2018年01月15日

京えこめる 2018年1月臨時号(No.105)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年1月臨時号
                       No.105
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○明徳小学校「わきの山」にあるチマキザサについて知ろ
 う!
◆京都市からのお知らせ
 ○レジリエント・シティ京都市民フォーラム
◆その他のお知らせ
 ○CSR・地産地消・食のグリーン調達セミナー
 ○2017年度環境首都創造公開セミナー
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○明徳小学校「わきの山」にあるチマキザサについて知ろう!
京都市立明徳小学校の学校林、通称「わきの山」には、「チ
マキザサ」と呼ばれるササが生えています。左京区北部の花
脊・別所地域等に分布するチマキザサは、古くから祗園祭の
厄除けちまきの材料や、和菓子等に使用されてきましたが、
近年、数十年に一度の一斉開花・枯死の後、山間部で増加し
ているシカによる食害を受けるなどして、絶滅の危機に瀕し
ています。
京のアジェンダ21フォーラムでは、中小企業等がチームを作
って地域の環境活動を行う「京都環境コミュニティ活動
(KESC)」として、学校や地域の方と一緒にわきの山の保全
活動を行ってきましたが、このチマキザサを保全するため、
専門家による学習会を開催いたしますので、ぜひご一緒に学
びましょう。
日時:2月3日(土)14:00〜16:00
場所:京都市立明徳小学校 ミーティングルーム(京都市左京
区岩倉忠在地町 221)
プログラム
14:00〜15:00 お話「チマキザサの保全について」
講師:東口涼さん(京都大学大学院 農学研究科 森林科学専
攻)
15:00〜15:15 移動
15:15〜16:00 わきの山現地見学(参加自由)
対象:生物多様性などに関心のある企業の方、地域の皆さま、
学校・NPO・行政関係者など
参加費:無料
定員:50名
申込方法:1)お名前 2)ご所属(あれば) 3)連絡先(電話
番号もしくはメールアドレス)をメールかFAXで下記申込先
までお送りください。
主催:京のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)
協力:京都市立明徳小学校
お問合せ・申込先:京のアジェンダ21フォーラム事務局
電話 075-647-3535  FAX 075-647-3536
メール ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/182151696.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○レジリエント・シティ京都市民フォーラム
この度、京都教育懇話会との共催により、しなやかな未来社
会を創る人づくりのために、「私たちが今できること」を市
民の皆様と一緒に考え、市民ぐるみでの実践につなげていく
ため、鷲田清一京都市立芸術大学学長による基調講演のほか、
多彩なパネリストの方々との自由闊達な議論を行う、「レジ
リエント・シティ京都市民フォーラム」を下記のとおり開催
しますので、お知らせします。
日時:1月20日(土)13:30〜16:30(開場:13:00)
場所:京都市立京都堀川音楽高等学校(京都市中京区油小路
通御池押油小路町238−1)
内容
第1部 基調講演(13:30〜14:35)
鷲田 清一 氏(京都市立芸術大学学長)
第2部 パネルディスカッション(14:50〜16:30)
パネリスト:堀場厚氏(堀場製作所代表取締役会長兼社長・
京都教育懇話会会長)、池坊専好氏(華道家元池坊次期家元・
京都文化芸術都市創生審議会会長)、升光泰雄氏(京都市私
立幼稚園協会会長)、清水美香氏(京都大学学際融合教育研
究推進センター特定准教授)
コーディネーター:藤田裕之(レジリエント・シティ京都市
統括監)
定員:500名
※当日参加可能ですが、座席数に限りがありますので、事前
の申込みをお勧めしております。
参加費:無料
申込方法:電子メール、電話又はFAXにて、京都市防災危機
管理室にお申し込みください。
・必要事項:氏名、郵便番号、住所、電話番号、同伴者の人
数(2名まで)
申込期間:1月18日(木)まで
申込先・問合せ先:京都市行財政局防災危機管理室
・メール:rckyoto@city.kyoto.lg.jp
※タイトルを「市民フォーラム申込」として、上記の必要事
項を記載してお送りください。
電話:075-212-6792(平日8:45〜17:30)
FAX:075-212-6790(上記の必要事項を記載してお送りくださ
い。)

