2016年06月01日

京えこめる 2016年6月号(No.83)



―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2016年6月号
                       No.83
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 〇平成28年度総会開催のご案内
 〇祇園祭ごみゼロ大作戦2016ボランティアスタッフ大募
 集
◆京都市からのお知らせ
 〇平成28年度(第14回)京都環境賞の募集について
 〇〜エコ活動の知恵と工夫を学ぼう!〜「京都環境賞受賞
 者の活動発表会」の参加者募集について
 〇「平成28年度第1回KES導入講座」の参加者募集につい
 て
◆京エコロジーセンターから6月のお知らせ
 ○かえっこバザールinエコセン
 ○私の部屋が発電所!?〜ソーラー発電組み立てワークシッ
 プ〜
◆その他のお知らせ
 ○アースガーデン・植月さんの ヨーロッパ・サスティナブ
 ル・コミュニティ訪問レポート
 ○世界を地域を持続可能に!「未来をはぐくむ買い物ゲー
 ム」
 ○国立研究開発法人国立環境研究所 公開シンポジウム
 2016
 ○第12回近畿の環境団体情報交流会
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
〇平成28年度総会開催のご案内
京のアジェンダ21フォーラム2016(平成28)年度総会を6月
22日(水)に開催させて頂きます。万障お繰り合わせのうえ、
ご出席くださいますようお願い申し上げます。
*総会開催のお知らせは、会員様には郵送にてお送りさせて
頂いております。お手元に届きました際は大変お手数ですが
出欠確認用はがきをアジェンダ事務局まで御返送頂けますよ
う、よろしくお願い致します。
日時:6月22日(水)14:00〜15:00(13:30受付開始)
会場:京エコロジーセンター 1階シアター
(京都市伏見区深草池ノ内町13)
http://www.miyako-eco.jp/about/access.html
※駐車場はございません。電車・バス等でお越し下さい。
◇総会
[議案(予定)]
1)2015(平成27)年度事業報告について
2)2015(平成27)年度収支決算について
3)2016(平成28)年度事業計画について
4)2016(平成28)年度収支予算について
◇会員交流会(サロンdeエコ)
時間:15:15〜17:00
会場:総会と同会場(京エコロジーセンター 1階シアター)
内容:2015年に国連で17の目標と169のターゲットをもつ
持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。環境・経済・
社会を包括した内容は、今後の地球温暖化対策などの指標と
なるかもしれません。この目標を、京都ではどう実行できる
かを考えるワークショップを開催します。
参加費:無料
※終了後、会場近くのお店で懇親会を開催します。(会費制
3,500円程度の予定)こちらも事前にお申込ください。
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセ
ンター内(木・日・祝休み)
TEL:075-647-3535 / FAX:075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/

〇祇園祭ごみゼロ大作戦2016ボランティアスタッフ大募集
祗園祭をごみゼロに!みんなでさらに誇れる祭をつくりあげ
よう!
前祭:7月15日(金)宵宵山、16日(土)宵山
食器洗浄:7月17日(日)
後祭:7月21日(木)宵宵宵山〜23日(土)宵山
2013年の祗園祭宵山期間に発生したごみの量は約57トン(内
約1トンが資源物)。2014年から始めた祗園祭ごみゼロ大作
戦の取り組みにより、同期間のごみの量は来場者が12万人増
加したにもかかわらず約42トン(内約8トンが資源物)となり
ました。しかし、まだ多くの使い捨て容器等の大量のごみが
排出されています。
祗園祭ごみゼロ大作戦は、繰り返し何度も洗って使用できる
「リユース食器」を露店へ導入し、ごみの減量と散乱ごみの
防止を実施する日本最大級の取組です。
現在、祗園祭ごみゼロ大作戦2016では共に活動を行うボラン
ティアスタッフの募集をスタートしています。四条通や烏丸
通等にリユース食器の返却やごみの分別回収拠点として「エ
コステーション」を複数設置し国内外から訪れる来場者に対
し呼びかけや散乱ごみの清掃などを行います。
今年度は、前祭に加えて後祭や食器洗浄などにもボランティ
アの皆さんの活動を広げていきます。ぜひご参加ください!
(活動に関する寄付はこちら)
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=43

