区)
<山城会場>
日時:5月11日(月)  14:00〜16:00
会場:京都府山城広域振興局 宇治総合庁舎(宇治市)
<南丹会場>
日時:5月13日(水)  14:00〜16:00
会場:京都府立口丹波勤労者福祉会館(南丹市八木町)
<中丹会場>
日時:5月12日(火)  14:00〜16:00
会場サンプラザ万助(福知山市篠尾新町)
<丹後会場>
日時:5月15日(金)  14:00〜16:00
会場:京都府丹後広域振興局 峰山総合庁舎(京丹後市峰山町)
[対象事業(予定)]
・京都企業グリーンイノベーション市場参入支援事業
・京フェムス推進事業
・京-VER創出促進事業
・京都市省エネ・節電設備整備事業(京都市域のみ)
・KES認証普及促進事業
・中小企業省エネアドバイザー派遣事業
・その他事業
[参加申込み等]
各会場とも、参加には事前の申込みが必要です。
説明会の詳細及び申込みについては、下記ホームページをご
覧ください。 http://www.kyoto-eco.jp/common/pdf/setsumeikai2015.pdf
参加をご希望の方はホームページの参加申込書に必要事項
(会場名、法人・団体名、部署名・役職、氏名、電話番号、FAX
番号、Eメールアドレス)を記載の上、Eメール又はFAXにて、
各会場開催日の2日前までにお申込ください。
問合先・申込先:(一社)京都産業エコ・エネルギー推進機構
〒615-0801 京都市右京区西京極豆田町2 京都工業会館3階
TEL:075-323-3840 / FAX:075-323-3841 
Eメール:center.k-ecoene@k-ecoene.org

詳しくは以下をご覧ください。
京都産業エコ・エネルギー推進機構
http://www.kyoto-eco.jp/common/pdf/setsumeikai2015.pdf

○環境入門講座・野の塾【熱帯林破壊の現場からの報告
〜私たちの暮らしとのつながりの視点から】
熱帯林破壊は依然、止まっていません。生物多様性がとても
豊かな熱帯林の宝庫であるボルネオで今、起こっている熱帯
林破壊の原因は、私たちが日常の暮らしで誰もが使ったり、
食べたりしているものに大量に使用されているパーム油を採
るアブラヤシ栽培と密接な関係にあります。
遠い熱帯林の破壊と、私たち日本人の暮らしが繋がっている
ことに「気づき」、グローバルな経済社会の中でパーム油を
巡る様々な人や企業がこの問題に関わっていることを「学び」、
さらに環境に配慮した買い物をする人(グリーンコンシュー
マー)としてどのような「行動」が起こせるかを共に考えまし
ょう。
日時:5月24日(日)12:30〜15:00(開場12:00)
会場:東山いきいき市民活動センター(三条京阪駅から徒歩5
分)
アクセスはこちら→http://higashiyamacds.main.jp/access
話題提供者・ファシリテーター
石崎雄一郎さん(ウータン・森と生活を考える会 事務局長、
ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)
昨年12月に現地をつぶさに見て来られています
参加費:一般 1000円 / 環境市民会員 800円 当日入会者は
無料
プログラム(予定)
参加体験型のワークショプ形式で行う楽しい学びの場です。
*STEP1.【気づき】
ワークショップ1 「パーム油クイズ」とお話し
・ボルネオってどんなところ?
ボルネオの熱帯林と生物多様性/持続可能な先住民の暮らし
・ボルネオで起こっている環境破壊と私たちの暮らしとのつ
ながり
商業伐採・違法伐採/パーム油とアブラヤシプランテーション
*STEP2.【学び】
ワークショップ2ロールプレイ
*参加者が、ロールプレイを行うことで、パーム油が様々な
関係主体(ステークホルダー)が関っている問題であることを
学び、【行動】のヒントとします
・各自、映像「素敵な宇宙船地球号」を見て、登場人物を書
き出す。
・登場人物を「消費者」「プランテーション会社」「食品会
社」「NGO」「政府」「先住民」の6つのステークホルダーと
して書き出し、参加者をグループ分けする
・「パーム油を利用する私たちの暮らしと森に生きる動植物
や人々の暮らしを両立させるためにはどうしたらいいでしょ
う?」というお題で、各グループの立場で何ができるか考えま
す。
*STEP3.【行動】
ワークショップ3グリーンコンシューマーの視点から何がで
きるか考えましょう。
定員20名(下記までお申し込み下さい)
主催/申込み:認定NPO法人環境市民
TEL:075-211-3521(平日10:00〜18:00) / FAX:075-211-3531
E-mail:life@kankyoshimin.org

詳しくは以下をご覧ください。
認定NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=197

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2015年5月号(No.65)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2015年5月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 12:15| 定期発行物