2019年10月01日

京えこめる 2019年10月号(No.131)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2019年10月号
                       No.131
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○「藤袴と和の花展」への出展
◆さすてな京都からのお知らせ
 ○「さすてな京都」オープニングイベント
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
 ○カカオ豆からチョコレートを作ろう!
 ○わくわくハロウィンフェスタ
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
 ○脱プラ、減プラステッカー、京都市ごみ減オリジナル!
 プレゼント
◆京都市からのお知らせ
 ○京都エネルギーフェアin 動物園
◆その他のお知らせ
 ○木育森育近畿フォーラム2019in京都
 ○木育フェスタin京都御苑
 ○再エネするにはここが大事!分かる・電気講座
 ○気候市民サミット2019〜パリ協定スタート!脱炭素の未
 来へ〜
 ○中嶋農園大いもほり体験会&やきいも大会
 ○あまみずコーディネータ養成講座2019
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○「藤袴と和の花展」への出展
藤袴(フジバカマ)を含め、かつて身近だったのに見られな
くなった和の花を、京都の自然保護団体や園芸家の方などの
協力を得て、梅小路公園の「朱雀の庭」に展示する「藤袴と
和の花展」会場に、KESエコロジカルネットワーク参加事業
所が育てた和の花を展示します。
また、これに合わせて、京都駅ビルの「緑水歩廊」(3階南
遊歩廊の緑化展示施設)におきましても、10月1日(火)よ
りフジバカマの展示が行われます。ぜひお立ち寄りください。
・藤袴と和の花展
日時:9月28日(土)〜10月14日(月・祝)
※10月7日(月)休み
9:00〜17:00(最終入園16:30)
場所:梅小路公園「朱雀の庭」
主催:(公財)京都市都市緑化協会、KBS京都
入園料:200円(小学生以上)※朱雀の庭入園料として
・京都駅ビル「緑水歩廊」での展示
日時:10月1日(火)〜〜10月14日(月・祝)
場所:京都駅ビル「緑水歩廊」(3階南遊歩廊)

詳しくは以下をご覧ください。
京都市都市緑化協会
https://www.kyoto-ga.jp/special/wanohana2019autumn/

------------------------------------------------------
◆さすてな京都からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「さすてな京都」オープニングイベント
「さすてな京都」とは、京都市南部クリーンセンター環境学
習施設の愛称です。
最先端の「さ」、素晴らしいの「す」、展望台の「て」、南
部クリーンセンター「な」の頭文字と、「持続可能な」とい
う意味の「サステナブル」から取りました。
京都市南部クリーンセンター環境学習施設「さすてな京都」
は、ごみ処理施設そのものを活用して整備しています。焼却
炉やごみ発電、バイオガス化施設などの迫力満点の大規模施
設を間近に見学し、それらを生きた教材として最先端の環境
技術を学べます。
また、ごみ減量や、地球温暖化、生物多様性、環境面から見
た地域の歴史等幅広い分野を対象として、ライフステージに
応じたプログラムを作成し、体験型を中心にした子ども向け
コンテンツ、インパクトのある映像等を中心にした大人向け
コンテンツを各所に配置することにより、子ども・学生・大
人・事業者・修学旅行生などいろいろな方が興味や好奇心を
持って、楽しみながら学習していただけます。
「さすてな京都」に、多くの方々にお越しいただき、楽しみ
ながらごみ減量をはじめ、環境保全の重要性や意義を学んで
いただける魅力あふれる施設とするために、オープン初日(10
月5日)にオープニングイベントを開催します。
日時:10月5日(土)10:00〜16:00
場所:さすてな京都(京都市伏見区横大路八反田29番地)
アクセス:
https://sustaina-kyoto.jp/access
主な催し(予定):
・α-STATION DJによる《「さすてな京都」紹介・トークセ
ッション》
・ゆるキャラたちとクリーンセンター探検
・おもちゃの交換会「かえっこバザール」
・パッカー車 ごみ積込み体験
・宝探し大作戦
・スタンプラリー ほか
※「さすてな京都」でのプログラム(工場見学ツアー・子ど
も向けワークショップなど)も同日からスタート

