2012年03月02日

京えこめる 2012年3月号(No.24)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2012年3月号
                       No.24
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○地球サミット「リオ+20」に向けて 〜私たちが、望む
  未来とは〜
 ○バスと電車でecoグルメ!
◆京都市からのお知らせ
 ○「大学生@エコカフェ」の参加者募集について
 ○平成の京町家シンポジウム「これからの京都の住まいを
  考える〜エコな住まいに楽しく住まう〜」
◆京エコロジーセンターから3月のイベントのお知らせ
 ○環境活動ステップアップ講座2012
◆その他のお知らせ
 ○第11回バイコロジー京都「市民フォーラム」
 ○まいまい京都2012春
 ○我が社でできる!再生可能エネルギー利用法セミナー
 ○会員の皆様へ
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○地球サミット「リオ+20」に向けて〜私たちが、望む未来とは〜
特別シンポジウム(会場参加型)
1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連地球サ
ミットから20年。環境問題や貧困問題は解消したでしょうか。
地球温暖化や生物多様性の問題、水や食料の不足、資源の奪
い合い、1日1ドル未満の生活を強いられる多くの人々の存
在など、様々な問題が未解決のままに、世界の人口は70億人
を超えました。そして、今年、2012年6月、再び世界はリオ
に集います。地球サミット「リオ+20」では、過去の20年を
振り返りつつ、人類はどのような未来を望むのかが議論され
ます。各国政府や企業、NGOなど多くの人々の参加が見込ま
れる中、昨年3.11に未曾有の大震災を経験した私たち日本人
は、リオに、世界に、どんな思いを伝えていくべきでしょう
か。ぜひ、会場に参加の皆さんと一緒に、考えていきたいと
思います。そして、集まった声を、リオに届けていきたいと
思います。
日時:平成24年3月24日(土)13:00〜17:00
  (終了後、ネットワーク懇親会を予定)
場所:京都テルサ 第1会議室(西館3階)
参加費:500円
主催:一般社団法人環境パートナーシップ会議、地球サミッ
ト2012Japan、京のアジェンダ21フォーラム
申込み:こちらからご登録下さい↓
http://my.formman.com/form/pc/zSOME4HnHrBs7anj/
※この企画は「独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金」
の助成を受けて開催されます。
[プログラム](登壇者敬称略)
開場:12:45〜
開会:挨拶・趣旨説明 13:00〜
内藤正明(京のアジェンダ21フォーラム代表/京都大学名
誉教授)
福嶋慶三(地球サミット2012Japan副代表/尼崎市理事)
講演1:地球サミットの歴史、"Think Global Act Local”の
この20年の振り返り
井上和彦(京のアジェンダ21フォーラム事務局長)
講演2:「リオ+20」の展望 〜世界の「グリーン経済」
と国連における交渉状況〜
蒲谷景(財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)経済と環境研
究グループ)
パネルディスカッション:「リオ+20に期待すること、未来
に向けて私たちがなすべきこと」(仮題)
岩崎裕保(開発教育協会DEAR)
大久保規子(大阪大学大学院法学研究科教授)
塩見直紀(半農半X研究所)
武田麻里(京都大学)
中西宣夫(サラヤ株式会社)
野田沙良(アクセス-共生社会をめざす地球市民の会)
早川光俊(CASA専務理事/弁護士)(予定)
福山哲郎(参議院議員/前官房副長官)(予定)
マエキタミヤコ(サステナ) ほか
アース・ダイアログ〜私たちが、望む未来とは〜:会場参加
者による全員参加型対話
閉会:17:00(終了後、会場内レストランにて懇親会を予定)

詳しくは以下をご覧ください。
http://ma21f.sblo.jp/article/54176502.html

○バスと電車でecoグルメ!
バスと電車でecoグルメ!開催中です。
公共交通機関を使って、エコにグルメを楽しみませんか?
バスと電車でecoグルメ!は、バスや電車で移動し対象店舗で
食事をすると、特典が受けられるキャンペーンです。
京都市内の公共交通機関で使える定期券やトラフィカ京カー
ド、スルッとKANSAIなどが対象になっています。地球温暖化
を防ぐため、バスや電車などの公共交通を是非ご利用くださ
い。詳しくは、地下鉄駅や区役所などで配布しているパンフ
レットをご覧ください。
公共交通機関を使ってエコで楽しい、お得なグルメをお楽し
みください!
開催:2月16日(木)〜5月16日(水)

