2018年08月01日

京えこめる 2018年8月号(No.113)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年8月号
                       No.113
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○「太陽光発電2019年問題」勉強会
◆京都市からのお知らせ
 ○IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業を開
 始します!
◆京エコロジーセンターから8月のお知らせ
 ○エコセン☆夏休みワクワクひろば〜ミニイベントにみん
 な集まれ〜
 ○京都の木でイスを作ろう!
◆その他のお知らせ
 ○京商ECOサロン×京都市共同事業「環境マネジメントセ
 ミナー
 ○CSR活動公開セミナー「SDGs時代のCSRと森林」
 ○今こそ脱プラ!これからの「循環型社会」
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○「太陽光発電2019年問題」勉強会
2009年11月に太陽光発電の余剰電力買取制度がスタートし
た際に売電を開始した太陽光発電設備は、2019年11月には、
10年間の余剰電力の買取期間が終了します。
そこで、再生可能エネルギーの普及の観点から、この問題の
影響や対応などについて、皆さんと一緒に考える機会を持ち
たいと思います。
ぜひ多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
日時:8月22日(水)14:00〜17:00(受付13:30〜)
会場:京エコロジーセンター シアター(1階)
https://http://www.miyako-eco.jp/about/access.html
対象:一般など約50名(申込先着順)
内容(予定):
・「2019年問題とは?」林敏秋さん(再エネ工房)
・「PV-Netの活動を振り返って」南里弘さん(NPO法人太陽光
発電所ネットワーク大阪地域交流会代表)
・「再生可能エネルギーの固定価格買取制度について」岡村
琢暢さん(近畿経済産業局エネルギー対策課課長補佐)
・ディスカッション
テーマ「太陽光発電2019年問題に備える」
コーディネート:豊田陽介さん(NPO法人気候ネットワーク
主任研究員)
パネリスト:林敏秋さん(再エネ工房)、南里弘さん(NPO法人
太陽光発電所ネットワーク大阪地域交流会代表)
参加費:無料
主催:京のアジェンダ21フォーラム(京都市委託事業)
協力:京都府地球温暖化防止活動推進センター、NPO法人太
陽光発電所ネットワーク京都地域交流会
申込方法:問合せ先のメール・FAX・電話まで
1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(あれば) 4)連絡先(メー
ルアドレス・FAX番号・電話番号のいずれか)をお伝えくださ
い。
問合せ先:京のアジェンダ21フォーラム(担当:井上・山谷)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセ
ンター内  TEL:075-647-3535 / FAX:075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/184061252.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業を開始
します!
京都市では、来年5月の「気候変動に関する政府間パネル
(IPCC)」第49回総会の京都市開催を契機として、市民の皆様
に昨年12月に発表した「持続可能な都市文明の構築を目指す
京都宣言」の理念を御理解いただくとともに、環境に対する
関心や環境にやさしい取組の実践に係る機運をより一層高め
ていただくため、「IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信
リレー事業(全11回の予定)」(市内各所での環境に関する講
座、トークイベント等)を実施しますので、お知らせします。
・トークイベント「京都から考える成熟期の都市戦略2050」
9月15日(土)京都御苑レクチャーホール
・園長講演会「植物も動物も全ての生命が輝くまちに」in京
都市動物園 9月23日(日)京都市動物園
・持続可能な未来へ誘う、音楽の調べ!in随心院 10月13
日(土)随心院
・気候変動から見たSDGs〜世界を変える市民のチカラ〜 10
月20日(土)京エコロジーセンター
・(仮称)環境イベントinすまいの創エネ・省エネわくわく広
場 11月4日(日)イオンモールKYOTO
・(仮称)「地球環境とマンガ」展 11月17日(土)〜1月15
日(火)京都国際マンガミュージアム
・シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレ
ーシア」〜京都発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦〜
12月24日(月)メルパルク京都
・(仮称)気候変動と文化に関するトークイベント 平成30年
度冬頃(予定)臨済宗大本山天龍寺(調整中)
(参考)IPCC第49回総会等の概要
日程、会場:2019年5月6日(月・祝)〜13日(月)、国立京都
国際会館
参加者:各国政府の関係者、国際研究機関の科学者等(100以
上の国・地域から500人程度)
内容:今世紀後半の温室効果ガス実質ゼロを目指したパリ協
定の取組を推進していく上で不可欠な各国の温室効果ガス排
出量の算定方法の改良に関する報告書が承認される予定。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000240756.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから8月のお知らせ
------------------------------------------------------
○エコセン☆夏休みワクワクひろば〜ミニイベントにみんな
集まれ〜
京エコロジーセンターの環境ボランティアが、毎週テーマを
変えて楽しいミニプログラムを行います。申込不要です、ぜ
ひお立ち寄り下さい。
開催日:8月の木曜日(8月2日・9日・16日・23日)
時間:14:00〜15:30(随時)/対象:どなたでも/定員:なし
講師:イベントグループ(京エコロジーセンター環境ボランテ
ィア)

