2015年07月01日

京えこめる 2015年7月号(No.67)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2015年7月号
                       No.67
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○総会報告
 ○KESエコロジカルネットワークの参加団体が94社になり
 ました
 ○7月15日、16日に祇園祭ごみゼロ大作戦を行います
◆京都市からのお知らせ
 〇平成27年度(第13回)京都環境賞の募集について
 〇「KES導入講座」の開催について
◆京エコロジーセンターから7月のお知らせ
 〇連続セミナー「広報・ファンドレイジングセミナー〜「共
 感」を「参加」に!〜」ファンドレイジング入門編
 〇連続セミナー「広報・ファンドレイジングセミナー〜「共
 感」を「参加」に!〜」社会を変える寄付の取り組み方編
◆その他のお知らせ
 ○Climate Action Now!キャンペーン
 〇野の塾 ルカニ村のフェアトレード・プロジェクト
 ○宝が池連続学習会2015〜宝が池の豊かな自然を次世代に
 つなごう〜
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○総会報告
6月17日(水)、京エコロジーセンター1階シアターにて、
2015(平成27)年度総会を、当日出席者34名、委任状254名、
合計288名の会員の出席(当日会員数429名)を得て、開催し
ました。2014(平成26)年度事業報告・決算、2015(平成27)
年度事業計画・予算、役員の選任についての全ての議案が承
認されました。
その後、同じ会場で開催した会員交流会「サロンdeエコ」で
は、テーマごとに取り組みの中心となっていただいている方
からのリレーメッセージや、参加者どうしが語る時間として
グループトークを行いました。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
※詳しくは、7月上旬にお届けする季刊誌「あじぇんだ」夏
号にも掲載いたします。どうぞご覧ください。

○KESエコロジカルネットワークの参加団体が94社になりま
した
京都市の生物多様性プランを推進していこうと、環境マネジ
メントシステム「KES」の登録企業を中心に、昨年度から京都
の文化にゆかりのある希少植物の育成を広げる「KESエコロ
ジカルネットワークプロジェクト」について、2015年度の取
り組みが始まりました。
今年度は、昨年度からの葵祭に使われる「フタバアオイ」と
源氏物語にも登場する「フジバカマ」の他に祇園祭の鉾町で
飾られる「ヒオウギ」と東山の地名から名付けられた「キク
タニギク」の育成に取り組んでいただきます。
5月29日に説明会、6月19日と26日に育成講習会を開催し、
最終的に京都市内の94社が参加することになりました。
京のアジェンダ21フォーラムも、KES環境機構、京都市都市
緑化協会、京都駅ビル開発、京都市などと協力して、この活
動を進めています。

詳しくは以下をご覧ください。
KESエコロジカルネットワークFacebook
https://www.facebook.com/kesecologicalnetwork

○7月15日、16日に祇園祭ごみゼロ大作戦を行います
今年の祇園祭において、7月15日(水)の宵宵山、7月16日(木)
の宵山の2日間、主に露店でのリユース食器の導入や資源ご
みの分別、散乱ごみの清掃などを行う「祇園祭ごみゼロ大作
戦」を実施します。
京のアジェンダ21フォーラムもこの実行委員会に参画して
おり、皆様方には、寄付での支援、ボランティア協力、この
取り組みの広報・周知などで、ぜひご協力いただきますよう
よろしくお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
祇園祭ごみゼロ大作戦実行委員会
http://www.gion-gomizero.jp

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
〇平成27年度(第13回)京都環境賞の募集について
京都市では,環境に関する市民の関心を高め,様々な実践活
動の更なる推進を図ることを目的として,平成15年度に「京
都環境賞」を創設し,地球温暖化の防止や循環型社会の形成
をはじめとした環境の保全に貢献する活動を実践されている
市民や事業者の皆様を顕彰しています。
今年度は,8月31日(月)まで募集を行っていますので,皆様
のご応募をお待ちしています!
募集期間: 6月1日(月)〜8月31日(月)【必着】
問合せ・応募先:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒631-0806 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
北庁舎8階
TEL:075-222-3951 / FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.jp
その他:募集の詳細及び応募様式については,京都市ホーム
ページをご覧ください。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000183103.html