詳しくは以下をご覧下さい。
http://ma21f.jp/eco-gourmet/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「大学生@エコカフェ」の参加者募集について
京都市では,人口の1割を占め,次代の担い手である学生の
環境活動の活性化を図ることを目的に,様々な大学に通う大
学生(短期大学生,学部生,大学院生)が,大学生による環境
活動のあり方や環境活動の今後の展開などについて議論し,
大学の垣根を越えて交流するワークショップを下記のとおり
開催します。是非とも環境問題に関心のあるお友達をお誘い
の上,振るってご参加ください!!
日時:3月16日(金)14時〜17時(開場:13時40分〜)
会場:京エコロジーセンター(京都市伏見区深草池ノ内町13)
1F シアター
*アクセス:http://www.miyako-eco.jp/about/access.html
内容:大学生による環境活動のあり方や環境活動の今後の展
開などについてワールド・カフェ方式で交流しながら議論す
る「ワークショップ」
*当日,下記イベントも予定しています(いずれも任意参加)
★13時より京エコロジーセンターの館内見学(参加費無料)
★ワークショップ終了後,親交を深めるための「交流会」(17
時45分終了予定,参加費:飲食代200円 *当日徴収します。)
対象及び人数:大学生50名(先着順)
[申込]
申込方法:参加を希望される方は,(1)氏名,(2)大学名,(3)
所属する環境活動団体(サークルやゼミ,ボランティア団体
等),(4)連絡先(TEL,パソコンからのメール閲覧可能なメー
ルアドレス等),(5)館内見学及び交流会の参加希望をご記入
の上,下記までお申し込みください。
申込締切:3月15日(木)17時
※ただし,5の館内見学について参加希望の場合は,3月10日
(金)17時まで。
【お申込・お問合せ先】
京都市環境政策局地球温暖化対策室(担当:青島,西本)
TEL:075-222-4555 FAX:075-221-9286
E-mail:ge@city.kyoto.jp
*主催:京都市環境政策局地球温暖化対策室
*企画協力:特定非営利活動法人 気候ネットワーク

○平成の京町家シンポジウム「これからの京都の住まいを考
える〜エコな住まいに楽しく住まう〜」
日時:3月25日(日)13:00〜16:00(受付:12:30〜)
開催場所:京都私学会館 地下1階 大会議室(京都市下京区室
町通高辻上ル)
[開催内容]
【第1部】基調講演『これからの京都の住まい〜「平成の京
町家」の提案〜』
田 光雄(平成の京町家コンソーシアム会長 京都大学大学
院工学研究科教授)
[プロフィール]博士(工学)。一級建築士。地域の歴史や文化
を活かした住まい・まちづくり、少子高齢社会に対応した住
まい・まちづくりなどに取り組んでいる。都市住宅学会副会
長。京都府建築士会副会長。
【第2部】ゲストトーク&演奏『40年目の発見〜長屋と木琴』
通崎 睦美氏(マリンバ/木琴奏者)
[プロフィール]京都市生まれ。京都市立芸術大学大学院音楽
研究科修了。様々な楽器やダンスとのデュオ,オーケストラ
との共演など,多様な形態で演奏活動を行っている。最近は,
往年の名木琴奏者平岡養一の愛器,1935年製の木琴を譲り受
け,演奏している。また,アンティーク着物の収集家やエッ
セイストとしても活躍。古い長屋の改修の模様をつづったエ
ッセイ本「天使突抜367」も注目を集める。
【第3部】『いえづくりって面白い!住まい手と作り手のクロ
ストーク』
パネリスト:(住まい手)通崎 睦美氏
新関 忠氏(伝統的な工法や無垢の木材を活かした自宅を新築。
また,京町家を改修した宿のオーナー)
(作り手)深井 裕介氏(株式会社光田工務店勤務大工)
柳沢 究氏(一級建築士事務所 究建築研究室代表)
コーディネーター:田 光雄(平成の京町家コンソーシアム
会長)
定員:200名(抽選)
参加費:無料
申込方法:3月12日(月)17時までに京都いつでもコールへ電
話,FAX又は電子メール↓
https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000114140.html
でお申し込みください。
また,お申し込みの際は,郵便番号・住所・氏名・電話番号・
同伴者全員の氏名をお伝えください。お申込み多数の場合は
抽選で決定の上,結果は申込者(代表者)全員にハガキにてお
知らせします。(3月13日(火)発送予定)

