2019年04月26日

京えこめる 2019年5月号(No.126)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2019年5月号
                       No.126
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○連休中について
 ○「地域企業のための再生可能エネルギー100%セミナー」
 〜自然エネルギー100%企業の事例から学ぼう〜
◆京都市からのお知らせ
 ○京都市すまいの創エネ・省エネ応援事業〜住宅用太陽光
 発電システム等の助成金について〜
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
 ○映画「小さな世界はワンダーランド」上映会
◆その他のお知らせ
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦ボランティアリーダー・ボランテ
 ィアスタッフ大募集
 ○一般公開シンポジウム「気候変動影響研究と対策の最前
 線」 ※同時通訳付
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○連休中について
京のアジェンダ21フォーラム事務所(公益財団法人京都市環
境保全活動推進協会アジェンダ課)は、4月27日(土)から
5月6日(月・休)までお休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

○「地域企業のための再生可能エネルギー100%セミナー」〜
自然エネルギー100%企業の事例から学ぼう〜
 世界では再生可能エネルギー100%(以下再エネ100%)への
注目が高まっています。国や地域に加え、グローバル企業が
続々と再エネ100%の宣言を始めており、日本でも17社(2019
年3月現在)がRE100に加盟しています。こうしたグローバ
ル企業からサプライヤーなどの取引先に、再エネ100%を要望
する状況も生まれています。再エネ100%は世界的な流れで、
品質に再エネ100%という新しい価値をつけていかないと、国
際的に対抗できなくなる可能性もあります。そこで京都の地
域企業の皆さま向けに、再エネ100%の潮流と今後の展望につ
いて、RE100加盟企業や、自然エネルギー100%宣言企業・団
体の事例と合わせて、再エネ100%のメリットをご紹介するセ
ミナーを開催します。
日時:5月20日(月)14:00〜16:30(受付13:30〜)
会場:京都経済センター会議室7-A(7階)
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地
対象:企業の方、一般の方など80名(申込先着順)
参加費:無料
[プログラム]
・事例報告1「RE100加盟企業の取組み」
東俊一郎さん(アスクル株式会社 CSR総務 CSR・環境・安全
管理 部長)
・事例報告2「自然エネルギー100%宣言企業・団体の取組み」
木原浩貴さん(京都府地球温暖化防止活動推進センター 事務
局長)
高林伸樹さん(有限会社糺書房 取締役社長)
・パネルディスカッション
「自然エネルギー100%に向けた課題と展望」
コーディネーター:豊田陽介さん(特定非営利活動法人気候ネ
ットワーク 主任研究員)
パネラー:東俊一郎さん(アスクル株式会社)
木原浩貴さん(京都府地球温暖化防止活動推進センター)
高林伸樹さん(有限会社糺書房)
お申込方法:参加申込フォームからお申込みいただくか、
1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(あれば) 4)連絡用メール
アドレスかFAX番号をご記入の上、E-mail【agenda@ma21f.jp】
かチラシのFAX申込用紙でFAX【075-647-3536】までお申込
みください。
【お問合せ】公益財団法人京都市環境保全活動推進協会
アジェンダ課
TEL:075-647-3535 / FAX:075-647-3536(担当:山谷・井上)
主催:京のアジェンダ21フォーラム

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/185834741.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都市すまいの創エネ・省エネ応援事業〜住宅用太陽光発
電システム等の助成金について〜
低炭素型のくらしやまちづくりの実現を目指し、温室効果ガ
スの発生が少なく、枯渇のおそれがない、太陽光などの再生
可能エネルギーの普及拡大を進めており、その取組の一つと
して、太陽光発電システムをはじめ、蓄電システム、HEMS及
び太陽熱利用システムの住宅等への設置助成を行います。
問い合わせ・受付窓口
京(みやこ)安心すまいセンター
住所:〒604-8186 京都市中京区烏丸御池東南角アーバネッ
クス御池ビル西館4階
電話:075 -744 -1631(耐震・エコ助成ホットライン)
FAX:075-744-1637
開館時間:9:30〜17:00(水曜日、祝日、年末年始(12月29
日〜1月3日)を除く。)
申請受付時間:9:30〜11:30,13:00〜16:30

