2012年02月01日

京えこめる 2012年2月号(No.23)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2012年2月号
                       No.23
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○事業者向け環境出前講座フォローアップ・セミナー
 ○バスと電車でecoグルメ!
◆京都市からのお知らせ
 ○事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」第
  4号の発行について
 ○市民フォーラム「エコ活動がつなぐ地域コミュニティ」
◆京エコロジーセンターから2月のイベントのお知らせ
 ○平成23年度助成金交付事業報告会
◆その他のお知らせ
 ○市民が進める温暖化防止〜脱原発と温暖化対策の両立〜
 ○「おひさま発電所」見学会のご案内
 ○社員食堂で地産地消 野菜も魚も地元産!
 ○伏見エコライフまつり〜ふしみっけ エコみっけ〜
 ○北区民環境セミナー 木ってステキ!森っておいしい♪
  〜森に親しむ林業カフェOPEN!〜
 ○会員の皆様へ
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○事業者向け環境出前講座フォローアップ・セミナー
「自社の特性を活かした環境出前講座のプログラムを作りた
い!」「現在取り組んでいる環境出前講座をブラッシュアップ
したい!」「地域に貢献する環境出前講座を仲間と一緒にやっ
てみたい!」そんな思いをお持ちの事業者の皆さま、環境出前
講座の企画セミナーはいかがですか?
本セミナーは、2011年11月に京エコロジーセンターで開催
した「事業者向け環境出前講座スタートアップ・セミナー」
のフォローアップとして開催します。事業者の皆さんが学校
や地域社会にて「環境出前講座」を企画実施するためのプロ
グラムを、各組織や参加される方々の個性を活かすとともに、
現状の課題をふまえながら考える実践的なセミナーです。環
境出前講座を始めるには、「実践するプログラム」と「実践
する人」と「実践する場」が最低限必要です。今回のセミナ
ーでは特に「プログラムづくり」に焦点を当てます。
企画運営するのは、事業者・学校・住民をつなぐ仕組み作り
を目指す、京のアジェンダ21フォーラムと、環境教育活動の
プログラム企画実践、場づくり、人づくりを事業とする、京
エコロジーセンター。事業者の皆さんの出前講座の実現とレ
ベルアップをお手伝いします。
日時:2月22日(水)14時〜17時(13時40分受付開始)
会場:京エコロジーセンター 3階 第1・第2会議室
対象:学校または地域の方を対象とした環境出前講座を新た
に始めてみたい方・自社の出前講座の企画をブラッシュアッ
プしたい方・出前講座をやっているが、新たなプログラムを
企画したい方・他社の環境出前講座への取組みや、他社との
交流から、刺激やヒントを得たい方 など
※11月スタートアップセミナー参加の方はもちろん、新規の
参加も大歓迎です。
参加費:無料
定員:20名(お申込先着順)
主催:京のアジェンダ21フォーラム・京エコロジーセンター
内容:
・環境教育プログラムの目的と企画(講座)
・各事業者によるプログラム企画(実習)
・企画をブラッシュアップするためのワークショップ
・プログラム企画の個別相談 他

詳しくは以下をご覧下さい。
http://ma21f.sblo.jp/article/52882751.html

○バスと電車でecoグルメ!
2012年2月16日までバスと電車でecoグルメ!開催中です。
公共交通機関を使って、エコにグルメを楽しみませんか?
バスと電車でecoグルメ!は、バスや電車で移動し対象店舗
で食事をすると、特典が受けられるキャンペーンです。
京都市内の公共交通機関で使える定期券やトラフィカ京カー
ド、スルッとKANSAIなどが対象になっています。地球温暖化
を防ぐため、バスや電車などの公共交通を是非ご利用くださ
い。詳しくは、地下鉄駅や区役所などで配布しているパンフ
レットをご覧ください。
公共交通機関を使ってエコで楽しい、お得なグルメをお楽し
みください!
開催:〜2012年2月16日(月)

