2017年01月06日

京えこめる 2017年1月号(No.90)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2017年1月号
                       No.90
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○新年のごあいさつ
◆京都市からのお知らせ
 ○「京都市環境教育・学習基本指針(素案)」に関する市民
意見募集について
 ○第8回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境
 文化学術フォーラム」国際シンポジウム
◆京エコロジーセンターから1月のお知らせ
 ○海の恵みをいつまでも〜世界の水産資源を守るための子
 ども講座〜
 ○おうちで挑戦!毎日食べたい味噌づくり
◆その他のお知らせ
 ○「京都自転車マップ」改訂新版 クラウドファンディン
 グスタート!
 ○京都府地球温暖化防止活動推進員(第8期)の募集につい
 て
 ○連続セミナー「和の花と生き物文化の再生」
 ○木質バイオマスでイノベーション「WoodLuck(ウッドラッ
ク)#6 in 京都」
 〇家庭の庭づくり講習会
 ○企業向けごみ減量実践講座
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○新年のごあいさつ
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
2015年12月のCOP21パリ会議で採択された「パリ協定」が
昨年11月には発効し、国際的な枠組みを意識した中での地域
の取り組みが重要性を増していると感じています。
しかし、地域でも国際社会でも多様な課題が存在し、気候変
動問題の解決だけを考えていくことは難しいのが実情です。
そこで、多様な課題を網羅し、あらゆる人が関係する2030年
までの国際的な目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」
が大きなヒントになるのではないでしょうか。これを京都で
どのように活用できるか、皆さまと一緒に考え、実践してい
きたいと考えておりますので、本年もどうぞよろしくお願い
いたします。

なお、年末に発送を予定しておりました季刊誌「あじぇんだ」
2016〜2017年冬号につきましては、まもなく会員の皆さまに
お届けいたしますので、今しばらくお待ちください。

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「京都市環境教育・学習基本指針(素案)」に関する市民意
見募集について
京都市では、「京都市環境基本計画(2016〜2025)」において、
持続可能な社会を構築するうえで、最大の「鍵」となるのが、
環境に関する知識・意識の向上及び行動の活性化であるとの
認識の下、基本施策の1つに、「環境教育・学習を通じた理
解と行動の促進及び人材の育成」を位置付けています。
本市における環境教育・学習の取組は、学校、地域、NPO、企
業、行政等の様々な主体が、京都議定書誕生の地としての誇
りや使命感を持ち、お互いに協働・連携し、展開されてきま
した。
今後、その取組をより一層促進し、あらゆる場において、ラ
イフステージに応じた、質の高い取組が実施されるよう、環
境教育・学習促進の方向性等を示すものとして、新たに「京
都市環境教育・学習基本指針」を策定することとしました。
この度、本指針の素案を取りまとめ、下記のとおり、市民の
皆様からの御意見を募集しますので、お知らせします。
募集期間:2016年12月26日(月)〜2017年2月10日(金)
提出方法:郵送、FAX、電子メール、意見送信フォーム(京都
市ホームページ内の市民意見募集のページ※に設置)、持参の
いずれかの方法により提出してください。様式は自由です。
市民意見募集パンフレットに添付の「御意見記入用紙」を御
利用いただくこともできます。
なお、電話では受け付けておりませんので、御了承ください。
※市民意見募集のページのURL
http://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/kankyo/0000212355.html
市民意見募集パンフレットの配布場所:市役所案内所、情報
公開コーナー、各区役所・支所等で配布します。また、市民
意見募集のページからもダウンロードが可能です。
応募・お問合せ先:〒604-8005 京都市中京区河原町通三条
上る恵比須町427 番地 京都朝日会館5 階 
※窓口の受付時間(持参の場合)8:45〜17:30
TEL:075-222-3450 / FAX:075-222-3426
E-mail:kankyosomu@city.kyoto.lg.jp
ホームページ:http://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/kankyo /0000212355.html

