2020年01月06日

京えこめる 2020年1月号(No.135)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2020年1月号
                       No.135
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○新年のごあいさつ
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
 ○講演会「プラスチック問題〜環境にやさしい私たちの暮
 らしを考える〜」
◆京都市環境保全活動推進協会からのお知らせ
 ○事業職員(常勤)・事務職員(総務課)を募集します
◆京都市からのお知らせ
 ○COP25における本市環境政策の発信について
 ○第11回「KYOTO地球環境の殿堂」殿堂入り者の決定並び
 に同殿堂入り者の表彰式及び「京都環境文化学術フォーラ
 ム」国際シンポジウムの開催について
◆その他のお知らせ
 ○環境首都創造フォーラム2019年度in京都
 ○COP25マドリード会議報告会in京都
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○新年のごあいさつ
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

京のアジェンダ21フォーラムでは、以下の方法でも随時情報
をご提供しております。ぜひご覧ください。
WEBサイト http://www.ma21f.sblo.jp/
Facebook https://www.facebook.com/ma21f/
Twitter https://twitter.com/ma21f

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
------------------------------------------------------
○講演会「プラスチック問題〜環境にやさしい私たちの暮ら
しを考える〜」
現在、プラスチックの大量生産や不適切な処分が地球環境に
大きな悪影響を与えています。持続可能な未来を築くために、
プラスチック問題の現状を見つめなおすとともに、環境にや
さしい暮らしを皆さんで一緒に考えていきましょう。
日時:1月26日(日)10:00〜12:45
申込期間:1月4日(土)〜1月25日(土)
参加費:無料
対象:高校生以上
定員:80名
〈講演者・内容〉
高月紘氏(京エコロジーセンター館長、京都大学名誉教授)
「プラスチックの基礎を学ぶ」
田中周平氏(京都大学地球環境学堂 准教授)
「マイクロプラスチックと私たちの生活」
堀孝弘氏(京都市ごみ減量推進会議)
「脱使い捨てプラ、なぜ、どのように進めるか」
申込は、電話・FAX・来館にて京エコロジーセンターまで。参
加される方のお名前・年齢(学年)・連絡先電話番号・イベ
ントを知ったきっかけをご連絡ください。
受付時間:開館日の9:00〜21:00
休館日: 木曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL 075-641-0911/FAX 075-641-0912

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-10302/

------------------------------------------------------
◆京都市環境保全活動推進協会からのお知らせ
------------------------------------------------------
○事業職員(常勤)・事務職員(総務課)を募集します
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会は、持続可能な社
会(低炭素社会・循環型社会・自然共生社会)を実現するた
め、市民・事業者・行政・教育機関と連携を強め、広く環境
保全活動を推進することにより、環境に配慮した市民の自主
的な行動による地域社会づくりに寄与することを目的に設立
された法人です。
このたび、新たに事業担当職員(環境保全活動支援コーディ
ネーター)及び事務職員を募集します。
募集期間:事業職員2019年12月13日(金)から2020年2
月7日(金)午前12時(正午)まで
事務職員1月6日 (月) 公募開始(ホームページ・ハローワ
ーク等)書類審査合格者には、別途、面接日を連絡します。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市環境保全活動推進協会
https://keaa.or.jp/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○COP25における本市環境政策の発信について
スペイン・マドリード市で開催された国連気候変動枠
組条約第25回締約国会議(COP25)に、12月7日か
ら13日まで、本市職員を派遣し、COP25会場内外で
開催された会合への参加を通じて、「2050年CO2排
出量正味ゼロ」を目指す決意を市長が表明した日本初
の自治体として、世界の都市と連携して、気候危機へ
挑戦する本市環境施策の発信等を行ってまいりまし
た。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000260383.html

