2016年02月01日

京えこめる 2016年2月号(No.77)



―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2016年2月号
                       No.77
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 〇セミナー「国連の持続可能な開発目標(SDGs)を地域で考
 える」
◆京都市からのお知らせ
 〇事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」
 〇第7回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境
 文化学術フォーラム」国際シンポジウムの開催について
◆京エコロジーセンターから2月のお知らせ
 〇木のおもちゃで遊ぼう!木育キャラバンin京都
◆その他のお知らせ
 〇フェア・ファイナンス・スクールin京都〜市民の手で金
 融をグリーン&エシカルに〜
 〇第2回・第3回企業向けごみ減量実践講座
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
〇セミナー「国連の持続可能な開発目標(SDGs)を地域で考え
る」
昨年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」
について、その内容、目的、目標達成のための考え方などを
知り、地域で、私たちや企業、NGOなどがどう関わるか、関
われるかを考えるセミナーを開催します。
今後、SDGs達成のために、関西を中心とした地域の多様なセ
クターや活動間で、必要な情報交換や協力などが進められる
ような関係づくりのきっかけとなればと考えています。
皆さまのご参加をお待ちしております。
日時:3月2日(水)14:00〜17:00(開場13:30)
場所:キャンパスプラザ京都4階第3講義室
(京都駅から徒歩5分)
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
[プログラム]
話題提供「持続可能な開発目標(SDGs)の概要と国内外の動き
〜企業やNGOはどう捉えるべきか〜」
星野智子さん(一般社団法人環境パートナーシップ会議副代
表理事)
情報提供1「SDGsに向けて企業ができること」
中西宣夫さん(サラヤ株式会社研究調査員)
情報提供2「SDGsに向けて国際協力NGOの視点」
加藤良太さん(NPO法人関西NGO協議会提言専門委員)
情報提供3「地域における市民主体のESD活動から」
上村有里さん(NPO法人とよなかESDネットワーク理事長)
質疑応答・全体ディスカッション
登壇者:星野智子さん、中西宣夫さん、加藤良太さん、上村
有里さん
コーディネーター:井上和彦(京のアジェンダ21フォーラム)
参加費(資料代):一般500円、京のアジェンダ21フォーラム
会員無料
定員:100名(先着順)
主催:京のアジェンダ21フォーラム
後援(予定):NPO法人KES環境機構、認定NPO法人環境市民
申込方法:以下HPの参加申込フォームに入力していただくか、
http://goo.gl/forms/qlrB0Zme8L
参加者全員の1)お名前、2)ご所属(あれば)、3)会員・非会員
の区別、4)連絡先(電話・FAX・メールなど連絡のつくもの)
を明記の上、下記までお申込みください。
(お知らせいただいた個人情報は本セミナーの参加者管理以
外の目的には使用しません。)
申込・問合せ先:京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセ
ンター内(木・日・祝休み)
TEL:075-647-3535 / FAX:075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
〇事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」
当課で作成しております、事業ごみ減量ニュースレター「ご
みゅにけーしょん」の第23号を発行しました。
【ごみゅにけーしょんの紹介文】
京都市では、平成32年度までにごみ量を平成12年度のピー
ク時から半分以下に減らすという目標を掲げ、その達成に向
けた重点戦略の一つとして、事業ごみの減量対策に積極的に
取り組んでいます。
その一環として平成23年度から事業ごみ減量ニュースレタ
ー「ごみゅにけーしょん」を発行しています。
第23号やバックナンバーは以下のホームページからダウン
ロードできます。

意見送信フォームもこちらから。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000171032.html

