2018年11月02日

京えこめる 2018年11月号(No.118)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2018年11月号
                       No.118
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○京都駅ビル「緑水歩廊」でのキクタニギク展示
◆京都市からのお知らせ
 ○事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」33
 号発行のお知らせ
 ○IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業 シ
 ンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレー
 シア」〜京都市発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦
 〜
◆京エコロジーセンターから11月のお知らせ
 ○カカオ豆からチョコレートを作ろう!
 ○京エコロジーセンター全館イベント「エコセン防災キャ
 ラバン〜エコで家族と地球を守ろう!〜」
◆その他のお知らせ
 ○地域から日本を変える「環境首都創造」セミナー2018
 ○企業向けごみ減量実践講座
 ○自然観察会〜いきもの観察&植物立体図鑑づくり〜in渉
 成園
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都駅ビル「緑水歩廊」でのキクタニギク展示
このたび、京都駅ビルにある生物多様性をテーマにした展示
施設「緑水歩廊」において、KESエコロジカルネットワーク
の取り組みや、希少種「キクタニギク」についてより多くの
方に知っていただくための展示を行います。
下記期間無料で展示を見ることができますので、ぜひお出か
けください。
展示期間:11月16日(金)〜11月27日(火)
場所:京都駅ビル「緑水歩廊」南側屋台プランターエリア

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/184812129.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」33号
発行のお知らせ
京都市では、平成32年度までにごみ量を平成12年度のピー
ク時から半分以下に減らすという目標を掲げ、その達成に向
けた重点戦略の一つとして、事業ごみの減量対策に積極的に
取り組んでおり、その一環として、平成23年度から事業ごみ
減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」を発行していま
す。
お問合せ:環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課
TEL:075-213-4930

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000243098.html

○IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業 シン
ポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」
〜京都市発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦〜
平成28年2月から3箇年事業として始まった「イスカンダ
ル・マレーシアにおける低炭素社会実現に向けた人・コミュ
ニティづくりプロジェクト」が、最終年を迎えました。
この度、IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業
の一環として、3年間に渡るプロジェクトの成果と知見の報
告や、SDGsの視点から、京都市から世界へ、また世界の国々
と共に、これまでの知見をどう活かし、取組を深めていくこ
とができるのかについてパネルディスカッションを行うシン
ポジウムを実施しますので、お知らせします。
なお、プロジェクトの成果報告では、マレーシアのセカンダ
リースクール(中高一貫校)の生徒も参加し、プレゼンテー
ションや現地での取組を紹介する動画を上映します。
日時:12月24日(月・休)13:30〜16:30(13:00受付開始)
場所:メルパルク京都5階会議場A(下京区東洞院通七条下
る東塩小路町676-13)
プログラム
第1部 現地のセカンダリースクールの生徒も参加したプロ
ジェクトの成果報告
・報告:豊田陽介(気候ネットワーク)
小学校での地球温暖化防止教育プログラム 
・報告:新堀 春輔(京都市環境保全活動推進協会)
セカンダリースクールでのPBL(問題解決学習)プログラム、
地域コミュニティの活動、イスカンダル・マレーシアでのシ
ンポジウム報告
第2部 パネルディスカッション
テーマ「プロジェクトの経験を京都で活かすには?京都の知
見をさらに海外で活かすには?」
コーディネーター:藤野純一(国立環境研究所主任研究員/
地球環境戦略研究機関上席研究員)
パネリスト:大林照明(京都市教育委員会事務局総合教育セン
ター 指導室長)、浅利美鈴(京都大学地球環境学堂准教授)、
新堀春輔(京都市環境保全活動推進協会事業部事業第1課長)
下間健之(京都市環境政策局地球環境・エネルギー担当局長)
※当日は、門川大作京都市長が来場し、挨拶する予定です(時
間調整中)。また、環境省地球環境局総務課研究調査室 大
井通博室長も出席される予定です(時間調整中)。
主催:京都市、公益財団法人京都市環境保全活動推進協会、
特定非営利活動法人気候ネットワーク、JICA関西
後援:関西SDGsプラットフォーム
参加費:無料
定員:150名(先着順)
参加申込・お問合せ先:特定非営利活動法人気候ネットワー
ク 電話:254−1011、FAX:254−1012
申込専用サイト http://bit.ly/imkyoto2018
又は(1)お名前、(2)電話番号、(3)メールアドレス又はFAX番
号、(4)参加者数、を記載の上、メールkyoto@kikonet.orgか
FAXにてお申し込みください。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000244436.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから11月のお知らせ
------------------------------------------------------
○カカオ豆からチョコレートを作ろう!
おいしいチョコレートは、どうやってできているのかな?カ
カオ豆の殻を剥くところから作ってみましょう。カカオ豆が
どのように生産されているのかについても知ることができま
す。
日時:11月23日(金・祝)1)10:00〜12:30 2)14:00〜17:00
申込期間:抽選 11/2〜11/18(11/19〜11/21の期間に当選
結果として連絡、落選の場合は連絡をしておりません)
対象:1)小中学生(小3以下保護者同伴) 2)16歳以上(同
伴不可)
定員:1)20名(抽選)2)24名(抽選)
参加費:500円(材料費)(仮)
持ち物:エプロン、三角巾、手拭タオル
講師:Dari K株式会社
「カカオを通して世界を変える」を理念に掲げ、フェアトレ
ードを超える取り組みをビジネスとして実現しています。イ
ンドネシアの農家に技術指導を行いながら、直接原料を仕入
れ、良質な豆を高く買い取ることで、農家のモチベーション
向上及び所得向上を目指しております。また、環境面に特化
した活動も行っており、カカオの「単一栽培」ではなく、様々
な植物と一緒に植える「混合栽培」(アグロフォレストリー)
を推奨し、持続可能な農業の普及活動にも力を入れています。
※抽選のイベントです※
電話・FAX・来館にて京エコロジーセンターまで、
参加される方のお名前・年齢(学年)・連絡先電話番号・イ
ベントを知ったきっかけをご連絡ください。
受付時間:開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL 075(641)0911/FAX 075(641)0912
*団体でのお申込はご遠慮ください。
*ご連絡頂いた個人情報は、イベント参加に関するご連絡の
ためにのみ使用いたします。
*ご都合により予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡
をお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-6926/

