2019年06月05日

2019年度人権シンポジウム 『誰一人取り残さない〜SDGsがめざすもの〜』

国連は、2015年、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」 を採択しました。この中で、国連は2016年から2030年までの間に達成すべき17の目標と169の具体的なターゲットと指標を設定しました。このSDGsでは、開発目標としては異例の世界人権宣言の精神を引き継ぎ、「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」との人権の理念が掲げられました。このシンポジウムではSDGsとは何をめざすのか、そこに掲げられた理念とともに検討します。

日時:2019年6月14日(金)14時〜17時  
場所:同志社大学寒梅館 ハーディーホール(京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103)      
受講料:無料(先着800名様、前日まで申込) 
※手話通訳・要約筆記付き
※駐車場・駐輪場はありません。地下鉄または市バス等の公共交通機関をご利用ください。
お申込みについては、前日までに電話・FAX・メール等でお申込みください。

■基調講演  
坂元 茂樹(公益財団法人 世界人権問題研究センター所長・同志社大学教授)  
阿部 浩己(明治学院大学国際学部教授)
■パネルディスカッション
【コーディネーター】  
 薬師寺 公夫 (立命館大学大学院法務研究科特任教授) 
【パネリスト】
 阿部 浩己  
 門川 大作 京都市長   
 坂元 茂樹  
 菅原 絵美(大阪経済法科大学国際学部准教授)

世界人権問題研究センター
TEL:075-231-2600 FAX:075-231-2750
mail:jinken@khrri.or.jp
http://khrri.or.jp/news/newsdetail_2019_05_28_2019_614_sdg.html
posted by アジェンダ at 14:54| 他団体からの情報