〇第7回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境文
化学術フォーラム」国際シンポジウムの開催について
「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術
フォーラムでは、毎年、世界で地球環境の保全に著しい貢献
をされた方々を顕彰するため、「KYOTO地球環境の殿堂」表
彰式を開催するとともに、殿堂入り者等を講師とする国際シ
ンポジウムを開催しています。
今年度は、第7回の殿堂入り者として、デヴィッド・スズキ
氏、セヴァン・カリス・スズキ氏、ハーマン・E・デイリー氏
を表彰するとともに、デヴィッド・スズキ氏の記念講演及び
同氏をパネリストに迎えパネルディスカッションを行います。
日時:2月13日(土)13:00〜17:00
場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池) メインホール
表彰式等
(1)「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式 13:00〜14:15
・殿堂入り者表彰式(認定証授与、記念品贈呈)
・殿堂入り者記念スピーチ デヴィッド・スズキ氏、セヴァ
ン・カリス・スズキ氏(ビデオメッセージで出演)、ハーマン・
E・デイリー氏(ビデオメッセージで出演)
主催:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会
(京都府・京都市・京都商工会議所・環境省・大学共同利用機
関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所・公益財団法
人国際高等研究所・公益財団法人国立京都国際会館)
(2)「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム 14:30
〜17:00
タイトル:世代を超えて、未来を守る
・殿堂入り記念講演
・パネルディスカッション
パネリスト:デヴィッド・スズキ氏、松尾依里佳氏(ヴァイオ
リニスト)、枝廣淳子氏(東京都市大学教授、幸せ経済社会研
究所所長)
コーディネーター:井上章一氏(国際日本文化研究センター副
所長)
主催:「京都環境文化学術フォーラム」
(京都府・京都市・京都大学・京都府立大学・大学共同利用機
関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所・大学共同利
用機関法人人間文化研究機構 国際日本文化研究センター)
申込期間:2月9日(火)まで
申込方法:氏名、郵便番号、住所、電話番号を御記入の上、
はがき、ファックス、Eメール又はHPにて申込み
申込先:「KYOTO地球環境の殿堂/京都環境文化学術フォー
ラム」参加受付事務局(株式会社インターグループ内)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル
TEL:06-6372-3051 / FAX:06-6376-2362
E-mail:earth-kyoto@intergroup.co.jp
HP:http://www.pref.kyoto.jp/earth-kyoto/
問い合わせ先:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会事務局
/京都環境文化学術フォーラム事務局(京都府環境部地球温暖
化対策課内)
TEL:075-414-4830 / FAX:075-414-4705
E-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000192317.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから2月のお知らせ
------------------------------------------------------
〇木のおもちゃで遊ぼう!木育キャラバンin京都
国内外の良質な木のおもちゃで遊んで、木と触れ合おう!
エコセン館内が2日間、約300種類の木のおもちゃでいっぱ
いになります。木の手触りや香りや色の違いも感じながら、
自由に遊ぼう!
日時:2月27日(土)、28日(日)10:00〜16:30
対象:どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴でお越しくだ
さい)
入場:無料(木のおもちゃ作りワークショップは有料)
申込:不要(木のおもちゃ作りワークショップは先着順)
協力:NPO法人日本グッド・トイ委員会、東京おもちゃ美術