○京エコロジーセンター全館イベント「エコセン防災キャラ
バン〜エコで家族と地球を守ろう!〜」
私たちの身の回りでは最近、豪雨や台風等の災害がよく起こ
っています、今年の7月には異例の進路を辿る台風が訪れる
事態がありました。このような豪雨等は毎年増えており、原
因の1つとして地球温温暖化があげられています。
そこで今回は、環境と防災をテーマに京エコロジーセンター
の全館を使用してイベントを実施します!
災害を未然に防ぐにはどうしたらいいのか、災害が起きてし
まった時どう行動したらいいのか、何を持っていけばいいの
か等、クイズや体験を通して知る事ができます。
今回は2日間開催です!
開催日時:12月1日(土)・2日(日)両日10:00〜16:30
対象:どなたでも
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター
申込不要(一部当日申込)
★ブース(予定)
・ミニ雨水タンクの作成ワークショップ
・未来の都市の姿が見えるVR(バーチャルリアリティ)体験
・ドローンによる展示とデモフライト
・ジャッキアップ体験
・紙食器の作成体験
・紙スリッパの作成体験
・水消火器の的当てゲーム
・防災紙芝居
・防災食の紹介
・かえっこバザール
・消防車展示(1日のみ)
・ロープワーク(2日のみ)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-7160/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○地域から日本を変える「環境首都創造」セミナー2018
近年、世界各地で大きな影響を及ぼしている気象災害やプラ
スチックごみ問題、またエネルギーの選択や持続可能な社会
のあり方など、地球規模で起きている問題・課題が実は地域
と密接につながっているという認識が深まってきました。
今回の研修では、地域から持続可能な社会をつくるために今
まさに取り組んでいくべき課題を取り上げ学びます。
日時:11月6日(火)10:30〜17:00
会場:京染会館 大会議室(京都市中京区四条通西洞院西北
角、京都駅から地下鉄で2駅、四条駅下車徒歩10分 24番
出口ないし2番出口)
http://www.kyozomekai.or.jp/access/
講座内容
・「プラスチックごみ、どう考え、対応するのか」京都大学
地球環境学堂准教授 浅利美鈴氏
・「SDGsに地域社会はどのように取り組むか、活かすか(仮
題)」真庭市総合政策部長 新田直人氏
・「これからの地域を尊重した再エネ推進」自然エネルギー
財団上級研究員 木村啓二氏
・「地域からの気候変動適応策」法政大学社会学部教授 田
中充氏
参加費(一人あたり)
環境首都創造ネットワーク自治体会員で会費種別Aの自治
体:無料
環境首都創造ネットワーク自治体会員で会費種別Bの自治
体:5000円
非会員 自治体の方 一人5000円
非会員 NPO関係者 一人3000円
※参加費は事前に下記にお振込みいただくか、当日ご持参く
ださい。
京都中央信用金庫 御池支店 普通 0746990
環境首都創造ネットワーク(カンキョウシユトソウゾウネッ
トワーク)
※これを機会に入会をご検討の方は事前にご相談ください。
参加申し込み・問い合わせ先:環境首都創造ネットワーク事
務局 京都市中京区麩屋町通二条下る 第二ふや町ビル206
号室 NPO法人環境市民内(担当:下村、大西、風岡)
TEL 075-211-3521 FAX 075-211-3531
E-mail:office@eco-capital.net

