2017年02月01日

京えこめる 2017年2月号(No.91)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2017年2月号
                       No.91
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○ワン・ワールド・フェスティバルに出展
◆京都市からのお知らせ
 〇「環境マネジメントセミナー」の参加者募集について
 〇出会いでつなぐ,京都三山の森づくりの開催について
◆京エコロジーセンターから2月のお知らせ
 ○赤ちゃんから始める木のある暮らし〜木育の効果と可能
 性〜
◆その他のお知らせ
 ○京都府地球温暖化防止活動推進員(第8期)の募集につい
 て
 ○連続セミナー「和の花と生き物文化の再生」
 ○企業向けごみ減量実践講座
 〇京都からはじめよう 持続可能な社会へのパラダイムシ
 フトSDGs(持続可能な開発目標)とCSR(企業の社会的責任)
 セミナー
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○ワン・ワールド・フェスティバルに出展
西日本最大の世界につながる国際協力のお祭り「ワン・ワー
ルド・フェスティバル」にはじめて出展し、京都SDGsマップ
について展示を行います。
日時:2月4日(土)・5日(日)10:00〜17:00
会場:カンテレ扇町スクエア・北区民センター・扇町公園(大
阪市)
入場無料・雨天決行
主催:ワン・ワールド・フェスティバル実行委員会

詳しくは以下をご覧ください。
ワン・ワールド・フェスティバル
http://www.interpeople.or.jp/owf/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
〇「環境マネジメントセミナー」の参加者募集について
この度、京都市では、市内事業者の皆様に、環境にやさしい
取組を継続的、組織的に進めていただくことを目的に、京都
発祥の環境マネジメントシステムの規格である「KES」の解説
と合わせて、KES登録事業者の取組事例を紹介する環境マネ
ジメントセミナーを、京都商工会議所の「京商ECOサロン」
との共同事業として開催します。
KES登録の有無は問いませんので、どなたでも気軽に御参加
ください!
日時:2月15日(水)14:00〜17:00
会場:キャンパスプラザ京都 4階 第4講義室
(京都市下京区西洞院通塩小路下ル)
定員:50名(先着順)
主催:京都市、京都商工会議所
申込期間:1月12日(木)〜2月13日(月)
申込方法:氏名、所属、住所、電話番号、FAX番号、Eメール
アドレスを明記のうえ、ホームページ、FAX、Eメール又は電
話でお申込みください。
申込み・問合せ先:環境政策局 環境企画部 環境管理課
TEL:075-222-3951 / FAX:075-213-0922
Email:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000212108.html