詳しくは以下をご覧ください。
さすてな京都
https://sustaina-kyoto.jp/info/2019/09/30/291.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
------------------------------------------------------
○カカオ豆からチョコレートを作ろう!
おいしいチョコレートは、どうやってできているのかな?カ
カオ豆の殻を剥くところから作ってみましょう。カカオ豆が
どのように生産されているのかや、フェアトレードについて
も知ることができます。
日時:10月19日(土)1)10:00〜12:30 2)14:00〜17:00
申込期間:9月15(日)〜10月6(日)(抽選)
対象:1)小中学生(小学3年生以下は保護者同伴) 2)16歳
以上(同伴不可)
定員:1)20名(保護者除く) 2)24名
参加費:500円(材料費)
持ち物:エプロン、三角巾、手拭タオル
講師:Dari K株式会社

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-9923/

○わくわくハロウィンフェスタ
マジック&バルーンショーやバルーン教室、工作など楽しい
ブースがたくさん!イベント限定のクイズラリーや、すてき
なプレゼントもあります。今年はちょっとエコにハロウィン
を楽しもう!
日時:10月26日(土)10:00〜16:30
対象:どなたでも(小学生以下は要保護者同伴)
定員:なし(一部ブースにあり)
参加費:無料(一部ブースは有料)
・マジック&バルーンショー/京都バルーンフルール
1)13:00〜バルーンショー 2)16:00〜マジックショー 各回
30分
京都バルーンフルールさんによるマジックと、環境にやさし
い風船を使ったバルーンアートショーが観られます!
・バルーン教室/京都バルーンフルール(12:00〜13:00とシ
ョーの時間を除く)
自分でもバルーンアートを作ってみよう!かぼちゃ、おばけ、
ハロウィンリースの3種類が作れます。
※作るものは、時間帯によって異なります。
・ゴミラーになろう/アトリエみ塾
ごみに親しんで遊ぶ人・ゴミラーになろう!日常のごみから、
ハロウィン小物などなんでも自由に作ることができます。
・親子で作ろう!ハロウィンランタン/京エコロジーセンタ
ー環境ボランティア
牛乳パックで、暗闇で光るオリジナルライトを作ろう!ゴミ
やライトのお話も、当館の環境ボランティアがやさしく行い
ます。
※2回開催、それぞれ当日申し込みが必要です。
小学生以上のお子様と保護者の方が対象です。
ハサミやカッターを使用します。
・ハギレでハロウィングッズを作ろう/洋服のお直し+洋裁
教室 渡邉 知栄・わたなべ ちえ
ハギレから、おしゃれなぼうしやバッチが作れます。エコな
仮装グッズでハロウィンを楽しもう!
※3回開催、それぞれ当日申し込みが必要です。
ハサミや針を使用します。
・フォトスポット
今回だけのフォトスポットが登場!自由に写真を撮ることが
できます。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-9781/

------------------------------------------------------
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
------------------------------------------------------
○脱プラ、減プラステッカー、京都市ごみ減オリジナル!プ
レゼント
京都市ごみ減量推進会議では、2016年秋から「リーフ茶の普
及で、ペットボトルを減らそうキャンペーン」を推進してい
ます。以来、ペットボトルに限らず、プラスチックごみの削
減のため情報発信や啓発活動を進めています。
その1つの活動として、図のようなステッカーを作成しまし
た。実物はA4サイズ、画像は多少不鮮明ですが実際には鮮明
に印刷されています。このステッカーを「ほしい」とおっし
ゃる方に差し上げます。水筒、ノートパソコンやスマホの背
中、ノート(文具)、自動車のウィンドウ、玄関ドア、その
他もろもろ、皆さんのアイデアでいろんなところに貼って意
志表示してください。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-leaftea.net/informations/informations-1916/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都エネルギーフェアin 動物園
京都市では、本年5月に発表された「1.5℃を目指す京都アピ
ール」を踏まえ、2050年に二酸化炭素排出量正味ゼロを実現
するため、徹底的な省エネの推進と再生可能エネルギーの飛
躍的な普及拡大を図っています。
この度、地元事業者・メーカーと行政が連携し、市民の皆様
に向けて、太陽光発電システムなどの「創エネ」及びエネル
ギー消費を抑制する「省エネ」設備並びに京都市の創エネ・
省エネ設備の設置助成制度について、シミュレーションなど
を用いてわかりやすくお伝えするイベント「京都エネルギー
フェア in 動物園」を下記のとおり開催しますので、お知
らせします。
日時:10月22日(火・祝)10:00〜16:00
会場:京都市動物園(レクチャールーム)
地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約10分、「蹴上」駅から徒
歩約7分、市バス「岡崎公園動物園前」下車徒歩約2分
※京都エネルギーフェアへの参加は無料ですが、京都市動物
園は入園料(一般620円、中学生以下無料)が必要です。
内容
1)わが家の太陽光発電システム導入シミュレーション
御家庭の導入可能量や発電効果、京都市の助成制度などを、
わかりやすく説明します。
2)太陽光発電システム等の創エネ・省エネ設備の設置相談
シミュレーションをもとに、導入について事業者・メーカー
担当者が御相談に応じます。
3)本市における地球温暖化対策の取組についてPR
IPCC京都ガイドラインや1.5℃を目指す京都アピールのポス
ター・パネル展示を行い、周知します。
4)お子様を対象にした参加型企画
再エネ発電体験や環境クイズラリーなど、参加型の楽しい企
画ブースを出展します。
主催:京都市
共催:京都電気消防設備団体連絡協議会
協力企業・団体(五十音順):大阪ガス株式会社、環境エン
ターテイメントプロジェクト、京セラ株式会社、京セラソー
ラーFC京都中央イーエスエヌ株式会社、京都エネルギーエク
スパンション株式会社、京都府地球温暖化防止活動推進セン
ター、京のアジェンダ21フォーラム(公益財団法人京都市環
境保全活動推進協会)

