2017年09月19日

「京のアジェンダ21フォーラム」代表就任ご挨拶

2017年9月13日に開催された、京のアジェンダ21フォーラム2017(平成29)年度第2回幹事会において、規約に基づき幹事の互選によって、新川達郎が代表に就任しました。
つきましては、以下の通りご挨拶申し上げます。


「京のアジェンダ21フォーラム」代表就任ご挨拶
新川 達郎 (同志社大学大学院総合政策科学研究科教授)

このたび「京のアジェンダ21フォーラム」の代表に就任いたしました新川です。皆様に改めてご挨拶を申し上げます。力不足は重々承知の上ですし、20年の歴史を重ねてきた活動とその代表を務めてこられた内藤正明先生の後を襲うというのは、名誉であると同時に重責をひしひしと感じているところです。この重圧をどのように未来へのエネルギーに変えていくのかというのが、私に課せられた使命かもしれないとも思っています。
京のアジェンダ21フォーラムは、持続可能な地域を実現するための協働の場としてこれまで多くの成果をあげてきました。京都議定書を契機として広がってきた活動は、民間営利・非営利そして公共部門の連携協力によって地球温暖化対策をはじめとする環境問題の解決に向けて、地域に根ざした活動を進めてきました。とはいえ環境問題については、自然すべてにかかわることであり、当然にそれは人類の存亡にかかわること、そして私たちの日々の生活においては社会問題や経済問題に直結していることを改めて認識せざるを得ません。これからの「京のアジェンダ21フォーラム」は、地域に根ざした協働の力を発揮して、全方位の持続可能な世界を構築するべく、これまでの20年を基盤として、未来に向かって進んで行ければと願っています。これまでかかわってくださった皆様、そしてこれからの歩みをともにという未来の同志の皆様からの、絶大なご助力をいただければと思っております。

_MG_0845niikawa0_5.jpg
posted by アジェンダ at 09:55| お知らせ