○京都の木でイスを作ろう!
京都産の杉材を使ってイスを作ってみよう。地球温暖化と森
林とのつながりについて知ることができるよ。
開催日時:8月19日(日) 午前・午後の2回行います。
(1)10:00〜11:30 / (2)13:00〜14:30
申込期間:〜8月6日(月)
対象:小学生(小学4年生以下は保護者同伴)
定員:各回20名(抽選)
参加費:600円
持ち物:動きやすい服装、持ち帰る袋
講師:京都木材青年経営者協議会
※抽選のイベントです※
電話・FAX・来館にて京エコロジーセンターまで、参加ご希望
の時間帯・参加者全員のお名前・年齢(学年)・連絡先電話番
号をご連絡ください。
受付時間:開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL:075-641-0911 / FAX:075-641-0912
*原則、ご家族ごとのお申込をお願いしております。団体で
のお申込はご遠慮ください。/*ご連絡頂いた個人情報は、イ
ベント参加に関するご連絡のためにのみ使用いたします。/
*ご都合により予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡
をお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-5160/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○京商ECOサロン×京都市共同事業「環境マネジメントセミ
ナー
〜経費削減・業務効率の改善や企業信用力を向上させよう!」
企業において、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関わる取り組
みが、金融機関や取引先から評価される時代がやってきまし
た。環境マネジメントシステムの取得をご検討中の方のみな
らず、ESG投資や金融機関による環境経営のサポートなどに
ご関心をお持ちの事業者もぜひご参加ください。
日時:8月3日(金)15:00〜17:00
場所:京都商工会議所 教室(2階)
(京都市営地下鉄「丸太町駅」下車6番出口)
内容
・環境マネジメントシステム及びKESの解説
特定非営利活動法人KES環境機構専務理事 長畑和典氏
〜同システムの仕組みや導入のメリット、規格の種類、審査・
登録の手順などを解説します〜
・金融機関による環境経営サポート事業の紹介
株式会社 滋賀銀行
〜環境宣言、SDGs宣言等の経営方針や、独自の環境格付評価
に基づく優遇金利などの環境金融の取組について紹介します

・中小企業の取組事例と成果の紹介
高木金属株式会社(神仏具の貴金属めっき業)
〜5S活動による作業環境改善、その見える化による環境取組
意識の向上、地域清掃活動などを展開〜
参加費:無料
定員:50名(先着順)
主催:京都商工会議所、京都市
お問合せ先:京都商工会議所 産業振興部 京都創生担当
TEL:075-212-6443 / FAX:075-255-0428
E-mail:shinkou@kyo.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都商工会議所https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_108442.html

○CSR活動公開セミナー「SDGs時代のCSRと森林」
国連のSDGs(Sustainable Development Goals)の採択による
持続可能な社会づくりへの関心への高まりを受け、協会では
これからの企業による生物多様性や森林の保全をはじめとし
たこれからのCSR活動について考える公開セミナーを開催し
ます。 
日時:9月11日(火)13:00〜(開場12:30)
場所:聖護院宗務本所2階仏間(京都市左京区)
[内容]
・講話:宮城泰年師(聖護院門跡門主(京都モデルフォレスト
協会理事))
・基調講演「自然資本を活かして、SDGsに貢献し、新しい価
値を創る」
足立直樹氏(株式会社レスポンスアビリティ代表取締役、企業
と生物多様性イニシアティブ(JBIB)理事・事務局長)
・京都モデルフォレスト運動参画企業による実践事例発表
株式会社島津製作所 / 三共精機株式会社
主催:公益社団法人京都モデルフォレスト協会
お問合せ:京都モデルフォレスト協会事務局
〒604-8424 京都市中京区西ノ京樋ノ口町123 京都府林業
会館3階 TEL/FAX:075-823-0170
E-mail:kyomori@kyoto-modelforest.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都モデルフォレスト協会
http://www.kyoto-modelforest.jp/informations/csrseminar20180911/

