2020年08月03日

京えこめる 2020年8月号(No.143)

―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2020年8月号
                       No.143
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
 ○エコセンスタッフとやってみよう!新聞バッグづくり
 ○企画展「意識と行動」展
 ○エコセンスタッフとやってみよう!牛乳パックパズルづ
 くり
 ○親子で竹紙すきにチャレンジ!
 ○スプーンとフォークが合体!?スポークづくり
 ○読み聞かせとアートで学ぼう!はじめてのSDGs
 ○私たちのくらしとプラスチックごみ (使い捨てプラスチ
 ックをへらし地球をまもろう!)
 ○うちごみ相談所
 ○木っていいね!京都の木を使って工作しよう!
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
 ○落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポスト
 ○企業向け講座「食べ物を捨てたくない。〜『佰食屋』が
 目指すもの〜」
◆さすてな京都からのお知らせ
 ○さすてな☆リユース工作〜捨てれば「ごみ」使えば「素
 材」
 ○さすてな☆いきもの探偵団
 ○「さすてな☆ゴミラプロジェクト」ものづくり現場の端
 材を使ったアートづくり
 ○さすてな☆こどもごみ分別講座
 ○さすてな☆夏休み生き物講座
 ○エネルギーのはてな?を実験しよう!「さすてな☆こど
 も発電所」
 ○さすてな講座「持続可能な社会の創り手とはどんな人?」
 ○ビオトープ生物観察
 ○親子学習会☆いきもの探偵団 「ツバメのはてな?伏見の
 ヨシ原について知ろう!」
◆京都市からのお知らせ
 ○令和2年度(第18回)京都環境賞の募集について
◆その他のお知らせ
 ○せいこうようちえんおひさまプロジェクト
 ○脱炭素社会のビジョンを考えるオンライン連続セミナー
 第2回「脱石炭」
 ○脱炭素社会のビジョンを考えるオンライン連続セミナー
 第3回「気候正義」
 ○太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)京都地域交流会「関
 西地域交流会」
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターからのお知らせ
------------------------------------------------------
○エコセンスタッフとやってみよう!新聞バッグづくり
新聞紙でエコバッグを作ってみよう!プラスチックについて
も学べます。【YouTube】
日時:7月3日(金)10:00〜8月23日(日)17:00
対象:どなたでも(小学3年生以下は保護者と一緒に参加)
参加費:無料
(申込不要)
詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12080/

○企画展「意識と行動」展
エコを意識して行動している人の部屋と、そうではない人の
部屋を体験してみませんか?
日時:7月4日(土)〜9月27日(日)9:00〜17:00
対象:どなたでも
場所:京エコロジーセンター2階
入場:無料(申込不要)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12108/

○エコセンスタッフとやってみよう!牛乳パックパズルづく

牛乳パックでくるくる絵が変わるパズルを作ってみよう!お
うちのごみについても学べます。【YouTube】
開催日時:7月22日(水)10:00〜8月23日(日)17:00
対象:どなたでも(小学3年生以下は保護者と一緒に参加)
参加費:無料(申込不要)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12089/

○親子で竹紙すきにチャレンジ!
自宅に届くキットで竹紙すきに挑戦してみよう!【YouTube】
日時:8月5日(水)10:00〜8月19日(日)17:00
対象:小学生(保護者と一緒に参加)
定員:50名
参加費:300円程度(材料郵送費(着払い)実費)
講師:京都竹カフェ
申込期間:7月1日(水)〜8月12日(水)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12059/

○スプーンとフォークが合体!?スポークづくり〜ごみになる
ものを減らして、自分のお気に入りを使おう!〜
スプーンとフォークが合体した「スポーク」を作ろう!
【YouTube】
日時:8月7日(金)10:00〜8月21日(金)17:00
対象:小学3年生以上(小学生は保護者と一緒に参加)
定員:30名
参加費:400円程度(材料郵送費(着払い)実費)
申込期間:7月1日(水)〜8月14日(金)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12022/

○読み聞かせとアートで学ぼう!はじめてのSDGs
絵本のよみきかせとボードづくりでSDGsを学ぼう
絵本専門士による読み聞かせとボード作りを通じて、SDGsを
やさしく学び、家庭でできることを見つけよう!【Zoom】
日時:8月15日(土)1)10:15〜11:30 2)14:00〜15:15
対象:小学生(保護者と一緒に参加・兄弟姉妹の同席可)
定員:各回15名
参加費:400円程度(材料郵送費(着払い)実費)
用意していただくもの:カッター、木工用ボンド、紙皿(数
枚)、新聞紙
講師:絵本でSDGs推進協会 朝日仁美氏、アトリエ・Petata
石橋幸子氏
申込期間:7月23日(木・祝)〜8月6日(木)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12281/

