2018年01月05日

京えこめる 2018年1月号(No.104)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年1月号
                       No.104
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○新年のごあいさつ
 ○窓断熱セミナー「トイレの窓から始めよう!〜木枠で作
 る内窓〜」
◆京都市からのお知らせ
 ○「平成29年度京都市生物多様性セミナー」の開催につい
 て
 ○第9回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境
 文化学術フォーラム」国際シンポジウムの参加者募集につ
 いて
◆京エコロジーセンターから1月のお知らせ
 ○マレーシアにおける「低炭素社会実現に向けた人・コミ
 ュニティづくり」プロジェクト中間報告会
◆その他のお知らせ
 ○CSR活動公開セミナー「森林とSDGs時代のCSR活動」
 ○「海ごみ問題から考える私たちの暮らしとプラスチック」
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○新年のごあいさつ
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお
願いいたします。

なお年末に発行いたました季刊誌「あじぇんだ」2017〜2018
年冬号につきましては、まもなく会員の皆さまにお届けいた
しますので、今しばらくお待ちください。

○窓断熱セミナー「トイレの窓から始めよう!〜木枠で作る
内窓〜」
内窓(うちまど)って知っていますか?
窓の内側にもう一つ窓をつけ、ペアガラスのように空気の層
を作ることで、暖房した熱を外に逃がさないようにしたり、
窓の近くの冷えを軽減する工夫のことです。
今回は、この内窓をテーマに学習会とDIYでの製作会を開き
ます。
製作はモニター3名を募集し、家の中の一番小さな窓、トイ
レの窓にトライしていただきたいと思います。
また、温度計の貸し出しをしますので、温度の計測もお願い
することになります。ふるってご参加ください。
寒い冬の真っ最中に取り付けてみることで、その違いが実感
できます。
木製の枠は、部屋の雰囲気もガラリと変わって思わぬリフォ
ームです。
日時:1月10日(水)10:00〜12:30
場所:まちなかエコライフ実験所(京都市立朱雀第三小学校正
門からすぐ)※詳しいアクセスは、申込時にお知らせ致します。
内容:座学「窓断熱について」
   見学「木枠の窓断熱」
   製作「トイレの窓から始めよう!木枠で作る内窓」
定員:20名※モニター(トイレの内窓を作る方)は、うち3名
参加費:無料※ただし、モニター(トイレの内窓を作って持ち
帰る方)は材料費(サイズによる実費)が必要。
モニター募集:今回トイレの内窓を作る方は、実費のみで製
作できます。取り付けが可能な形状かどうかや寸法の測り方
などの事前協議が必要ですので、お申込時にお知らせくださ
い。また、モニターとして温度の測定などをお願いいたしま
す。あらかじめご了承ください。
主催:京のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)
共催:有限会社ひのでやエコライフ研究所
お申し込み:お名前、メールアドレス、電話番号、参加動機
を以下の連絡先にお知らせください。
モニターとして、自宅用にトイレの内窓作りを希望される方
は、その旨お申込時にお知らせください。
※なお、1月6日(土)正午の時点で3名を超える場合は、抽
選とさせていただきます。
申込先:ひのでやエコライフ研究所(担当:オオゼキ)
TEL:070-5650-0769
メール:hinodeya@hinodeya-ecolife.com
予告(続編):別日程でも内窓作りのワークショップ(全2回)
を開催する予定です。今回参加された方は、2回目のみの参
加でOKです。詳細は、当日お知らせいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/181955721.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「平成29年度京都市生物多様性セミナー」の開催について
京都市では、京都の豊かな自然環境と文化を未来へと伝えて
いくため、「京都市生物多様性プラン」に基づく取組を推進
しています。
この度、市民や事業者等の皆様に、生物多様性について理解
を深めていただき、保全活動の輪を更に広げていくため、「平
成29年度京都市生物多様性セミナー」を開催しますので、お
知らせします。是非御参加ください。
日時:2月1日(木)13:00〜15:30
場所:キャンパスプラザ京都5階第1講義室(京都市下京区西
洞院通塩小路下る東塩小路町939)
内容:
1)いのちにぎわう未来の京都〜協働の環の先に見えるもの〜
結・社会デザイン事務所代表 菊池玲奈氏(京都市環境審議会
生物多様性保全検討部会委員)
2)「京都市生物多様性保全活動登録制度」登録団体による事
例発表
・フィールドソサイエティー代表 久山喜久雄氏(京都市環境
審議会生物多様性保全検討部会委員)
・NPO法人ビオトープネットワーク京都代表 中辻󠄀英克氏
・日本野鳥の会京都支部副支部長 坂根勝美氏
・京都伝統文化の森推進協議会事務局 中筋祐司氏(京都市産
業観光局農林振興室林業振興課 京の森づくり推進担当課長)
定員:150名(先着順)
参加費:無料
申込方法:必要事項を明記し、ホームページ(京・生きものミ
ュージアム)、FAX、Eメール又は電話でお申し込みください。
※電話の受付時間は平日の8:45〜17:30です。
申込期間:〜平成30年1月31日(水)
申込、問合先:京都市 環境政策局 環境企画部 環境管理課
〒604−8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
北庁舎8階 TEL:075-222-3951 / FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000229458.html

