2015年07月01日

KESエコロジカルネットワークの参加団体が94社になりました

京都市の生物多様性プランを推進していこうと、環境マネジメントシステム「KES」の登録企業を中心に、昨年度から京都の文化にゆかりのある希少植物の育成を広げる「KESエコロジカルネットワークプロジェクト」について、2015年度の取り組みが始まりました。
今年度は、昨年度からの葵祭に使われる「フタバアオイ」と源氏物語にも登場する「フジバカマ」の他に祇園祭の鉾町で飾られる「ヒオウギ」と東山の地名から名付けられた「キクタニギク」の育成に取り組んでいただきます。
5月29日に説明会、6月19日と26日に育成講習会を京都工業会館で開催し、最終的に京都市内の94社が参加することになりました。
京のアジェンダ21フォーラムも、KES環境機構京都市都市緑化協会京都駅ビル開発京都市などと協力して、この活動を進めています。

DSCF7991.JPG

IMG_1702.JPG

KESエコロジカルネットワークFacebook
https://www.facebook.com/kesecologicalnetwork
NPO法人KES環境機構
http://www.keskyoto.org/

これまでのKESエコロジカルネットワークについてはこちら
posted by アジェンダ at 15:27| KESエコロジカルネットワーク