○私たちのくらしとプラスチックごみ (使い捨てプラスチッ
クをへらし地球をまもろう!)
ごみをへらすには何ができるかな?
絵本の読み聞かせやクイズを通して学びます。
日時:8月16日(日)1)13:30〜14:15 2)14:45〜15:30、
8月20日(木)3)13:30〜14:15 4)14:45〜15:30
対象:小学生(要保護者同伴、小学生未満の弟妹同伴可)
定員:各回12名(同伴者含む)
参加費:無料
講師:イベントグループ(京エコロジーセンター環境ボラン
ティア)
申込期間:7月15日(水)〜8月15日(土)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12229/

○うちごみ相談所
ご家庭のごみ減量に関する相談を受け付けます!
簡単な質問にお答えいただき、ごみに関するあなたのご家庭
のエコ度を診断します。どうすればごみを減らせるか、京エ
コロジーセンターの環境ボランティアが、ご家庭にあったご
み減量のコツをお伝えします。お子様も一緒に参加できます。
日時:8月22日(土)1)13:30〜 2)14:00〜 3)14:30〜
4)15:00〜 (各回20分程)
対象:小学生以上(小学生は要保護者同伴、小学生未満の弟
妹同伴可)
定員:各回3組12名まで(同伴者含む)
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター 1F シアター
講師:京エコロジーセンター 環境ボランティア
受付期間:8月1日(土)〜8月19日(水)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12349/

○木っていいね!京都の木を使って工作しよう!
カンナくずや端材で自由に工作しよう!
地球温暖化や木や森林についてのお話もあります。
日時:8月23日(日)1)9:30〜10:30 2)11:00〜12:00
3)13:15〜14:15 4)14:45〜15:45
対象:小学生(保護者と一緒に参加・兄弟姉妹の同伴可)
定員:各回20名
参加費:無料
講師:京都府森林組合連合会綾部ストックヤードコーディネ
ーター 前田清二氏、京都ペレット町家ヒノコ店長 井澤佑
真氏
申込期間:7月23日(木・祝)〜8月6日(木)

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
https://www.miyako-eco.jp/event/event-12272/

------------------------------------------------------
◆京都市ごみ減量推進会議からのお知らせ
------------------------------------------------------
○落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポスト
皆さん、生ごみは”燃やすごみ”で出してますか? それは、
もったいない!!
生ごみは土に埋めるだけで、土に還ります。
生ごみが入っていないごみの袋はとても軽く、小さく、臭い
も減りごみ出しがとても簡単!
それだけでなく、生ごみは,水分が多いため運搬時のエネル
ギーの負荷が高く,炉内での燃焼の効率も下げるため,これ
を減らすことはごみ減量とエネルギーの削減に大きく貢献し
ます!
さらに、その土はガーデニングに活用でき、腐葉土などの購
入を節約できます
まずは一度、生ごみを土に埋めてみませんか?
参加申込方法:下のウェブサイトのメールフォームより、申
込アンケートに回答ください。
・期間中、お申込のメールアドレスに、生ごみコンポストに
役立つ情報を発信いたします。
・ごみ袋の重さを計量したい方には、バネ秤を貸与(先着30
名)
・団体様はお電話にてお問合せください。(落ち葉のたい肥
化もされる場合はタヒロン*貸与)
*タヒロン(田中産業):落ち葉のたい肥化に活用できるメ
ッシュのバッグ
何をするの?:お渡しする基材(落ち葉たい肥)を、空きプ
ランターや段ボールのコンポストに入れ、生ごみを混ぜ込む
だけ。
詳細は、お申込みいただいた後、ご案内します。
週に1回でも、毎日でも、それぞれのペースで取り組んでく
ださい。
アンケートに3回(申込時、中間時、終了時)回答いただい
た方には、ステンレスボトル(象印製)をプレゼント。
生ごみも、使い捨てプラスチックも、一緒に減らしちゃいま
しょう!