○出会いでつなぐ,京都三山の森づくりの開催について
生活様式の変化から山の手入れが行われなくなった京都三山
の森では、ナラ枯れやマツ枯れの発生、シイ林の拡大、近年
ではシカの食害による森の更新力不足など、歴史とともに育
まれてきた森林景観は大きく変わりつつあります。
京都市では、京都三山において四季の彩りが感じられる森づ
くりを進めており、この度、市民の皆様との協働により、東
山と西山での植栽活動や北山での学習会を開催します。
<森づくり>
1 東山エリア(四季・彩りの森復活プロジェクト 5回目)
タイトル:キクタニギクの咲く菊渓川の再生へ
日時:3月4日(土)9:00〜12:00(受付開始8:45)
※小雨決行。荒天の場合は、3月5日(日)に順延
※順延の場合、開催前日の午後7時までに、京都伝統文化の
森推進協議会ホームページ
http://www.kyoto-dentoubunkanomori.jp/)でお知らせし
ます。
作業場所:東山区粟田口東大谷山町・高台寺山町 高台寺山
国有林内の菊渓川沿い
集合場所:東山区円山町463番地 円山公園内
公益財団法人京都市都市緑化協会事務所前
※集合場所から作業場所まで徒歩で20分程度移動します。
内容:菊渓川におけるキクタニギクの自生地復活に向け、シ
イ等の伐採跡地にキクタニギクの植栽を行います。
講師:京都伝統文化の森推進協議会森林整備・景観対策専門
委員 田研一氏
募集人数:50名、先着順
※その他、京都伝統文化の森推進協議会サポーター及び活動
協力団体、京都みどりプロジェクト協賛企業が参加予定です。
参加費:無料
問合せ先:産業観光局農林振興室林業振興課
TEL 075−222−3346
2 西山エリア(小倉山再生プロジェクト 4回目)
タイトル:小倉山での苗木の植樹活動
日時:3月11日(土)10:00〜12:00(受付開始9:30)
※小雨決行。荒天の場合は、3月12日(日)に順延
※順延の場合、開催前日の午後6時までに、電話で御連絡い
たします。
作業場所:右京区嵯峨小倉山
集合場所:府立嵐山公園(亀山地区)グラウンド
※集合場所から作業場所まで徒歩で10分程度移動します。
内容:小倉山での苗木の植樹活動(イロハモミジなど10種)
募集人数:50名、先着順
※その他、景勝・小倉山を守る会、地元サポーター、三菱東
京UFJ銀行行員及び三菱UFJ環境財団職員が参加予定です。
参加費:無料
問合せ先:都市計画局都市景観部風致保全課
TEL 075−222−3475
3 北山エリア(宝が池連続学習会)
タイトル:歴史探察ツアー「宝が池界隈の歴史からみる森と
くらし」
日時:3月11日(土)10:00〜15:30 ※雨天でも開催します。
場所:宝が池公園周辺、上高野防災会館
集合場所:左京区上高野石田町166番地 上高野防災会館
内容:フィールドワークと座学で学ぶ全6回の講座の第6回。
宝が池界隈の史跡や神社・城跡などをめぐりながら、地域の
自然や暮らしとのかかわりなどを、歴史的視点から見つめま
す。
募集人数:30名、先着順
参加費:大人200円、中高生100円
問合せ先:(公財)京都市都市緑化協会 宝が池公園子ども
の楽園管理事務所  TEL075−781−3010
参加申込
(1)東山エリア及び西山エリア
申込先:京都いつでもコール(年中無休 8:00〜21:00)
TEL 075−661−3755
FAX 075−661−5855
Eメール 京都いつでもコールの送信フォームを御利用くだ
さい。
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html
申込方法:2月2日(木)〜2月24日(金)の間に、参加を
希望するエリア、申込代表者の電話番号、同伴者を含め申込
者全ての氏名(ふりがな)、年齢を申込先へお伝えください。
※ボランティア保険加入のため、上記の項目が必要になりま
す。
その他:東山エリアの参加対象者は、小学生以上の方とし、
未就学児は不可。ただし、小・中学生の方は保護者同伴に限
ります。 西山エリアの参加対象者は、年齢制限はありません。
ただし、未就学児及び小・中学生の方は保護者同伴に限りま
す。
(2)北山エリア
申込先:(公財)京都市都市緑化協会 宝が池公園子どもの
楽園管理事務所
TEL 075−781−3010(8:30〜17:15)
FAX 075−781−4422
Eメール rakuen@kyoto-ga.jp
申込方法:2月2日(木)〜3月10日(金)の間に、F A X、
Eメール又は電話で、氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番
号を申込先へお伝えください。
その他:北山エリアの参加対象者は、中学生以上の方に限り
ます。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000213322.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから2月のお知らせ
------------------------------------------------------
○赤ちゃんから始める木のある暮らし
〜木育の効果と可能性〜
子どもの発育や子育て支援、林業振興,地域活性化等におけ
る木育の効果や取り組み事例に関する講演です。
子どもから大人までみんなが楽しめて元気になる木育の魅力
と、木育がどのように地域や林業の活性化と繋がっているの
か、実例を交えてお話いただきます。
☆木育(もくいく)って?…子どもから大人まで、木とふれあ
い、木を使うことで、木や森、自然に親しみ、環境に関する
理解を育む活動です。木のおもちゃに触れることは、五感を
刺激し、感性豊かな心の発育を促します。
開催日時:2月15日(水)18:30〜20:30
定員:50名(申込先着順)
対象:どなたでも(特に木育に関心のある方、保育関係者、林
業関係者、地域活性化に取り組む方等)
参加費:無料
講師:東京おもちゃ美術館 館長 多田千尋 氏
申込期間:2/1(水)〜2/14(火)
会場:京エコロジーセンター(京都市伏見区深草池ノ内町13)
最寄り駅:地下鉄・近鉄「竹田駅」下車、東へ徒歩約12分/
京阪「藤森駅」下車、西へ徒歩約5分
※駐車場はありません。
公共交通機関でお越しください。お車の場合は近隣の有料駐
車場をご利用ください。
主催:京都市、公益財団法人京都市環境保全活動推進協会(京
エコロジーセンター指定管理者)
協力:NPO法人日本グッド・トイ委員会
後援(申請中含む):京都市教育委員会、公益社団法人京都市
保育園連盟、公益社団法人私立幼稚園協会、公益社団法人京
都モデルフォレスト協会
※申込先着順のイベントです
申込方法:電話・HP(イベントカレンダー)・来館にて京エコ
ロジーセンターまで、参加者全員のお名前・連絡先電話番号
をご連絡ください。
受付時間:開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/26〜1/6)
TEL:075-641-0911/FAX :075-641-0912
※ご連絡頂いた個人情報は、イベント参加に関するご連絡の
ためにのみ使用いたします。 ※ご都合により予約をキャン
セルされる場合は、必ずご連絡をお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○京都府地球温暖化防止活動推進員(第8期)の募集について
京都府では、地球温暖化防止のための取組について府民の皆
さまの理解と行動を促進するため、地球温暖化対策の推進に
関する法律に基づき、市町村、環境団体、地域団体等と協働
しながら、ボランティアとして地域においてきめ細かな普及
啓発や助言等の活動を担う「京都府地球温暖化防止活動推進
員」を設置しています。
ただいま、第8期(2017年4月〜2019年3月)の推進員を募集
しています。
応募資格(1.及び2.の両方を満たす方)
1.満18歳以上(2017年4月1日現在)で、府内に在住、在勤
又は在学の方
2.地球温暖化防止に関する活動に対して熱意があり、自ら府
内の地域住民等とともに自主的活動を行うことができる方
募集人数:300名程度
委嘱期間:2017年4月から2019年3月までの2年間
募集期限:2月20日(月)まで
応募方法:応募申請書に必要事項を記入の上、郵送、ファッ
クス又はEメールで、お申し込みください。
申込先:京都府環境部地球温暖化対策課
郵送:〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
FAX:075-414-4705
E-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp
なお、自薦のほか、市町村長又は京都府地球温暖化防止活動
推進センター理事長から御本人の同意を得て、推薦いただく
場合もあります。
※応募申請書は、京都府地球温暖化対策課、京都府の各保健
所、各市町村、京都府地球温暖化防止活動推進センターでも
入手できますが、以下からダウンロードもできます。
選考方法:推進員の選考は原則として書面審査により行いま
す。なお、応募者のうち、活動実績のない方や著しく少ない
方などについては、面接を行う場合があります。(別途日時を
お知らせします。)
選考結果:選考結果については、3月下旬を目途に御本人に
通知いたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京都府
http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/suishinin8.html