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000212818.html

○第8回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境文
化学術フォーラム」国際シンポジウム
「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術
フォーラムでは、毎年、世界で地球環境の保全に著しい貢献
をされた方々を顕彰するため、「KYOTO地球環境の殿堂」表
彰式を開催するとともに、殿堂入り者等を囲む国際シンポジ
ウムを開催しています。
今年度は、下記のとおり開催することとなりましたので、お
知らせします。
日時:2月11日(土・祝)13:00〜17:00
場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)メインホール
(定員:1,000名)
(1)「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式 13:00〜14:15
・オープニング・アトラクション(京都聖母学院小学校合唱団)
・殿堂入り者表彰式(認定証授与、記念品贈呈)
・殿堂入り者記念スピーチ
オギュスタン・ベルク氏、ホセ・アルベルト・ムヒカ・コル
ダノ氏(来日調整中)、中村哲氏
主催:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会(京都府・京都市・
京都商工会議所・環境省・大学共同利用機関法人 人間文化研
究機構 総合地球環境学研究所・公益財団法人国際高等研究
所・公益財団法人国立京都国際会館)
(2)「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム
14:30〜17:00
タイトル:水土(すいど)・風土(ふうど)・国土(こくど)〜大
地に根ざし、人とつながり、未来をひらく〜
・殿堂入り者記念講演
・パネルディスカッション
[パネリスト]オギュスタン・ベルク氏、ホセ・アルベルト・
ムヒカ・コルダノ氏(来日調整中)、中村哲氏、眞鍋かをり氏
(タレント)、山極 壽一氏(京都大学総長)
[コーディネーター]枝廣淳子氏(「KYOTO地球環境の殿堂」選
考委員会委員、東京都市大学教授、幸せ経済社会研究所所長)
主催:「京都環境文化学術フォーラム」(京都府・京都市・京
都大学・京都府立大学・大学共同利用機関法人 人間文化研究
機構 総合地球環境学研究所・大学共同利用機関法人 人間文
化研究機構 国際日本文化研究センター)
申込期間:2月7日(火)まで
申込方法:氏名、郵便番号、住所、電話番号を御記入のうえ、
はがき、FAX、Eメール又はインターネットにて申込み。
参加費:無料
申込先:「KYOTO地球環境の殿堂/京都環境文化学術フォー
ラム」参加受付事務局(株式会社インターグループ内)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル
TEL:06-6372-3051 / FAX:06-6376-2362
E-mail:earth-kyoto@intergroup.co.jp
HP:http://www.pref.kyoto.jp/earth-kyoto/
問合せ先:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会事務局/京都
環境文化学術フォーラム事務局(京都府環境部地球温暖化対
策課内)
TEL:075-414-4831 / FAX:075-414-4705
E-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000211428.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから1月のお知らせ
------------------------------------------------------
○海の恵みをいつまでも 〜世界の水産資源を守るための子
ども講座〜
世界中の海から魚が減っていることを、知っていますか?
MSCの「海のエコラベル」は、水産資源や環境を守りながら
とられた水産物の証です。
楽しくクイズや料理をしながら、
水産資源について考えてみましょう!
[メニュー]MSC認証鮭明太子フレークのおにぎり&ポテトサ
ラダ、MSC認証京都産アカガレイの揚げおろし煮
開催日時:1月28日(土)10:00〜14:00
申込期間:1月27日(金)まで
対象:5歳〜小学6年生までの子どもとその保護者
定員:10組・24名まで(申込先着順)
参加費:400円/一人
持ち物:水筒に入れたお茶・エプロン・三角巾・手拭タオル・
持ち帰り容器
主催:海洋管理協議会(MSC)日本事務所
https://www.msc.org/jp
協力:京エコロジーセンター
※申込先着順のイベントです※受付開始日の朝9時から受付
を開始します。
電話・HP(イベントカレンダー)・来館にて京
エコロジーセンターまで、
参加ご希望の時間帯・参加者全員
のお名前・年齢(学年)・連絡先電話番号をご連絡ください。
受付時間:開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL:075-641-0911 / FAX: 075-641-0912
※対象年齢以外の方は入室をお断りいたします。
※原則、ご
家族ごとのお申込をお願いしております。団体でのお申込は
ご遠慮ください。
※ご連絡頂いた個人情報は、イベント参加
に関するご連絡のためにのみ使用いたします。
※ご都合によ
り予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡をお願いいた
します。
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2016/11/128.php