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/240.html

○企業向け講座「食べ物を捨てたくない。〜『佰食屋』が目
指すもの〜」
ランチのみ100食限定で安定的低空飛行の黒字を目指す、
飲食店では類を見ない事業を展開する「佰食屋」。
「売り切れを起こさないことが、本当にお客様本位になって
る?」
「仕入れた食材を捨ててしまうことは、仕方がない?」
本当に大切なこと、優先すべきことは何かを考え、タブー視
せずに実践してきた熱い思いと、これからについてお話を伺
います。
日時:9月5日(土)14:30〜16:30
場所:京都経済センター6階6-C会議室
参加費:無料(ごみ減会員、非会員共に)
定員:50名(先着順)
講師:中村朱美氏(株式会社minitts代表取締役、佰食屋オ
ーナー)
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所
後援:公益社団法人京都工業会・NPO法人KES環境機構・一
般社団法人京都府産業廃棄物3R支援センター
お問合せ等:京都市ごみ減量推進会議事務局(公益財団法人
京都市環境保全活動推進協会 ごみ減量課)
Tel:075-647-3444 Fax:075-641-2971
E-mail:sanka@kyoto-gomigen.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/232.html

------------------------------------------------------
◆さすてな京都からのお知らせ
------------------------------------------------------
○さすてな☆リユース工作 〜捨てれば「ごみ」使えば「素材」
「牛乳パックをつかって、 オモチャをつくろう!」
捨てれば「ごみ」になるものも、少しの工夫で大変身!お家
にある材料を使って、楽しく遊べるおもちゃを作ります。
日時:8月1日(土)・15日(土)・29日(土)いずれも13:15
〜13:45
対象:幼児・小学生とその保護者
講師:天野光雄氏(幼児のための環境学習プログラム作成の
会)

○さすてな☆いきもの探偵団
・「水生昆虫のはてな?」
川や池などには、小さな昆虫がいっぱいいます。その水の中
の昆虫のおかげで、いろんな生き物がつながっています。実
際に川の石の裏にいる水生昆虫を顕微鏡やルーペで拡大して、
体のつくりを観察します。教科書にのっていない、いろんな
水生昆虫に出会えるかもしれません。
日時:8月2日(日)13:15〜13:45
・「魚の進化のはてな?」
人のご先祖様は、魚でした。人の体の中には、魚のいろんな
ものが残っています。5億年の長い歴史の中で進化した結果、
いろんな魚や生き物が生まれました。いろんな魚を紹介しま
す。一部、解剖もしますのでお楽しみに!
日時:8月16日(日)13:15〜13:45
・「赤とんぼのはてな?」
♪夕焼け小焼けの赤とんぼ♪と歌われる赤とんぼは、日本の
農村の原風景です。ところで、赤とんぼと思っている赤色の
トンボはアカネ属ではないものも多く含まれています。
アキアカネ以外にも多くの赤色のトンボがいることを紹介し
ます。
日時:8月30日(日)13:15〜13:45
対象:小学生、中学生、高校生
講師:中西一成氏

○「さすてな☆ゴミラプロジェクト」ものづくり現場の端材
を使ったアートづくり
いらなくなったものや捨てるものなどのゴミから何ができる
かな?
身のまわりのモノたちの声とカタチを見直してみよう。
日時:8月3日(月)・9日(日)・10日(月)・14日(金)・
17日(月)・21日(金)・23日(日)いずれも13:15〜13:45
対象:幼児・小学生とその保護者
講師:さすてな京都スタッフ

○さすてな☆こどもごみ分別講座
家庭で生まれる様々なごみを、どのように処理すれば、地球
は喜ぶでしょうか。
3Rをもとに、ごみの分別ゲームをやってみよう!
夏休みを利用した特別講座です。
日時:8月4日(火)・11日(火)・18日(火)いずれも13:15
〜13:45
対象:幼児・小学生とその保護者
講師:天野光雄氏(幼児のための環境学習プログラム作成の
会)※予定