○連続セミナー「和の花と生き物文化の再生」
キクタニギク、フタバアオイ、チマキザサなど、京の文化を
支えてきた植物が軒並み激減。それぞれ、保全再生の取組み
は始まっていますが、課題は山積。この状況を広く市民のみ
なさんに知っていただき、担い手の交流と拡大および産公民
学連携を推進し、議論の中から新たな展開を見出そうと、全
6回の公開連続セミナーを企画しました。ご関心の回だけで
も構いませんので、どうぞお越しください。
【日程等】
2月7日(火)
「チマキザサ保全活動の現状と将来的な展開の検討」
話題提供:東口涼氏(京都大学・院・GSS)/コメンテーター:
中筋祐司氏(京都市産業観光局林業振興課森林保全係長)
時間:各回とも 18:30〜20:00(受付開始:18:00)
場所:京町家「新柳居」
京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町384
※会場はお座敷教室です。バイクでのご来場はお控えくださ
い(自転車可)。
定員:各回30名(先着順) / 入場料:無料
申込み対象者:学生・市民のみなさま
応募方法:WEBサイトの申込フォームよりご応募ください。
お電話でのお申込みの場合は、1)お名前、2)電話番号、3)参
加日、4)応募のきっかけとなった広報媒体(HP・チラシ・ポス
ター)」をお伝えください。
お問い合わせ:京都学園大学 京町家「新柳居」
TEL:075-204-9160 ※月〜土 8:30〜16:30(日祝休)
※お電話がつながらない場合は下記までお問合せください。
研究・連携支援センター
TEL:0771-29-3593 ※月〜金 9:00〜17:00
主催:京都学園大学 / 共催:公益財団法人京都市都市緑化
協会 / 後援:京都市、特定非営利活動法人KES環境機構

詳しくは以下をご覧ください。
京都学園大学
http://www.kyotogakuen.ac.jp/lecture/20162017-bioContinuousSeminars/

