2019年06月03日

京えこめる 2019年6月号(No.127)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2019年6月号
                       No.127
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○「1.5℃を目指す京都アピール」について
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦への寄付を募集しています
◆京都市からのお知らせ
 ○令和元年度(第17回)京都環境賞の募集について
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
 ○くらしの省エネまつり
 ○自然エネルギー学校・京都 2019年
◆その他のお知らせ
 ○祇園祭ごみゼロ大作戦ボランティアスタッフ大募集
 ○関西広域小水力利用推進協議会の総会と小水力発電に関
 する話題提供集会
 ○家庭の省エネアドバイザー養成研修会
 ○G20大阪市民サミット・気候・エネルギー分科会「脱炭
 素化と再エネ100%実現へのアクション」
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○「1.5℃を目指す京都アピール」について
5月11日、京都市は、環境省、総合地球環境学研究所、イク
レイ日本、京都大学、地球環境戦略研究機関と共同で、IPCC
第49回総会京都市開催記念シンポジウム「脱炭素社会の実現
に向けて〜世界の動向と京都の挑戦〜」を開催しました。

シンポジウムの中では、京都市長が「2050年までの二酸化炭
素排出量実質ゼロを目指す覚悟」を表明し、その表明を受け
て、シンポジウムに同席した原田義昭環境大臣をはじめとす
る関係者が登壇し、「IPCC1.5℃特別報告書」を踏まえ、世
界の平均気温の上昇を1.5℃以下に抑えるべく、2050年ごろ
までに二酸化炭素排出量の「正味ゼロ」に向けて、あらゆる
方策を追求し具体的な行動を進めていくことを決意し、世界
に訴える「1.5℃を目指す京都アピール」を発表しました。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000252588.html

○祇園祭ごみゼロ大作戦への寄付を募集しています
祇園祭の宵山期間におけるリユース食器導入を主とした環境
対策活動を通じて、祇園祭における環境負荷の低減のみなら
ずリデュース・リユースの2Rをキーワードとした社会システ
ムの構築を実現します。
現在は大量生産・大量消費・大量廃棄の社会システムからの
シフトが図られておらず、依然として環境負荷の低減などの
視点が欠けている状態です。
日本を代表する祭りである祇園祭において、2Rの視点を導入
した具体的な取組を実施し、全国に発信し、祇園祭をごみゼ
ロに結びつけると同時に、2R優先の持続可能な社会を実現し
ます。
実施期間:4月1日〜7月25日
目標金額:5,000,000 円
寄付方法:
・インターネットからのお申込:以下WEBサイトをご覧くだ
さい。
・郵便振替:京都地域創造基金寄付口座 00930-4-312262
通信欄に「祇園祭ごみゼロ大作戦」と記入ください。
・銀行振込:京都信用金庫 本店 普通 2225868 公益財団
法人京都地域創造基金

詳しくは以下をご覧ください。
京都地域創造基金
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=43

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○令和元年度(第17回)京都環境賞の募集について
京都市では、地球温暖化の防止や循環型社会の形成、生物多
様性の保全等の環境保全に貢献する活動を実践されている市
民や事業者の皆様を「京都環境賞」として表彰しています。
大賞は副賞50万円!今年度は、6月1日(土)から募集を開
始しておりますので、皆様の御応募をお待ちしております。
募集期間:6月1日(土)〜8月30日(金)【必着】
表彰対象:京都市内を主たる活動の場として、環境保全に貢
献する活動に取り組んでいる方(個人、団体、事業者など)
表彰内容:京都環境賞 [大賞]:表彰状及び副賞(表彰銘板及
び50万円)、特別賞 [6部門]:表彰状及び副賞(5万円)
※その他、奨励賞も設けております。
応募方法:ホームページに掲載、又は各区役所等で配布して
いる応募用紙に御記入いただき、Eメール、郵送、持参又は
FAXにて御応募ください。
応募・問合せ先:環境政策局 環境企画部 環境管理課
電話:075-222-3951 FAX:075-213-0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000251443.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから5月のお知らせ
------------------------------------------------------
○くらしの省エネまつり
自然エネルギーを利用した発電の体験や楽しいゲームがいっ
ぱい!
遊びながら、身近な省エネの工夫やごみを減らす方法を考え
てみませんか?
エコセンのお祭りにぜひ遊びに来てね!
日時:6月16日(日)12:30〜16:30
対象:どなたでも(小学生以下は要保護者同伴)
参加費:無料
・体験コーナー:自転車発電、手回し発電電車、節水シャワ
ーヘッド実演,環境にやさしい自然エネルギー発電(水力、
風力、太陽光、手回し発電)
・省エネごみ相談所コーナー:家庭のこども省エネ相談所、
クールチョイス相談所、うちごみ相談所
・ごみクイズコーナー:うまれ変わって何になる? 雑がみ
分別ゲーム、プラスチックごみ分別ゲーム
・省エネグッズ紹介コーナー:省エネグッズ、省エネ防災グ
ッズ、省エネ窓ガラス体験ボックス
運営・企画:くらしの省エネまつり実行委員会(京エコロジ
ーセンター・環境ボランティア有志)
※申込不要のイベントです