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000228564.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○CSR・地産地消・食のグリーン調達セミナー
〜MSC「海のエコラベル」と会社が取り組めるCSR・グリーン
調達と従業員の健康食を解説します〜
平成27年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標
(SDGs)」に「持続可能な生産消費形態を確保する」「持続可
能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で
利用する」ことが掲げられています。この目標達成を目指し
た持続可能な漁業で獲られた水産物の国際的な認証制度であ
る MSC(Marine Stewardship Council)の「海のエコラベル」
について学ぶセミナーを開催します。
事業所では、会社経営において、社会的責任(CSR : Corporate
Social Responsibility)活動を求められているところも少
なくありません。社会的責任に関する手引きである国際規格
ISO26000では、環境、消費者、コミュニティへの参画・発展、
労働など7つの課題が挙げられていますが、最近従業員の健
康増進に力を入れておられるところが増えています。社員の
健康づくりの基盤ともなる社員食堂や会社弁当のメニューの
改善に魚や野菜の積極的利用も注目されていることから、社
員の健康を考えた社内食堂のメニューづくりのポイントを紹
介頂く機会もつくりました。
SDGsの達成に向けた取組の一つとして、CSR、地産地消、食
のグリーン購入、従業員の健康をつなげる活動のヒントを知
るセミナーです。CSR活動、グリーン調達、社員食堂ご担当
の皆様のご参加をお待ちしています。
日時:1月26日(金)15:00〜16:30
会場:キャンパスプラザ京都 第4演習室
京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939(京都駅よ
り徒歩5分)
内容
・講演「海のエコラベル・MSC 制度」
講師:MSC(海洋管理協議会)日本事務所プログラム・ディレク
ター 石井 幸造氏
・講演「社員の健康を考えた社員食堂メニュー開発(仮称)」
講師:株式会社ワコール総務部総務課環境担当 崎川政文氏
・地産地消キャンペーン紹介及び全体質疑応答、名刺交換会
参加費:無料
定員:30名
申込方法:参加ご希望の方はKGPN事務局まで、会社・団体・
自治体名、御所属、御氏名をご連絡ください。
連絡先:KGPN事務局
TEL 075-708-8551 Fax 075-708-8062
E-mail kgpn@dolphin.ocn.ne.jp
主催:KGPN(旧 京都グリーン購入ネットワーク)
共催:京のアジェンダ21フォーラム、特定非営利活動法人
KES環境機構

詳しくは以下をご覧ください。
KGPN
http://www.k-gpn.org/2018/01/10/msc_180126/

○2017年度環境首都創造公開セミナー
2016年11月、パリ協定は採択から1年を待たずに発効しま
した。また、国連は「我々の世界を変革する:持続可能な開
発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択し、17の目
標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」
を掲げました。世界は、まさに脱化石、そして持続可能な社
会へ向けて大きく舵を切ろうとしています。
このような世界的要請に応えなければならないのは、日本の
地域社会も同様であり、地域社会はその変化による社会的影
響も大きく受けます。さらに私たちの地域社会では、人口減
少、高齢化、雇用の確保、地域の文化や環境の保全など、様々
な課題にも戦略的に取り組む必要があります。
私たち環境首都創造NGO全国ネットワークでは、これらの要
請に応えるための自治体の総合計画、ローカルアジェンダ21、
環境基本計画、地球温暖化対策実行計画などのモデルプラン
を自治体に提案しようと昨年度から検討を進めています。
本セミナーは、このような課題認識のもとでの、NGO、自治体、
研究者による学習と意見、情報の交流の場として開催いたし
ます。
日時:1月31日(水)10:00〜16:30、2月1日(木)9:00〜
11:00過ぎ
会場:メルパルク京都(31日)京都駅烏丸口すぐ
https://www.mielparque.jp/kyoto/access/
しんらん交流館(1日)東本願寺北側(烏丸花屋町西入ル)
http://jodo-shinshu.info/access/
参加費:無料(本セミナーは、(独法)環境再生保全機構地
球環境基金の助成を受けて開催します)
主催:環境首都創造NGO全国ネットワーク
講師とテーマ予定(テーマは全て仮題、1月31日の講演順は
未定)
[1月31日]
・増原直樹さん(総合地球環境学研究所)、杉山範子さん(名
古屋大学)
「欧州環境先進自体と先進的な活動とネットワーク(仮)」
・田中信一郎さん(地域政策デザインオフィス代表理事)
「地域でのエネルギー戦略(仮)」
・環境省大臣官房環境計画課(未定・依頼中)
「第5次環境基本計画のめざすものと自治体の環境基本計画
等への期待、要請(仮)」
[2月1日]
・白井信雄さん(法政大学)
「自治体における気候変動適応策(仮)」
参加申し込み方法:「氏名」「所属」「連絡先」「参加日(両
日、31日のみ、1日のみ)」をoffice@eco-capital.netまで
お知らせください。複数名でのご参加も歓迎いたします。
会場のキャパシティを超えた場合は参加できなくなりますの
で、できるだけ早めに参加をお知らせください。
問合せ:環境首都創造NGO全国ネットワーク 担当:大西、
下村(NPO法人環境市民内)
電話:075-211-3521 メール:office@eco-capital.net

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年1月臨時号(No.105)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年1月15日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 15:16| 定期発行物