詳しくは以下をご覧ください。
環境首都創造ネットワーク
http://www.eco-capital.net/informations/informations-3044/

○企業向けごみ減量実践講座
京都市ごみ減量推進会議では、京都商工会議所と共催し、「エ
コロジーはエコノミー ごみ減量実践講座」を開催していま
す。
企業のごみ減量や環境対策を主なテーマに多彩な顔ぶれの講
師をお招きし、廃棄物に関連する最新情報や取組事例、廃棄
物処理現場の見学会等を開催しています。
平成30年度は、5回開催です。是非、ご参加ください!
・第1回「変わる中国!環境ビジネス最前線」
猛スピードで環境に関する施策を進め、大きく変革している
中国ですが、これまで日本が経験してきた環境への取組にか
かる技術と経験が求められているといいます。
国家プロジェクトである浙江省浦江(プージャン)県での家
庭ごみ処理のモデル事業を中心に中国国内の廃棄物事情など、
地球規模で影響のある中国の最新情報をお伝えします。
質疑応答でも、多くのご質問にお答えします。
お申込時の事前のご質問、参加できない方からのご質問も大
歓迎です!
日時:11月29日(木)14:30〜16:30
会場:京都私学会館206室(京都市下京区室町通高辻上ル山
王町 561)
参加費:無料(ごみ減会員、非会員共に)
定員:40名(先着順)
講師:浙江加百列生物科技有限公司董事長 張冲(チョウ・
チュウ)氏
・第2回「世界とつながる日本のごみ〜保津川から見えるこ
と〜」
京都の一大観光である保津川下りは、日本の広告塔。しかし
、川下りで目にする大量のごみに考えさせられることは多く、
昨今明らかになってきた廃プラスチックの問題は深刻です。
1200年もの間、京都を支えてきた保津川で自然と向きあい川
で生きる講師から、川や観光地の現状と企業の社会的責任に
ついてお話いただきます。
日時:12月7日(金)14:30〜16:30
会場:京都私学会館206室(京都市下京区室町通高辻上ル山
王町 561)
参加費:無料(ごみ減会員、非会員共に)
定員:40名(先着順)
講師:保津川遊船企業組合代表理事 豊田知八氏
・第3回「堀口昌澄さんと行く、廃棄物処理施設見学バスツ
アー」
企業の努力義務となっている廃棄物処理の現地確認。でも、
どういう点をチェックすべきか・・・不安はありませんか?
堀口昌澄氏に排出事業者の視点からレクチャーいただきなが
ら、様々な種類の廃棄物処理が1カ所で見られる三重中央開
発鰍フ施設を見学します。
http://miechuokaihatsu.jp/
日時:2019年1月23日(水)正午出発(市営地下鉄「竹田
駅」西口)17:00頃解散
訪問先:三重中央開発株式会社三重リサイクルセンター(三
重県伊賀市予野字鉢屋4713番地)
参加費:無料(ごみ減会員、非会員共に)
*お申込み時に、自宅住所、生年月日(西暦)と参加当日の
ご年齢をお知らせください(保険加入のため)
定員:40名(先着順、申込期限1月11日(金))*参加者
に詳細をご連絡します。
講師:メジャーヴィーナス・ジャパン株式会社シニアコンサ
ルタント 堀口昌澄氏
・第4回「中国内廃棄物行政・循環経済の最新動向〜日本企
業はどう対応すべきか〜」
これまでリサイクル処理の大きな出先の1つであった海外へ
の輸出。中国の施策変更により、廃プラを筆頭にさまざまな
資源リサイクル事業において大きな影響が出ています。中国
環境規制対応など中国の環境コンサルタントの第一線でご活
躍の講師から、資源性廃棄物輸入制限も含め、中国国内の廃
棄物行政・循環経済の全体像と最新動向をお話いただきます。
日時:2019年2月8日(金)14:00〜16:30