○今こそ脱プラ!これからの「循環型社会」
〜知られざるペットボトルリサイクル、私たちの消費、責任

深刻な海ごみ問題、脱使い捨てプラに向かう世界の動き、そ
して中国の廃プラ禁輸。プラスチックの大量消費がもたらす
問題や、大量リサイクルの限界が見えてきました。海外(主
に中国)への「輸出」に頼ってきた日本のペットボトルリサ
イクルはどこに向かえばよいのか。私たちの消費のあり方か
ら考えます!
第1回 何が起きているのか 〜中国で、日本国内で、世界
で〜
日時:9月30日(日)13:30〜16:30
会場:登録会館大ホール(中京区烏丸通御池上ル・東側)
定員:100人
講師等:高月紘さん(京都大学名誉教授、京都市ごみ減量推進
会議会長)、原田禎夫さん(大阪商業大学准教授)、堀孝弘(京
都市ごみ減量推進会議職員)
概要:前半は、高月紘さんを講師に「漫画でふり返るライフ
スタイルの変化と容器包装ごみの増加」を講演。後半は、5
月9日放送のNHKクローズアップ現代+の内容をもとに、中
国の廃プラ、廃ペットボトル禁輸による影響を再確認する。
合わせて、海ごみ問題への関心の高まりやパリ協定の遵守な
ど、世界にはプラスチックの総量抑制や脱使い捨てプラスチ
ックを求める動きが起きていることなどを、参加者と共有す
る。
第2回 解決策を考える。その1「減らす」
日時:10月27日(土)13:30〜17:00
会場:パタゴニア京都店(下京区四条通富小路東入ル)
定員:30人
講師等:金紅実さん(龍谷大学政策学部准教授)、瀬口亮子さ
ん(水Doネットワーク事務局長、認定NPO法人環境市民理事)、
安部康之さん(NHK報道局ディレクター)
概要:中国の廃プラ禁輸に対し、他の「輸出先(途上国)」を
見つけようとする動きがある。しかし立ち返るべきは、私た
ちの消費のあり方ではないか。ペットボトルで考える場合、
日本国内のペットボトルは、ほとんどが清涼飲料用である。
清涼飲料の中で近年増加が著しいのがミネラルウォーター類
と緑茶飲料。身近に代替策があり、「減らす」ことは決して
不可能ではない。他にも様々な「減らす手立て」があり、そ
の普及について考える。
第3回 解決策を考える。その2「繰り返し使う」
日時:11月10日(土)13:30〜17:00
会場:吉川商店(伏見区下鳥羽・バス送迎あり。参加申込者に
案内)
定員:30人
講師等:吉川康彦さん(びんリユース推進全国協議会副代表)、
概要:ペットボトルをはじめ、市町村による資源回収・リサ
イクルは盛んになったが、そのことで多くの税金が使われて
いる。一方、リユースびんは税金を使わず、自立的なシステ
ムで循環が成り立つが、社会全体で見た場合、大きく後退し
てしまった。リユースびんを「未来に必要な容器」として位
置づけ、活用していくための課題を考える。吉川商店本社の
洗瓶工場見学と兼ねて実施する。
第4回 解決策を考える。その3「確実に回収する」
日時:12月2日(日)13:30〜17:00
会場:パタゴニア京都店(下京区四条通富小路東入ル)
定員:30人
講師:原田禎夫さん(大阪商業大学准教授)
概要:各地の川ごみ調査の報告で、最も多く見つかるのがペ
ットボトルごみ。意識に頼った分別・回収の限界が見えてい
る。経済的手法を採り入れることで、確実な回収を目指すと
ともに、事業者、行政、市民、それぞれに「Win」がもたらさ
れる仕組みを考える。
第5回 今こそ2R!まとめ
日時:2月3日(日)13:30〜16:30
会場:mumokuteki3階ホール(中京区寺町通蛸薬師上ル・西側)
定員:50人
コーディネーター:浅利美鈴さん(京都大学地球環境学堂准教
授)、原田禎夫さん(大阪商業大学准教授)
概要:これまでの回の議論成果を受けて、持続可能な未来に
向けて、どのような取組とライフスタイルが必要か考える。
主催:京都市ごみ減量推進会議
お申込み:WEBフォームに必要事項を入力して申込頂けます。
また、TEL:075-647-3444、FAX:075-641-2971でも受付けて
います。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/179.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年8月号(No.113)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年8月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 11:19| 定期発行物