○第9回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境文
化学術フォーラム」国際シンポジウムの参加者募集について
「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術
フォーラムでは、毎年、世界で地球環境の保全に著しい貢献
をされた方々を顕彰するため、「KYOTO地球環境の殿堂」表
彰式を開催するとともに、殿堂入り者等を囲む国際シンポジ
ウムを開催しています。
今年度は、下記のとおり開催することとなりましたので、お
知らせします。
日時:2月10日(土)13:00〜17:00
場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)メインホール
定員:1,000名
1)「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式13:00〜14:15
・オープニング・アトラクション(ミュージックソー(奏者:
サキタハジメ氏))
・殿堂入り者表彰式(認定証授与、記念品贈呈)
・殿堂入り者記念スピーチ
ミゲール・A・アルティエリ氏、マーガレット・アン・マッキ
ーン氏、デニス・L・メドウズ氏
主催:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会(京都府・京都市・
京都商工会議所・環境省・大学共同利用機関法人 人間文化研
究機構 総合地球環境学研究所・公益財団法人国際高等研究
所・公益財団法人国立京都国際会館)
2)「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム14:30〜
17:00
タイトル:「成長の限界」から持続可能な社会へ
・殿堂入り者記念講演
・パネルディスカッション
(パネリスト)ミゲール・A・アルティエリ氏、マーガレット・
アン・マッキーン氏、デニス・L・メドウズ氏、知花くらら氏
(モデル・女優・国際連合世界食糧計画(WFP)日本大使)
(コーディネーター)阿部健一氏(総合地球環境学研究所教授)
主催:「京都環境文化学術フォーラム」(京都府・京都市・京
都大学・京都府立大学・大学共同利用機関法人 人間文化研究
機構 総合地球環境学研究所・大学共同利用機関法人人間文化
研究機構 国際日本文化研究センター)
申込期間:平成29年12月8日(金)〜平成30年2月6日(火)
申込方法:氏名、郵便番号、住所、電話番号を御記入のうえ、
はがき、FAX、Eメール又はインターネットにて申込み。参加
無料。
申込先:「KYOTO地球環境の殿堂/京都環境文化学術フォー
ラム」参加受付事務局(株式会社インターグループ内)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル
TEL:06-6372-3051 / FAX:06-6376-2362
Eメール:earth-kyoto@intergroup.co.jp
インターネット:http://www.pref.kyoto.jp/earth-kyoto/
問い合わせ先:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会事務局
/京都環境文化学術フォーラム事務局(京都府環境部地球温
暖化対策課内)
TEL:075-414-4830 / FAX:075-414-4705
Eメール:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000229270.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから1月のお知らせ
------------------------------------------------------
○マレーシアにおける「低炭素社会実現に向けた人・コミュ
ニティづくり」プロジェクト中間報告会
京都市で培われた経験が、マレーシアのイスカンダル開発地
域での低炭素社会の実現に向けた取組に活かされている事例
を紹介します。(京都市の温暖化防止教育「こどもエコライフ
チャレンジ」のイスカンダル版の取組紹介、イスカンダル開
発地域における生徒の主体的な環境学習、地域コミュニティ
を中心とした環境活動等)
また、京都市の経験を更に海外でどのように活用できるのか
を一緒に考えるワークショップも行います。
日時:2018年1月28日(日)13:30〜15:30
場所:京エコロジーセンター 1階シアター
主催:公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会(京エコロ
ジーセンター(京都市)指定管理者)
共催:特定非営利活動法人 気候ネットワーク / 後援:独立
行政法人国際協力機構(JICA)関西国際センター(予定)
申込期間:〜1月27日(土)
申込方法:申込期間中に参加者のお名前・連絡先をTEL・FAX・
HPの申込フォームでお申し込みください。
対象:高校生以上
定員:50名(申込先着順)
参加 費:無料 / 持ち物:特になし

