2018年02月21日

京えこめる 2018年2月臨時号(No.107)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年2月臨時号
                       No.107
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○SDGsパブリックフォーラム in 京都 「SDGsで描く京の
 未来」
 ○地域の持続可能な消費と生産に関する研修会
 ○公開シンポジウム:企業・事業所の電力会社の選び方
 〜再エネ電力へパワーシフトしよう!〜
◆京エコロジーセンターから2月のお知らせ
 ○発見!体験!ネイチャーワールド〜生きものから学ぶ未
 来の暮らし〜
◆その他のお知らせ
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦2018 ボランティアリーダー募集
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○SDGsパブリックフォーラム in 京都 「SDGsで描く京の未
来」
2030年までの地球規模課題解決のための目標とターゲットを
定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」が全世界でスタート
して今年で3年目。SDGsの存在を広める「周知の時期」から、
地域・国・世界のそれぞれのレベルで、あるいは行政・企業・
団体・学校などそれぞれの組織で、SDGsをいかに使いこなす
かに取り組む「実装の時期」へと入りつつあります。今回は、
京都という「地域」のこれからを考えるとともに、世界的に
も注目度の高い京都から、優れたさまざまな取り組みを世界
へ発信していくために、SDGsをどのように活用することがで
きるのか、みなさんで語り合う「パブリックフォーラム」を
開催することにしました。
とりわけ今回は、同日直前の時間に同会場で、国際協力や地
球規模課題に取り組むNGOと外務省が政策対話を行うNGO・
外務省定期協議会「2017年度第3回ODA政策協議会」が行わ
れることから、SDGsに詳しい政府、NGO関係者が多数入洛さ
れます。それらのみなさんにも続けてパブリックフォーラム
にご参加いただき、SDGsに関する最新の動きを共有していた
だきます。どなたでもご参加いただけますので、この貴重な
機会にぜひご参加いただき、ご一緒に「SDGsで描く京の未来」
を考え、語り合いましょう。
日時:3月1日(木)15:30〜18:30(15:15受付開始)
会場:京都市国際交流会館 特別会議室(京都市左京区粟田
口鳥居町2番地の1)
アクセス:http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html
定員:50名(申込先着順)
参加費:無料
お申込み:以下のフォームに入力していただくか、メール・
FAXで以下の事項をお送りください。
(1) お名前 (2) ふりがな (3) ご所属(あれば) (4) 連
絡先(メールアドレス・FAX番号・電話番号のいずれか)
参加申込フォーム:https://goo.gl/whB4TG
問合せ・申込み先:京のアジェンダ21フォーラム(担当:井
上)TEL 075-647-3535   FAX 075-647-3536
メール ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
運営:2017年度第3回ODA政策協議会・京都実行委員会
(特活)国際協力NGOセンター
(一社)SDGs市民社会ネットワーク
(特活)名古屋NGOセンター
(特活)関西NGO協議会
(特活)NGO福岡ネットワーク
ODA改革ネットワーク九州
京のアジェンダ21フォーラム
(公財)京都市環境保全活動推進協会
プログラム
<1> キーノート
・発題1「京都市におけるレジリエント・シティの取組とSDGs」
藤田裕之さん(レジリエント・シティ京都市統括監)
・発題2「SDGsアクションプラン2018について 〜SDGsの
地方展開と地方からの発信〜」
甲木浩太郎さん(外務省国際協力局地球規模課題総括課課長)
・質疑応答
・コメント 大野容子さん((一社)SDGs市民社会ネットワ
ーク進行役/(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
<2> テーマ別討議(3つのテーマごとのグループに分かれ
て意見交換をします)
・セクター間/分野間の連携
事例紹介1 マレーシアにおける「低炭素社会実現に向けた
人・コミュニティづくり」プロジェクト
新堀春輔さん((公財)京都市環境保全活動推進協会課長)
事例紹介2 関西SDGsプラットフォーム
伴大地さん(JICA関西)
ディスカッション コーディネーター:大野容子さん
・コミュニティ/市民社会のあり方
事例紹介1 東海市民社会ネットワーク
西井和裕さん(東海市民社会ネットワーク/(特活)名古屋
NGOセンター理事長)
事例紹介2 国際協力NGOセンター
谷山博史さん((特活)国際協力NGOセンター理事長)
ディスカッション コーディネーター:加藤良太さん(アド
ボカシー・オーガナイザー/(特活)関西NGO協議会理事)
・ユースの取り組みとこれからの役割
事例紹介1 立命館大学Sustainable Week
事例紹介2 エコ〜るど・京大「持活」
ディスカッション コーディネーター:井上和彦さん(京の
アジェンダ21フォーラム事務局長)
<3> 全体共有・まとめ
・各グループからの討議内容報告
・発題者、各グループコーディネーター等によるパネルディ
スカッション
・質疑応答
・まとめのコメント 新川達郎さん(同志社大学大学院総合
政策科学研究科教授/京のアジェンダ21フォーラム代表)

