2020年01月20日

京えこめる 2020年1月臨時号(No.136)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2020年1月臨時号
                       No.136
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○シンポジウム「観光地の持続可能性、これからの展望」
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
 ○マイボトルでカフェや給水スポットを利用しよう!参加
 者募集
 ○食品リサイクル施設「エコの森京都」と南部クリーンセ
 ンター環境学習施設「さすてな京都」見学バスツアー
 ○食べ物を捨てたくない。〜常識にとらわれない「佰食屋」
 が目指すもの〜
◆京都市環境保全活動推進協会からのお知らせ
 ○みやこKAMADOKIプログラムステークホルダー交流会
◆京都市からのお知らせ
 ○「地球環境とマンガ」展〜未来の担い手が描く持続可能
 な世界〜
◆その他のお知らせ
 ○温暖化防止と卒FIT対応の学習会
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○シンポジウム「観光地の持続可能性、これからの展望」
観光地で見られる様々な問題が地域に負担をかけていること
が話題になっています。そのような中、京都の夏の風物詩「祇
園祭」や有数の観光地「嵐山」では新しい試みが動き出して
います。観光地とその取組の持続可能性について、地域の方
の声を聴きながら皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

日時:2月8日(土)14:00〜16:30(13:30開場)
会場:京都経済センター6階会議室6-D(京都市下京区四条通
室町東入函谷鉾町78番地)
アクセス:https://kyoto-kc.jp/access
定員:80名(事前申込み優先)
参加費:無料
〈第1部〉基調講演「観光地の環境対策を通じた住民と観光
客との持続可能な共存」
講師:宗田好史氏(京都府立大学副学長、京都和食文化研究
センター長)
〈第2部〉パネルディスカッション・質疑応答
登壇者:宗田好史氏、大嶋博規氏(公益財団法人祇園祭山鉾
連合会副理事長)、石川恵介氏(嵐山商店街副会長)、太田
航平氏(一般社団法人祇園祭ごみゼロ大作戦理事長)
主催:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会
協力:一般社団法人祇園祭ごみゼロ大作戦
後援:公益財団法人祇園祭山鉾連合会
お申込み方法:1)お名前 2)ご所属(あれば) 3)連絡用メ
ールアドレスかFAX等をメールか、チラシをダウンロードし
てご記入いただいてFAXなどでお知らせください。
お問合せ・お申込み:公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会アジェンダ課 Tel:075-647-3535 Fax:075-647-3536
E-mail:agenda@ma21f.jp
※この活動は2019年度独立行政法人環境再生保全機構地球
環境基金助成金の助成を受けて実施しています。

詳しくは以下をご覧ください。
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/187017648.html

------------------------------------------------------
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
------------------------------------------------------
○マイボトルでカフェや給水スポットを利用しよう!参加者
募集
使い捨てプラスチックを減らすという意識は、多くの人が持
っていますが、それを日々の生活で行動に移すことは、なか
なか難しいことです。マイボトルを毎日持ち歩くのは、少し
重たいし、少し面倒です。忘れることもあります。
でも、自分がマイボトルを使うことで資源やエネルギーの無
駄を減らしたり、ごみを減らすだけでなく、周りの人の意識
も変えることができるかもしれません!
合言葉は,今日も「マイボトルで!」。お店の人にも、どん
どんアピールしていきましょう!
実施期間:1月14日(火)〜3月18日(水)
参加受付数:250名 *ボトルが無くなり次第受付終了(お
申込は、お一人様一回限り)
参加方法:
・お申し込み 下のWEBサイトをご覧ください。
*ごみ減主催のイベント会場等での当日申込も可。(その場
で、参加申込していただきます。数に限りがあります。)
・マイボトルの受け取り
参加者には、マイボトル&脱プラステッカーをお渡しします。
*当会議主催講座やイベント会場、事務局(京エコロジーセ
ンター2階)等で受け渡し。(参加申込時に選択した受け渡
し希望日・会場にて)
・マイボトルを日々持ち歩く!
カフェや給水スポットでマイボトルを積極的に利用ください。
マイボトル対応カフェ・給水スポット案内サイト
*京都市「マイボトル推奨店・給水スポットサイト」
https://kyoto-kogomi.net/mybottle/
*関西広域連合「マイボトルスポットマップ」
https://my-bottle.jp/
・合言葉は、マイボトルで!
マイボトル推奨店未登録のカフェ・喫茶・屋台等に出向き、
マイボトルでの購入を試みてください!
*店内利用時にマグカップなどで供される場合に、無理をし
ていただく必要はありませんが、店内利用でも使い捨てカッ
プのお店では、ぜひチャレンジしてください。
・お店情報をお寄せください(市内店舗を対象とします)
お店のマイボトル対応有無を、メールにてご報告ください。
(対応いただけなかったという情報も可)
メール送信先:sanka@kyoto-gomigen.jp
ご報告いただきたい項目:1)お店の名称 2)お店の電話番号
 3)ご利用日 4)注文した商品とマイボトル可否結果 5)感
想など(簡単に)
・アンケート記入
期間終了後(3月下旬)に、終了のご連絡を兼ねて、メール
にてアンケートをお送りしますので、ご協力お願いします。
※イベントの詳細は、予告なく変更することがあります。
お問合せ先:京都市ごみ減量推進会議(公益財団法人京都市
環境保全活動推進協会ごみ減量課)担当:藤田
TEL 075-647-3444 FAX 075-641-2971
E-MAIL sanka@kyoto-gomigen.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/228.html