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2017/12/12813301530.php

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○CSR活動公開セミナー「森林とSDGs時代のCSR活動」
京都府内には、京都を創業の地とする多くの日本をリードす
る先進的企業が本社を構え、その歴史や環境の中で非常に高
い環境意識を持っておられます。こうした企業の多くが、府
民・企業・団体など森の恵みを受ける皆で京都の緑を守る「京
都モデルフォレスト運動」に参画いただき、資金提供だけで
なく社員自らが森林整備活動を行っています。
また、近年で
は国連のSDGs(Sustainable Development Goals)の採択によ
り、持続可能な社会づくりへの関心がさらに高まっており、
協会では今回初めて、生物多様性や森林の保全をはじめとし
たこれからのCSR活動について考える公開セミナーを開催す
ることとしました。ぜひご参加ください。
日時:2月7日(水)13:30〜(開場13:00)
場所:京都リサーチパーク「バンケットホール」(京都市下京
区中堂寺/西地区4号館B1階)
http://www.krp.co.jp/access/
[第一部 講演]
演題「企業が守って活かす森林の価値」
講師:足立直樹氏
(株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役)
[第二部 事例発表]
京都モデルフォレスト運動参画企業による実践事例報告
• エスペック株式会社、エスペックミック株式会社
• 三洋化成工業株式会社
[第三部 交流会]
希望者による意見交換会(有料。申込締め切りは1週間前まで。
ただし定員に達し次第締め切ります。)
後援等:一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JB
IB)、京都府、近畿中国森林管理局、公益社団法人国土緑化推
進機構、京都商工会議所、京都CSR推進協議会、KES環境機
構、京のアジェンダ21フォーラム(予定含む)
第一部〜第二部:無料
第三部(交流会):1,000円(当日会場にて申し受けます)
※京都モデルフォレスト協会会員(友の会除く)は無料

申込フォーム、詳細は以下をご覧ください
公益社団法人京都モデルフォレスト協会
http://www.kyoto-modelforest.jp/informations/csrseminar20180207/

○「海ごみ問題から考える私たちの暮らしとプラスチック」
地球環境問題の1つとして、近年大きく注目されている海ご
み問題。とても大きな問題ですが、その「もと」は私たちの
暮らしから出たごみ。特に、プラスチックによる汚染は深刻
です。「いずれ、世界の海は、魚よりプラスチックごみの方
が多くなる」という予測まであります。海ごみ問題と私たち
の暮らしのつながりを知るための講座を企画しました。参加
者募集中です。各回無料。先着順で受付致します。
◆第2回 海ごみ問題と私たちの暮らし
〜実態が明らかになってきた海ごみ問題〜
日時:1月28日(日)13:30〜16:00
会場:パタゴニア京都店3F イベントスペース
定員:40名(先着順)
講師:高田秀重氏 東京農工大学教授
   篠 健司 パタゴニア日本支社環境・社会担当
◆第3回 脱使い捨て、脱プラスチックに向かう世界
〜フランスの「プラスチック製使い捨て容器・食器禁止法」
の衝撃 〜
日時:3月3日(土)13:30〜16:00
会場:京エコロジーセンター1F シアター
定員:60名(先着順)
講師:山川肇氏 京都府立大学教授
   太田航平氏 NPO法人地域デザイン研究所ecotone代表
共催:京都市ごみ減量推進会議 パタゴニア日本支社
後援:関西広域連合 京都府 京都市
問合せ、お申込みは以下へお願いします。
京都市ごみ減量推進会議 事務局
TEL:075-647-3444 / FAX:075-641-2971
E-mail:sanka@kyoto-gomigen.jp

詳しくは以下をご覧ください
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/166.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年1月号(No.104)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年1月5日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 16:42| 定期発行物