詳しくは以下をご覧ください。
祇園祭ごみゼロ大作戦
http://www.gion-gomizero.jp/volunteer/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
〇平成28年度(第14回)京都環境賞の募集について
京都市では、環境に関する市民の皆様の関心を高め、様々な
実践活動の更なる推進を図ることを目的として、平成15年度
に「京都環境賞」を創設し、地球温暖化の防止や循環型社会
の形成をはじめとした環境の保全に貢献する活動を実践され
ている市民や事業者の皆様を顕彰しています。
今年度は、6月1日(水)から募集を開始しますので、皆様ぜ
ひ御応募ください!
募集期間:6月1日(水)〜8月31日(水)【必着】
応募・お問合せ:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
北庁舎8階 TEL:075-222-3951 FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000197861.html

〇〜エコ活動の知恵と工夫を学ぼう!〜「京都環境賞受賞者
の活動発表会」の参加者募集について
京都市では、環境保全に貢献する活動を実践されている個人
又は団体の皆様を表彰する「京都環境賞」を平成15年度に創
設し、毎年優れた取組を表彰しています。
この度、平成27年度受賞者の活動発表会を、6月の環境月間
及び平成28年度の募集期間(6月1日〜8月31日)に合わせて
下記のとおり開催します。皆様の御参加をお待ちしています!
日時:6月29日(水)13:30〜16:00
会場:キャンパスプラザ京都 第4講義室
(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
お申込・お問合せ:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
北庁舎8階 TEL:075-222-3951 FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000197876.html

〇「平成28年度第1回KES導入講座」の参加者募集について
京都市では、市内事業者の皆様に、環境にやさしい取組を継
続的、組織的に進めていただくため、京都発祥の環境マネジ
メントシステムの規格である「KES」の導入促進を図っていま
す。KESを導入し、省資源化や省エネルギー等の取組を進め
ることは、社員の環境意識の向上や経費節減等の効果を生み
出し、さらには企業のイメージアップにもつながります。
この度、KESの仕組みやKESステップ1の取組手順を分かり
やすく解説する「KES導入講座」を、京都商工会議所の「京
商ECOサロン」との共同事業として、下記のとおり開催しま
す。KESの導入をお考えの方は、この機会に是非御受講くだ
さい。
日時:7月8日(金)13:30〜17:00
会場:京都商工会議所 2階教室(京都市中京区烏丸通夷川上
る)
主催:京都市、京都商工会議所
お申込・お問合せ:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町
488 北庁舎8階 TEL:075-222-3951 FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000197886.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから6月のお知らせ
------------------------------------------------------
○かえっこバザールinエコセン
人気のおもちゃの交換会
おうちで遊ばなくなったおもちゃをもって、あそびに来てね!
少し早く来てお店の準備の時間(11:00〜12:00)にお手伝いを
しても、カエルポイントがもらえるよ!
詳しくはこちら↓
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/kaekko/
開催日時:6月19日(日)13:00〜15:00
対象:どなたでも(子どもと、子どもの心を持った大人の方)
参加:無料
持ち物:よりすぐりのおもちゃ、1人、5つまで!
※カードゲーム、ゲームソフトはかえっこ出来ません。
場所:京エコロジーセンター
※駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。

○私の部屋が発電所!?〜ソーラー発電組み立てワークショッ
プ〜
[3回連続イベント]エネルギーの自給を始めてみませんか!?
自分で組み立てたソーラー発電システムで電気の自給を始め
てみませんか!?座学と実習を通して、電気やエネルギーの基
礎を学び、ミニソーラー発電所を組み立てます。家庭の省エ
ネについても考えてみましょう!
※今回のワークショップでは12W〜100Wのパネルを使います。
開催日時
第1回:6月26日(日)13:30〜16:00
「電気やエネルギーについて知ろう!」電気やエネルギーの基
礎知識、パネルやバッテリー等、各パーツの役割、危険性を
学びます。
第2回:7月3日(日)13:30〜16:00
「省エネを知って、発電システムをデザインしよう!」効果的
な省エネを知り、太陽光活用の幅を広げます。自分に必要な
システムの設計をします。
第3回:7月24日(日)10:30〜16:00
「自分の家に合ったソーラーシステムを作ろう!」第2回で注
文したパーツで、自分のソーラーシステムを製作します。
対象:小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
※すべての回に参加できる方限定
定員:先着10組30名
参加:7,500円/組・全3回分
※別途、材料費が必要。(組み立てサイズにより、12Wで9,000
円程度〜100Wで35,000円程度〜)※同伴の家族の方の参加費
は無料です。
講師:有限会社ひのでやエコライフ研究所
申込受付期間:6月1日(水)〜6月25日(土)
申込方法:参加者全員のお名前・連絡先を申し込み期間中に、
TEL:075−641-0911、FAX:075-641-0912、HP、または来館に
て京エコロジーセンターまでお申込ください。
詳細は、以下HP発電WSチラシをご覧ください。
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/発電WSチラシ.pdf