〇おうちで挑戦!毎日食べたい味噌づくり
保存食「みそ」を手づくりし、普段の食事を見直してみませ
んか?味噌づくりの実演とお味噌汁とご飯の試食をします。持
ち帰った材料で約3kgのお味噌ができます。
日時:2月4日(土) 1)10:00〜13:00 / 2)14:00〜17:00
申込期間:1月15日(日)〜2月3日(金)
対象:小学生とその保護者(4歳以上の兄弟の参加も可)
定員:各10組(申込先着順)
参加費:親子ペア2000円、同伴者1名追加につき別途200円
持ち物:エプロン・三角巾・手拭タオル
講師:鎌田 早紀子氏(管理栄養士)
会場:京エコロジーセンター
※申込先着順のイベントです※【申込期間:1月15日(日)〜
2月3日(金)】受付開始日の朝9時から受付を開始します。

電話・HP(イベントカレンダー)・来館にて京エコロジーセン
ターまで、
参加ご希望の時間帯・参加者全員のお名前・年齢
(学年)・連絡先電話番号をご連絡ください。
受付時間:開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL:075-641-0911 / FAX: 075-641-0912
※対象年齢以外の方は入室をお断りいたします。※原則、ご
家族ごとのお申込をお願いしております。団体でのお申込は
ご遠慮ください。※ご連絡頂いた個人情報は、イベント参加
に関するご連絡のためにのみ使用いたします。※ご都合によ
り予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡をお願いいた
します。
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2016/11/24-10001300.php
※駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○「京都自転車マップ」改訂新版 クラウドファンディング
スタート!
=京都が大好き!自転車が大好き!ボランティアが作ります=
「京都自転車マップ」とは、環境市民が編著の、自転車向け
では日本初の本格的な詳細地図です。2004年に初版を出版し、
2010年に改定版を出版、これまでに市内版・郊外版の合わせ
て約24,000部を頒布することができました。
目的は、京都を自転車が使いやすい、健康的でエコな街にす
ること。お勧めサイクリングコース、日常生活で使いやすい
道、自転車店、トイレの場所、注意が必要な場所など、京都
の街中やその周辺をくまなく実走調査し、集めた情報をまと
めた約A1版の詳細な地図+コース解説と、京都を深く味わえ
るお役立ち記事が満載の本です。
前書から7年の間に、京都のまちは大きく変わりました。新
しい見どころや立ち寄りどころ、進化した自転車利用環境な
どを、アップツーデートしてじっくり紹介します。
さらに今回は、子育て中の人にうれしい本に仕上げていきま
す。子どもと一緒に楽しむサイクリングコース、子どもを連
れていても安心して走れるルートやコツなど、達人の意見も
ご紹介。
クラウドファンディングで、ご支援を募ります。
インターネットを通じて社会的な事業を支援する仕組み「ク
ラウドファンディング」を利用して、皆さまのご支援を募り
ます。支援くださった方には、完成した京都自転車マップを
プレゼント!さらに金額に応じた特別プレゼントもあります。
目標金額は、100万円。全額を制作費等に使わせていただき
ます。
よりよい京都のまちを、地球を、一緒に実現しましょう!自
転車に楽しく、正しく、安全に乗る人が増えれば、京都はも
っと、自転車が使いやすいまちに変わっていきます。京都が
自転車のまちになれば、多すぎる車が減って、子どもや高齢
者などの弱者に安全な暮らしと、CO2や有害物質の排出が少
ないエコな社会に近づきます。ひとつの地域でこういった地
図ができれば、他の地域でも同様のマップづくりが広がり、
日本全体で社会のエコ化をもっと進めることができます。
あなたにもこの素敵な社会づくりの仲間になっていただきた
く、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。
協力の仕方など、より詳しくはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/10834

詳しくは以下をご覧ください。
認定NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/hotnews/index.php?content_id=41