〇「KES導入講座」の開催について
京都市では,事業者の皆様が,環境にやさしい事業活動に継
続的,組織的に取り組むための仕組みである環境マネジメン
トシステム(以下「EMS」という。)の認証取得を促進していま
す。EMSを導入することにより,温室効果ガス排出量の削減
に加えて,省エネルギーによる経費節減,従業員の環境意識
の向上等の効果を期待することができます。
 この度,EMSの仕組みや導入効果を事業者の皆様に理解し
ていただくため,京都発祥で取り組みやすく,全国規模で普
及している「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード
(KES)」の導入方法を分かりやすく解説する講座を,下記のと
おり開催しますので,皆様のご参加をお待ちしております!
日時:7月15日(水)13:30〜17:00
会場:キャンパスプラザ京都4階 第4講義室
定員:70名(先着順)
受講料:1,000円(当日,受付でお支払ください。)
問合せ・申込先:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒631-0806 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
北庁舎8階
TEL:075-222-3951 / FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.jp
その他:講座の内容及び申込みの詳細等については,京都市
ホームページをご覧ください。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000183114.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから7月のお知らせ
------------------------------------------------------
〇連続セミナー「広報・ファンドレイジングセミナー〜「共
感」を「参加」に!〜」ファンドレイジング入門編
ファンドレイジング入門
環境活動を始め、「人集め」・「資金集め」に困っている、
これから新しく活動を始める団体・個人の方におすすめのセ
ミナーです。
「ファンドレイジングとは何か?」について基本的なことから
学び、実際に「ファンドレイジングを成功させるコツ」につ
いて考えます。環境活動におけるファンドレイジングの成功
事例紹介も交え、それぞれの活動に活かせるヒントを得ます。
開催日時:7月7日(火)18:30〜20:30
※このセミナーは連続セミナー(6月23日・7月7日・7月21
日)のうち7月7日のみの申込です。
テーマ「ファンドレイジング入門」
講師:社会福祉法人大阪ボランティア協会 常務理事 早瀬
昇氏
対象:どなたでも(新しく団体を始めようと思っている方、「人
集め」・「資金集め」で困っている方)
定員:70名(申込先着順)
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター 1階 シアター
申込受付期間:〜7月7日(火)
申込方法:参加者全員のお名前・連絡先を申し込み期間中に、
TEL(075−641-0911)、FAX(075-641-0912)、HPまたは来館に
て京エコロジーセンターまでお申込ください。

〇連続セミナー「広報・ファンドレイジングセミナー〜「共
感」を「参加」に!〜」社会を変える寄付の取り組み方編
社会を変える寄付の取り組み方
環境活動を始め、「人集め」・「資金集め」に困っている、
これから新しく活動を始める団体・個人の方におすすめのセ
ミナーです。
そもそも「寄付」とは何でしょうか?寄付をする、受ける・受
け取る、とはどういうことでしょうか?寄付にまつわる基本的
なお話から、京都発・日本初の市民コミュニティ財団である、
京都地域創造基金の仕組みと活用方法を、事例を交えながら
学びます。
開催日時:7月21日(火)18:30〜20:30
※このセミナーは連続セミナー(6月23日・7月7日・7月21
日)のうち7月21日のみの申込です。
テーマ「社会を変える寄付の取り組み方」
講師:公益財団法人京都地域創造基金 事務局長 可児 卓
馬氏
対象:どなたでも(新しく団体を始めようと思っている方、「人
集め」・「資金集め」で困っている方)
定員:70名(申込先着順)
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター 1階 シアター
申込受付期間:〜7月21日(火)
申込方法:参加者全員のお名前・連絡先を申し込み期間中に、
TEL(075−641-0911)、FAX(075-641-0912)、HPまたは来館に
て京エコロジーセンターまでお申込ください。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
〇Climate Action Now!
Climate Action Now! は2015年6月にスタートした気候変
動問題の解決のために、日本全体で取り組むキャンペーンで
す。2015年12月に、フランスのパリで気候変動解決のため
の国際会議(COP21)が行なわれ、世界中のあらゆる国々が温室
効果ガスの削減に向かっていく世界的なルールが作られるこ
とになっています。今、このパリ会議で温室効果ガスの大幅
削減に向けた意味のある国際的な合意ができるかどうか、そ
の鍵を握るのは、世界中の市民ひとりひとりが「気候変動問
題の解決」を求めていく声をあげていくことです。
本キャンペーンでは、気候変動問題に取り組むメンバーによ
って立ち上げ、次の三つのことを目的として様々なアクショ
ンを展開していきます。
(1)今すでに起きている異常気象や将来起こるであろう気候
変動の危機を広くたくさんの方に知ってもらうこと。
(2)環境に関わる団体や個人などと連携し、「Climate Action
Now!(今こそ気候保護行動をしよう!)」というメッセージを
市民から発信すること。
(3)2015年12月にパリで行なわれる気候変動の国際会議
(COP21)での合意と日本での気候変動対策の強化を促すこと
京のアジェンダ21フォーラムも賛同団体になっています。

