2019年10月15日

京えこめる 2019年10月臨時号(No.132)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2019年10月臨時号
                       No.132
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
 ○環境活動パワーアップ講座
 ○SDGs×JICA海外協力隊〜世界の環境問題から、私たち
 のSDGs実践を考える〜
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
 ○企業向けごみ減量実践講座 コンビニエンスストア『ロ
 ーソン』のほっとな環境取組
◆京都市からのお知らせ
 ○再生可能エネルギー講習会
◆その他のお知らせ
 ○フォーラム「LEDのリサイクルの可能性を探る」
 ○企業担当者のための森林保全活動体験ワークショップ
 2019
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
このたびの台風19号で被害にあわれた皆さまに心よりお見
舞い申し上げます。
さて、各団体からの情報提供が多く集まりましたので、臨時
号を配信いたします。どうぞご覧ください。

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
------------------------------------------------------
○環境活動パワーアップ講座
地域での身近な環境活動をよりパワーアップするための知識
やスキルを実践的に修得する講座です。
すでに環境活動をされている方、ネットワークをさらに広げ
たい方大歓迎!
本講座では、地域での身近な環境活動や、環境NGO/NPOの活
動を企画、実践するリーダーとしてさらに活躍するために必
要なことを学ぶことができます。効果的な環境活動を行うた
めの仲間づくり、仲間や協力者を活かすコーディネート力、
多くの人々から共感を得られる企画・提案・実践力、ネット
ワークやパートナーシップを築き、活かす力等を修得するこ
とができます。またSDGsやESDを環境活動に活かす方法も学
ぶことができます。
日程:11月2日(土)〜12月15日(日)(全5回)
定員:30名(原則として全回参加可能な方)
※先着順で承ります。原則全回参加の講座ですが、ご事情が
ある場合、京エコロジーセンターまで、ご相談、お問い合わ
せください。
会場:京エコロジーセンター(京都市伏見区)
参加費:無料
募集締切:10月30日(水)まで延長しました
講座日程:
第1回11月2日(土)10:00〜17:00
「私(達)は、何を実現したいのか じっくり考え伝えてみ
よう」
第2回11月3日(日)10:00〜17:00
「仲間と一緒に思いをカタチにする力をつけよう」
第3回11月16日(日)10:00〜17:00
「私(達)はどんな力があるのか 様々なつながりを考えて
ネットワークを広げよう」
第4回11月24日(日)10:00〜17:00
「活動を企画する力を高める いろいろな立場の人と協働し
よう」
第5回12月14日(土)10:00〜18:30 ・15日(日)10:00〜
16:00(第5回のみ2日間開催)
「私(達)はこれから何をするのか 考え、伝え、多くの人
にも呼びかけよう」
お申込み方法:募集期間中に、電話・FAX・HP・来館にて京エ
コロジーセンターまで、お名前(ふりがな)、住所、年齢、
電話番号、FAX、E-mailアドレス、参加動機、所属(あれば)
をご連絡ください。
主催:公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会(京エコロ
ジーセンター(京都市)指定管理者)
運営:認定NPO法人環境市民

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/lecture/kankyou-powerup/

○SDGs×JICA海外協力隊〜世界の環境問題から、私たちの
SDGs実践を考える〜
世界の国々のごみ問題ってどうなっているのでしょうか?
途上国の環境教育は?
日本だけでなく、広く世界に目を向けて環境について考えて
みることもとても大切です。
今回は、3名のJICA海外協力隊OB/OGの方々の体験談をお話
して頂きます。
開発途上国での環境問題を知り、私たち一人ひとりが日頃か
ら実践出来る事を考えよう!
日時:11月16日(土)13:30〜17:00
会場:京エコロジーセンター1階シアタールーム
対象:大学生以上
定員:40名(先着順)
参加費:無料
申込期間:10月1日(火)〜11月5日(金)
講師・内容:
狭間鮎奈さん(環境教育・グアテマラ)
テーマ「できることからひとつずつ」
植林などの環境保全活動、学校における環境教育授業の実施
など
増田洋介さん(環境教育・ベリーズ)
テーマ「協力隊として『働く』ということ」
小学校を中心とする環境教育、NPOとの環境保全活動など
森達朗さん(環境教育・スーダン)
テーマ「スーダンのゴミ問題と対策」
現地住民と共に新しいゴミの収集方法を検討、実施など
また、講師の方もご一緒にワールドカフェも開催します!
新しい気づきから生まれる、新しい発想!
私たちの暮らしの中で実践できるSDGsについて一緒にお話
しましょう。
主催:京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)、
JICA関西