○さすてな☆夏休み生き物講座
・「トンボのはてな?」
さすてな京都のビオトープにはシオカラトンボのカップルが
5月の中頃にやってきました。今ではいっぱいヤゴがいます。
秋が近づくと赤トンボの歌を歌いたくなります。
トンボは昆虫の中でも種類が多く、水の中で生まれて陸上で
生活し、空の世界も知っている行動範囲の広い昆虫です。大
昔から生きてきた歴史も魅力的な昆虫です。
そして、体の構造もおもしろいですね。トンボの眼はとても
不思議なつくりになっています。深掘りすればするほど、い
っぱい不思議が発見できることでしょう。
日時:8月6日(木)13:15〜13:45
・「へちまのはてな?」
地球にやさしい植物の「へちま」、へちまのはてな?第2回
目は、「食材としてのへちま」がテーマです。瓜の仲間の料
理法を参考にして、みんなで楽しくへちまの果実を研究して
みましょう
日時:8月7日(金)13:00〜13:45
・「川魚のはてな?」
川にいるいろんな魚を水槽を通して観察します。
細長い魚、縦に太い魚、目の位置やひれの位置や形の違い、
口の形の違い、・・・見れば見るほど、違いが分かってきま
す。
桂川、宇治川、木津川、そして淀川に棲むいろんな魚に出会
って魚の特徴をレポートしてみませんか?その中には近年、
この地域で発見された新種のヨドゼゼラの姿もあります。淀
川が日本でも魚の種類の多い川であるのはなぜかも考えてみ
ませんか?
日時:8月13日(木)13:15〜13:45
・「微生物のはてな?」
さすてな京都のビオトープの中の微生物を調査します。
ビオトープができて8ヶ月以上になります。横大路小学校の
児童が昨年11月下旬にハスやコガマ、マコモ等を移植し、そ
してオニバスの種をまいてから、少しずつ、いろんな生き物
がやってきました。今ではカエルやカメの姿も見られます。
小さな生き物が育つためにはさらに小さな生き物を食べてい
ることが考えられます。
これまでこのビオトープで観察されたプランクトンを紹介す
るとともに、実際に顕微鏡を使っていろんな生き物を発見し
て、夏休みのレポートにしてみませんか?
日時:8月20日(木)13:15〜13:45
対象:小学生、中学生、高校生
講師:中西一成氏

○エネルギーのはてな?を実験しよう! 「さすてな☆こども
発電所」
わくわく自然エネルギー実験
お家で使う電気は、どこでどうやって作られているのかな?
自然エネルギーを使った発電実験を通して、電気について学
びます。
日時:8月8日(土)・22日(土)いずれも13:15〜13:45
対象:幼児・小学生とその保護者
講師:天野光雄氏(幼児のための環境学習プログラム作成の
会)※予定

○さすてな講座「持続可能な社会の創り手とはどんな人?」
1992年国連環境会議を契機に、持続可能な発展のための教育
(ESD)が注目され、2002年に日本の提案で2005年よりDESD
が推進されてきた。2015年からGAPとSDGsへと引き継がれ
ている。持続可能な社会の創り手とはどのような人なのでし
ょうか?
日時:8月8日(土)15:30〜16:30
講師:中澤静男氏(奈良教育大学准教授)
無料・予約不要
○ビオトープ生物観察
日時:8月23日(日)10:30〜11:30
講師:地域環境計画
無料・予約不要

詳しくは以下をご覧ください。
さすてな京都
https://sustaina-kyoto.jp/event

○親子学習会☆いきもの探偵団 「ツバメのはてな?伏見のヨ
シ原について知ろう!」
伏見区の宇治川沿いには、関西有数のツバメのねぐらである
「ヨシ原」があります。ツバメの生態とヨシ原について学ん
だあと、環境学習施設「さすてな京都」の高さ66mに位置す
る展望台からヨシ原の状況を見学します。
※伏見区基本計画では、まちづくりの基軸となり、各分野を
融合して幅広い効果が期待できる取組を「融合プロジェクト」
と名付け、重点的に進めています。この融合プロジェクトの
ひとつであるエコライフプロジェクトと、さすてな京都が連
携し開催します。
日時:8月9日(日)13:00〜14:30 (12:30から受付開始)
講師:伏見楽舎会員・さすてな京都職員
予約:申込必要
参加対象・人数:市内に在住の小学生とその保護者(親子15
組・30名)※先着順
申込期間:7月15日(水)〜31日(金)
申込期間中に、京都いつでもコールからお申し込みください。