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/182338844.html

○地域の持続可能な消費と生産に関する研修会
グリーン購入・グリーン調達は、環境に優しい商品・サービ
スの普及を通して、ごみの減量や省エネ・省資源、自主的な
社会に貢献する責任を果たす(CSR)活動にもつながる重要な
取組の一つです。
そのため、自治体や企業では、グリーン調達方針の策定、環
境マネジメントシステムの導入、地産地消の取組推進、環境
経営や社会貢献活動に取り組む企業を優先して取引する制度
の導入などの取組の拡大、促進を図っているところもありま
す。
今回、KGPN(旧名称 京都グリーン購入ネットワーク)では、
CSR活動とつながる新たな視点に立ったグリーン購入・調達
方針等の策定や関連する計画の改訂などの参考にしていただ
くため、国内外の新たな動きの紹介も含めた研修会を開催し
ます。
地方自治体の職員の皆様、KGPN会員の皆様のご参加をはじめ、
地産地消活動やCSR調達などに関心をお持ちの多くの方のご
参加をお待ちしています。
日時:3月5日(月)14:30〜16:30
会場:京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都 第4会
議室(京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地)
内容
・講演「地域で取り組む持続可能な消費と生産に向けた今後
の方向」講師:芝浦工業大学システム理工学部環境システム
学科教授 中口毅博氏
・KGPN活動報告「グリーン購入から見た地産地消キャンペー
ンの成果」
報告:「日本電産の社員食堂での地産地消の取り組み」
日本電産株式会社 CSR推進室 課長代理 重本 章子 氏
・事例紹介 CSR活動、CSR調達に取り組む事業所の活動紹介
講師:日新電機株式会社調達部主任 池内久晃氏
・質疑、意見交換等
参加費:無料
定員:30人
主催:KGPN(旧:京都グリーン購入ネットワーク)
共催:京のアジェンダ21フォーラム、特定非営利活動法人
KES環境機構
参加ご希望の方は、KGPN事務局まで、市町村名・会社名・団
体名、所属、氏名をご連絡ください。
電話 075-708-8551 Fax 075-708-8062
メールkgpn@dolphin.ocn.ne.jp

詳しくは以下をご覧ください。
KGPN
http://www.k-gpn.org/seminar_180305/

○公開シンポジウム:企業・事業所の電力会社の選び方〜再
エネ電力へパワーシフトしよう!〜
2016年4月の電力小売りの完全自由化によって、一般家庭、
企業とも自由に電力会社を選べるようになりました。再生可
能エネルギーの普及をさらに促進していくため、公開シンポ
ジウムを開催します。ぜひ多くの皆さまのご参加をお待ちし
ております。
日時:3月15日(木) 13:30〜16:00
会場:ウイングス京都(京都市中京区)セミナー室A・B
https://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
対象:企業、事業所、自治体、経済・経営関係団体、一般な
ど約50名(予定)
内容(予定):
・世界の再エネ100%の動き 伊与田昌慶さん(CAN Japan)
・パワーシフト・キャンペーンについて 田渕透さん(FoE
Japan)
・パワーシフトした企業・事業所・自治体の事例紹介
野崎隆史さん(京都弁護士会)、吹田市環境政策室、他
・ディスカッション
テーマ「企業・事業所の電力会社の選び方」
コーディネート:豊田陽介さん(気候ネットワーク)
パネリスト:金子貴代さん(グリーン購入ネットワーク)、
野崎隆史さん(京都弁護士会)、京のアジェンダ21フォーラ
ム、他
参加費:無料
主催:京のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)、パ
ワーシフト・キャンペーン、気候ネットワーク
申込方法:問合せ先のメール・FAX・電話まで
1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(あれば) 4)連絡先(メ
ールアドレス・FAX番号・電話番号のいずれか)
をお伝えください。
問合せ先:京のアジェンダ21フォーラム(担当:井上・山谷)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセ
ンター内
電話:075-647-3535  FAX:075-647-3536  
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp    