○食品リサイクル施設「エコの森京都」と南部クリーンセン
ター環境学習施設「さすてな京都」見学バスツアー
事業を行う中でどうしても発生する食品廃棄物。食品メーカ
ーはもちろんですが、レストランやホテル、スーパーマーケ
ットや社員食堂、事業所の給湯室でも発生します。食品廃棄
物を焼却するのではなく、肥料や飼料にリサイクルする流れ
を見て、食品のリサイクルや発生抑制について考えます。併
せて、缶やペットボトルの処理施設「大剛」と、オープンし
たばかりの京都市の南部クリーンセンター環境学習施設も見
学します。
日時:2月10日(月)13:00竹田駅西口集合〜17:00竹田駅
解散
訪問場所:1)京都有機質資源株式会社「エコの森京都」、2)
株式会社大剛、3)「さすてな京都」京都市南部クリーンセン
ター環境学習施設
参加費:無料
定員:40名(先着順)
申込締切:2月1日(土)*保険加入のため,申込時に生年
月日と2/10時点の年齢をお知らせください。
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会、NPO法人KES環境機構、一
般社団法人京都府産業廃棄物3R支援センター

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/229.html

○食べ物を捨てたくない。〜常識にとらわれない「佰食屋」
が目指すもの〜
ランチのみ100食限定で安定的低空飛行の黒字を目指す、飲
食店では類を見ない事業を展開する「佰食屋」。従業員が働
きやすい店、働き続けられる店をつくるとともに、「食べ物
を捨てたくない」というごく自然な思いを飲食店事業で実現
させ、注目を集めている。「売り切れを起こさないことが、
本当にお客様本位になってる?」「仕入れた食材を捨ててし
まうことは、仕方がない?」本当に大切なこと、優先すべき
ことは何かを考え、タブー視せずに実践してきた熱い思いと、
これからについてお話を伺います。
2015年「第4回京都女性起業家賞最優秀賞」。2019年日経ウ
ーマンの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019最優秀賞」など
受賞多数。
日時:3月10日(火)14:00〜16:30
場所:京都経済センター6階6-D会議室
参加費:無料(ごみ減会員、非会員共に)
定員:80名(先着順)
講師:中村朱美氏(株式会社minitts代表取締役 佰食屋オ
ーナー)
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会、NPO法人KES環境機構、一
般社団法人京都府産業廃棄物3R支援センター

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/230.html

------------------------------------------------------
◆京都市環境保全活動推進協会からのお知らせ
------------------------------------------------------
○みやこKAMADOKIプログラムステークホルダー交流会
みやこKAMADOKIプログラムに関わっていただいた皆さまや、
これからにご関心のある皆さまなどにお集まりいただき、交
流しながら次年度に向けて語り合っていただく場として「ス
テークホルダー交流会」を以下の通り開催します。ぜひ多く
のご参加をお待ちしております。
日時:2月7日(金)15:00〜17:30
※終了後、交流会(ネットワーキング)を開催予定(同会場、
18:00〜19:30)
会場:京都市国際交流会館 特別会議室(京都市左京区粟田
口鳥居町2番地の1)
アクセス:https://www.kcif.or.jp/web/jp/access/
参加者:これまでのイベント・プログラムの参加者、登壇者、
受講生、受入れ団体、その他関係者、これから関わってみた
い方、関心のある方など
定員:60名(要申し込み)
参加費:無料
内容(予定):
・開会あいさつ
・趣旨説明
・プログラムの紹介
これまでの動画の上映
受講生・受入れ団体等へのインタビュー
・全員参加のディスカッション「学生が社会課題解決に関わ
るには」
ゲストによる情報提供
大久保 勝仁さん(Japan Youth Platform for Sustainability)
松田 直子さん(株式会社Hibana)
参加者の希望、ニーズ、アイデア等を共有するプログラム
申込方法:1)お名前 2)ご所属 3)連絡先メールアドレス
4)交流会参加希望の有無を事務局までメールでお送りくださ
い。
受付メールアドレス:kamadoki@miyako-eco.jp
お問い合わせ先:みやこKAMADOKIプログラム事務局(公益財
団法人京都市環境保全活動推進協会内)担当:井上
E-mail:kazu.inoue@ma21f.jp TEL:075-647-3535