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-9213/

○自然エネルギー学校・京都 2019年
地球温暖化防止のための国際ルールである「パリ協定」が2015
年に採択されました。世界は「温室効果ガスを排出しない社
会」の実現に向けて動き出しており、自然エネルギーの普及
も目覚ましいものがあります。国内でもこの動きを加速させ
る必要があり、様々な主体があらゆる単位・地域で自然エネ
ルギーの普及に取り組むことが求められています。
自然エネルギー学校・京都2019では、それぞれの自然エネル
ギー源ごとに現在の最新動向と課題について共有します。自
然エネルギー100%の実現に向けた具体的に行動を起こすた
めに学び、つながり、一緒に考えましょう!
日程:6月〜9月(全5回)
定員:25名(原則として全回参加可能な方)
※先着順で承ります。
会場:京エコロジーセンター
参加費:無料
※交通費等は別途必要となります。
募集期間:5月〜6月頃
お申込み方法:お名前、年齢、性別、所属先、住所、TEL、FAX、
E-mailアドレスを、気候ネットワーク京都事務所までFAXま
たは郵送、メール(kyoto@kikonet.org)でお送り下さい。
また、下記ウェブフォーム
http://bit.ly/reskyoto2019 からもお申込みできます。
問合せ先:気候ネットワーク京都事務所(担当:豊田・田浦)
〒604-8124 京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
TEL.075-254-1011 FAX.075-254-1012
Mail:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-3201/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○祇園祭ごみゼロ大作戦ボランティアスタッフ大募集
2013年の祇園祭宵山期間に発生したごみの量は約57トン。
2014年から始めた祇園祭ごみゼロ大作戦の取組により同期間
のごみの量は来場者が 12万人増加したにもかかわらず約42
トン(内約8トンが資源物)となりました。
しかし、まだ多くの使い捨て容器等の大量のごみが排出され
ています。
祇園祭ごみゼロ大作戦は、繰り返し何度も洗って使用できる
「リユース食器」を露店へ導入し
ごみの減量と散乱ごみの防止を実施する日本最大級の取組
です。
今年6回目となる祇園祭ごみゼロ大作戦では、 共に活動を行
うボランティアスタッフを募集しています。
四条通や烏丸通等にリユース食器の返却やごみの分別回収拠
点として「エコステーション」を複数設置し、国内外から訪
れる来場者に対し、 呼びかけや散乱ごみの清掃などを行いま
す。ぜひご参加ください!
活動日:7月15日(月・祝) ・7月16日(火) ともに12:00〜
24:00
申込締切:6月16日(日)まで

詳しくは以下をご覧ください。
祇園祭ごみゼロ大作戦https://www.gion-gomizero.jp/volunteer/

○関西広域小水力利用推進協議会の総会と小水力発電に関す
る話題提供集会
来る6/8(土)に通常総会と小水力発電に関する話題をご披
露する会を催します。
どなたでも参加できますので、ぜひ、ご参集ください。
日時:6月8日(土)13:30〜17:00
場所:京染会館6階会議室
(京都市中京区四条通り西洞院西北角、フレスコの西隣)
 http://www.kyozomekai.or.jp/access/
参加費:無料(総会だけ会員対象、一般の方は傍聴)
13:30〜 第8回通常総会
14:40〜
・「ただ今、建設中! 高知県三原村芳井堰〜住民主体の小
水力発電はどうあるべきか?」
話題提供:増井三郎さん(NPO法人いきいきみはら会)
・「大事にしたい、100W発電〜5.5リットル/10mの挑戦」
話題提供:平井政志さん(合同会社クールアイランド、関西
協議会会員)
・「下北山村営小又川発電所更新事業について」
話題提供:伊東真吾さん(潟Rープエナジーなら、協議会運
営委員)
・「“水循環基本法”施行満5年を前に、何が問題なのか?
論点整理」
話題提供:宮本博司さん(協議会運営委員)