○京都府地球温暖化防止活動推進員(第8期)の募集について
京都府では、地球温暖化防止のための取組について府民の皆
さまの理解と行動を促進するため、地球温暖化対策の推進に
関する法律に基づき、市町村、環境団体、地域団体等と協働
しながら、ボランティアとして地域においてきめ細かな普及
啓発や助言等の活動を担う「京都府地球温暖化防止活動推進
員」を設置しています。
ただいま、第8期(2017年4月〜2019年3月)の推進員を募集
しています。
応募資格(1.及び2.の両方を満たす方)
1.満18歳以上(2017年4月1日現在)で、府内に在住、在勤
又は在学の方
2.地球温暖化防止に関する活動に対して熱意があり、自ら府
内の地域住民等とともに自主的活動を行うことができる方
募集人数:300名程度
委嘱期間:2017年4月から2019年3月までの2年間
募集期限:2月20日(月)まで
応募方法:応募申請書に必要事項を記入の上、郵送、ファッ
クス又はEメールで、お申し込みください。
申込先:京都府環境部地球温暖化対策課
郵送:〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
FAX:075-414-4705
E-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp
なお、自薦のほか、市町村長又は京都府地球温暖化防止活動
推進センター理事長から御本人の同意を得て、推薦いただく
場合もあります。
※応募申請書は、京都府地球温暖化対策課、京都府の各保健
所、各市町村、京都府地球温暖化防止活動推進センターでも
入手できますが、以下からダウンロードもできます。
選考方法:推進員の選考は原則として書面審査により行いま
す。なお、応募者のうち、活動実績のない方や著しく少ない
方などについては、面接を行う場合があります。(別途日時を
お知らせします。)
選考結果:選考結果については、3月下旬を目途に御本人に
通知いたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京都府
http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/suishinin8.html

○連続セミナー「和の花と生き物文化の再生」
キクタニギク、フタバアオイ、チマキザサなど、京の文化を
支えてきた植物が軒並み激減。それぞれ、保全再生の取組み
は始まっていますが、課題は山積。この状況を広く市民のみ
なさんに知っていただき、担い手の交流と拡大および産公民
学連携を推進し、議論の中から新たな展開を見出そうと、全
6回の公開連続セミナーを企画しました。ご関心の回だけで
も構いませんので、どうぞお越しください。
【日程等】
1月17日(火)
「フタバアオイを考える−コモンズ論の視点から」
話題提供:秋道智彌氏(総合地球環境学研究所名誉教授・葵プ
ロジェクト副理事長)/コメンテーター:畑田彩氏(京都外国語
大学准教授)
2月7日(火)
「チマキザサ保全活動の現状と将来的な展開の検討」
話題提供:東口涼氏(京都大学・院・GSS)/コメンテーター:
中筋祐司氏(京都市産業観光局林業振興課森林保全係長)
時間:各回とも 18:30〜20:00(受付開始:18:00)
場所:京町家「新柳居」
京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町384
※会場はお座敷教室です。バイクでのご来場はお控えくださ
い(自転車可)。
定員:各回30名(先着順) / 入場料:無料
申込み対象者:学生・市民のみなさま
応募方法:WEBサイトの申込フォームよりご応募ください。
お電話でのお申込みの場合は、1)お名前、2)電話番号、3)参
加日、4)応募のきっかけとなった広報媒体(HP・チラシ・ポス
ター)」をお伝えください。
お問い合わせ:京都学園大学 京町家「新柳居」
TEL:075-204-9160 ※月〜土 8:30〜16:30(日祝休)
※お電話がつながらない場合は下記までお問合せください。
研究・連携支援センター
TEL:0771-29-3593 ※月〜金 9:00〜17:00
主催:京都学園大学 / 共催:公益財団法人京都市都市緑化
協会 / 後援:京都市、特定非営利活動法人KES環境機構

詳しくは以下をご覧ください。
京都学園大学
http://www.kyotogakuen.ac.jp/lecture/20162017-bioContinuousSeminars/