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000257887.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○木育森育近畿フォーラム2019in京都
〜木工教室や木のおもちゃ、森の活動、いろんなもんが集ま
って、わいわい話すと楽しくってためになる!〜
木育・森育は今、全国的な広がりを見せ始めています。また、
近畿は木造建築や林業において長い歴史と誇れる文化を持ち、
木育・森育の進展に寄与する力を持つと思います。
そこで、一昨年の大阪市開催、昨年の吉野町開催に続き、今
年は京都でのフォーラムを企画いたしました。木育・森育と
して活動していなくても、木に関する活動、森に関する活動
をされているみなさん、つながりませんか?
参考になる活動がたくさん見つかると思いますし、コラボす
る機会がうまれるかもしれません。ここ近畿で、ネットワー
クを作りましょう!
日時:10月4日(金)、5日(土)
4日 エクスカーション:10:00〜17:30
5日 フォーラム・懇親会:10:00〜18:00
場所:エクスカーション:京丹波町・つみ木家具店・旧質美
小学校・丸和木材
フォーラム:聖母女学院藤森キャンパス旧短期大学跡4階
対象:木育(木工関係、木のおもちゃ)・森育(森林関係、
森のようちえん)の実践者、研究者、関心ある方
参加募集:エクスカーション30名/フォーラム50名
※要事前申込 ※親子参加可
参加費:2日間参加 6,000円(昼食1食・交流会費含む)
エクスカーションのみ参加 3,000円(昼食代含む)
フォーラムのみ参加 4,000円(交流会費含む)
※当日お持ちください ※バス代は含まれません
内容:フォーラム
活動紹介
1)「京丹波町における木育事業について」海老瀬隆文氏(京
丹波町)
2)「京都の木育・森育」松田直子氏(林業女子会@京都)
3)「つみ木から考えた木育の本質」井上慎也氏(クミノ工房)
4)「ネイチャーゲームと京女の森」宮野純次氏(京都女子大
学)
ポスターセッション、ワークショップ
共催:NPO法人木育フォーラム・林業女子会@京都
運営:木育・森育 近畿フォーラム2019実行委員会
参加申込:木育フォーラムホームページ、木育森育近畿フォ
ーラムのページから申し込みフォームにおすすみください。
http://mokuiku.org/kinki_forum2019/
もしくは直接申し込みフォームにてご登録ください。
https://forms.gle/YXSwF7rwD4EDtmBG6
問い合せ:NPO法人木育フォーラム 近畿フォーラム担当
メール:info@mokuiku.org TEL:06-6115-6919