詳しくは以下をご覧ください
公式ホームページ
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000114139.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから3月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○環境活動ステップアップ講座2012
大震災、原発事故から1年。環境問題への関心が高まり、ラ
イフスタイルの見直しを口にする人も増えました。社会的な
関心の高まりの中、みなさんは2011年、どんな活動をしまし
たか?今後、活動をさらに発展、継続していくためのヒント
を交流し、学びを深めましょう。
日時:3月17日(土)10時〜16時30分
3月18日(日)10時〜16時30分
連続の参加をおすすめします。どちらか一方のみのご参加希
望の場合は「申し込み先」までご相談ください。
会場:京エコロジーセンター
定員:30人(定員に達し次第締切)
参加費:無料
主催:京エコロジーセンター
企画・運営:NPO法人環境市民
内容:[1日目]
大震災の後の1年。みなさんはどんな活動を展開しましたか?
震災に対応して○○をした、今の活動をあらためてみなおし
た、などどんな活動をしたか情報共有しましょう。
・互いを知るための交流とアイスブレイク大震災から1年。
・それぞれどのような活動に取り組みましたか。
・それぞれの強みと弱点の整理。課題克服に必要なのは何か。
・「活動目的(ミッション)」をやりきる活動の組み立て方(バ
ックキャストの考え)
[2日目]
広報の活用・充実と、新しい仲間のコーディネートをテーマ
にします。個人で実践している人、これから活動しようとす
る人にとっても役立つ、大切なテーマです。
・広報の役割と位置づけ
・効果的な広報を継続するためのコツ
・あなたの団体の広報レベルは、今どのあたり?
・ボランティア参加の場づくり(集ってくれた仲間のコーディネート)
対象:「環境教育リーダー養成講座」「自然エネルギー学校」
等講座の受講生、「3R・低炭素社会検定」の合格者、エコメ
イト・エコサポーターの方々、地域で環境分野の活動に関わ
っておられる方
申込み先:NPO法人 環境市民
〒604-0934京都市中京区麩屋町通ニ条下る尾張町225番地
第二ふや町ビル405号室
TEL:075-211-3521 FAX:075-211-3531
メール:life@kankyoshimin.org
http://www.kankyoshimin.org/
申込方法:下記、必要項目をコピーしてご記入のうえ、Eメ
ールまたはFAXで環境市民事務局(上記参照)まで送信してく
ださい。折り返し「受付確認」の返信をさせていただきます。
締切:3月13日(木)
環境活動ステップアップ講座 受講申し込み---------
名前[ ] よみがな[ ]
連絡先[TEL: ][E-mail: ]
該当するものに◯を書きこんでください。
環境教育リーダー養成講座受講者( )、自然エネルギー学校受
講者( )、3R・低炭素社会検定合格者( )、エコメイト( )、エ
コサポーター( )、その他( )
現在の活動・所属[ ]
その他連絡事項[ ]