〇木質バイオマスでイノベーション「WoodLuck(ウッドラック
#6 in 京都」
「WoodLuck」とは「木質バイオマスと、おいしいご飯のつど
い」東日本大震災を機に東北から始まり、google社が支援し
て、木質バイオマスで地域で変革をおこす人と人をつなぐプ
ラットフォームです。
東北とローカルの未来づくり、第6回は京都で開催します。
現代の暮らしに合った木質バイオマスの利用や、伝統と木の
文化を大切に生きている人々の暮らしがあるまちです。そし
て、まち中だけでなく、山村にも魅力的な営みや生活文化、
生業への向き合い方も肌で感じてください。
「木質バイオマス」「地域循環エネルギー」「薪炭 燃料屋」
「銘木屋」「北山杉」「京町家」「茅葺民家」「伝統軸組工
法」…そんな言葉に心惹かれる方なら、どなたでも参加可能
です。寺社仏閣、観光地ではない京都。豊かな暮らしを実践
している、魅力が詰まった、濃厚な3日間です。京女が案内
させていただきます。
地域の小さな循環を丁寧につないで、全国各地の立場が異な
る様々な人々が集い、語るのが、醍醐味のプロジェクトです。
森林やエネルギーの理解を深め、ローカルで次なる一歩を踏
み出したい方の参加をお待ちしています。
日時:1月27日(金)12:00 〜29日(日)13:00 2泊3日
*集合:JR二条駅東口、解散:地下鉄「京都市役所前」近く
会場:京都市内・中川地区・京北町、南丹市美山町
定員:20 名(定員になり次第、締め切ります)
*3日間参加できる方が優先となります。部分参加を希望さ
れる方はお問い合わせください。
参加費:税込28,000円(宿泊費/6食分の食費含む、飲み物
代は別途)
※現地集合場所までの移動経費はご自身での負担になります。
お申込み:1月20日(金)までに、下記URLからお申し込みく
ださい。
手続きには、Googleアカウントが必要です。
https://www.innovationtohoku.com/project/challenge/index.htm?cid=77cac10308b4499da315812c19a06e7fi
※参加決定のご連絡が、募集締め切り後になる場合がござい
ます。ご了承ください。
イノベーション東北(supported by google)
https://www.innovationtohoku.com/
お問合わせ:お申し込み方法がわからない、ご質問など
京都ペレット町家ヒノコ/株式会社Hibana(ヒバナ)
担当:森、下村
TEL:075-241-6038 / E-mail:kyoto-pellet@hibana.co.jp
お支払方法:当日の現金払いといたします。なお開催直前(3
日前より)のキャンセルについては、キャンセル料をいただき
ます。
【プログラム】
1日目 1月27日(金)
・カフェパラン(JR二条駅前)オリエンテーション
−京北の木を使った家具が沢山のスペシャリティーコーヒー
のカフェ
・株式会社千本銘木商会 見学
−坂本龍馬をかくまった歴史ある材木商。京都の木材問屋通
を歩きましょう。
・法然院 見学
−東山の名刹 裏山の大文字山で環境学習の場「法然院森の
センター」必見。ペレット・薪ストーブ利用。
・ひとつのおさら 夕食・交流会
−おばんざい食堂。おくどさん(かまど)でご飯を炊いていま
す。
・宇多野ユースホステル 宿泊
−木のぬくもりを感じられる宿
全世界の4000箇所の頂点「世界で最も居心地のよいユースホ
ステル」受賞。
2日目 1月28日(土)
・京都北区中川地区 ミニツアー「北山杉の里を歩く」
−川端康成の名作「古都」の舞台で有名。いま松雪康子主演
で映画上映中
・森の力京都株式会社 見学
−地元の木を間伐して、薪や木質ペレットを製造しています。
・美山ウッドエンジニア エビスウッズガーデン 昼食・見

−美山の魅力、情報の発信基地と薪ストーブのショールーム
です。
・株式会社美山里山舎 見学
−極小規模木質バイオマス利活用の仕組みを作っています。
・炭焼き職人竹沢さんの炭窯 見学
−伝統的な作り方で炭を焼いておられ、美しい茅葺の家も必
見です。
・美山町島区公民館 セッション・交流会
−伝統軸組工法で建てられた、新しい公民館には薪ストーブ
もあります。
・宇多野ユースホステル宿泊
3日目 1月29日(日)
・京都ペレット町家ヒノコ/株式会社Hibana 語らいセッシ
ョン、まとめ
−大正時代の京町家を拠点に薪炭革命〜木と火のある暮らし
〜を目指す。森とまちをつなぐプラットホーム
※解散後、お時間のある方は午後からオプショナルツアー
骨董・美術の寺町通から、家具のまち夷川通など

