2018年04月02日

京えこめる 2018年4月号(No.109)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年4月号
                       No.109
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○季刊誌の発送につきまして
◆京都市からのお知らせ
 ○「京都の社寺と生物多様性 第3号」、「平成29年度版
 京の生きもの発見ガイド」、「未来へつなごう!京都の生
 物多様性 平成29年度版」の発行について
◆京エコロジーセンターから4月のお知らせ
 ○シンポジウム「極地から見えてきた地球温暖化〜持続可
 能な未来の暮らしを目指して〜」
◆その他のお知らせ
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦・ご寄付のお願い
 ○ふしみ地域電力の可能性を探る 〜再生エネルギーと市
 民発電所〜
 ○国際セミナー「持続可能な観光空間の再生とプランニン
 グ:《場所の消費に抗う》観光都市の取り組みから考える」
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○季刊誌の発送につきまして
当フォーラム会員様に年4回発送しております「季刊誌あじ
ぇんだ」2018年春号は、4月の上旬頃お手元にお届け予定と
なっております。
到着まで今しばらくお待ち頂けますよう、どうぞよろしくお
願い致します。

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「京都の社寺と生物多様性 第3号」、「平成29年度版 京
の生きもの発見ガイド」、「未来へつなごう!京都の生物多
様性 平成29年度版」の発行について
京都市では、「京都市生物多様性プラン〜生きもの・文化豊
かな京都を未来へ〜に基づく環境教育・普及啓発の取組の一
環として、これまでから市民、市内の小学校、生物多様性保
全活動団体などで活用いただくための冊子を発行し、多くの
方々から好評の声をいただいております。
この度、「京都の社寺と生物多様性 第3号」、「平成29年
度版 京の生きもの発見ガイド」、「未来へつなごう!京都
の生物多様性 平成29年度版」の3冊子を同時に発行します
ので、お知らせします。
配布場所:各区役所・支所内のエコまちステーション、京エ
コロジーセンター(京都市環境保全活動センター)、図書館等
で配布します。
お問い合わせ先:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
TEL:075-222‐3951 / FAX:075-213-0922

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000233751.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから4月のお知らせ
------------------------------------------------------
○シンポジウム「極地から見えてきた地球温暖化〜持続可能
な未来の暮らしを目指して〜」
平成28年11月に「パリ協定」が発効され、世界は低炭素社
会から脱炭素社会に移行しようとしています。日本は、パリ
協定の下で誓約した「2030年までに2013年比で26%削減す
る」と目標を掲げていますが、国際的には不十分であると言
われています。私たちは、今一度地球温暖化について知り、
解決に向けての取り組みを考えることが必要です。シンポジ
ウムでは、北極・南極の自然の魅力や極地から見た地球温暖
化の影響、日本や世界で起きている地球温暖化問題の現状を
知り、地球温暖化問題を自分事に考え、どのような解決策が
あり、私たち一人ひとりに何ができるのかを考えます。
開催日時:4月15日(日)13:30〜16:00
対象:中学生以上(小学4年生同伴可)
定員:100名(申込先着順)
参加費:無料
講師:高月紘 氏、山内恭 氏、江守正多 氏
会場:京エコロジーセンター
申込期間:4月1日(日)9:00〜4月14日(土)
申込方法:電話・HP(イベントカレンダー)・来館にて京エコ
ロジーセンターまで、・参加者全員のお名前・連絡先電話番
号・イベントを知ったきっかけをご連絡ください。
[講師紹介]
高月紘 氏(京エコロジーセンター館長・京都大学名誉教授)
専門は、廃棄物管理と環境教育。廃棄物処理に関する研究や
環境教育・環境学習の実践を行っている。その他、環境マン
ガの制作(ペンネーム「ハイムーン」)や、陶芸制作(号「俳夢
雲」)を行う。著書:「ごみ問題とライフスタイル」「ゴミッ
ク廃貴物」ほか。
山内恭 氏(国立極地研究所 総合研究大学院大学名誉教授)
専門は気象学で、南極・北極の大気・気候の研究を行ってい
る。北極域研究推進プロジェクト(ArCS)評議会副議長を務め、
南極観測隊には5回参加し、越冬隊長を務める。著書「南極・
北極の気象と気候」
江守正多 氏(国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変
動リスク評価研究室長)
専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する
政府間パネル第5次評価報告書主執筆者。著書「異常気象と
人類の選択」「地球温暖化はどれくらい「怖い」か?〜温暖化
リスクの全体像を探る」ほか