詳しくは以下をご覧ください。
NPO法人木育フォーラム
http://mokuiku.org/kinki_forum2019/

○木育フェスタin京都御苑
京都御苑で感じる 木と森のいのちと人のくらし
京都御苑は、平安時代から幕末までの史跡はもちろん、樹木
約5万本が育ち、様々な野鳥や草花、キノコなどを見ること
ができる自然豊かな憩いの場です。
この度京都市花背の山村都市交流の森では、子どもから大人
まで「木と触れる、木で創る、木を知る」という木育の一連
の活動を通じ、京都の豊かな森と木と人とのつながりについ
て考える、「木育フェスタin京都御苑」を開催いたします。
日時:10月6日(日)10:00〜15:00
場所:京都御苑
・閑院宮邸跡(屋内ブース)
・出水の小川周辺(屋外ブース)
アクセス:間ノ町口すぐ(御所南西角地下鉄丸太町、市バス
烏丸丸太町 徒歩5分
入場無料、一部有料ブースあり
事前申込不要。当日会場にお越し下さい。
内容:
(屋内ブース)
・木育おもちゃ体験
・木の絵本の朗読
・木工体験
・木のアクセサリー作り他
(屋外ブース)
・森林インストラクターによる樹木探検
・出水の小川 de 笹船遊び
・薪割り体験
・森林浴ヨガ(とりーにさんさーら)
・クミノ工房のクミノ積み木で遊ぼう。
お申込・お問合せ:公益財団法人京都市森林文化協会
山村都市交流の森 翠峰荘
〒601-1103 京都市左京区花脊八桝町250
TEL 075-746-0439 FAX 075-746-0134
Email:hanase-k@dobanzy.com

詳しくは以下をご覧ください。
京都市森林文化協会
https://dobanzy.com/event/article/%E6%9C%A8%E8%82%B2%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BFin%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BE%A1%E8%8B%91_663

○再エネするにはここが大事!分かる・電気講座
電気に関する学習会の内容が決まりましたのでお知らせしま
す。再生可能エネルギーに取り組むために必要な電気知識を
学ぶ連続講座として、水力発電だけでなく、日常生活にも役
立つ電気のもろもろをキャッチアップしましょう。ぜひ、ご
参加ください。
・第1回
10月12日(土)13:30〜15:30 京染会館(先着36人)
講師:山見拓さん (有)ひのでやエコライフ研究所
テーマ:(仮)「再エネを知るための(必要最低限の)電気
の知識、ゲットしましょう」
・第2回
11月16日(土)13:30〜15:30 経済センター(先着24人)
講師:速水二郎さん 関電OB、電力労働運動近畿センター
テーマ:(仮)「発電所からの電気が我が家に届くまで〜送
電と配電の仕組み基本」
・第3回
12月14日(土)13:30〜15:30 経済センター(先着24人)
講師:山見拓さん
テーマ:(仮)「発電のいろいろと蓄電の是非」
・第4回
12月21日(土)13:30〜15:30 京染会館(先着36人)
講師:速水二郎さん
テーマ:(仮)「系統連系したい時に必要な電気の基礎知識」
会場:京染会館 京都市中京区四条通西洞院西北角
https://www.kyozomekai.or.jp/access/
京都経済センター 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地
https://kyoto-kc.jp/access
受講料:各回ごと1,000円(資料代含む)4回通し3,000円
※申込時に申告、第1回目にお支払ください
申込方法:連絡先に、メール、FAX、電話で
申込期限:第1回目は10月10日まで 2回目以後も開催2
日前までに
申込先:メールで info@kansai-water.net(チラシの2P目
をご利用ください)
FAXで 075-371-0794(チラシ2P目に記入後、FAXしてくだ
さい)
電話で 080-7051-5830(必要事項をお伝えください)
問い合わせ先:080-7051-5830(里中)

詳しくは以下をご覧ください。
関西広域小水力利用推進協議会
http://kansai-water.net/wp/2019/09/13/%e3%80%8c%e5%88%86%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%83%bb%e9%9b%bb%e6%b0%97%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%ef%bc%94%e5%9b%9e%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%881012%ef%bd%9e%ef%bc%89%e9%96%8b%e5%82%ac/

