2019年04月01日

京えこめる 2019年4月号(No.125)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2019年4月号
                       No.125
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○組織統合のお知らせ
 ○京えこめるの配信について
◆京都市からのお知らせ
 ○IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素
 社会の実現に向けて〜世界の動向と京都の挑戦〜
◆京エコロジーセンターから4月のお知らせ
 ○「不都合な真実2 放置された地球」上映会
◆その他のお知らせ
 ○本願寺水道を歩こう2019
 ○フォーラム「2050年脱炭素ビジョンを語る〜IPCCの科学
 とパリ協定〜」
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○組織統合のお知らせ
京のアジェンダ21フォーラムは、これまで独立した任意団体
でしたが、2019年4月1日より、京都市ごみ減量推進会議と
ともに公益財団法人京都市環境保全活動推進協会(以下「協
会」という。)に組織統合しました。
事務局は協会アジェンダ課が担い、会員の皆様は協会の「京
のアジェンダ21フォーラム会員」に移行していただきます。
活動内容は、当面は大きく変わりませんので、今後ともご支
援ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/185796078.html

○京えこめるの配信について
これまで、京のアジェンダ21フォーラムからの情報提供とし
て、毎月初めにメールマガジン「京えこめる」を配信してま
いりました。
今後も会員様に限らず、ご希望の方にお届けいたしますので、
配信ご不要な方は、末尾の連絡先までご連絡ください。
なお、TwitterやFacebookでも随時情報を発信しております
ので、ぜひご覧ください。
・Twitter https://twitter.com/ma21f
・Facebookページ https://www.facebook.com/ma21f/
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社
会の実現に向けて〜世界の動向と京都の挑戦〜
京都市では、2019年5月の「気候変動に関する政府間パネル
(IPCC)」第49回総会の京都市開催を契機として、気候変動問
題に対する関心や環境にやさしい取組の実践に係る意識をよ
り一層高めていただくため、シンポジウムを下記のとおり開
催しますので、お知らせします。
日時:5月11日(土)10:30〜18:00
会場:国立京都国際会館 アネックスホール 
※お越しの際は公共交通機関を御利用ください。
最寄り駅:地下鉄「国際会館」、市バス「国際会館駅前」
内容(予定)
10:30〜12:00
主催者等挨拶:門川大作(京都市長)他
特別講演:安成哲三(総合地球環境学研究所所長)
13:00〜15:55
挨拶:環境省
パネルディスカッション1「世界の動きと日本の脱炭素化に
向けたゆくえ〜1.5度特別報告書を受けて〜」
ファシリテーター:石川智子(地球環境戦略研究機関ナレッジ
マネージメント・連携担当ディレクター)
パネリスト:環境省(予定)、IPCC第3作業部会共同議長(予
定)、江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター副セン
ター長)、田村堅太郎(地球環境戦略研究機関気候変動とエネ
ルギー領域研究リーダー)
パネルディスカッション2「京都の挑戦〜プロジェクト“0(ゼ
ロ)”への道〜」
ファシリテーター:新川達郎(京のアジェンダ21フォーラム
代表)
パネリスト:門川大作(京都市長)、山極壽一(京都大学総長)、
西本清一(京都市産業技術研究所理事長・京都高度技術研究所
理事長)
クロージングセッション:門川大作(京都市長)、安成哲三(総
合地球環境学研究所所長)、浜中裕徳(イクレイ日本理事長)、
高月紘(京都市環境保全活動推進協会理事長)他
16:00〜18:00
京都大学総長と若手研究者による座談会:山極壽一(京都大学
総長)他
※敬称略、肩書は2019年3月22日現在
主催:京都市
共催:環境省、京都大学、大学共同利用機関法人人間文化研
究機構総合地球環境学研究所、一般財団法人イクレイ日本、
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会、公益財団法人地
球環境戦略研究機関
申込期間:4月2日(火)〜4月22日(月)
申込先:京都いつでもコール
TEL:075-661-3755/FAX:075-661-5855
E-mail:京都いつでもコールHPの送信フォームを利用
定員:300名
お問い合わせ先:京都市環境政策局地球温暖化対策室
TEL:075-222-4555 / FAX:075-211-9286