詳しくは以下をご覧ください。
京都ペレット町家ヒノコ
http://hibana.co.jp/kyoto-pellet/

〇家庭の庭づくり講習会
わかりやすいテキストと丁寧な講義が好評の「家庭の庭づく
り講習会(全6回)」を今冬も開催します。
講義のほか、庭の
プランづくり、剪定演習、「朱雀の庭」の見学など、実際の
演習を通じて、家庭の庭やベランダなど身近な場所で楽しめ
る庭づくりを学びます。
講師は、梅小路公園の「樹木と対話する教室」(本年7月で終
了)での親しみやすい解説が人気の野杁勝俊普及員です。
【日程とテーマ】
<第1回>1月27日(金) 家庭の「庭づくり」
<第2回>2月 3日(金)自宅の庭を考える
<第3回>2月17日(金)庭を作って植える
<第4回>3月10日(金)庭木の手入れ(剪定)
<第5回>3月17日(金)草花手入れ
<第6回>3月31日(金)庭の楽しみ方
講師:野杁勝俊(緑化協会花とみどりの普及員)
※要応募
※定員20名
※応募多数の場合は、抽選となります。
時間:13:30〜15:30
場所:梅小路公園 緑の館1Fイベント室
主催:(公財)京都市都市緑化協会
参加費:2,000円(6回分)
申込み方法:往復ハガキ、FAX、E-mail
応募記載内容:講座名、郵便番号、住所、氏名、電話番号、
FAX番号(FAXでお申込みの方)
【応募締切り】1月18日(水)※必着
申込み先:〒605-0071京都市東山区円山町463
(公財)京都市都市緑化協会
FAX:075-561-1675 E-mail:midori@kyoto-ga.jp

詳しくは以下をご覧ください。
公益財団法人京都市都市緑化協会
http://www.kyoto-ga.jp/event/2017/01/27_1124.html

○企業向けごみ減量実践講座
京都市ごみ減量推進会議では、さまざまな視点からごみ減量
を捉える企業向けごみ減量実践講座を開催致します。皆さま
のご参加をお待ちしております。
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会/一般社団法人京都府産業廃棄
物3R支援センター
チラシ
http://kyoto-gomigen.jp/uploads/works/122/kigyou_kouza.pdf
第4回企業防災とごみ減量の意外な関係
http://kyoto-gomigen.jp/works/126.html
オフィスにおける防災対策。必要性は認識しつつ、「保管場
所が…」などの理由で、後回しになりがちです。またオフィ
スでのごみ減量(特に紙ごみの減量)については、「十分やっ
ているので、これ以上減らすモチベーションを見いだせない」
と感じている企業が多くあります。
企業(主に中小企業)の防災対策や防災意識の現状についての
お話と、オフィスでの紙資料の管理と削減の実践事例のお話
を受け、企業防災の推進とごみ減量の関わりを知り、改善の
ヒントを得ていただきます。
日時:2月3日(金)14:30〜16:30
会場:京都私学会館 301 中会議室
(下京区室町通高辻上ル山王町561)
講師:豊田祐輔氏(立命館大学政策学部准教授)
高橋伸年氏(コクヨマーケティング(株)京滋支店 副支店長)
岡本敏之氏(予定)(リコージャパン(株)京都支社)
参加費:500円(当会議会員は無料)
定員:先着40名(申込締切 定員満了まで)

第5回豊中市伊丹市クリーンランド見学ツアー
http://kyoto-gomigen.jp/works/127.html
豊中市と伊丹市の両市域において排出された家庭系のごみや
事業系の一般廃棄物(事業系ごみのうち、産業廃棄物を除くも
の)を受け入れ、焼却・破砕・選別などの中間処理を行う清掃
工場。
28年3月に稼働した最新の設備で、可燃ごみを処理する4基
の焼却炉と、資源物や不燃物の選別等を行うリサイクルプラ
ザ「スリーR・センター」があり、焼却施設と同時に、資源ご
み(ペットボトル、ビン類、缶類など)に含まれる不純物を手
選別する様子や、粗大ごみを機械で破砕選別し、その中の資
源物を取り出し再資源化する取組を見学することができます。
施設見学の案内をNPO法人が担い、市民目線での説明が魅力。
日時:2月13日(月)13:30集合16:30頃解散
集合場所:阪急宝塚線「曽根」駅(改札を出たところ)
*改札は1箇所のみです。解散も「曽根駅」を予定
曽根駅からタクシーを利用します。(費用は参加費より)
参加費:500円(当会議会員も500円)
*曽根駅までの交通費は各自ご負担ください。
定員:先着40名(申込締切2月3日(金))
【申込・問合先】京都市ごみ減量推進会議(担当:藤田、堀)
TEL:075-647-3444
メール:sanka★kyoto-gomigen.jp(★を@に変換)
以下の内容をお知らせください。
・希望の講座名
・ ご所属(事業所名・役職)・住所・氏名・電話番号・FAX番
号・メールアドレス、
・今後のメールご案内を希望:するorしないor登録済

詳しくは以下をご覧ください。ウェブからもお申込頂けます。
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/122.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2017年1月号(No.90)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2017年1月6日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 17:22| 定期発行物