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○アースガーデン・植月さんの ヨーロッパ・サスティナブ
ル・コミュニティ訪問レポート
〜スウェーデン・マルメ市(Malmo)とデンマーク・モンシェ
ゴー(モンクスゴー、Munksoegaard)を中心に〜
植月千砂さんはかやぶきの里で有名な京都府南丹市美山町で
パーマカルチャーデザインを参考にした持続可能性に向けた
暮らしを試み、提案する「アースガーデン」を主宰されてい
ます。植月さんが最近訪ねたヨーロッパのサスティナブル・
コミュニティのなかから、スウェーデンのマルメ市とデンマ
ークのモンシェゴー(モンクスゴー、Munksoegaard)を中心
に、映像とお話で紹介していただきます。環境と経済、社会
を同時に満たすまちづくり・ライフスタイルとは?
私(たち)は何をめざして、どう生きるべきか。日常の生活
のあり方を振り返る機会になれば幸いです。
日時:6月4日(土)14:00〜16:00(13:30受付開始)
場所:東山いきいき市民活動センター2F集会室
定員:50人
参加費:一般800円、環境市民会員500円
共催:NPO法人環境市民、アースガーデン
参加お申し込み:下記情報を添えてお申し込みください。
お名前、お名前のふりがな、電話番号、メールアドレス、環
境市民会員/一般
申込先:NPO法人環境市民
TEL:075-211-3521 FAX:075-211-3531
E-mail:life@kankyoshimin.org
下記フォームからもお申し込みいただけます。
https://goo.gl/8HZLZK

詳しくは以下をご覧ください。
NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=225

○世界を地域を持続可能に!「未来をはぐくむ買い物ゲーム」
環境市民は、買い物の選択を変えることで、環境、経済、社
会を持続可能なものに変える「グリーンコンシューマー活動」
に日本ではじめて取り組み、全国的に展開を続けてきました。
2016年1月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)
では、取り組みの一つに「持続可能な消費」が明記され、世
界的な大きな動きとなりつつあります。
環境市民では、グリーンコンシューマー活動を発展・深化さ
せ、市民のチカラで持続可能な消費を実現していこうと、2016
年には「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク
(以下ネットワーク)」を全国各地の多様なNGO・団体とと
もに立ち上げ、活動を始めました。
今回、環境市民が長年続けてきたグリーンコンシューマー活
動を楽しくわかりやすく理解できる定番ワークショップ「買
い物ゲーム」に消費が抱える様々な課題を加えた新しい「買
い物ゲーム」を行います!
日時:6月11日(土)15:15〜16:45
場所:東山いきいき市民活動総合センター 集会室
(京都市東山区三条通大橋東入2丁目下る巽町442番地の9)
定員:30人(先着順)
参加費:無料
申込み:必要。申込はこちら
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=226#p
(本イベントは第14回環境市民通常社員総会の第2部イベン
トとして開催します)
プログラム
●ミニレクチャー〜海外の事例から〜
・「ITの力でエシカル消費を簡単に 〜オーストラリアの事
例から〜」 本会コーディネーター 有川真理子
・「ドイツ、アメリカの事例」 本会代表理事 癘{育生
●ワークショップ「買い物ゲーム」
持続可能性に配慮した、電力は? ポテトチップス? Tシャツ
は? コーヒーは?