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2018/03/415.php

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○祇園祭ごみゼロ大作戦・ご寄付のお願い
あなたの寄付で祇園祭宵山をごみゼロに!
祇園祭ごみゼロ大作戦は、今年も使い捨て食器をリユース食
器に切り替えます!
ご寄付は、公益財団法人京都地域創造基金を通して受け付け
ています。
京都地域創造基金
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=43
寄付目標額:500万円
寄付募集期間:2018年7月25日(水)まで
※基金へのご寄付の一部は、基金による寄付募集、資金管理
等の運営費に活用させていただきます。
※ご寄付は税制優遇措置の対象となります。

詳しくは以下をご覧ください。
祇園祭ごみゼロ大作戦
http://www.gion-gomizero.jp/news/1583/

〇ふしみ地域電力の可能性を探る 〜再生エネルギーと市民
発電所〜
自然エネルギーが地産地消で生かされる仕組みを一緒に考え
ませんか。今回は、自然エネルギーの普及や省エネ促進事業
に取り組んで守られた専門家からお話を伺い、この伏見地域
でのエネルギーの地産地消、電力の可能性を考え、学びます。
日時:4月7日(土)19:00〜
会場:喫茶うずら
講師:大西啓子さん(NPOきょうとグリーンファンド事務局長)、
林 敏秋さん(再エネ工房)
参加料:夕食に旬の伏見野菜の特製カレーを食べながら参加
費込みで1,500円。
定員:先着予約20名です。ご予約ください。
主催:ふしみBa

詳しくは以下をご覧ください。
ふしみBa Facebook
https://www.facebook.com/events/613618218978461/

○国際セミナー「持続可能な観光空間の再生とプランニン
グ:《場所の消費に抗う》観光都市の取り組みから考える」
観光が都市のカタチを変えつつあります。世界観光機関
[UNWTO]によれば、近年世界的に急速に成長を遂げている観光
産業は、2015年には世界のGDPの10%を占め、全雇用の10%
を生み出しています。一方で、観光への過度の期待は、旧市
街などの特に観光的魅力の高い地区を徐々にテーマパーク化
させていく危険性を孕みます。例えば、バルセロナやヴェネ
ツィアの旧市街では、Airbnbの人気を背景に、近隣住民と観
光客の軋轢が深刻化している現状があります。また、地区に
必ずしも必要ではない観光客目当ての業種が増加し、地元の
老舗商店が閉店に追い込まれるなど、「観光植民地化」
(Tourism Colonization)や「地区の低俗化」が進み、地域社
会の営みに埋め込まれた社会・文化・空間資源の持続的な維
持の仕組みが瓦解しつつあります。
本セミナーでは、観光と居住環境の両立に苦慮するバルセロ
ナから、市の「観光宿泊施設抑制プラン」を策定、実施して
いる観光戦略プラン担当局長のアルベルト・アリアス氏を招
聘し、持続可能な観光のあり方とそれを支えるプランニング
の可能性について議論を交わします。
なお、本セミナーは、科学研究費『歴史的観光都市の「場所
の消費」に対する観光政策と都市政策の計画論的統合』(研
究代表:阿部大輔)の研究成果の一環として開催します。
日時:2018年4月7日(土)13:00〜17:30
場所:龍谷大学深草キャンパス和顔館 B201教室
定員:約100名・要事前申込(参加費無料)
主催:龍谷大学阿部研究室
詳細・申込
https://www.facebook.com/events/2032430867029003/
※使用言語:日本語
《プレゼンター》
・観光と居住をめぐる国際的動向/阿部大輔(龍谷大学)
・Tourism 2020 Barcelona. Towards a sustainable
destination management/アルベルト・アリアス(バルセロナ
市)
・京都市の観光政策/上田誠(京都市産業観光局長)
・場所の消費に抗する地域からの自律的な取り組み/菅谷幸
弘(六原まちづくり委員会委員長)

詳しくは以下をご覧ください。
Facebook
https://www.facebook.com/events/2032430867029003/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年4月号(No.109)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年4月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 10:51| 定期発行物