○第11回「KYOTO地球環境の殿堂」殿堂入り者の決定並びに
同殿堂入り者の表彰式及び「京都環境文化学術フォーラム」
国際シンポジウムの開催について
「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術
フォーラムでは、毎年、世界で地球環境の保全に著しい貢献
をされた方々を顕彰するため、「KYOTO地球環境の殿堂」表
彰式を開催するとともに、殿堂入り者等を囲む国際シンポジ
ウムを開催しています。
この度、第11回殿堂入り者が決定しましたのでお知らせしま
す。また、表彰式及び国際シンポジウムは、令和2年2月11
日(火曜日・祝日)に国立京都国際会館において開催します。
第11回殿堂入り者:IPCC(気候変動に関する政府間パネル)、
メアリー・ロビンソン氏(第7代アイルランド共和国大統領、
元国際連合人権高等弁務官)
表彰式及び国際シンポジウム
日時:2月11日(火・祝)13:00〜16:30
場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)メインホール
・「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式(13:00〜13:50)
オープニング・アトラクション
殿堂入り者表彰式(認定証授与,記念品贈呈)
殿堂入り者記念スピーチ:IPCC議長 ホーセン・リー氏(予
定)
主催:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会(京都市・京都
府・京都商工会議所・環境省・大学共同利用機関法人人間文
化研究機構総合地球環境学研究所・公益財団法人国際高等研
究所・公益財団法人国立京都国際会館)
・「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム(14:10
〜16:30)
タイトル:未来につなげる−気候変動と地球の現在(いま)
殿堂入り者記念講演:IPCC議長 ホーセン・リー氏(予定)、
メアリー・ロビンソン氏(ビデオメッセージ)
パネルディスカッション
パネリスト:田邉清人氏(IPCC国別温室効果ガスインベント
リータスクフォース共同議長)、江守正多氏(国立環境研究
所 地球環境研究センター 副センター長)、川上敏弘氏(日
本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)共同代表)
コーディネーター:宇佐美誠氏(京都大学大学院地球環境学
堂教授)
※ディスカッションには京都府内の高校生も参加予定
主催:「京都環境文化学術フォーラム」(京都市・京都府・
京都大学・京都府立大学・大学共同利用機関法人人間文化研
究機構総合地球環境学研究所・大学共同利用機関法人人間文
化研究機構 国際日本文化研究センター)
・高校生によるポスターセッション等の展示(12:00〜16:30)
定員:1,000名、入場無料(自由席)、事前申込制
申込期間:2019年12月3日(火)〜2020年2月10日(月)
必着※定員になり次第締切
申込方法:氏名、郵便番号・住所、電話番号を御記入のうえ、
はがき、FAX、Eメール又はインターネットにて申込み。
申込先:「KYOTO地球環境の殿堂/京都環境文化学術フォー
ラム」運営事務局(株式会社インターグループ内)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3−20−1 インターグループビル
電話:06−6372−3051 / FAX:06−6376−2362
Eメール:earth-kyoto@intergroup.co.jp
インターネット:http://www.pref.kyoto.jp/earth-kyoto/
 問い合わせ先:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会事務
局/京都環境文化学術フォーラム事務局(京都府府民環境部
地球温暖化対策課内)
電話:075−414−4830 / FAX:075−414−4705
Eメール:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000260311.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○環境首都創造フォーラム2019年度in京都
京都フォーラムは、「持続可能で豊かさのある地域社会づく
りを実現するために(仮題)」をテーマに、環境問題への解
決と合わせたSDGsの活用、気候変動に対する適応策の構築、
パリ協定の実態化等についての議論を深め、持続可能で豊か
な地域社会、脱炭素社会の実現に向けての必要な政策を明ら
かにすることを目的に開催します。
日時:市区町村長と環境NGO、専門家によるディスカッショ
ン1月16日(木)13:00〜17:00(予定)・1月17日(金)
9:30〜12:30(予定)
共同研修会1月17日(金)14:20〜16:20
場所:しんらん交流館(京都市下京区諏訪町通六条下る上柳
町199)

詳しくは以下をご覧ください。
環境首都創造ネットワーク
http://www.jnccs.net/works/forum2019/

○COP25マドリード会議報告会in京都
止まらない脱炭素革命。世界はパリ協定1.5℃に向けてどう
動くのか?ビジネスにも影響する市場メカニズム交渉の行方
とは?
チリに代わって急遽スペインのマドリードで開催されること
になったCOP25では、パリ協定の実施指針(いわゆるルール
ブック)の積み残された重要課題・市場メカニズムの合意が
できるか、国連事務総長も求める温暖化対策の野心引き上げ
がどう広がるか、気候変動による損失と被害への対処の議論
がどう進むかが注目されます。
また、9月の国連気候行動サミットで存在感を示せなかった
日本がCOP25で世界の気候対策に貢献するシグナルを出せる
かどうかもポイントです。
今回の報告会では、COP25に参加する専門家やNGOのメンバ
ーが、マドリード会議の重要なポイントに加え、参加者にし
かわからない現場の空気、交渉のダイナミズム、今後求めら
れる私たちのアクションについて、たっぷりとお伝えします。
奮ってご参加ください。
日時:1月26日(日)14:00-16:30(開場13:30)
会場:メルパルク京都 5F 会議室A
(京都市下京区 東洞院通七条下ル東塩小路町676番13)
アクセス・地図:
https://www.mielparque.jp/kyoto/access/
*CO2排出の少ない徒歩、自転車、公共交通機関でお越しく
ださい。
参加費:500円(CAN-Japanメンバー団体の会員無料)
要事前申込み(先着順)
〈内容(予定)〉
COP25マドリード会議に参加している専門家とNGOスタッフ
による報告と質疑応答
・COP25の合意成果の解説
・国、自治体、ビジネス等による温暖化対策目標引き上げの
イニシアティブ
・日本の今後の気候変動政策・経済の脱炭素化への示唆 ほか
スピーカー(予定):高村ゆかりさん(東京大学未来ビジョ
ン研究センター教授)、浅岡美恵さん(気候ネットワーク代
表)、伊与田昌慶さん(気候ネットワーク主任研究員)ほか
申込み:こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/20200126
あるいは、メールかFAX、お電話にて下記の申込先まで、件
名「1/26COP25報告会(京都)申込み」として、お名前、ご
所属、ご連絡先メールアドレスをご連絡下さい。
問合せ・申込み:Climate Action Network Japan(CAN-Japan)
京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305気候ネットワーク
内 TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:secretariat@can-japan.org
主催:Climate Action Network Japan (CAN-Japan)

詳しくは以下をご覧ください。
Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
https://www.can-japan.org/events-ja/2641

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2020年1月号(No.135)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコ
ロジーセンター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail: agenda@ma21f.jp
※土・日曜日、祝日休室
http://ma21f.sblo.jp/(京のアジェンダ21フォーラム)
https://keaa.or.jp/(公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会)

◆発行日:2020年1月6日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
 までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
 ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
 きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 13:07| 定期発行物