○気候市民サミット2019〜パリ協定スタート!脱炭素の未来
へ〜
気候災害が日常化する世界…。最新の科学によれば、このま
ま温暖化が進めば2030年頃には気温上昇1.5℃を超え、さら
に壊滅的な被害がでます。迫りくる気候危機に向き合い、ス
ウェーデンの高校生グレタ・トゥーンベリさんが始めた、対
策強化の訴えは世界中に広がりました。再エネ100%や脱石
炭、ダイベストメントといったイニシアティブも広がります
が、パリ協定の「1.5℃目標」にはまだまだ不十分。なかでも、
日本の対策の遅れは深刻です。
気候市民サミット2019では、2020年1月のパリ協定スター
トを前に、気候危機を訴える子どもたちの声を聞き、過去30
年間の気候・エネルギー政策を振り返りながら、パリ協定時
代・脱炭素の未来への道筋を探ります。
日時:10月19日(土)13:30〜16:30(開場13:00)
10月20日(日)10:00〜17:00(開場9:30)
(*19日の17:15〜19:15 懇親会)
場所:龍谷大学 深草キャンパス(京都市伏見区深草塚本町
67)22号館、3号館
プログラム(予定):
・1日目午後(13:30〜16:30)
1)特別対談「1.5℃目標を実現する『脱炭素時代』はこうつく
る」
スピーカー:末吉竹二郎さん(国連環境計画金融イニシアチ
ブ特別顧問)、江守正多さん(国立環境研究所地球環境研究
センター副センター長)、桃井貴子(気候ネットワーク東京
事務所長)
2)未来をまもる作文コンクール2019 優秀作品の発表・表彰

・2日目午前(10:00〜12:00)
3)特別企画・将来世代セッション「『気候危機に立ち向かう』
〜あなたは2050年に何歳になりますか?〜」
スピーカー: 塚本悠平さん(Fridays For Future京都、京都
大学学生)、高橋英恵さん(Fridays For Future東京メンタ
ー、国際環境NGO FoE Japan)、今井絵里菜さん(Fridays For
Future神戸、神戸大学学生)、鴨下全生さん(高校2年生、
福島原発事故避難者)
コメンテーター:横山隆美さん(350.org Japan代表、元富士
火災海上保険社長)
・2日目午後(13:00〜17:00)
4)トークセッション1:日本の気候変動・エネルギー政策〜
失われた30年・これからの30年〜
スピーカー: 金平茂紀さん(ジャーナリスト/早稲田大学大
学院客員教授)、村ゆかりさん(東京大学未来ビジョン研
究センター教授)、長谷川公一さん(東北大学大学院文学研
究科教授/環境社会学者)、平田仁子(気候ネットワーク国
際ディレクター/CAN-Japan代表)
コーディネーター:井田徹治さん(共同通信社編集委員兼論
説委員 環境・開発・エネルギー問題担当)
5)トークセッション2:やらんとあきません、京都の脱炭素
〜京都の2050年脱炭素を可能にするには!?〜
発表「京都市の温暖化対策と展望」
河合要子さん(京都市地球温暖化対策室)
提案「京都市の脱炭素シナリオ」
越智雄輝さん(株式会社E-konzal)、小端拓郎さん(国立環
境研究所)、二連孝昭さん(滋賀県立大学名誉教授)
ディスカッション「京都の2050年脱炭素を可能にするに
は!?」
コーディネーター:浅岡美恵(気候ネットワーク)
参加費:10月19日午後無料、懇親会4000円(予定)
10月20日午前無料、午後会員無料、一般500円(当日の入
会で参加費無料)
主催:認定NPO法人気候ネットワーク
共催:龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター
(LORC)
問合せ:認定NPO法人気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
MAIL:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください
気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2019-10-19

○中嶋農園大いもほり体験会&やきいも大会
伏見区向島の中嶋農園は、減農薬・有機栽培にこだわって、
京都市内有名レストランや大学などに新鮮な米や野菜を直接
届けている農家です。今回、そうしたお届け先のお店で出る
生ごみを農園に戻し、堆肥化して野菜を育てる循環型農業の
試みを始めました。
化学肥料を使わず、体に優しい味に仕上がるさつまいもを掘
って味わえる体験型イベントに、ぜひご参加ください!
日時:10月26日(土)10:00〜13:00 ※雨天の場合は翌日に
順延
場所:中嶋農園の畑(伏見区向島)※向島駅から徒歩5分
9:45までに近鉄向島駅改札または種智院大学駐車場(お車の
場合)に集合してください
定員(追加募集):20人程度(先着順)
参加費:大人ひとり3,000円(さつまいも収穫5株分+農産
品のお土産+保険代+新米のランチ付き)
子どもひとり1,000円(昼食不要のお子さまは無料)
持ち物:畑で汚れてもよい服装(長靴がおすすめ)、帽子、
お茶、小スコップ(あれば)、軍手、レジャーシート、いも
を持ち帰る袋、ごはんと豚汁用の食器・おはし(プラスチッ
クごみ削減のため)、参加費、カッパ・日ざし対策(天候に
よっては)
※小雨決行、雨天時は翌27日に延期です。延期の場合のみ当
日8:30までにご連絡します。連絡がない場合は実施します。
※昼食は【中嶋農園の新米ごはんとぬか漬け・遊食邸の豚汁・
やきいも】をご用意します。
※プラスチックごみ削減のために、食器とお茶、持ち帰り袋
のご持参にご協力お願いします。
※大人の参加費の一部は、中嶋農園の「食の循環プロジェク
ト」の運営資金とさせていただきます。
申込方法:10月20日(日)までに以下の申込ページ(こくち
ーず)からお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/578731/
(ご記載いただいた個人情報は適切に管理し、行事保険など
当行事の運営と関連の案内にのみ使わせていただきます。)
お問合せ:KGPN事務局
TEL:075-708-8551(当日連絡可) FAX:075-708-8062
E-mail:kgpn※dolphin.ocn.ne.jp(※を@に置き換えて下さ
い)
主催:株式会社 中嶋農園
共催:KGPN

