2010年07月06日

自然エネルギー学校・京都 第12期受講生募集!

温暖化防止や自然エネルギー普及の活動をしたいけれど、何から始めればいいのか分からない。自分たちの活動をステップアップさせたいけど、どうすればいいのか・・・悩んでいませんか?
魅力ある企画を作り、自然エネルギー普及のための具体的な活動のステップアップのための方法・手段について学び、実践します。

■概 要
○日 程:2010年9月〜2011年1月(全5回開催)
○定 員:20名(1人でも、2〜3人のグループでもご応募できます)
    (原則として全回参加可能な方)※先着順
○会 場:京エコロジーセンター(第1回を除く)
○参加費:12,000円(全5回分)※第1回の宿泊費等を含む
 学生 8,000円
○主 催:京エコロジーセンター
○企画・運営 自然エネルギー学校・京都
 (気候ネットワーク、環境市民、エコテックによる協働事業)
○後援(予定) 京都市教育委員会、京都府地球温暖化防止活動推進センター、京のアジェンダ21フォーラム

■こんな人にお薦め
・地域で温暖化防止や自然エネルギー普及の具体的な活動をはじめたい
・学んだことを活かして、実践してみたい
・仲間を作って活動したい
・自分たちの活動を振り返って、次に進めたい
・活動をステップアップさせたい

■ここにご注意!
・1人でもグループ(2〜3人)でご応募できます
・第1回(宿泊)で活動を企画し、12月頃までに実践をしていた
だきます 
・実施助成金に応募することができます
・自然エネルギー全般について学ぶこともできます


-------------< プログラム内容 >--------------

┏┓
┗■第1回 じっくり学び考える、自然エネルギー普及の企画づくり
○日時:2010年9月11日(土)、12日(日)○宿泊先:関西セミナーハウス(予定)
○講師:山下祐治氏(広島県環境保険協会)、他               

自然エネルギーに関係する地域の活動を実施するための「企画」につい
てじっりと学び作成します。自然エネルギー普及のあなたの「思い」を
「カタチ」にしませんか。

┏┓
┗■第2回 太陽光最新動向 + 助成申請の方法
○日時:2010年9月25日(土) 
○講師:黒川浩介氏(東京工業大学)、他 
○会場:京エコロジーセンタ− 

第2回では、太陽光発電の最新動向に目を向けます。25%削減が目標と
なり、太陽光発電に注目が集まっています。新しい化合物系の太陽電池
や薄膜系太陽電池などコスト削減にむけた開発が進んでいます。こうし
た世界の太陽光発電の状況や開発動向など太陽電池の最新情報を学び、
太陽光発電の将来展望について考えます。

┏┓
┗■第3回 太陽熱利用 + 進捗状況報告
○日時:2010年11月6日(土) 
○講師:中島康孝(工学院大学名誉教授) 
○会場:京エコロジーセンター

CO2削減効果が大きいと言われる太陽熱温水器。500万台以上も設置さ
れていたのに、なぜか「古い」イメージがあります。温暖化の進行と共
にもう一度、いま見直されはじめている太陽熱利用。東京都の「太陽エ
ネルギー利用拡大プロジェクト」など具体的な動きと共に太陽熱利用の
現状と可能性を探ります。

┏┓
┗■第4回 自然エネルギー最新技術等動向 + 進捗状況報告
○日時:2010年12月4日(土) 
○講師:山藤 泰(関西学院大学大学院 総合政策研究科 客員教授)
○会場:京エコロジーセンター

グリーン・ニューディール政策に象徴されるように、スマートグリッド
や燃料電池、電気自動車など、温暖化問題への対応として新たな技術の
開発が世界中で進みはじめています。自然エネルギー技術の最新動向、
その可能性について、日本や海外での事例から学びます。

┏┓
┗■第5回 最終報告会
◯日時:2011年1月15日(土)

初回からの約4ヵ月間の取り組みについて、各参加者からの報告・プレゼ
ンテーションを行い、取り組みの成果や課題について共有します。


【お申込み・お問 合せ先】
気候ネットワーク事務所(担当:佐藤)
〒604-8124 京都市中京区高倉通四条上ル高倉ビル305
TEL : 075-254-1011 FAX : 075-254-1012 
E-mail :kyoto@kikonet.org

詳細は気候ネットワークのHPへ↓
http://www.kikonet.org/event/res12.html
posted by アジェンダ at 17:34| 他団体からの情報