詳しくは以下をご覧ください。
NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=226

○国立研究開発法人国立環境研究所 公開シンポジウム2016
守るべき未来と「環境」の今〜地球・生物・循環・安全・社会の
半歩先を語ろう〜
国立環境研究所では、本年4月に第4期中長期計画の下に活
動を開始したことを受け、本シンポジウムでは、これまで重
要な環境問題に対し展開してきた研究プログラムを中心に研
究成果の発表を行いたいと考えています。特に、研究分野と
しては、地球温暖化、循環型社会、化学物質評価・管理イノ
ベーション、東アジア広域環境、生物多様性、持続的社会、
小児・次世代環境保健、災害環境研究などを取り上げ、環境
問題の「今」や「未来」について発表を行い、参加者の皆様
との情報交換を行いたいと考えております。
今回の公開シンポジウムでは、6つの講演及び、研究者がご
来場者の皆さまと対話をしながらご説明するポスター発表
(19件)を予定しています。
[京都会場]
日時:6月17日(金)11:45〜17:45
場所:ロームシアター京都
プログラム
11:45〜13:00 ポスターセッション(19題)
13:00〜 開会挨拶 理事長 住明正
13:10〜 講演1三枝信子「地球をめぐる温室効果ガス―どこ
でどれだけ減らせるか?―」
13:45〜 講演2角谷拓「生物分布の変化を予測し保全に活か
す」
14:20〜 講演3鈴木規之「環境における安全とはなにか?」
14:55〜15:10 休憩
15:10〜 講演4大原利眞「東日本大震災後の災害環境研究で
学んだこと、そしてこれから」
15:45〜 講演5田崎智宏「実践!地域のリサイクルシステム
を構築する」
16:20〜 講演6松橋啓介「社会の持続可能性と個人の幸福」
16:55〜 閉会挨拶 理事 原澤英夫
17:00〜17:45 ポスターセッション
(内容は11:30からのポスターセッションと同じですが、この
回には講演者も参加します)
参加申し込み方法:次のいずれかの方法によりお申し込みく
ださい。なお、参加費は無料です。
(1)「公開シンポジウム2016」公式ホームページ
(http://www.nies.go.jp/event/sympo/2016/index.html)
(2)ハガキ・FAX:氏名、連絡先住所、電話番号・FAX番号・
E-mailアドレス、参加希望会場を明記の上、下記登録事務局
宛にハガキまたはFAXにてお申し込みください。
お問合せ:国立環境研究所公開シンポジウム2016登録事務局
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
TEL:03-5966-5784 / FAX : 03-5966-5773
E-mail:info_nies2016@stage.ac

詳しくは以下をご覧ください。
国立環境研究所
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20160426/20160426.html

○第12回近畿の環境団体情報交流会
〜キラリ!未来へつながる2日間〜
いよいよ開催まで1か月をきり、「日帰り参加」の募集も開
始いたします!これまでに、近畿各府県の20代から70代ま
での、エネルギー、自然保護、食と農、ごみ、子どもの環境
教育などに取り組む40団体複数名からの申込みがございま
した。ひきつづき、宿泊や活動発表の希望も受付中です。
地域を越え分野を越えて、「未来」につながる話をしません
か?ご参加お待ちしています。
日時:6月24日(金)12:30〜25日(土)15:00(1泊2日)
場所:生駒山麓公園ふれあいセンター(奈良県生駒市)
内容
(1日目)活動事例発表(10分) 発表団体募集中!
(2日目)テーマ別分科会(90or180分)
・若者の参加を増やそう!(担当:里山倶楽部 寺川裕子)
・事務局スタッフ集まれ!(担当:自然倶楽部I(アイ) 數井
美智子、エコネット近畿 辻郁子)
・地域とつながるには?(担当:はちのじ 足立哲)
・日常の消費と地球のつながり(担当:京のアジェンダ21 石
崎雄一郎)
・これも環境問題!はざまの課題(1)(2)(担当:あおぞら財団
栗本知子、ジュゴン保護キャンペーンセンター 正阿彌崇子)
・参加者募集テーマ(担当:里山倶楽部 新田章伸)
参加費
・日帰り:食費1または2食・税含む
一般 6,000円(発表しない団体)、4,000円(発表する団体)
エコネット近畿会員、学生 3,000円
・宿泊:食費3・税含む
一般 8,000円(発表しない団体)、7,000円(発表する団体)
エコネット近畿会員 5,000円、学生 4,000円
*交流会申込同時のエコネット近畿入会可。即日会員割引適

定員:100団体(名)定員になり次第締切
企画・運営:近畿の環境団体実行委員会2016
主催:特定非営利活動法人近畿環境市民活動相互支援センタ
ー、一般財団法人セブン-イレブン記念財団
後援:大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県
大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」
お問合せ先、お申込先:NPO法人エコネット近畿 
Tel:06-6881-1133  Fax:06-6949-8288
Email:yoyaku@econetkinki.org

詳しくは以下をご覧ください。
NPO法人エコネット近畿
http://econetkinki.org/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2015年6月号(No.83)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2016年6月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 14:47| 定期発行物