2017年06月02日

京えこめる 2017年6月号(No.96)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2017年6月号
                       No.96
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○京のアジェンダ21フォーラム平成29年度総会のご案内
 ○京都からつながるSDGsシンポジウム〜誰も取り残さな
 い社会のつくり方〜
◆京都市からのお知らせ
 ○平成29年度(第15回)京都環境賞の募集について
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
 ○今だから知っておきたい!?改正FIT法セミナーinエコセ
 ン
◆その他のお知らせ
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦2017ボランティアスタッフ募集
 中!
 ○伝統文化と生物多様性 in 京都
 ○国連気候変動ボン会議報告会in京都:パリ協定の実施に
 向けた議論の最前線〜京都議定書採択20周年を迎えて〜
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○京のアジェンダ21フォーラム平成29年度総会のご案内
京のアジェンダ21フォーラム2017(平成29)年度総会を6月
26日(月)に開催いたします。万障お繰り合わせのうえ、ご出
席くださいますようお願い申し上げます。
*総会開催のお知らせは、会員様には郵送にてお送りさせて
頂いております。お手元に届きました際は大変お手数ですが
出欠確認用はがきをアジェンダ事務局まで御返送頂けますよ
う、よろしくお願い致します。
日時:6月26日(月)14:00〜15:00(13:30受付開始)
会場:京エコロジーセンター 1階シアター
(京都市伏見区深草池ノ内町13)
http://www.miyako-eco.jp/about/access.html
※駐車場はございません。電車・バス等でお越し下さい。
◇総会
[議案(予定)]
1)2016(平成28)年度事業報告について
2)2016(平成28)年度収支決算について
3)2017(平成29)年度事業計画について
4)2017(平成29)年度収支予算について
5)役員の選任について
◇会員交流会(サロンdeエコ)
総会にあわせ、会員交流会サロンdeエコを開催します。一年
に一回、会員が一堂に会する機会です。ぜひお気軽にご参加
ください。
テーマ:アナログゲームで語ろうSDGs(持続可能な開発目標)
内容:2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)
で扱うテーマについて、参加者どうしの対話を促すアナログ
ゲームを使って語り合う機会にしたいと思います。SDGsのこ
とをまだよく知らないという方でも参加できます。
時間:15:15〜17:00
会場:総会と同会場(京エコロジーセンター 1階シアター)
参加費:無料
協力:NPO法人とよなかESDネットワーク
※終了後、会場近くのお店で懇親会を開催します。(会費制
3,500円程度の予定)
総会出欠ハガキで総会・懇親会への出欠を事前にお申込くだ
さい。ハガキは6月19日(月)必着でお送りください。
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセ
ンター内(木・日・祝休み)
TEL:075-647-3535 / FAX:075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/

○京都からつながるSDGsシンポジウム〜誰も取り残さない
社会のつくり方〜
2015年、国連でSDGs(Sustainable Development Goals 持続
可能な開発目標)が採択されたことはご存知でしょうか?
これは、より良い将来を実現するため、「貧困をなくす」「持
続する経済をつくる」「環境を守り育てる」など、2030年ま
でに、あらゆる国々で達成されるべき17の目標を定めたもの
です。
実はこのSDGs(エスディージーズ)、日本の、京都に住む私た
ちとも、深〜く関わる話なのです。
シンポジウムでは、チョコレートやお香、日々の暮らし方な
ど、ごく身近な話題から出発してSDGsのことを考えてみたい
と思います。どなたでも、お気軽にご参加ください!
日時:6月23日(金) 13:30〜16:30
場所:キャンパスプラザ京都 第2講義室
アクセス
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
ゲスト:吉野慶一さん(Dari K株式会社代表取締役)、畑正高
さん(松栄堂主人)、中川誼美さん(お宿吉水女将)
ファシリテーター:加藤良太さん(関西NGO協議会理事)
参加費:ひとり500円[うれしいお土産付:Dari Kのチョコ
レート(クーベルチュール)、松栄堂のお香、お宿吉水の有機
大豆とおむすび]
申込:https://goo.gl/8G8z3o よりお申込下さい
定員:250名になり次第締切(先着順)
問合せ:京のアジェンダ21フォーラム事務局
TEL:075-647-3535
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
主催:京のアジェンダ21フォーラム
共催:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会
後援:公益財団法人京都新聞社会福祉事業団