詳しくは以下をご覧ください。
さすてな京都
https://sustaina-kyoto.jp/event/2020/05/15_801.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○令和2年度(第18回)京都環境賞の募集について
本市では、市民や事業者の皆様の環境に関する関心を高め、
様々な実践活動の更なる推進を図ることを目的として、平成
15年度に京都環境賞を創設し、地球温暖化の防止、循環型社
会の形成や生物多様性の保全等の環境保全に貢献する活動を
実践されている方を表彰しています。
現在、新型コロナウイルス感染症の影響が様々な場面に及び、
環境保全活動にも感染防止の観点が必要となる中、今年度の
京都環境賞では、「ウィズコロナ時代に暮らしの中でできる
環境にいいこと」をテーマに、環境保全と感染防止を両立さ
せるアイデアや提案等を募集します。
皆様の御応募をお待ちしております。
募集テーマ:ウィズコロナ時代に暮らしの中でできる環境に
いいこと
※アイデアや提案のほか、既に実践されている活動について
も応募可能です。
応募資格:京都市内に在住(所在)又は通勤・通学している
方(個人のほか、家族、学校、企業、地域団体などの単位で
も可)
※同じ応募者が複数件応募することも可能です。
賞区分
・最優秀賞(1件):表彰状と副賞(10万円)
・優秀賞(3件):表彰状と副賞(3万円)
・入賞(10件程度):表彰状と副賞(5千円)
・佳作(30件程度):千円相当の記念品
※受賞者が中学生以下の場合、副賞は上記金額相当の記念品
とさせていただきます。
募集期間:7月22日(水)〜10月21日(水)【必着】
応募方法:応募用紙に必要事項を記入のうえ、Eメール、郵
送、持参又はファックスにて送付してください。
※応募用紙は、以下ホームページに掲載、また、市役所本庁
舎、区役所・支所、京エコロジーセンター等で配布します。
受賞者の決定及び表彰式:応募者の中から、京都市環境審議
会京都環境賞選考部会での選考を経て受賞者を決定します
(本年12月頃予定)。なお、選考結果の発表につきましては、
受賞者へ通知するとともに、本市ホームページでの広報発表
をもってかえさせていただきます。また、表彰式を執り行い
ます。
問合せ・応募先:京都市環境政策局環境企画部環境管理課 京
都環境賞担当
〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
番地 分庁舎地下1階
TEL:075-222-3951 FAX:075-213-0922
Eメールアドレス:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp 

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000271711.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○せいこうようちえんおひさまプロジェクト
この事業は、学校法人聖光学園 聖光幼稚園と認定NPO法人き
ょうとグリーンファンドが協力して、京都市左京区にある聖
光幼稚園に、市民共同で太陽光発電設備と蓄電設備を設置す
るものです。
費用は、市民からの寄付、設置協力金、きょうとグリーンフ
ァンドの「おひさま基金」、学校法人聖光学園 聖光幼稚園の
資金(京都府再生可能エネルギー設備等導入補助金を含む)等
でまかなう計画です。
設置後は、聖光幼稚園が環境に配慮した施設となるよう、き
ょうとグリーンファンドも協力して環境学習を進めていきま
す。
設置寄付金:1口3,000円(複数口を歓迎します)
※認定NPO法人きょうとグリーンファンドへの寄付は税制上
の優遇措置の対象となります。
設置協力金:1口10万円
(おひさま基金への寄付を含みます。おひさま基金への寄付
を除いた額を5年後一括返済)
寄付募集期間:7月20日(月)〜12月15日(火)
※2020年11月に点灯式を予定しています。
導入する設備:太陽光発電設備(11kW規模)、蓄電設備(6.5kWh)
後援:京都府、京都市、京都府地球温暖化防止活動推進セン
ター、特定非営利活動法人KES環境機構、公益財団法人京都
市環境保全活動推進協会(京エコロジーセンター指定管理者)、
KGPN(旧京都グリーン購入ネットワーク)
協力:日本聖公会京都教区、宗教法人日本聖公会聖光教会、
かんよう出版、オフィス泰、太陽ガスグループ、Happy Energy、
認定NPO法人気候ネットワーク、認定NPO法人環境市民、有
限会社ひのでやエコライフ研究所、Fridays For Feature
Kyoto
※このプロジェクトは、太陽ガスグループが応援している「お
ひさまでんきプロジェクト」のひとつです。