詳しくは以下をご覧ください。
関西広域小水力利用推進協議会
http://kansai-water.net/

○家庭の省エネアドバイザー養成研修会
〜楽しく学び、おしゃべり感覚で、市民に家庭の省エネアド
バイスをしてみませんか〜
研修会受講後の修了者は、その後2回の実地研修を得て「家
庭の省エネアドバイザー」に認定されます。
その後、年間20回ほど地域で開催される"家庭の省エネ相談
所"のアドバイザーとして活躍できます。
日時:6月23日(日)10:00〜16:00
場所:京エコロジーセンター3階 第1、2会議室
(地下鉄、近鉄竹田駅下車 東へ徒歩15分、京阪藤森駅下車
西へ徒歩5分)
プログラム内容:
・地球温暖化と家庭の省エネ対策
・家庭の省エネ相談所の事業説明と省エネ術
・接客術マナー・省エネグッズの紹介
・受講者による省エネ相談所の実地演習
※受講修了者には後日、実地研修を2回行なっていただき、
研修を終えると「家庭の省エネアドバイザー」の認定証をお
渡します。(現在、登録アドバイザー102名)
認定後は、省エネ普及ネット・京都からアドバイザー募集連
絡が入ります(一部交通費支給あり)
当日参加費:500円(資料代)
受講申込み:先着30名、6月9日締切
お名前、住所、連絡先、所属をご記入のうえ
メール(携帯不可)にて、省エネ普及ネット・京都 事務局
山本まで
メール:sloweco■nike.eonet.ne.jp(■を@に変更してお送
りください。)
主催:省エネ普及ネット・京都
協力:家庭の省エネ相談所協議会

詳しくは以下をご覧ください。
京都府地球温暖化防止活動推進センター
https://www.kcfca.or.jp/jigyou/ecolife/post-16.html

○G20大阪市民サミット・気候・エネルギー分科会「脱炭素
化と再エネ100%実現へのアクション」
6月28〜29日、G20大阪サミットが開催されます。大阪・ 関
西の市民社会として、 国内外の市民と協力して2019年6月
25日(火)・26日( 水)に「G20大阪市民サミット」を開
催することになりました。
「G20大阪市民サミット」は、 国内外の市民社会の声をG20
サミットに参加する首脳に向けてア ピールする場であり、大
阪・ 関西の市民社会の声を世界に発信する機会でもあります。
G20サミットの議題の1つである気候変動。 最新の科学を踏
まえ、脱炭素化と自然エネルギー100% をめざすトレンドが、
各国政府・自治体・ 企業など多様なセクターで加速していま
す。 原発再稼働や神戸製鋼の石炭火力発電所新設などの課題
に直面する 大阪・関西で、持続可能なエネルギーについて議
論します。
日時:6月25日(火)13:00〜15:00(開場12:30)
会場:PLP会館 5階大会議室(204)(大阪府大阪市北区天
神橋3丁目9− 27)
*会場は予定であり、変更になる場合があります。
プログラム(予定)
・報告「気候・環境・エネルギーの市民提言〜C20提言〜」
伊与田昌慶さん(気候ネットワーク)
・提案「気候・エネルギー分科会の市民提案(案)」
宮崎学さん( 地球環境市民会議(CASA))
・リレートーク「大阪・関西から考える気候・エネルギー問
題〜脱原発・脱石炭・ 再エネ100%〜」
脱原発に向けて:アイリーン美緒子スミスさん(グリーンア
クション)
再生可能エネルギー100%に向けて:豊田陽介さん(気候ネッ
トワーク)
脱石炭に向けて:久保はるかさん(甲南大学)
・質疑応答・ディスカッション
司会:星野智子さん(SDGs市民社会ネットワーク環境ユニッ
ト)
*プログラムは一部変更となる場合があります。
参加費:無料
対象:どなたでもご参加いただけます。
申込方法:事前にお申込みください<6/17(月) 正午締切>
https://forms.gle/Eh7dAsYswYDfYuGF8
*上記リンク先のフォームからお申し込みください。 このフ
ォームから、気候・エネルギー分科会だけでなく、G20大阪
市民サミット全体の参加お申込みが可能です。
主催:G20大阪市民サミット実行委員会「気候・ エネルギー
分科会」
https://g20ocs.jp/
共催:CAN-Japan、地球環境市民会議(CASA)、気候ネットワ
ーク
お問い合わせ:特定非営利活動法人気候ネットワーク 京都
事務所
〒604-8124 京都府京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org
担当:田浦(たうら)、伊与田(いよだ)

詳しくは以下をご覧ください。
気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2019-06-25/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2019年6月号(No.127)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
 http://ma21f.sblo.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail: agenda@ma21f.jp
 ※土・日曜日、祝日休室

◆発行日:2019年6月3日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 15:14| 定期発行物