2018年07月02日

京えこめる 2018年7月号(No.112)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年7月号
                       No.112
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○2018(平成30)年度総会のご報告
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦・ご寄付のお願い
◆京都市からのお知らせ
 ○平成30年度(第16回)京都環境賞の募集について
 ○平成30年度京都市事業者向け省エネ対策セミナー
◆京エコロジーセンターから7月のお知らせ
 ○「すいそ」エネルギーで最先端の車を走らせよう!
◆その他のお知らせ
 ○出版記念セミナー『石炭火力発電Q&A 脱石炭は世界の
 流れ』
 ○関西SDGsキャラバンin京都
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○2018(平成30)年度総会のご報告
6月22日(金)14:00〜15:15、京エコロジーセンターにて、京
のアジェンダ21フォーラム2018(平成30)年度総会を、開催
し、全議案が承認されました。
ご出席いただきました皆さま、ありがとうございました。

○祇園祭ごみゼロ大作戦・ご寄付のお願い
あなたの寄付で祇園祭宵山をごみゼロに!
祇園祭ごみゼロ大作戦は、今年も使い捨て食器をリユース食
器に切り替えます!ご寄付は、公益財団法人京都地域創造基金
を通して受け付けています。
寄付目標額:500万円
寄付募集期間:7月25日(水)まで
※基金へのご寄付の一部は、基金による寄付募集、資金管理
等の運営費に活用させていただきます。
※ご寄付は税制優遇措置の対象となります。

詳しくは以下をご覧ください。
京都地域創造基金
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=43

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○平成30年度(第16回)京都環境賞の募集について
京都市では、地球温暖化の防止や循環型社会の形成、生物多
様性の保全等の環境保全に貢献する活動を実践されている市
民や事業者の皆様を「京都環境賞」として表彰しています。
大賞は副賞50万円!今年度は、6月1日(金)から募集を開始
しておりますので、皆様の御応募をお待ちしております。
募集期間:6月1日(金)〜8月31日(金)【必着】
表彰対象:主に京都市内で環境保全活動に取り組まれている
方(個人、団体、事業者など)
表彰内容:京都環境賞 [大賞]:表彰状及び副賞(表彰銘板及
び50万円)
特別賞[6部門]:表彰状及び副賞各5万円
※その他、奨励賞も設けております。
応募方法:ホームページに掲載、又は各区役所等で配架して
いる応募用紙に記入いただき、Eメール(推奨)、郵送、持参、
FAXにて御応募ください。
応募・問合せ先:環境政策局 環境企画部 環境管理課
TEL:075-222-3951 / FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000235739.html