京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○平成29年度(第15回)京都環境賞の募集について
京都市では,環境に関する市民の皆様の関心を高め,様々な
実践活動の更なる推進を図ることを目的として,平成15年度
に「京都環境賞」を創設し,地球温暖化の防止や循環型社会
の形成,生物多様性の保全等の環境保全に貢献する活動を実
践されている市民や事業者の皆様を顕彰しています。
 今年度は,6月1日(木)から募集を開始しておりますので,
皆様ぜひ御応募ください!
募集期間:平成29年6月1日(木)〜8月31日(木)【必着】
応募・お問合せ:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
北庁舎8階
TEL:075-222-3951 / FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp
その他:応募用紙のダウンロード,応募方法等の詳細は,京
都市ホームページをご覧ください。

詳しくは以下をご覧ください。
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000218979.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
------------------------------------------------------
○今だから知っておきたい!?改正FIT法セミナーinエコセン
平成24年7月に固定価格買取制度(FIT法)が施行され、再生
可能エネルギーへの関心が高まり、太陽光や風力発電などの
再生可能エネルギーの普及が進みました。
FIT法の施行から
5年が経過し、平成29年4月から新たな固定価格買取制度(改
正FIT法)が施行されました。
改正法では、すでに認定を受けている方も事業計画の提出が
必要となる場合があるなど、大きな制度変更が行われていま
す。
そこで、経産省の担当者の方から、「改正FIT法の新制
度・変更点」「新制度への移行方法」の説明会を行います。

すでにFIT法を活用されている方で新制度に関心がある方、
今後FIT法の活用を考えている方におススメです。
ぜひお誘
いあわせのうえご参加ください。
日時:6月5日(月)13:30〜15:30
会場:京エコロジーセンター
参加費:無料
定員:40名程度(先着順)
講師:近畿経済産業局 資源エネルギー環境部
エネルギー対策課 課長補佐 佐々木 和徳氏
申込方法:参加者全員の名前、年齢、電話番号を電話・FAX・
HPいずれかの方法でお伝えください。
主催・問合せ先:公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会
(京エコロジーセンター指定管理者)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
TEL:075−641−0911 / FAX:075−641−0912 担当:澤田
申し込みの期限:6月4日(日)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○祇園祭ごみゼロ大作戦2017ボランティアスタッフ募集中!
祇園祭をごみゼロに!
みんなで楽しく世界に誇れる祭をつくりあげよう!
ボランティアスタッフ(個人・団体)大募集!!!
2013年の祇園祭宵山期間に発生したごみの量は約57トン(内
約1トンが資源物)。
2014年から始めた祇園祭ごみゼロ大作戦の取り組みにより同
期間のごみの量は来場者が 12万人増加したにもかかわらず
約42トン(内約8トンが資源物)となりました。しかし、まだ
多くの使い捨て容器等の大量のごみが排出されています。
祇園祭ごみゼロ大作戦は、繰り返し何度も洗って使用できる
「リユース食器」を露店へ導入しごみの減量と散乱ごみの防
止を実施する日本最大級の取組です。
今年4回目となる祇園祭ごみゼロ大作戦では、共に活動を行
うボランティアスタッフを募集しています。四条通や烏丸通
等にリユース食器の返却やごみの分別回収拠点として「エコ
ステーション」を複数設置し、国内外から訪れる来場者に対
し、呼びかけや散乱ごみの清掃などを行います。
ぜひご参加ください!
活動日:宵々山7月15日(土)、宵山7月16日(日)、食器洗
浄7月17日(月・祝)