詳しくは以下をご覧下さい。
http://ma21f.jp/eco-gourmet/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」第4
 号の発行について
京都市では、ごみ量を平成12年度のピーク時から平成32年
度までに半分以下に減らすという目標を掲げ、その達成に向
けた重点戦略の一つとして、事業ごみの減量対策に積極的に
取り組んでいます。
その一環として今年度から発行している事業ごみ減量ニュー
スレター「ごみゅにけーしょん」の第4号を発行しますので、
お知らせします。
仕様:A4判、両面2色刷り
発行部数:毎号約4万部
発行日:1月31日(3月に第5号を発行予定。)
今回の主な内容:今回は事業所から出る「缶・びん・ペット
ボトル」に着目し、民間業者により分別収集された「缶・び
ん・ペットボトル」の再資源化の様子を紹介しています。
配布方法:一般廃棄物収集運搬許可業者や業界団体を通じて、
事業者の皆様に配布するほか、各区役所・支所エコまちステ
ーション、各環境共生センター及び市役所庁舎案内所等の市
の施設でも配布します。
また、電子版を環境政策局事業系廃棄物対策室ホームページ
にも掲載します。

詳しくは以下をご覧下さい。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000114647.html

○市民フォーラム「エコ活動がつなぐ地域コミュニティ」
京都市では、消費者被害の防止以外にも、ごみ減量や食文化・
生活文化の伝承等、様々な分野の消費生活に関わる多様な課
題に取り組んでいます。
この度、環境保全の取組として、消費者、事業者及び行政の
協働による活動を紹介するとともに、こうした活動が地域コ
ミュニティの活性化に果たす役割等について考える市民フォ
ーラムを以下のとおり開催しますので、お知らせします。
日時:2月24日(金)14時〜16時
場所:京都市文化市民局消費生活総合センター研修室
(中京区烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階)
内容:
・基調講演「エコ活動がつなぐ地域コミュニティ」
講師:浅利美鈴氏(京都大学環境科学センター助教)
・パネルディスカッション「地域コミュニティ」
<パネリスト>
伊藤一男氏(山科区山階学区地域ごみ減量推進会会長)
住友正歳氏(山科区山階学区自治会連合会会長)
中山 弘氏(株式会社マツヤスーパー取締役)
野村直史氏(京都市ごみ減量推進会議事務局員)
中村吉江氏(下京区梅逕安心安全ネットワークごみ減量推進
会議)
八代康弘氏(京都市環境政策局循環型社会推進部まち美化推
進課担当課長)
<コーディネーター>
浅利美鈴氏(京都大学環境科学センター助教)
定員:50名(先着順)
参加希望者は、1月26日(木)から2月15日(水)までの間に、
フォーラム名、氏名及び電話番号を「申込先」まで御連絡く
ださい。また、代表の方がまとめて数名分申し込まれる場合
は、代表者の氏名、電話番号及び参加人数を御連絡ください。
参加費:無料
主催:京都市、京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会
後援:京都市ごみ減量推進会議、京都市保健協議会連合会
申込先:京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コール
センター)午前8時〜午後9時(年中無休)
TEL:075−661−3755 FAX:075−661−5855
電子メール(下記送信フォームを御利用ください)
パソコン:
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html
携帯電話:http://www.city.kyoto.jp/koho/m/cc/

詳しくは以下をご覧下さい。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000114012.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから2月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○平成23年度助成金交付事業報告会
今年度採択された、さまざまな主体による環境保全活動の報
告会を行います。平成24年度助成金事業の説明会/参加者同
士の情報交換会も実施します。
日時:2月12日(日) 13:30〜17:30
場所:京エコロジーセンター 3階第1・2会議室
※申込期限:2012年02月11日(土)
平成23年度京エコロジーセンター助成金採択事業
タイプB(上限15万円)
・小学校家庭科学習における環境教育(京都市小学校家庭科
教育研究会)
・再生可能エネルギー【太陽光発電】利用研究と普及活動の
ためのフォーラムと見学(NPO法人太陽光発電所ネットワー
ク京都地域交流会)
・京都の水文化(伝統的な風習・文様など)の紹介、水にまつ
わるワークショップの開催(カッパ研究会)
・『沈黙の春』出版50周年キャンペーン<別の道>をライフ
スタイルを変える(レイチェル・カーソン日本協会関西フォ
ーラム)
・地球温暖化防止・省エネ・まちなか美化推進の為の高齢者(身
障者)等「車椅子」でもできる園芸福祉、エコ(環境)学習活動
(NPO法人ストップ・ザ温暖化と環境保全クラブ)
・植樹会の開催と自然(樹木)観察会の開催(名神深草森の会)
タイプC(上限5万円)
・環境教育、啓発事業 (鴨川生き物調査)(NPO法人ビオト
ープネットワーク京都)

