2019年09月02日

京えこめる 2019年9月号(No.130)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2019年9月号
                       No.130
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○(公財)京都市環境保全活動推進協会事業職員募集
 ○京都市地球温暖化対策条例・計画の見直し
 ○「藤袴と和の花展」への出展
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
 ○エコロジーカフェ〜環境にやさしいおやつを考える〜
 ○昆虫食×SDGs〜作って食べて考えよう〜
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
 ○岡崎フリーマーケット〜いらなくなったらいる人へ〜
◆京都市からのお知らせ
 ○「京都市生物多様性フォーラムin洛西」の開催について
◆その他のお知らせ
 ○「脱炭素チャレンジカップ2020」エントリー団体募集
 ○グローバル気候マーチ(京都)
 ○「直前対策! みんなで考えよう卒FIT」
 ○気候市民サミット2019〜パリ協定スタート!脱炭素の未
 来へ〜
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○(公財)京都市環境保全活動推進協会事業職員募集
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会は、持続可能な社
会(低炭素社会・循環型社会・自然共生社会)を実現するた
め、市民・事業者・行政・教育機関と連携を強め、広く環境
保全活動を推進することにより、環境に配慮した市民の自主
的な行動による地域社会づくりに寄与することを目的に設立
された法人です。
京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)指定
管理業務や、エコ学区サポートセンターの運営、京都市のロ
ーカルアジェンダの推進にかかる業務、京都市のごみ減量に
かかる取組の推進・啓発事業、JICA(国際協力機構)受託業
務(海外からの研修員受け入れ他)等を行っています。
この度、事業のさらなる推進のため、事業担当職員(環境保
全活動支援コーディネーター)を募集します。
特に今回は、京エコロジーセンターでのボランティアコーデ
ィネート業務、京エコロジーセンターでの環境教育プログラ
ム開発と実施・団体見学受け入れ業務、国際事業(海外から
の研修受入、国際協力プロジェクト企画・実施)、ローカル
アジェンダ推進事業を担当する職員を採用します。
・募集期間:8月3日(土)から9月6日(金)午前12時(正
午)まで
・募集人数:若干名

詳しくは以下をご覧ください。
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会
https://keaa.or.jp/info/1448

○京都市地球温暖化対策条例・計画の見直し
京都市では、「京都市地球温暖化対策条例」の見直し及び次
期「京都市地球温暖化対策計画」の策定について、環境審議
会へ諮問するなど検討が始まっています。
更なる地球温暖化対策の推進には、市民・事業者・研究機関
などオール京都で取り組む必要があり、審議会等での検討と
並行して、京のアジェンダ21フォーラムなど様々な場で議論
を行くことになっています。
今後、皆様にも情報提供をしてまいりますので、機会があり
ましたらぜひご参加ください。
(参考)京都市情報館(京都市のWEBサイト)
・京都市地球温暖化対策条例の見直し及び次期京都市地球温
暖化対策計画の策定に係る諮問について(2019年7月31日)
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000255574.html
・令和元年度第1回地球温暖化対策推進委員会(2019年8月
30日)
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000257199.html

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/186504640.html

○「藤袴と和の花展」への出展
藤袴(フジバカマ)を含め、かつて身近だったのに見られな
くなった和の花を、京都の自然保護団体や園芸家の方などの
協力を得て、梅小路公園の「朱雀の庭」に展示する「藤袴と
和の花展」会場に、KESエコロジカルネットワーク参加事業
所が育成した希少植物の展示を行います。
日時:9月28日(土)〜10月14日(月・祝)
※9月30日(月)、10月7日(月)休み
9:00〜17:00(最終入園16:30)
場所:梅小路公園 朱雀の庭
主催:(公財)京都市都市緑化協会、KBS京都
参加費:200円(朱雀の庭・いのちの森入園料として)

詳しくは以下をご覧ください。
京都市都市緑化協会
http://www.kyoto-ga.jp/event/2019/09/28_1504.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
------------------------------------------------------
○エコロジーカフェ〜環境にやさしいおやつを考える〜
「環境にやさしい」を意識してロールパンを作ろう!パン作
りを楽しみながら、環境にやさしいおやつについてみんなで
話し合います。パンを食べながら、環境に配慮した食につい
て考えてみましょう!
日時:9月22日(日)13:00〜15:30
対象:18歳以上(保護者同伴であれば、小学3年生以上の入
室も可)
定員:20名(先着順)
申込期間:9月1日(日)〜9月18日(水)
参加費:200円
持ち物:エプロン・三角巾
企画・運営:♪エコロジーカフェの会♪(京エコロジーセン
ター環境ボランティア)
※申込先着順のイベントです