詳しくは以下をご覧ください。
きょうとグリーンファンド
http://kyoto-gf.org/news/seikou_start.html

○脱炭素社会のビジョンを考えるオンライン連続セミナー第
2回「脱石炭」
気候危機の回避、脱炭素社会の実現に向けて、社会・経済シ
ステムだけでなく、幅広い学問領域からの知見や、それらを
踏まえた議論が必要です。気候ネットワークでは、コロナ禍
にあっても、市民一人ひとりが考え、脱炭素社会を実現する
ため、行動することが重要であると考えています。今回のオ
ンラインセミナーでは、様々な分野における識者からの報告
を受け、脱炭素ビジョンの実現へ向けた課題や、展望につい
て考えていきます。
オンライン連続セミナーの第2回は、脱石炭の実現に向けた
道筋について学びます。パリ協定の目標を達成するには、先
進国において、脱石炭を早急に実現する必要があります。そ
の背景、そして日本において脱石炭を実現するためのシナリ
オはどのようなものでしょうか。脱炭素社会に向けて必要な
脱石炭を実現するための今後の道筋について考えてみます。
日時:8月11日(火)18:30〜20:00
プログラム:【第2回】脱石炭シナリオで、早急な石炭火力
発電全廃への道を探る
スピーカー:平田仁子(気候ネットワーク)
コーディネーター:山本元(気候ネットワーク)
参加費:無料
定員:200名(先着順)
実施方法:オンラインセミナー
(オンライン会議システム「Zoom」を採用して開催いたしま
す。パソコンを使用したオンライン環境をご自身で整備して
いただく必要があります。参加用のURLはお申し込み時のメ
ールアドレスにお送りいたします。)
申込方法:お申し込みは下記リンクのフォームからお願いい
たします。
https://bit.ly/decarbonization20200811
主催:気候ネットワーク
お問合せ:気候ネットワーク京都事務所
E-mail:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください。
気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2020-08-11

○脱炭素社会のビジョンを考えるオンライン連続セミナー第
3回「気候正義」
第3回は、気候変動をめぐる規範理論である「気候正義」に
ついて学びます。コロナウイルス禍が続く今こそ、気候変動
を含めて人類が直面するリスクについて、広い視野で考えて
みる必要があるのではないでしょうか。その上で、排出量の
分配、将来世代への責任、過去の排出責任など、私たちが避
けては通れない課題について、『気候正義』(勁草書房、2019
年)の著者・宇佐美誠氏とともに考えます。
日時:8月20日(木)18:30〜20:00
プログラム:【第3回】今こそ求められる気候正義
スピーカー:宇佐美誠さん(京都大学)
コーディネーター:櫻田彩子さん(エコアナウンサー)
定員:200名(先着順)
参加費:無料
実施方法:オンラインセミナー
(オンライン会議システム「Zoom」を採用して開催いたしま
す。パソコンを使用したオンライン環境をご自身で整備して
いただく必要があります。参加用のURLはお申し込み時のメ
ールアドレスにお送りいたします。)
申込方法お申し込みは下記リンクのフォームからお願いいた
します。
https://bit.ly/decarbonization20200820
主催:気候ネットワーク
お問合せ:気候ネットワーク 京都事務所
E-mail:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください。
気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2020-08-20

○太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)京都地域交流会「関
西地域交流会」
太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)京都地域交流会ではこ
のたび、大阪・奈良・滋賀にも呼びかけ、新大阪にて「関西
地域交流会」を開催することとしました。時節柄、オンライ
ンを主としますが会場へ来ていただいても結構です。どなた
でも結構です。興味あるかたは世話人の古市まで連絡くださ
い。WEBで参加される方には追って招待メールを差し上げま
す。みなさまのご参加をお待ちしております。
日時:9月12日(土)13:30〜16:30
会場:新大阪丸ビル別館5階 会議室5-3室
大阪市東淀川区東中島1丁目18番22号 
(会場来場の方のみ会費500円)
原則としてオンライン配信
内容
1.ごあいさつ
2.温暖化映画上映「Signs from Nature」
配給 NPO法人350ネットワークJAPAN
3.会員宅の蓄電池導入後の実績効果事例
講師 太陽光発電所ネットワーク京都 高田眞雄・古市恵三
4.新しい太陽発電システムの紹介
講師 ソーラーエッジテクノロジージャパン(株) 近藤康忠
5.フリートーキング

詳しくは以下をご覧ください。
太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)京都地域交流会Facebook
ページ
https://www.facebook.com/pvnetkyoto/posts/309923767035040

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:agenda@ma21f.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2020年8月号(No.143)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
(公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコ
ロジーセンター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会アジェンダ課
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail: agenda@ma21f.jp
※土・日曜日、祝日休室
http://ma21f.sblo.jp/(京のアジェンダ21フォーラム)
https://keaa.or.jp/(公益財団法人京都市環境保全活動推進
協会)

◆発行日:2020年8月3日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、agenda@ma21f.jpまでお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局agenda@ma21f.jp
 までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
 ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
 きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by アジェンダ at 17:29| 定期発行物