詳しくは以下をご覧下さい。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○市民が進める温暖化防止〜脱原発と温暖化対策の両立〜
開催日:2月18日(土)〜19日(日)
会場:同志社大学 今出川キャンパス(京都市上京区)
3.11大震災以後、エネルギー政策が社会的に大きな課題とし
て注目を集めています。原子力発電に頼らない温暖化対策を
どのように達成していくことができるのでしょうか。地域で
の持続可能な低炭素づくりはどのように進めていくことがで
きるのでしょうか。昨年末のCOP17でのダーバン合意はどの
ような意味をもつのでしょうか。今回のシンポジウムでは、
それらの疑問に関するテーマ・内容で報告・議論を行います。
参加費:会員1000円、一般1500円、学生500円(2日間・資
料含む)
申込:事前申し込み不要、当日参加可能
問合せ:気候ネットワーク京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org URL:http://www.kikonet.org
主催:気候ネットワーク
共催:同志社大学ソーシャル・イノベーション研究センター
協力:NPO法人KES環境機構

詳しくは以下をご覧下さい。
NPO法人気候ネットワーク
http://www.kikonet.org/event/sympo11_index.html

○「おひさま発電所」見学会のご案内
きょうとグリーンファンドは、この10年間で市民からの寄付
を募って、京都に15か所のおひさま発電所をつくってきまし
た。昨年に引き続き、おひさま発電所となった保育園での子
どもたちへの環境学習や発電設備を見ていただく機会をつく
りました。
おひさま発電所は太陽光パネルを設置したらそれで終わり…
というのではなく、市民が関わり、一緒に環境学習を続ける
ことで日常生活を見直すきっかけとなるのです。子どもたち
にもよくわかる環境腹話術や、発電量をリアルタイムで表示
する発電表示盤の見学ができます。
ぜひ、この機会に「エコな子どもたち」と「おひさま発電所」
をご覧ください。
<見学会日程>
◆2月20日(月)10:30〜12:00
向島保育園(京都市伏見区向島本丸町68)
(2009年1月完成・発電能力10kW規模・化合物系CIS系/昭
和シェルソーラー)
◆3月12日(月)15:00〜16:30
かがやき保育園(京都市伏見区小栗栖北後藤田町1)
(2006年12月完成・発電能力10kW規模・シリコン系/三洋
電機)
<内容>
・環境学習(環境腹話術)
腹話術師の畠山智子さんによる腹話術。子どもたちは、人形
と一緒に“お熱をだした地球(温暖化)を助けよう”と電気の
使い方を考えたり、自分たちのできることを学びます。
・太陽光パネル、表示盤見学、設備説明
設置されているパネルや発電量を示す発電表示盤の見学およ
び設備の説明があります。
参加費:無料(資料代1,000円)
定員:1回につき10名程度
申込方法:Eメール、TELまたはFAXで下記までお申込みくだ
さい。
※申込締切:つくし保育園2月16日(木)/かがやき保育園3月8日(木)
認定NPO法人きょうとグリーンファンド(担当:深川)
〒600-8191 京都市下京区五条高倉角堺町21番地
事務機のウエダビル206 TEL/FAX:075−352−9150
E-mail:info@kyoto-gf.org
(オフィスアワ−:火〜金13:00〜17:00)

詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.kyoto-gf.org

○社員食堂で地産地消 野菜も魚も地元産!
〜2011年度キャンペーン報告会〜
京都グリーン購入ネットワークでは、京都府内の「食」のグ
リーン購入をすすめるため、企業の社員食堂や大学の学生食
堂での地産池消をすすめるキャンペーンを2009年から行っ
てきました。
2011年度は、合計23の社員食堂と学生食堂が参加。報告会
では、キャンペーン実施概要と、今回あらたな取り組みとし
てはじまった、京都府産の魚の利用について、そして、地産
地消に取り組むコツの一つ、仕入れの工夫について話題提供
していただきます。
今後の取り組みの参考に、ぜひご参加ください。
日時:2月21日(火)15:00〜17:40(14:30受付開始)
場所:ウエダ本社北ビル2F(京都市下京区五条通堺町角塩釜
町363番地)
定員:30人
参加費:無料
主催:京都グリーン購入ネットワーク
共催:京都府地球温暖化防止活動推進センター
後援:関西経済連合会、(社)京都府栄養士会、近畿農政局、
(社)日本給食サービス協会(予定)
【こんな方におすすめです】
地産地消、温暖化防止、新たなCSRの取り組みに関心のある
食堂所有会社、食堂運営会社、栄養士、生産者、地産地消を
学んでいる皆さん、関心のある皆さん。
【プログラム概要】
15:00〜16:20“おいしおす京都”地産地消キャンペーンの結
果報告
・キャンペーンの取り組み状況、CO2の削減効果の結果につ
いて〜給食への広がり、廃食油の活用〜
京都府地球温暖化防止活動推進センター 西澤浩美さん
・京都府産の魚を食べよう
舞鶴産水産物流通推進委員会 会長 嶋田 善文さん
・社員食堂で京都府産の魚を利用してみました
株式会社村田製作所 環境部環境推進課 係長 細見桂子さん
・地産地消の取り組みの要!仕入れの工夫
株式会社典座 堀場製作所社員食堂 店長 貫井 浩一さん
株式会社魚国総本社 京都支社 CS推進部食品担当 栄養士 曽
我部佳子さん
16:20〜16:35 移動・休憩(条通りをはさんでお向かいにある
ウエダ本社南ビルへ移動します)
16:35〜7:40 参加者交流会
社員食堂で京都府産食材を使ったら……株式会社はてなの社
員食堂にケータリングをしているhacobu kitchenに提案して
いただきます。試食をいただきながら、交流を深めましょう!
申込:参加される場合は必ず申し込みをお願いします。申込
は、下記の内容をご記入の上、京都グリーン購入ネットワー
クまでご連絡ください。
名前、ふりがな、京都GPN会員/非会員、住所、TEL、FAX、
E-mail、ご所属、部署名、お役職名
<申し込み・連絡先>
京都グリーン購入ネットワーク事務局
〒604-0934 京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル405号室 NPO法人環境市民内
TEL:075-241-4664(FAX兼)E-mail:kgpn@dolphin.ocn.ne.jp

詳しくは以下をご覧下さい
京都グリーン購入ネットワーク
WWW.k-gpn.org

○伏見エコライフまつり〜ふしみっけ エコみっけ〜
自転車発電で「ミニわたがし作り」やエコ工作!ごみ収集車積
み込み体験、などなど…他にも楽しいイベントがいっぱい!
伏見でエコを見つけてみよう!
日時:2月25日(土) 11:00〜15:00
場所:伏見区総合庁舎(伏見区鷹匠町39番地の2)
1階ホール、ロビー、駐車場
対象:どなたでも
主催:伏見エコライフまつりプロジェクトチーム
(協力:京エコロジーセンター)

○北区民環境セミナー 木ってステキ!森っておいしい♪
 〜森に親しむ林業カフェOPEN!〜
木は,食器から家具,住まいまで,さまざまな形で私たちの
暮らしを支えています。木や森林をよく知り,積極的に暮ら
しの中に取り入れていくことは,「森林資源の循環」を生み
出し,大切な資源を次世代につないでいく第一歩です。
炭入り団子やお茶などの森の恵みをいただきながら,3人の
講師と楽しく学び,自然環境の大切さを一緒に考えてみませ
んか。
日時:2月25日(土)午前10時から午後0時30分まで
場所:北区役所3階会議室
内容:
講座「“木に生きる”〜現代の銘木師を目指す〜」
講師:中川典子氏(京都・酢屋/株式会社千本銘木商会 常務
取締役)
「木と火のある暮らし」
講師:松田直子氏(京都ペレット町家ヒノコ/株式会社Hibana
代表取締役)
「女子から見た,森と林業のおもしろさ」
講師:岩井有加氏(林業女子会@京都 代表/京都大学大学院
農学研究科修士課程)
林業カフェ
講師3人によるトークライブと交流会,炭入り団子やお茶の
試食など
参加費:無料(マイカップをご持参ください。)
定員:50名(申込先着順)
申込方法:1月19日(木曜日)午前9時から電話またはFAX
で受け付けます。
申込み・問合せ:北区役所まちづくり推進課
Tel 432-1208 Fax 441-3282
主催:北区民ふれあい事業実行委員会,北区役所
主管:北区民環境整美実施委員会

詳しくは以下をご覧下さい
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000083529.html

○会員の皆様へ
京のアジェンダ21フォーラム会員の皆様には、毎年会費の納
入をお願いしております。お預かりした会費は、フォーラム
の活動に活用させて頂いております。今年度の会費について、
まだ納入されておられない方は、恐れ入りますが、ご確認の
うえご納入頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京えこめる 2012年2月号(No.23)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2012年2月1日

◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。

◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス

*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 17:10| 定期発行物