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/182463241.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから2月のお知らせ
------------------------------------------------------
○発見!体験!ネイチャーワールド〜生きものから学ぶ未来
の暮らし〜
私たちの暮らしになくてはならない自然のすごさや、自然の
力を活かした暮らし方を知り、持続可能な自然との暮らし方
を一緒に考えてみませんか?
日時:2月25日(日)10:00〜16:30
会場:京エコロジーセンター
入場:無料 ※飲食提供等の有料販売ブースあり
申込:不要 ※当日先着順のブースあり
*定員のあるブースもありますので、お早目にお越しくださ
い。
*各ブースとも材料がなくなった場合は受付を終了します。
*各ブースの開催時間や定員については、HPで随時更新いた
します。
出展協力団体名(敬称略・順不同):出展タイトル
・京都市動物園:動物園の標本にふれてみよう!
・京都大学 生存圏研究所:この木なんの木?〜いろんな木を
さわって楽しもう〜
・京都府保健環境研究所:未来をつなげよう!KYOの環境〜
外来生物について楽しく学ぼう!〜
・京都府環境部自然環境保全課:京都の生物多様性を知ろう!
・草木のはちみつ:ミツバチのおうちでキャンドルづくり
・月桂冠株式会社:はっこうで食べものを美味しくする
・琴引浜ネイチャークラブハウス
鳴き砂の琴引浜にもロマンも汚染もやってくる。漂着物図鑑
つくり、小瓶のストラップつくり
・株式会社昆虫食のentomo、東大阪大学短期大学部:昆虫食
は古代から来た未来食
・武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園:植物と人のかかわ
りを知る〜衣・食・住を通して〜
・バルネオカメラプロジェクト:摩訶不思議な熱帯雨林の世
界 触れる、作る、味わう
・ワールド牧場:ヤギ・ヒツジによるエコ除草およびエサや
り体験
・羊の原毛屋スピナッツ/スピナッツ出版:羊の恵みー衣食住
・株式会社堀場製作所:生きものからヒントをもらったセンサ
ーを知ろう!
・ImagamI いまがみ(フランス料理レストラン)
猪肉のハンバーグと鹿肉ミートソースのハンバーガー、ロコ
モコ丼 各500円
あすかルビーのスイーツ、無農薬しまなみレモンのレモネー
ド 各300円
・手作りパン工房SAZUPAN:国産小麦使用の動物形をしたパ
ンの販売
【ワークショップ申込方法】
・事前申込:2/6(火)9:00〜
電話・来館にて各回定員の半分を受付します。(10時台開催
分は、定員数すべてを事前受付します。)
・当日申込:11時〜13時台開催分は、9:30〜
14時以降開催分は、13:30〜 2F事務室前にて受付します。
※お申し込みは、参加されるご家族の方に限らせていただき
ます。
※参加が確定した場合でも、お申込みされた開始時間に、各
ブースに来られない場合は、キャンセルとみなさせていただ
きます。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2017/11/225-1.php

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○祇園祭ごみゼロ大作戦2018 ボランティアリーダー募集
祇園祭ごみゼロ大作戦は、 祇園祭の宵山において屋台等で利
用される使い捨て食器を何度も洗って繰り返し使用出来るリ
ユース食器に置き換えて、お祭りのごみ減量を目指す日本最
大級の環境保全活動です。
2014年からスタートし、毎年、約2000人のボランティアス
タッフがリユース食器の回収、ごみの分別ナビゲーション、
ごみの拾い歩き等の活動に参加しごみ減量に大きな効果を上
げています。
5回目となる2018年度の実施に向けて、現場で当日ボランテ
ィアスタッフとともに活動するリーダーを募集します。
ボランティアリーダーは、事前の研修やミーティングも含め
準備段階からこの活動に関わって、運営本部スタッフやボラ
ンティアスタッフとともに、祇園祭ごみゼロ大作戦を作り上
げていきます。当日はエンジ色のTシャツがリーダーの目
印!毎年多くのメンバーが大活躍しています!
これまでの本活動への参加経験やボランティア経験は問いま
せん。チームで一つのことを作り上げることが好きな人、京
都のまちに関わりたい人、リーダーシップを磨きたい人、環
境問題に関心がある人など、このプロジェクトに楽しく、積
極的に参加できる方をお待ちしています!
※ 祇園祭当日のみ活動するボランティアスタッフは4月頃
から募集を予定しております。
募集説明会日程:ボランティアリーダーに少しでも興味のあ
る方は、募集説明会にお気軽にご参加ください。
(1)日時:2018年3月9日(金)19:00〜20:30
場所:京都市中京青少年活動センター 和室
(2)日時:2018年3月10日(土)18:00〜19:30
場所:京都市中京青少年活動センター 中会議室
1次募集申込締切:3月31日(土)
活動内容:
・祇園祭ごみゼロ大作戦に向けた各種準備
・当日ボランティアの誘導や活動サポート
・祇園祭会場での情報伝達や調整
・祇園祭会場での来場者からの問い合わせ対応
・祇園祭の事後活動でのボランティアサポート など
活動日:祇園祭前祭宵々山(7/15)、宵山(7/16)のほか、
後祭(7/22〜23)やそれらの事前・事後活動日
定員:100人
※募集定員は変更となる場合があります。
※先着順(募集定員に達し次第締切となります)
対象:18歳以上であること(高校生は不可)
ボランティアリーダーに関するお問合せ先:
一般社団法人祇園祭ごみゼロ大作戦
(ボランティア運営事務局:NPO法人地域環境デザイン研究
所ecotone)
住所:〒604-8112 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町9−13
HAJIME BLD. TEL:075-205-5297
MAIL:entry@gion-gomizero.jp
HP :http://www.gion-gomizero.jp

詳しくは以下をご覧ください
祇園祭ごみゼロ大作戦
http://www.gion-gomizero.jp/volunteer02/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年2月臨時号(No.107)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年2月21日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 10:02| 定期発行物