○企業向けごみ減量実践講座
□2月3日:企業防災とごみ減量の意外な関係
http://kyoto-gomigen.jp/works/126.html
オフィスにおける防災対策。必要性は認識しつつ、「保管場
所が…」などの理由で、後回しになりがちです。またオフィ
スでのごみ減量(特に紙ごみの減量)については、「十分やっ
ているので、これ以上減らすモチベーションを見いだせない」
と感じている企業が多くあります。
企業(主に中小企業)の防災対策や防災意識の現状についての
お話と、オフィスでの紙資料の管理と削減の実践事例のお話
を受け、企業防災の推進とごみ減量の関わりを知り、改善の
ヒントを得ていただきます。
日時:2月3日(金)14:30〜16:30
会場:京都私学会館 301 中会議室
(下京区室町通高辻上ル山王町561)
講師:豊田祐輔氏(立命館大学政策学部准教授)
高橋伸年氏(コクヨマーケティング(株)京滋支店 副支店長)
岡本敏之氏(予定)(リコージャパン(株)京都支社)
参加費:500円(当会議会員は無料)
定員:先着40名(申込締切 定員満了まで)

□2月13日:豊中市伊丹市クリーンランド見学ツアー
http://kyoto-gomigen.jp/works/127.html
豊中市と伊丹市の両市域において排出された家庭系のごみや
事業系の一般廃棄物(事業系ごみのうち、産業廃棄物を除くも
の)を受け入れ、焼却・破砕・選別などの中間処理を行う清掃
工場。
28年3月に稼働した最新の設備で、可燃ごみを処理する4基
の焼却炉と、資源物や不燃物の選別等を行うリサイクルプラ
ザ「スリーR・センター」があり、焼却施設と同時に、資源ご
み(ペットボトル、ビン類、缶類など)に含まれる不純物を手
選別する様子や、粗大ごみを機械で破砕選別し、その中の資
源物を取り出し再資源化する取組を見学することができます。
施設見学の案内をNPO法人が担い、市民目線での説明が魅力。
日時:2月13日(月)13:30集合16:30頃解散
集合場所:阪急宝塚線「曽根」駅(改札を出たところ)
*改札は1箇所のみです。解散も「曽根駅」を予定
曽根駅からタクシーを利用します。(費用は参加費より)
参加費:500円(当会議会員も500円)
*曽根駅までの交通費は各自ご負担ください。
定員:先着40名(申込締切2月3日(金))
【申込・問合先】京都市ごみ減量推進会議(担当:藤田、堀)
TEL:075-647-3444
メール:sanka★kyoto-gomigen.jp(★を@に変換)
以下の内容をお知らせください。
・希望の講座名
・ ご所属(事業所名・役職)・住所・氏名・電話番号・FAX番
号・メールアドレス、
・ 今後のメールご案内を希望:するorしないor登録済
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会/一般社団法人京都府産業廃棄
物3R支援センター
チラシ
http://kyoto-gomigen.jp/uploads/works/122/kigyou_kouza.pdf

詳しくは以下をご覧ください。ウェブからもお申込頂けます。
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/122.html

〇京都からはじめよう持続可能な社会へのパラダイムシフト
SDGs(持続可能な開発目標)とCSR(企業の社会的責任)セミナ

気候変動の影響は、世界各地、そして日本各地においても顕
著になってきており、その脅威と被害はさらに拡大すること
が予測されています。また、生物多様性の喪失も加速してい
ます。ただ、このような厳しい状況であっても私たちに出来
ることはあります。
2016年1月にSDGs(持続可能な開発目標)が発効され、世界は
持続可能な社会の実現に向けて大きく舵をきりました。「パ
ートナーシップ」による社会的課題の解決が最も重要である
とし、企業も市民も課題達成のための実行が求められていま
す。
環境市民では、これまでパートナーシップで社会を変えるた
め多くのプロジェクトを実施してきました。私たちに必要な
具体的行動はなんなのかを考え、実行につなげる機会としま
す。
日時:3月9日(木)13:30〜16:30
会場:東本願寺しんらん交流館大谷ホール
対象:持続可能な社会づくり、持続可能な消費と生産に関心
のある市民・NPO、事業者、自治体等
内容:講演1「SDGs(持続可能な開発目標アジェンダ2030)が
求めるもの」
講演2「CSRとSDGs、NGOとのパートナーシップによる可能性」
ディスカッション「世界を変革するパートナーシップ 持続
可能な消費と生産をテーマに私たちに必要な具体的行動」
講師:根本かおる氏 国際連合広報センター 所長
関正雄氏
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 CSR部上席顧問
パネルディスカッション コーディネーター 癘{育生氏
会費:一般:1,000円/学生、環境市民・KES会員:500円
主催:認定NPO法人 環境市民/共催:NPO法人 KES環境機構
※公益財団法人京都オムロン地域協力基金の助成を受けて開
催します

詳しくは以下をご覧ください。
認定NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=242

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2017年2月号(No.91)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2017年2月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 14:45| 定期発行物