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-9956/

------------------------------------------------------
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
------------------------------------------------------
○企業向けごみ減量実践講座 コンビニエンスストア『ロー
ソン』のほっとな環境取組
コンビニの中で、いち早いマイカップ対応など、廃棄物削減
に熱心に取り組むローソン。使い捨てプラスチック製品の削
減や、食品ロス削減で世界が大きく変わろうとする中、消費
者と近い大企業への期待も高まっています。“みんなと暮ら
すマチの課題解決”を掲げるローソンの、これまでの取組と
これからの取組についてお話を伺います。
日時:10月30日(水)14:30〜16:00
会場:京都商工会議所7-E・F会議室(京都経済センター7階)
https://www.kyo.or.jp/kyoto/img/k_map_center.jpg
参加費:無料(ごみ減会員,非会員共に)
定員:70名(先着順)
講師:株式会社ローソン事業サポート本部環境社会共生・地
域連携推進部 三浦弘之氏
http://www.lawson.co.jp/company/activity/
主催:京都商工会議所、京都市ごみ減量推進会議
後援(予定):公益社団法人京都工業会、 一般社団法人京都
府産業廃棄物3R支援センター、NPO法人KES環境機構

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/223.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○再生可能エネルギー講習会
この度、太陽光発電の導入に携わっておられる設計・施工技
術者及び販売担当者の方を対象として、下記のとおり「再生
可能エネルギー講習会」を開催します。この講習会は太陽光
発電の導入によってもたらされる経済面のメリットだけでな
く、二酸化炭素排出量削減効果などの環境面のメリットにつ
いても理解を深めていただき、販売促進に役立てていただく
ことを目的として、太陽光発電についての情報提供や導入に
おける課題解決に向けた意見交換を行います。
第4部の「再生可能エネルギー導入拡大のための意見交換会」
では、市域の再生可能エネルギー導入を進める本市と、日頃
より太陽光発電の導入に携わっておられる皆様で、率直な意
見交換を行い、今後の施策に活かしたいと考えております。
なお、別添申込書の中で意見交換会での議題となる御意見を
募集しておりますので、太陽光発電の導入における課題等に
ついて御記入ください。
日時:10月31日(木)14:00〜16:00(13:30受付開始)
場所:京都経済センター6階 6-B講義室
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地
対象:再生可能エネルギー設備導入に係る販売店、設備メー
カー、住宅メーカー、工務店等の設計・施工技術者及び販売
担当者の方。
申込方法:定員45名(事前申込み制、10月18日必着)
ホームページの「再生可能エネルギー講習会申込書」に必要
事項を記載の上、電子メール又はFAXのいずれかにより環境
政策局地球温暖化対策室担当者宛に送付してください。
受講料:無料
講習内容
・再生可能エネルギーの世界の潮流について
講師:田浦健朗氏(認定NPO法人気候ネットワーク事務局長)
・固定価格買取制度の買取期間満了後の対応(いわゆる2019
年問題)について
講師:古市恵三氏(NPO法人太陽光発電所ネットワーク理事・
京都支部世話人)
・京都市の地球温暖化対策・エネルギー政策について
・再生可能エネルギー導入拡大のための意見交換会
お問い合わせ先:京都市環境政策局地球温暖化対策室
電話:075-222-4555 ファックス:075-211-9286