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-9829/

○昆虫食×SDGs〜作って食べて考えよう〜
NPO法人昆虫食普及ネットワーク理事長・内山昭一さんによ
る講演と試食会です。ご指導のもと、参加される方で調理を
行います。昆虫食から、身近な食生活や環境にやさしい暮ら
しについて、考えてみませんか?
日時:9月29日(日)13:00〜16:00
対象:中学生以上
定員:20名(先着順)
申込期間:9月1日(日)〜9月28日(土)
参加費:500円
持ち物:エプロン・三角巾・手拭きタオル
講師:NPO法人昆虫食普及ネットワーク理事長・内山昭一氏

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-9742/

------------------------------------------------------
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
------------------------------------------------------
○岡崎フリーマーケット〜いらなくなったらいる人へ〜
9月28日(土)の岡崎フリーマーケットは、イベント盛りだく
さん!マイボトル、マイバッグを持ってご参加下さい!
日時:9月28日(土)10:00〜15:30
(雨天振替日:11月23日(土・祝))
会場:平安神宮前・岡崎公園(入場無料)
同時開催イベント
・バディ・ウォーク@京都〜みんなで歌っておどってパレード
しよう!〜
・愉快なおもちゃ箱〜自由につくろう!自由にあそぼう!〜
・おもちゃ病院〜もういちど元気にしてあげよう!〜
・フードドライブ〜もったいない!捨てずにもってきてね!
など

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/31.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「京都市生物多様性フォーラムin洛西」の開催について
この度、市民の皆様に、生物多様性についての理解を深め、
保全活動の輪を広げていただくために、「京都市生物多様性
フォーラムin洛西」を以下のとおり開催しますので、お知ら
せします。
生物多様性保全に関わる活動が活発な「生物多様性のまち・
洛西」において、「生物多様性豊かなまちづくり」をテーマ
に、基調講演のほか、様々な取組団体等を招いて、生物多様
性保全を通じたまちの活性化に関する意見交換などを行いま
す。
日時:10月5日(土)10:00〜12:00(受付9:30〜)
場所:西京区役所洛西支所2階大会議室(京都市西京区大原
野東境谷町二丁目1-2)
内容:
・基調講演「洛西の生物多様性(仮)
森本幸裕氏(公益財団法人京都市都市緑化協会理長、京都大
学名誉教授)
・活動紹介
主に洛西地域で生物多様性保全に関わる活動をされている団
体の取組内容を紹介いただきます。
・意見交換
定員:70名(事前申込制、先着順)
参加費:無料
申込方法:「京都いつでもコール」へ、電話、FAX、電子メー
ルのいずれかで、氏名(ふりがな)、郵便番号・住所、電話
番号の必要事項をお伝えのうえ、お申し込みください。
申込期間:9月5日(木)〜10月3日(木)

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000256415.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○「脱炭素チャレンジカップ2020」エントリー団体募集
これまで皆様のご支援をいただき開催してまいりました「低
炭素杯」は、気候変動対策をより加速化するために名称を改
め、2020年2月に「脱炭素チャレンジカップ」として新たな
スタートを切ることとなりました。
新たなスタートとなる「脱炭素チャレンジカップ2020」応募
団体の募集について、広く皆様にお知らせいただくと共に、
多くの皆様からのご応募をお待ちしております。
エントリー募集:9月9日(月)15:00締切
募集対象:学校・市民活動団体・非営利団体・企業・自治体
など(法人格の有無は問いません)
開催日:2020年2月19日(水)
会場:伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7−3−1 東京大学
キャンパス内)

詳しくは以下をご覧ください。
脱炭素チャレンジカップ2020
https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/entry.php

○グローバル気候マーチ(京都)
今年9月20日(金)は、国連気候サミットを前に、世界中で
気候アクションが行われるグローバル・アクション・デー。
京都でも、未来世代のために気候危機を防ぐため、声をあげ
るFridays For Future(未来のための金曜日)・気候マーチ
をやります!カレンダーにメモしておいてください。
これまでのFridaysForFutureは子ども・若者中心でしたが、
9月20日の気候マーチは全ての世代のみなさんと一緒に、温
暖化防止のメッセージを発信しながら、京都のまちを歩きま
す。
日時:9月20日(金)13:30集合
場所:円山公園ラジオ塔前
主催者: Fridays for Future Kyoto

詳しくは以下をご覧ください。
Fridays for Future KyotoのFacebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1096909567165063/