詳しくは以下をご覧ください。
KGPN
http://www.k-gpn.org/imohori_191026/

○あまみずコーディネータ養成講座2019
都市型水害対策としての分散型水管理と雨庭のデザインが、
いま注目されています。
本講座は、多くの市民や社会基盤・建築・造園・環境など様々
な分野の技術者が、その考え方と要素技術、それを支えるコ
ミュニティデザインについてともに学び連携をはかる貴重な
場です。4回目となる今回は京都が会場です。
歴史的な庭園の設えにあまみずの扱いが多数見られ、雨庭に
関する先進地ともいうべき場所で、次の時代を拓く技術を発
見します。
日程:11月15日(金)〜16日(土)
場所:京都先端科学大学京都亀岡キャンパス悠心館 Y25(15
日)、京都先端科学大学京都太秦キャンパス北館N308(16日)
参加費:4000円/2000円(学生) テキストブック込
定員:基礎コース なし 応用コース 60名(先着)
申込み締切:11月13日(水)
講師/プログラム
※時間が確定次第、WEBにて掲載いたします。
・15日(金)
1. 島谷幸宏(河川工学・河川環境 九州大学工学研究院教授)
/あまみず社会とECO-DRR/グリーンインフラ
2. 山下三平(景観・デザイン・まちづくり 九州産業大学教
授)/あまみず社会を市民の手で
3. 神谷博(雨の建築 法政大学兼任講師)/あまみず活用の
技術規準・認定制度の今後
4. 森本幸裕(景観生態学 (公財)京都市都市緑化協会長)
/雨庭の思想と実践
5. あまみずの建築と庭の仕組みと課題
1) 渡辺亮一(水環境工学 福岡大学教授)/雨水ハウス
2) 浜田晃規(物質循環 福岡大学助教)/あめにわ憩いセン
ター
3) 阿野晃秀(環境デザイン 京都先端科学大学講師)/事務
所敷地の雨庭のデザイン
4) 丹羽英之(景観生態学 京都先端科学大学准教授)/精密
観測に基づく雨庭の形態と機能
・終了後、亀岡キャンパス食堂「ゆう愛」にて懇親会。
・16日(土)
6. 竹林知樹(景観デザイン (株)Takebayashi Landscape
Architects)/あまみずデザイン演習
1) 個別課題:蓄雨計算による不足分の算出
2) グループワーク:不足分の補足策と雨庭等のデザイン
7. 島谷幸宏(河川工学・河川環境 九州大学工学研究院教授)
/まとめと講座の今後
・エクスカーション/あまみずを扱ったプロジェクトを巡る
(四条堀川雨庭、日新電機研修センター、京都駅)
主催:あまみず社会研究会・あまみずコーディネータ養成講
座2019実行委員会
申込み/問合せ:Email contact@rainwaterlab.jpに、@氏
名、A所属、B住所、C携帯電話番号、D希望コース、E懇
親会(15日)ご出欠を書いてお申込み下さい。
郵送の場合は〒819-0395 福岡市西区元岡744ウエスト2号
館1008号室 電話070-2400-1789

詳しくは以下をご覧ください。
あまみず社会研究会
https://amamizushakai.wixsite.com/amamizu/2019

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2019年10月号(No.131)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコ
ロジーセンター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail: agenda@ma21f.jp
※土・日曜日、祝日休室
http://ma21f.sblo.jp/(京のアジェンダ21フォーラム)
https://keaa.or.jp/(公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会)

◆発行日:2019年10月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
 までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
 ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
 きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 13:39| 定期発行物