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000249490.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから4月のお知らせ
------------------------------------------------------
○「不都合な真実2 放置された地球」上映会
第79回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞、主題歌賞の
2部門を受賞し、ドキュメンタリー作品としては異例のヒッ
トを記録した2006年製作の環境ドキュメンタリー「不都合な
真実」の第2弾。前作で地球環境問題の啓発に貢献したとし
てノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア元アメリカ合衆国副
大統領とともに、地球温暖化へ警鐘を鳴らした前作から10年
の時を経た地球の「現実」を映し出していく。2016年のパリ
協定調印までの道のりに焦点が当てられている。COP3開催記
念館の京エコロジーセンターで地球温暖化について考えてみ
ませんか?
開催日時:4月21日(日) 1)10:00〜12:00、2)14:00〜16:00
対象:どなたでも(小学生以下は要保護者同伴)
定員:各回60名(申込先着順)
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター
申込期間:4月1日(月)9:00〜4月20日(土)
※申込先着順のイベントです※
受付開始日の朝9時から受付を開始します。電話・HP(イベン
トカレンダー)・来館にて京エコロジーセンターまで、参加ご
希望の時間帯・参加者全員のお名前・年齢(学年)・連絡先電
話番号をご連絡ください。
受付時間:開館日の午前9時〜午後9時
休館日:木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL:075-641-0911 / FAX:075-641-0912
*原則、ご家族ごとのお申込でお願いします。団体でのお申
込はご遠慮ください。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-8720/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○本願寺水道を歩こう2019
京都の地下に眠る、近代の防災システム・本願寺水道をたど
る!
蹴上琵琶湖疏水から東本願寺までの4.5Kmをつなぐ本願寺水
道は、東本願寺の消防用水の供給は勿論、お堀の水や、山門
前の噴水へも水を供給し、東本願寺周辺の水辺景観を造成し
ました。
防災遺産である本願寺水道の足跡をたどり、1897年に作られ
た当時の歴史を想像する旅へと歩いてみませんか。
日にち:4月20日(土)
出発時間:午前9時30分(受付は9時から)
集合場所:京都市地下鉄蹴上駅1番出口(地上)
参加費:500円(保険料含)
定員:25名
歩き案内:立命館大学 歴史都市防災研究所 金度源のほか
勉強会:本願寺水道の水を復活させ京都駅ビルまでつなぐ(講
師:京都駅ビル 常務取締役 高浦敬之)
コース:蹴上琵琶湖疏水(水源地)→三条通→白川沿い→四条
通→建仁寺西→五条大橋→東本願寺→渉成園(ゴール)
※9時30分から出発、ところどころお休みを取りながら13
時過ぎまでにゴールへ到着します。その後、東本願寺の渉成
園にて昼食を兼ねながら軽い意見交換会と勉強会を行います。
※参加対象は子供から大人までです(小さなお子様は、保護者
同伴でのご参加をお願いします)
※当日は、雨天決行です。※但し、当日の朝5時の時点で警
報が発令された場合には自動中止とさせていただきます。
※昼食は各自でご用意ください。
申し込みは:東本願寺財務部
FAX:075-371-9195
E-Mail:zaimu@higashihonganji.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
東本願寺
http://www.higashihonganji.or.jp/news/collection/28329/

○フォーラム「2050年脱炭素ビジョンを語る〜IPCCの科学と
パリ協定〜」
2019年5月、京都で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
の総会が初めて開催されます。IPCCは気候変動の科学的知見
をとりまとめてきた功績で2007年にノーベル平和賞を受賞
し、2018年10月には特別報告「1.5℃の地球温暖化」を発表。
加速する気候変動の危機に警鐘を鳴らしています。
一方、SDGsやパリ協定が成立した後も、日本は脱炭素に向け
た道筋が描けていないままです。日本政府は、今年6月に開
催されるG20大阪サミットをにらみ、間もなく2050年に向け
た温暖化対策の長期戦略を策定する予定です。
2050年の脱炭素社会はどのような姿なのでしょうか?それを
どうめざすべきなのでしょうか?IPCCの科学的知見を踏まえ
つつユース、エネルギーの専門家、環境金融アナリスト、労
働組合など、各界のリーダーにそれぞれが考える「2050年脱
炭素ビジョン」を語ってもらいます。奮ってご参加ください。
日時:5月12日(日)13:30〜17:00(13:00開場)
会場:メルパルク京都 会議場C(JR京都駅より徒歩すぐ)
プログラム
講演「IPCC1.5℃特別報告のメッセージ(仮題)」
甲斐沼美紀子さん(国立環境研究所社会環境システム研究セ
ンターフェロー)
ディスカッション「2050年脱炭素ビジョンを語る」
環境金融の視点から:河口真理子さん(大和総研研究主幹)
労働・雇用とジャスト・ トランジションの視点から:南部美
智代さん(連合副事務局長)
ユースの視点から:今井えりなさん(神戸大学学生、Fridays
ForFutureKyoto呼びかけ人)他
*海外の先住民の特別ゲストも予定しています
参加費:会員/学生:無料、一般:500円
*当日入会いただければで無料で参加いただけます。
申込方法:以下WEBサイトから申込み専用ページよりお申し
込みください。
あるいは、1) お名前、2) ふりがな、3) メールアドレス等を
添えて、下記の問合せ先までメール等でご連絡ください。
主催:気候ネットワーク
協力:Global Landscapes Forum
お問合せ:認定NPO法人気候ネットワーク京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください。
気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2019-05-12/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2019年4月号(No.125)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail: agenda@ma21f.jp
 ※土・日曜日、祝日休室

◆発行日:2019年4月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 15:57| 定期発行物