2010年11月01日

市民が進める温暖化防止2010

市民が進める温暖化防止2010
〜気候変動の警告にどう応える〜

■日時:11月20日(土)〜21日(日)
■会場:同志社大学 今出川・新町キャンパス(京都市上京区)

地球温暖化がもたらす異常気象が頻発し、その被害は拡大の一途をたどっています。地域レベルの対策促進、国の政策・仕組みづくり、国際合意を早急に進めなければ手遅れになってしまいます。今回のシンポジウムでは、ロシアの被害の実情、国際交渉、地域の対策の現状や課題について最新の動向を知り、NGOの役割など、重要かつ緊急なテーマについて議論します。

○参加費:会員1000円、一般1500円、学生500円(2日間・資料含む)
○申込み:事前申し込み不要、当日参加可能
○問合せ:気候ネットワーク京都事務所
 Tel. 075-254-1011, FAX. 075-254-1012
 E-mail. kyoto@kikonet.org URL. http://www.kikonet.org
○主 催:気候ネットワーク
○共 催:同志社大学大学院総合政策科学研究科

各プログラムの詳細は、ホームページをご参照ください。
http://www.kikonet.org/event/sympo2010.html

(*この企画は、平成22年度独立行政法人環境再生機構地球環境基金の助成を受けて開催します。)

プログラム(予定)
<20日(土)>
 ■全体会 同志社大学 今出川キャンパス 明徳館 M21教室
 13:00 開会
 ○気候変動・異常気象による被害
  Angelina Davydova氏(ロシア・ジャーナリスト)
 ○基調講演 山口二郎氏(北海道大学)
 ○ディスカッション
 「地球温暖化防止の重層的取り組み、市民・NGOの役割」
  <パネリスト>
  植田和弘氏(京都大学)
  高村ゆかり氏(龍谷大学)
  山口二郎氏
  和田武氏(日本環境学会、自然エネルギー市民の会)
  浅岡美恵(気候ネットワーク)
 17:00 閉会

 ■特別企画:「ビューティフルアイランズ」上映(監督:海南友子)
 17:20 上映
 19:30 対談 海南友子氏
 20:00 終了(予定)

<21日(日)>
 ■分科会 会場:同志社大学 新町キャンパス 臨光館
 ○午前 9:30〜12:00 
 ・国際交渉「カンクン会議で合意すべきこと」
    
 ○午後1 13:00〜15:30
 ・地域の温暖化対策 〜条例・計画の活用と市民の提言〜
 ・ヒートポンプは温暖化対策の柱になるのか!?

 ○午後2 15:45〜18:30
 ・地域・自治体の温暖化対策〜政策連携の具体化を考える〜
 ・地球温暖化対策としての原子力発電を問い直す

<同時開催企画>
■シンポジウム 省エネ住宅普及に向けて
  〜省エネ・快適・安全省エネ住宅の最新動向〜

 ○主 催:省エネ住宅普及協議会、気候ネットワーク
  詳しくは、京都府建設業協会またはホームページ参照

 ○参加費:無料(このシンポジウム参加のみ)
 ○問合せ・申込み:京都府建設業協会
  〒604-0944 京都市中京区押小路通柳馬場東入ル
  TEL:075-231-4161 FAX:075-241-3128
posted by アジェンダ at 13:52| 他団体からの情報