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000164308.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
------------------------------------------------------
○映画「小さな世界はワンダーランド」上映会
※申込不要 当日先着順のイベントです※
大きな生命力に満ちた生きものたちの世界を、エンターテイ
メント性豊かに描いた驚異と感動の物語です。
私たちが普段
見る事ができない小さな世界ならではの想像を超えた生きも
のの生活や冒険がリアルに表現されています。
小さな生きも
のたちが繰り広げる未知の世界をのぞいてみよう!
開催日時:5月5日(日)、5月6日(月)
第1話 10:00〜11:00「ミニミニ大作戦」
砂漠などの厳しい環境を生き抜く生きものたちの物
語(ネズミたちが登場!)
第2話 13:00〜14:00「秘密の森」
食料探しに紛糾する生きものたちの物語(シマリス
やツパイが登場!)
第3話 14:30〜15:30「コンクリート・ジャングル」
都会の片隅に生息する生きものたちの物語(マーモ
ットやカブトムシが登場!)
☆GW企画☆
3話のうち2話を鑑賞すると、京エコロジーセンターオリジ
ナル「ちきゅまるバッチ」をプレゼント!(両日にわたっても
可。ただし、お子様ひとりにつき1つまで)
対象:どなたでも(小学3年生以下は要保護者同伴)
定員:各回当日先着80名
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター
※原則、ご家族でご参加をお願いします。団体での参加はご
遠慮ください。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-8726/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○祇園祭ごみゼロ大作戦ボランティアリーダー・ボランティ
アスタッフ大募集
6回目となる、祇園祭ごみゼロ大作戦2019の実施に向けて、
現場で活躍するボランティアリーダーを大募集します!
ボランティアリーダーは、事前の研修やミーティングも含め
準備段階からこの活動に関わって、
運営本部スタッフや当日のボランティアスタッフとともに、
祇園祭ごみゼロ大作戦を作り上げていきます。
これまでの本活動への参加経験やボランティア経験は問いま
せん。
ボランティアリーダー募集情報はこちら!
https://www.gion-gomizero.jp/volunteer02/
申込締切:5月12日(日)まで 
また、共に活動を行うボランティアスタッフを募集していま
す。
四条通や烏丸通等にリユース食器の返却やごみの分別回収拠
点として「エコステーション」を複数設置し国内外から訪れ
る来場者に対し、呼びかけや散乱ごみの清掃などを行います。
ぜひご参加ください!
ボランティア募集情報はこちら!
https://www.gion-gomizero.jp/volunteer/
申込締切:6月16日(日)まで

詳しくは以下をご覧ください。
祇園祭ごみゼロ大作戦
https://www.gion-gomizero.jp/

○一般公開シンポジウム「気候変動影響研究と対策の最前線」
※同時通訳付
東京大学 生産技術研究所 沖大幹研究室(東京都目黒区)は、
研究代表を務める「環境省 環境研究総合推進費 戦略研究プ
ロジェクト S-14」の成果発表の場として、2019年5月8日(水)
に京都市国際交流会館イベントホールにおいて一般公開シン
ポジウム「気候変動影響研究と対策の最前線」を開催します。
「環境省 環境研究総合推進費 戦略研究プロジェクト」は、
持続可能な社会構築に不可欠な科学的知見の集積および技術
開発の促進を目的に、環境省が環境分野のほぼ全領域にわた
り取り組む研究開発プロジェクトです。中でも S-14は、温
室効果ガス濃度の上昇による気候変動を少しでも緩めるため
の「緩和策」と、もはや不可避な気候変動に適応するための
「適応策」について、2015年度から複数の研究機関の連合体
で取り組んできた研究です。IPCC第49回総会が2019年5月
8日から12日まで京都で開催される機会をとらえ、今IPCC
でどのような議論がなされているかを、ハンス・ポートナー
IPCC第2作業部会(WGII)共同議長に紹介していただき、最終
年度を迎える同プロジェクトのこれまでの知見がどのように
貢献できるかを、市民の皆様を交えて議論します。
プログラム:
15:00〜 挨拶・趣旨説明
沖大幹(国連大学上級副学長/東京大学教授)
15:05〜 基調講演:ハンス・ポートナー(アルフレート・ヴェ
ーゲナー研究所 教授/IPCC第2作業部会共同議長)
15:35〜 講演「世界全体での気候変動対策にいくらかかるの
か?」平林由希子(芝浦工業大学教授)
15:45〜 講演「気候変動対策と自然保護は両立するか?」松田
裕之(横浜国立大学教授)
15:55〜 講演「暑くなる地球と都市、どう適応するか?」神田
学(東京工業大学教授)
16:05〜 講演「世界䛾温室効果ガス、どこまで減らせばよい
のか?」肱岡靖明(国立環境研究所 気候変動適応センター副セ
ンター長)
16:15〜 講演「温室効果ガスの排出削減と温暖化の被害軽減
のバランスは?」沖大幹(国連大学上級副学長/東京大学教授)
16:30〜 パネルディスカッション[ファシリテータ:松田裕之
(横浜国立大学教授)
17:00 閉会
開催日:2019年5月8日(水)15時〜17時(受付開始:14時半)
会場:京都市国際交流会館 イベントホール(京都市左京区粟
田口鳥居町2番地の1 TEL: 075-752-3010)
定員:150名(先着順)
申込方法:登録サイト(https://bit.ly/2FMyQbS)よりお申込
みいただくか、氏名、よみがな、所属、メールアドレス、電
話番号を明記の上、FAX:03-5452-6383(東京大学 生産技術研
究所沖大幹研究室)宛お申込みください。
お問合せ: 東京大学 生産技術研究所 沖大幹研究室
TEL:03-5452-6382

詳しくは以下をご覧ください。
環境省 環境研究総合推進費 戦略研究プロジェクト S-14
http://s-14.iis.u-tokyo.ac.jp/meeting20190508/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2019年5月号(No.126)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
 http://ma21f.jp/
2019年4月より、当フォーラムは京都市ごみ減量推進会議
とともに公益財団法人京都市環境保全活動推進協会と統合
して活動を行って参ります。今後とも変わらぬご支援ご協力
の程、どうぞよろしくお願い致します。
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail: agenda@ma21f.jp
 ※土・日曜日、祝日休室

◆発行日:2019年4月26日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 16:31| 定期発行物