○平成30年度京都市事業者向け省エネ対策セミナー
京都市では、事業者の温室効果ガス排出削減を推進するため、
省エネ性能の高い設備・機器の導入や事務所ビル等のエネル
ギーマネジメントシステムの導入を支援するとともに、省エ
ネルギー対策に活かせる情報を提供するなど、事業活動の低
炭素化を促進しております。
この度、市内事業者の皆様を対象とした省エネ対策セミナー
を開催しますので、次のとおり、お知らせします。
日時:7月20日(金)14:00〜16:00(受付開始13:30)
場所:キャンパスプラザ京都第3講義室
(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
内容
・省エネ対策事例その1:株式会社セブン‐イレブン・ジャ
パン
・省エネ対策事例その2:三洋化成工業株式会社
・省エネ取組PDCAと補助金活用:一般社団法人省エネプラッ
トフォーム協会
・水素エネルギーを活用した省エネ設備:大阪ガス株式会社
参加費:無料
定員:100名(事前申込制、先着順)
申込締切:7月9日(月)
申込方法:申込用紙に、必要事項を記入いただき、FAX又はE
メールでお申し込みください。
問合せ・申込先:京都市環境政策局地球温暖化対策室 エネ
ルギー事業推進担当
TEL:075-222-4555 / FAX:075-211-9286
Eメール:ge@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000238560.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから7月のお知らせ
------------------------------------------------------
○「すいそ」エネルギーで最先端の車を走らせよう!
世界で注目されている「すいそ」エネルギーを知っています
か?エコな「すいそ」エネルギーを使ったモデルカーを、実際
に走らせながら未来のエネルギーを体験しましょう!本物の
燃料電池自動車も来るよ!
開催日時:7月31日(火)
1)10:30〜11:50 / 2)13:15〜14:35 / 3)15:15〜16:35
申込期間:7月3日(火)〜7月18日(水)
対象:小学5年生〜中学3年生(保護者同伴可)
定員:1)10:30〜・2)13:15〜…8組、3)15:15〜…16名(抽選)
参加費:無料
講師:本田技研工業株式会社
※抽選のイベントです※
受付開始日の朝9時から受付を開始します。電話・FAX・来館
にて京エコロジーセンターまで、
参加ご希望の時間帯・参加
者全員のお名前・年齢(学年)・連絡先電話番号をご連絡くだ
さい。
受付時間: 開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL:075-641-0911 / FAX:075-641-0912
*原則、ご家族ごとのお申込をお願いしております。団体で
のお申込はご遠慮ください。
*ご連絡頂いた個人情報は、イベント参加に関するご連絡の
ためにのみ使用いたします。
*ご都合により予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡
をお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-5124/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○出版記念セミナー『石炭火力発電Q&A 脱石炭は世界の流
れ』
〜気候変動・SDGs・電力・エネルギー関係者必見・必聴!世界
で進む脱石炭。日本で進む、石炭火力発電の新増設。石炭の
問題点とは?原発や自然エネルギーとの関係は?豊富なデータ
でわかりやすく解説!〜
パリ協定やSDGs、大気汚染の懸念、投資リスクの顕在化、自
然エネルギーの価格低下を背景に、世界各地で脱石炭のトレ
ンドが加速しています。英国は、国内の総発電量に占める石
炭火力発電の割合を、数年で40%から7%に減らしており、
「石炭発電ゼロ」を2025年までに実現するとしています。
英国だけではありません。世界では、28カ国・8地方政府等
が「脱石炭」を目標に掲げています。一方、日本においては、
2012年以降に明らかになった石炭火力発電所新増設計画は、
なんと合計50基!
6月、気候ネットワークは、石炭火力発電の技術動向、その
問題点や代替策としての省エネ・自然エネルギーの可能性に
ついて、地道な調査と豊富なデータに基づいて解説した書籍
『石炭火力発電Q&A「脱石炭」は世界の流れ』を緊急出版。
これにあわせ、参加費無料の出版記念セミナーを関西で開催
します。
今回の出版記念セミナーでは、世界の動向、書籍のキーメッ
セージをご紹介するとともに、学識者・専門家から、日本の
エネルギー・気候変動の対策の課題について貴重なコメント
を頂きます。ぜひご参加ください。席に限りがありますので、
お申込みはお早めに!
日時:7月5日(木)18:30〜20:30(18:15開場)
会場:メルパルク京都 会議室6(JR京都駅から徒歩数分)
アクセス:
[チラシ]
http://www.kikonet.org/wp/wp-content/uploads/2018/06/180628coal_qanda_flyer.pdf
[プログラム]
(1)講演「パリ協定時代、脱石炭は世界の流れ」
浅岡美恵(気候ネットワーク代表・弁護士)
(2)学識者による講演・コメント
【7/5(木)京都】大島堅一先生(龍谷大学政策学部教授)
(3)質疑応答
参加費:無料
申込フォーム:http://bit.ly/coal-qa
あるいは、気候ネットワーク事務局まで、お名前、連絡先メ
ールアドレスを添えてお申込み下さい(当日参加も可能です)。
主催:特定非営利活動法人気候ネットワーク
お問合せ:気候ネットワーク京都事務所
〒604-8124 京都府京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
TEL: 075-254-1011 / FAX: 075-254-1012
E-mail: kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください。
特定非営利活動法人気候ネットワーク
http://www.kikonet.org/event/2018-07-05/coal-QA-kansai

○関西SDGsキャラバンin京都
近畿経済産業局では、「関西SDGs貢献チャレンジ」として、
「関西SDGs貢献ビジネスネットワーク」の活動を中心に、関
西におけるビジネス分野でのSDGs関連の取組を随時紹介し
ています。
京都府と主催する今回のキャラバンは、「日本型SDGsモデル」
はどうあるべきか、またCSRにSDGsを組み込もうとされてい
る企業の先行事例などを紹介し、参加者間でSDGs推進に関す
るノウハウ共有を図ってまいります。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
日時:7月26日(木)13:45〜15:40(終了後 名刺交換・交流
会)
場所:京都リサーチパーク1号館 4階 サイエンスホール
主催:近畿経済産業局、京都府
共催:関西広域連合(予定)、JICA関西(予定)
プログラム
・開会挨拶:京都府、近畿経済産業局
・基調講演「SDGs時代のビジネス新潮流と日本の産業界への
期待(仮)」政策研究大学院大学教授 大野泉氏
・事例発表
(1)「グンゼのコーポレートコミュニケーションとSDGsにつ
いて」グンゼ株式会社コーポレートコミュニケーション部部
長 小倉誠氏
(2)「進化するものづくりを支え続けるために」三共精機株式
会社代表取締役社長 石川武氏
(3)「日本電産のCSRとSDGs」日本電産株式会社IR・CSR推
進部課長代理 重本章子氏
・支援制度紹介
・名刺交換・交流会(有料、場所:A会議室)
申し込み方法:以下の申込フォーム(「関西SDGsキャラバン」
運営事務局が開設するページ)にアクセスし必要事項を入力
の上お申込み下さい。
参加に関するお問い合わせ先:三菱UFJリサーチ&コンサル
ティング株式会社 政策研究事業本部 研究開発第2部内
「関西SDGsキャラバン」運営事務局 kansai-sdgs@murc.jp
(担当:美濃地、池田)
TEL:06-7637-1480(祝日を除く月〜金の9:00-17:30)
お問合せ先:近畿経済産業局 通商部 国際事業課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1−5−44
TEL:06-6966-6032 / FAX:06-6966-6087
メールアドレス:kin-kokusaiinfo@meti.go.jp

詳しくは以下をご覧ください。
近畿経済産業局
http://www.kansai.meti.go.jp/2kokusai/SDGS/press/180726_kyoto.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年7月号(No.112)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年7月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 11:47| 定期発行物