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000247549.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○フォーラム「LEDのリサイクルの可能性を探る」
京都市ごみ減量会議助成事業「LEDのリサイクルの可能性を
探る」の中間報告をおこない、多くの人にLEDのリサイクル
の可能性について関心をよせてもらい、さまざまな立場の方
からご意見、コメントをいただき、最終報告に反映させます。
日時:11月22日(金)14:00から
場所:登録会館2Fホール
京都市中京区烏丸御池上る(地下鉄「烏丸御池」1番出口)
プログラム
・あいさつ 京都市(予定)
・講演「小型家電リサイクルの概要とLEDリサイクルの展望」
環境省リサイクル推進室
・主催者報告 原強(蛍光管リサイクル協会代表理事)
・報告1 山田康生(野村興産関西営業所)
・報告2 寺井正幸((株)浜田経営本部経営企画室)
・報告3 沖村生男(ヴィオム代表)  
・意見交換
・総括コメント 中野勝行(立命館大学政策科学部准教授)
定員:50名
参加費:無料(必ず事前申込みを)
申込み方法:FAX 075-255-2503 またはメール
kyoto@keikoukan.com
主催・連絡先:蛍光管リサイクル協会
TEL&FAX 075-255-2503 メールkyoto@keikoukan.com

詳しくは以下をご覧ください。
蛍光管リサイクル協会
http://keikoukan.com/archives/1205.html

○企業担当者のための森林保全活動体験ワークショップ2019
2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目
標:SDGs(Sustainable Development Goals) において森林は
生物多様性損失の阻止など極めて重要な役割を担うものとし
てその持続可能な利用が求められています。京都モデルフォ
レスト協会では、SDGsの達成に向け京都の豊かな文化を支え
てきた森林を次世代に引き継ぐ取り組みを個人や企業、ボラ
ンティア団体など幅広い参画を呼びかけながら行っています。
今回、新たなCSR活動、生物多様性保全の取組をお考えの企
業の皆様や、既にお取り組みで今後の展開を検討されたい企
業担当者の皆様を対象とし、京都の森をフィールドとして実
践可能な活動を体験いただくワークショップを企画いたしま
した。ぜひご参加ください。
日時:11月29日(金)9:00京都市役所前集合〜17:00解散
予定
場所:スチールの森京都(南丹市日吉町)
身近な里山の生態系の調査と森林の手入れを体験
・講義「森林保全活動の意義について(仮)」
篠部幸雄氏(京都森林インストラクター会会長、協会理事)
・植生調査体験・広葉樹林の手入れ体験
・アウトドア料理試食/交流会
日時:12月4日(水)8:30京都市役所前集合〜17:30解散予
定 ※雨天時6日(金)に順延
場所:京都大学芦生研究林(南丹市美山町)
京都丹波高原国定公園で生態系を守る取組を体験
・講義「芦生の森林の生態系の変遷と現在(仮)」
石原正恵氏(京都大学芦生研究林 林長・准教授)
・研究林内の散策と見学
・獣害防止柵の積雪前準備作業 等
※希望日のみの参加歓迎
参加費:無料
定員:各回20名程度(先着順)
主催:公益社団法人京都モデルフォレスト協会
後援(申請中):京都府、公益社団法人国土緑化推進機構、一
般社団法人森の京都地域振興社、関西SDGsプラットフォーム、
KES環境機構、京都CSR推進協議会、公益財団法人京都市環
境保全活動推進協会
お申し込み:各開催日の2週間前まで(ただし定員に達し次第
受付を終了します)
ホームページのお申込みフォームから、もしくはチラシ裏面
申込用紙にご記入しファックスで事務局まで

詳しくは以下をご覧ください。
京都モデルフォレスト協会
https://www.kyoto-modelforest.jp/informations/trial2019/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2019年10月臨時号(No.132)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコ
ロジーセンター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail: agenda@ma21f.jp
※土・日曜日、祝日休室
http://ma21f.sblo.jp/(京のアジェンダ21フォーラム)
https://keaa.or.jp/(公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会)

◆発行日:2019年10月15日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
 までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
 ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
 きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 10:44| 定期発行物