会場:京都商工会議所2階第1〜2教室(京都市中京区烏丸通
夷川上ル)
参加費:無料(ごみ減会員、非会員共に)
定員:60名(先着順)
講師:北京大野木環境コンサルティング有限公司総経理 大
野木昇司氏 
・第5回「紙リサイクル工場(大津板紙)見学」※バスツア
ーではありません
紙の分別、リサイクルは広まってきましたが、まだまだ燃や
されてしまっている紙があるようです。できるだけ紙を燃や
さず有効に活用すること、また、リサイクルに向かない紙は
どのような悪影響があるのかを知り、職場や日常でどのよう
な紙を選ぶ必要があるのかを考えてみませんか。当会議の秘
密書類リサイクル事業の搬入先でもあり、環境規制が厳しい
琵琶湖の近くで操業されている「大津板紙」で、紙に関する
日ごろの疑問もスッキリ解決! 職場で「紙博士」になれます
よ。
日時:2019年2月20日(水)14:00〜16:00
会場:大津板紙株式会社本社工場(滋賀県大津市馬場1丁目
15番15号)
集合:現地又は、JR・京阪膳所駅周辺*参加者に詳細をご連
絡します。
参加費:無料 ただし、現地往復の交通費は各自負担(ごみ
減会員、非会員共に)
定員:30名(先着順)
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会・一般社団法人京都府産業廃
棄物3R支援センター・NPO法人KES環境機構
お申込み・お問合せ:京都市ごみ減量推進会議 
Tel:075-647-3444  Fax:075-641-2971
E-mail: sanka@kyoto-gomigen.jp
申込フォームはこちら
http://kyoto-gomigen.jp/works/186.html

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/186.html

○自然観察会〜いきもの観察&植物立体図鑑づくり〜in渉成

渉成園(枳殻邸)では、四季を通じていろいろな植物や鳥、
虫などを見ることができます。
紅葉を楽しみながらいきもの観察をしたあとは、世界でひと
つだけのあなたの植物立体図鑑をつくりましょう!
日時:12月8日(土)10:00〜12:00 ※受付開始9:45から
場所:東本願寺飛び地境内地渉成園 ※渉成園入口集合
参加費:500円
雨天:決行
定員:30名 ※ 定員に達し次第、受付終了となります。
予約:必要
主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援:京のアジェンダ21フォーラム
お問い合わせ・申込み先:東本願寺財務部
FAX:075-371-9195 メール:zaimu@higashihonganji.or.jp
※ 申込みの際には下記事項をお知らせください。
1)氏名 2)連絡先 ※ 当日、連絡の取れる電話番号 
3)参加人数 ※ お子様参加の場合は年齢をお聞かせください。

詳しくは以下をご覧ください。
東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
https://www.facebook.com/events/1801250853333968/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2018年11月号(No.118)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2018年11月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 13:50| 定期発行物