※来場者多数の場合は、安全のため入場制限や入替制とさせ
ていただくことがあります。
・木のおもちゃづくりワークショップ 〜親子で一緒に木のお
もちゃをつくろう!〜
・京都の木で小さな家を作ろう
木を紙やすりで磨き、色を塗って小さな家を作ります。木の
感触を楽しみましょう♪色んな木の紹介もあるよ。(所要30
〜60分程度)
日時:2月27日(土)10:00〜12:00、13:00〜16:00(最終受付)
対象:どなたでも(小学生以下は要保護者同伴)
参加費:300円/1つ
定員:当日先着50名
講師:グリーンウッドワークかんさい
・木メダル作ろ!
ハンドドリルと木づちで、目や髪の毛を作ります。金具を付
けてリボンを通すと、木メダルの完成です♪(所要30分程度)
日時:2月28日(日)10:00〜12:00、13:00〜16:00(最終受付)
対象:どなたでも(小学生以下は要保護者同伴)
参加費:500円/1つ
定員:当日先着100名
講師:木のおもちゃ作家 多胡歩未氏
申し込みの期限:2月28日(日)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
〇フェア・ファイナンス・スクールin京都〜市民の手で金融
をグリーン&エシカルに〜
銀行に預けたお金が、実は戦争や気候変動を促進してしまう
事業に使われることがあるってご存知ですか?
たとえば、日本の大手銀行から、クラスター爆弾という一般
市民を殺傷する非人道的兵器を製造する企業に約900億円、
CO2を大量に排出する化石燃料関連企業へ約15兆円の投融資
が実施されていることが、最近の調査で判明しています。
「環境破壊や戦争にお金を使うような銀行にはお金を預けた
くない」と誰もが思うはず。
そこで、2014年12月に立ち上がったのが銀行の投融資方針
を「気候変動」「人権」「兵器産業」などテーマごとに比較
するウェブサイト「フェア・ファイナンス・ガイド(Fair
Finance Guide)」日本版(http://fairfinance.jp/)です。
「フェア・ファイナンス・ガイド」とはどんなものか、どう
すれば私たち市民からお金の流れをもっとエシカルなものに
変えていけるのか、一緒に考えてみませんか。
日時:2月5日(金) 19:00〜20:45(18:45開場)
会場:ひと・まち交流館 京都 3階第3会議室
主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
協力:認定NPO法人環境市民
参加費:800円/主催・協力団体会員500円/学生無料
申込み方法:以下のURLからお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/1JfofSswkMjw7bq3mztVfgMRivoIgH9BgFGGBrzMILvI/viewform?c=0&w=1
プログラム(予定)
講演及び全体コーディネート:土谷和之(A SEED JAPAN共同
代表)
講演「Fair Finance Guide とは?」質疑&ディスカッション
私たちの預けたお金がフェアに使われるためにできること

認定NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=220

〇第2回・第3回企業向けごみ減量実践講座
・ごみもリスクもコストも減らす−企業のごみ減量・リサイ
クル
年々厳しくなる事業所に対する適正処理、リサイクル、廃棄
物減量に関する社会的要求…。廃棄物管理ご担当の皆さまは、
頭を悩ますことも多いかと思います。
前職 積水ハウス(株)において、廃棄物適正処理責任者、ゼロ
エミッションプロジェクト責任者を歴任し、現在は産業廃棄
物処理を中心としたコンサルティングを行う上川路宏氏から、
リサイクルルートの開拓・リスク管理・コスト管理をキーワ
ードに様々な事例や実務のポイントをお教えいただきます。
日時:2月9日(火)14:00〜16:30
場所:京都市消費生活総合センター 研修室
定員:35名(先着順)
参加費:京都市ごみ減量推進会議会員無料/会員以外1,000円
申込締切:2月8日(月)
・見学ツアー 大阪湾フェニックスセンター神戸沖埋立処分場
大阪湾広域臨海環境整備センター(通称:大阪湾フェニックス
センター)は、大阪湾に4つの海上埋立処分場をもち、近畿2
府4県から排出される一般廃棄物や産業廃棄物の最終処分を
行っています。今回は、いわゆる管理型最終処分場である神
戸沖埋立処分場を訪問し、最終処分の現場を見学します。
日時:3月9日(水)竹田駅11:50集合〜17:30帰着予定
訪問先:大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニック
スセンター)神戸事業所及び神戸沖埋立処分場
集合場所:京都市営地下鉄竹田駅出入口4周辺(西口バスター
ミナル)
定員:25名(先着順)
参加費:京都市ごみ減量推進会議会員500円/一般1,000円
申込締切:2月29日(月)
主催:京都市ごみ減量推進会議/京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会、一般社団法人京都府産業廃
棄物3R支援センター
申込・問合せ先:京都市ごみ減量推進会議 事務局
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセ
ンター活動支援室内
TEL:075-647-3444 / FAX:075-641-2971
E-mail:sanka@kyoto-gomigen.jp
HP:http://kyoto-gomigen.jp/

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/97.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2015年2月号(No.77)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2016年2月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 11:43| 定期発行物