詳しくは以下をご覧ください。
Climate Action Now!
http://climate-action-now.jp/

〇野の塾 ルカニ村のフェアトレード・プロジェクト
〜小さな農が未来を照らす その役割とは〜
今、小さな農(家族農業や小規模農業)の役割が、持続可能な
資源利用においても世界的に見直されようとしています。
私たちの暮らし、食は世界と密接に繋がっています。
一方、生産現地では資源の枯渇や環境汚染、労働環境、土地
の収奪など多くの問題も見えてきました。
その中で、家族農業や小規模農業は「持続可能な農業」を表
すひとつのモデルではないかともいわれています。
小さな農(家族農業や小規模農業)は、どんな役割を担うこと
ができるのでしょうか。
辻村英之先生にタンザニア、ルカニ村のフェアトレード・プ
ロジェクトを事例にお話しいただきます。
日時:7月11日(土)13:30〜15:30
※終了後、交流会をします。(参加任意)
場所:京エコロジーセンター
アクセス:最寄り駅 京阪藤森駅から徒歩5分、地下鉄竹田
駅から徒歩12分
※駐車場はありません。公共交通をご利用下さい。
講師:辻村 英之さん 京都大学大学院准教授
参加費:環境市民会員・学生500円(野の塾無料参加券利用可)
/一般 800円
ルカニ村フェアトレードコーヒー(1杯100円)
定員:30人(先着順)
申込み:お名前、電話番号、メール(あれば)、会員or非会
員の別を環境市民までご連絡ください。
主催/申込み:認定NPO法人環境市民
TEL:075-211-3521(平日10:00-18:00) / FAX:075-211-3531
E-mail:life@kankyoshimin.org

詳しくは以下をご覧ください。HPからもお申込頂けます。
認定NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=204

○宝が池連続学習会2015〜宝が池の豊かな自然を次世代につ
なごう〜
ナラ枯れとシカによる被害が広がり、環境が激変しつつある
宝が池の森。被害を食い止め、美しいツツジが咲き誇り、多
様ないのちが躍動する森を守り再生していくために、今、私
たちができることをスタート!森を育て、活かしていくため
に必要な知識と技術をフィールドで楽しみながら身につけて
いきます。前半は『森と水』『土壌』『野生生物』の視点か
らの基礎知識を、後半は「計画・行動・モニタリング・順応
的管理」といった継続活動のための考え方やノウハウを、実
践的に学びながら 『森の将来像』も描いていきます。全6
回の連続講座。
対象:中学生以上
第一回『森とつながる水域の生物の生息環境』
日時:7月18日(土)10:00〜15:30
場所:宝が池公園周辺(上高野防災会館)
宝が池の森と川・池のつながりと生物多様性について学びま
す。宝が池の水が流れ込む川、高野川(長代川)で川の環境や
生物調査を行い、水域の環境について考察します。
講師:竹門康弘氏(京都大学防災研究所准教授/深泥池水生生
物研究会)、森川裕之氏(NPO法人NATURE WORKS)
主催:(公財)京都市都市緑化協会、京都府立大学森林科学科
参加費:一般1,000円、学生500円(1回のみの参加も受け付
けています:200円)
申込み方法:FAX,メール、ハガキ
応募記載内容:イベント名、名前、ふりがな、年齢、住所、
電話番号、メールアドレス
申込先:(公財)京都市都市緑化協会 宝が池子どもの楽園管
理事務所(野田・小川まで)
京都市左京区上高野流田町8 宝が池公園子どもの楽園管理
事務所:TEL:075-781-3010 / FAX:075-781-4422
E‐mail:kaerusenpai@kyoto-ga.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市都市緑化協会
http://www.kyoto-ga.jp/event/2015/07/18_1857.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2015年7月号(No.67)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2015年7月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 15:11| 定期発行物