○「直前対策! みんなで考えよう卒FIT」
2019年11月より、太陽光発電の固定価格の買取が終わる人
がでてきます(卒FIT)。固定価格での買取が終わった人は、
これからどの電力会社に売るのか、自宅でどう使うのか(給
湯器やEVや蓄電池)をそれぞれで決めていくことになります。
そうした中で、どう対応していけばよいのか、さらに健全な
再生可能エネルギーの維持につながる使い方はどうしたもの
があるのでしょうか。
市民による太陽光発電所ネットワークであるPV-Net京都支
部では、卒FITについて使い方と売り方についての具体例を
聞き、長年太陽光発電を続けて来た会員のトラブル事例やメ
ンテナンスについて共有しながら、これからどうしていくの
がよいのかみんなで考える会を企画しました。
卒FITについて関心のある皆さま、すでに対策を考えている
方、太陽光発電について関心のある方、ぜひご参加ください。
(どなたでもご参加いただけます)
日時:9月28日(土)14:00〜16:30
会場:ひと・まち交流館3階第4会議室(90名)
京都市下京区・河原町正面バス停前
ホームページ:http://www.hitomachi-kyoto.jp/
内容:
・卒FIT電気 どこに売る? どう使う?
講師:伊東真吾氏(市民エネルギー京都専務理事)
・太陽光発電のセルフメンテナンスや発電量紹介
〜PV-Net会員の20年の経験などを共有〜
中村和歳氏、山根公夫氏、三石博行氏、古市恵三氏
・質疑応答 グループワーク
申込:https://forms.gle/YaxB5rVL5RTB9BUT8
主催:太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)京都支部
後援:気候ネットワーク

詳しくは以下をご覧ください
PV-Net京都支部のFecebookページ
https://www.facebook.com/events/374092636590029/

○気候市民サミット2019〜パリ協定スタート!脱炭素の未来
へ〜
気候災害が日常化する世界…。最新の科学によれば、このま
ま温暖化が進めば2030年頃には気温上昇1.5℃を超え、さら
に壊滅的な被害がでます。迫りくる気候危機に向き合い、ス
ウェーデンの高校生グレタ・トゥーンベリさんが始めた、対
策強化の訴えは世界中に広がりました。再エネ100%や脱石
炭、ダイベストメントといったイニシアティブも広がります
が、パリ協定の「1.5℃目標」にはまだまだ不十分。なかでも、
日本の対策の遅れは深刻です。
気候市民サミット2019では、2020年1月のパリ協定スター
トを前に、気候危機を訴える子どもたちの声を聞き、過去30
年間の気候・エネルギー政策を振り返りながら、パリ協定時
代・脱炭素の未来への道筋を探ります。
日時:10月19日(土)13:30〜16:30(開場13:00)
10月20日(日)10:00〜17:00(開場9:30)
(*19日の17:15〜19:15 懇親会)
場所:龍谷大学 深草キャンパス(京都市伏見区深草塚本町
67)22号館、3号館
プログラム(予定):
1日目午後(13:30〜16:30)
1)特別対談「1.5℃目標を実現する『脱炭素時代』はこうつく
る」
スピーカー:末吉竹二郎さん(国連環境計画 金融イニシア
チブ特別顧問)ほか
2)未来をまもる作文コンクール2019 優秀作品の発表・表彰

2日目午前(10:00〜12:00)
3)特別企画・将来世代セッション「『気候危機に立ち向かう』
〜あなたは2050年に何歳になりますか?〜」
スピーカー:塚本悠平さん(FridaysForFuture京都、京都大
学学生)
コメンテーター:横山隆美さん(350.org Japan代表、元富士
火災海上保険社長)
2日目午後(13:00〜17:00)
4)トークセッション1:日本の気候変動・エネルギー政策〜
失われた30年・これからの30年〜
スピーカー:長谷川公一さん(東北大学教授・仙台港の石炭火
力発電所問題を考える会代表)、金平茂紀さん(TBS記者)
村ゆかりさん(東京大学)、平田仁子(気候ネットワーク
/CAN-Japan)
コーディネーター:井田徹治さん(共同通信編集委員)
5)トークセッション2:やらんとあきません、京都の脱炭素
〜京都の2050年脱炭素を可能にするには!?〜
発表「京都市の温暖化対策と展望」
河合要子さん(京都市地球温暖化対策室)
提案「京都市の脱炭素シナリオ」
越智雄輝さん(株式会社E-konzal)、小端拓郎さん(国立環
境研究所)、二連孝昭さん(滋賀県立大学名誉教授)
ディスカッション「京都の2050年脱炭素を可能にするに
は!?」
コーディネーター:浅岡美恵(気候ネットワーク)
参加費:10月19日午後無料、懇親会4000円(予定)
10月20日午前無料、午後会員無料、一般500円(当日の入
会で参加費無料)
主催:認定NPO法人気候ネットワーク
共催:龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター
(LORC)
問合せ:認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
MAIL:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください
気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2019-10-19

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2019年9月号(No.130)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコ
ロジーセンター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail: agenda@ma21f.jp
※土・日曜日、祝日休室
http://ma21f.sblo.jp/(京のアジェンダ21フォーラム)
https://keaa.or.jp/(公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会)

◆発行日:2019年9月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
 までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
 ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
 きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 11:54| 定期発行物