詳しくは以下をご覧ください。
祇園祭ごみゼロ大作戦http://www.gion-gomizero.jp/volunteer/

○伝統文化と生物多様性 in 京都
生物多様性を主流化する「市民のための生物多様性全国出前
講座」プロジェクト
NACS-J市民カレッジ シリーズ 52「伝統文化と生物多様性 in
京都」
いにしえよりその土地に根付く文化は、その地域の生物多様
性と深くかかわっていること、ご存じですか?京都の伝統文化
からその関係をひも解いてゆきます!どうぞご参加ください。
日程:6月24日(土)
会場:法然院及び法然院森のセンター
【第1部「外来種いけばな」】
フィールドへ出かけ野草を探し、摘んで、いけばなに。
身近な環境の移り変わりを考えます。
時間:10:00〜12:00(9:30 受付開始)
定員:20名※申込先着順
講師:林佑丞(華道家・池坊短期大学非常勤講師)
【第2部「社寺の森にみる生物多様性」】
時間:13:00〜16:30(12:30 受付開始)
定員:50名 ※申込先着順
13:00-13:45「生物多様性」
そもそも生物多様性とは何なのか、その恵みとは何かを学び
ます。
講師:道家哲平(公益財団法人日本自然保護協会)
13:45-15:00「社寺の森にみる生物多様性」
社寺における生物多様性について講演していただきます。
講師:渡辺弘之(京都大学名誉教授)
15:00-15:20 休憩:和菓子タイム
15:30-16:30「お寺の森の自然観察」 
実際にお寺の森を歩いて、生物多様性を体感します。
案内:フィールドソサイエティー
申込先:WEBフォームよりお申込みください。
または、お電話・E-mail でお名前、所属、メールアドレス、
会員か否か(個人会員のかたは会員番号)、参加希望の部をお
知らせください。
<申込フォーム>
第1部:https://goo.gl/M9Cq7K
第2部:https://goo.gl/ThbPz3
TEL:03-3553-4101
E-mail:n-college@nacsj.or.jp
日本自然保護協会(NACS-J) Nカレ担当

詳しくは以下をご覧ください。
京・生きものミュージアム
http://ikimono-museum.com/event/detail/170526142400

○国連気候変動ボン会議報告会in京都:パリ協定の実施に向
けた議論の最前線〜京都議定書採択20周年を迎えて〜
今年は、京都議定書の採択から20周年となる節目の年です。
京都議定書に続く国際枠組みとして2015年に採択され、2016
年に異例のスピードで発効したパリ協定。米国大統領の動向
に注目が集まっていますが、パリ協定はすでに発効しており、
国連交渉ではそのルールづくりの議論が進んでいます。パリ
協定のルールづくりは、今後の世界や日本の経済・ビジネス・
社会のあり方を大きく左右する、極めて重要なプロセスです。
今回の報告会では、5月にドイツのボンで開催された国連気
候変動会議に参加した専門家の高村ゆかり先生を迎えて最新
の国際動向を学ぶとともに、ボン会議に参加したNGOメンバ
ーが日本の温暖化対策について提言します。ぜひご参加くだ
さい。
日時:6月26日(月)18:30〜20:30(開場18:10)
会場:メルパルク京都 6階 会議室D「鞍馬」(京都市下京区
東洞院通七条下ル)
アクセス:https://www.mielparque.jp/kyoto/access/
プログラム:
・報告「国連気候変動交渉の最新動向〜ボン会議の議論と展
望〜」高村ゆかりさん(名古屋大学大学院)
・提言「ボン会議にみる日本の気候変動対策の課題」
伊与田昌慶(気候ネットワーク)
・2つの発表を受けてのコメント
浅岡美恵(気候ネットワーク)ほか
・質疑応答&ディスカッション
司会:土田道代(地球環境市民会議(CASA))
参加費:一般500円、CAN-Japanメンバー団体の会員無料
定員:60人(先着順)
申込み:こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/20170626CAN-Japan
又はメール、FAX、お電話にて下記の申込先まで件名「6/26
イベント申込み」として、お名前、ご所属、ご連絡先のメー
ルアドレスをご連絡下さい。
*お申し込み頂いた方には確認後、申込受付のご案内をお送
りいたします。
問合せ・申込み:Climate Action Network Japan(CAN-Japan)
京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305気候ネットワーク
内 TEL: 075-254-1011 / FAX: 075-254-1012
E-mail:secretariat@can-japan.org
主催:Climate Action Network Japan(CAN-Japan)

詳しくは以下をご覧ください。
CAN-Japan
http://www.can-japan.org/events-ja/2306

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2017年6月号(No.96)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2017年6月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 17:57| 定期発行物