詳しくは以下をご覧ください。
みやこKAMADOKIプログラム
https://www.sdgsimpactlab.org/archives/kamadokinews/1112

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「地球環境とマンガ」展〜未来の担い手が描く持続可能な
世界〜
この度、未来の担い手である大学生が制作した環境をテーマ
とする一コママンガ作品(カートゥーン)や京都国際マンガ
ミュージアムが所蔵する環境に関するマンガ作品を展示する
「地球環境とマンガ」展〜未来の担い手が描く持続可能な世
界〜を京都国際マンガミュージアムにて開催しますので、お
知らせします。
開催期間:1月19日(日)〜3月15日(日)10:00〜18:00
(最終入館は17:30)※毎週水曜日と2月6日(木)は休館
会場:京都国際マンガミュージアム2階ギャラリー3(京都市
中京区烏丸通御池上る)
展示内容:
・大学生が制作した環境をテーマとした一コママンガ作品(カ
ートゥーン)
・京都国際マンガミュージアムが所蔵する、環境に関するマ
ンガ作品
・「京都宣言」及び「1.5℃京都アピール」に関するパネル 
料金:無料(ただし、マンガミュージアム入場料(大人800
円、中高生300円、小学生100円)が別途必要)
展示に関する問い合わせ先:京都国際マンガミュージアム
https://www.kyotomm.jp/ 電話:075−254−7414
お問い合わせ先:京都市環境政策局地球温暖化対策室
電話:075-222-4555 ファックス:075-211-9286

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000260965.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○温暖化防止と卒FIT対応の学習会
まだ時間あると思っていた気候危機が現実味を帯びています。
2018年7月の上空気温が人間活動によって引き起こされた確
率は99.99997%。
2018年10月、IPCCは特別報告書を発表。気温上昇閾値2度
を1.5度に引き下げた。
温暖化と再生可能エネルギーは切り離せません。
以下の通りPV-Net京都地域交流会意見交換を行います。
関心のある方はどなたでも結構です。お越しください。
日時:2月15日(土)13:00〜17:00
会場:京都経済センター(24名)京都市下京区四条通室町東
入函谷鉾町78
会費:500円
懇親会:学習会後(四条烏丸駅近傍:会費3.200円)
内容(13:00〜16:00)
1.地球温暖化に関する最近の動向・たんたんエネジーの紹介
講師:たんたんエナジー株式会社 根岸哲生
2.固定価格買取制度買取期間満了後の対応について
講師:特定非営利活動法人太陽光発電所ネットワーク京都
古市恵三
3.高田様蓄電池導入についての報告
講師:特定非営利活動法人太陽光発電所ネットワーク京都
高田眞雄
4.2019年9月勉強会でのアンケート結果について
5.4年目及び9年目太陽光発電点検事業開始のご案内
6.平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原グラント」応募報

7.質疑応答(16:00〜16:30)
主催:PV-Net京都地域交流会
連絡先:京都地域交流会世話人 古市恵三
k.furuichi@energy-mate.co.jp

詳しくは以下をご覧ください。
PV-Net京都地域交流会
http://blog.livedoor.jp/pvnetkyoto-mjboy9gn

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2020年1月臨時号(No.136)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコ
ロジーセンター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail: agenda@ma21f.jp
※土・日曜日、祝日休室
http://ma21f.sblo.jp/(京のアジェンダ21フォーラム)
https://keaa.or.jp/(公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会)

◆発行日:2020年1月20日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
 までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
 ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
 きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 15:09| 定期発行物