詳しくは以下をご覧下さい。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○第11回バイコロジー京都「市民フォーラム」
バイコロジーとはバイク(BIKE=自転車)とエコロジー(ECO-
LOGY=生態学)を結びつけてつくられた言葉です。1971年に
アメリカで生まれた市民運動です。「自転車の利用を通じて、
人間の住みやすい街づくり、人間性にあふれた健康的な社会
の実現を目指す」というバイコロジー運動の理念の普及を図
ります。バイコロジー運動の柱として「安全快適に走れる環
境づくり」「放置自転車対策」「交通事故追放」「サイクル
レジャー、サイクルスポーツでいい汗を」「自転車で健康づ
くり」があります。これらのことに対して現在、私たちが直
面する諸課題を共に考えていき快適な自転車都市を実現する
ための契機にしたいと思います。
テーマ:―自転車が活きる街づくりのために―「自転車の健
全な利用について」
日時:3月3日(土) 14:00〜16:30(会場13:30)
場所:京都アスニー(5F・第6、第7研修室)京都市中京区丸
太町通七本松西入
TEL:075-802-3141
参加対象:一般市民
参加費:無料(お気軽におこしください)
内容:前半…パネリスト発表 後半…質疑応答・まとめ
[パネリスト]
多賀一雄氏自転車活用推進研究会理事・京都府自転車軽自動
車商協同組合理事
藤本芳一氏(LLP)自転車ライフプロジェクト代表組合員
京都市建設局土木管理部自転車政策課
京都府府民生活部安心・安全まちづくり推進課
京都府警察本部交通企画課
[コーディネーター]
井原秀隆氏京都府バイコロジーをすすめる会常任理事・京都
サイクリング協会理事長
主催:京都府バイコロジーをすすめる会
後援:京のアジェンダ21フォーラム・特定非営利活動法人環
境市民・京都サイクリング協会・京都府自転車競技連盟・京
都府自転車軽自動車商協同組合・京都府自転車防犯登録推進
協議会
問合先:京都府バイコロジーをすすめる会「市民フォーラム
事務局」
〒615-0066 京都市右京区西院四条畑町6四条マンション32
号 井原方
TEL&FAX:075-314-1671
E-mail:sanbouan@ybb.ne.jp

詳しくは以下をご覧下さい
http://ma21f.sblo.jp/article/54023996.html

○まいまい京都2012春
京都の住民がガイドする京都のまち歩きイベントを全93コー
スで開催します。
3月4日(日)〜6月3日(日)
まいまいとは?「うろうろする」という京ことばです。
老舗店主、主婦、占い師、妖怪の子孫、お坊さん、大工の棟
梁、花柳界専門家、きのこライター、廃線マニア、アニメヲ
タク、京都大好き外国人など、バラエティに富んだガイドた
ち。
参加費は1,000円から。各1.5〜2.5kmのコースを、約2時間
かけて、少人数でじっくり堪能します。
京都のまち歩きを、いっしょに楽しみましょう。
参加予約・詳しい内容は、WEBまたはお電話で
まいまい京都事務局 京都ユースホステル協会内
TEL:075-462-2312(受付時間:10:00〜18:00 ※水・日・祝
は定休日)

詳しくは以下をご覧下さい。
まいまい京都
http://www.maimai-kyoto.jp

○我が社でできる!再生可能エネルギー利用法セミナー
〜新しい環境配慮の取組とPR方法が見つかります〜
今、太陽光や風力、バイオマスなど再生可能エネルギーが注
目を集めています。事業者の立場からも、再生可能エネルギ
ー利用を進めることが求められています。しかし、実際どの
ように事業活動に取り入れるか、悩ましいところではないで
しょうか。そこで、本セミナーでは、事業所での再生可能エ
ネルギーの導入事例や方法、グリーン電力の購入、寄付によ
る支援など、京都における多様な取組の可能性をご紹介しま
す。さらに、自社での環境の取組やPR方法を考えるための情
報・意見交換会を行います。
主催:京エコロジーセンター・京グリーン電力運営協議会
日時:3月21日(水)14:00〜16:00(受付開始13:30)
[プログラム]
1.企業の再生可能エネルギーの導入事例とその方法
 (株式会社エコテック)
2.寄付で地域の再生可能エネルギー普及に貢献
 (認定NPO法人きょうとグリーンファンド)
3.電力のグリーン購入のすすめ(京グリーン電力運営協議会)
 企業での取組事例(京都タワー株式会社)
 行政での活用事例(京都府文化環境部地球温暖化対策課)
4.意見交換会〜自社で再生可能エネルギーにどう取り組むのか
参加費:無料
会場:京都市消費生活総合センター・研修室
(中京区烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階)
定員:50名
参加申し込み方法:下記内容をoffice@miyako-gpc.comまで
送信ください。(申し込みなしでの参加も可能ですが、資料
準備の都合上、事前申し込みをお願いいたします。)
------------------------------------------------
参加申し込み:我が社でできる!再生可能エネルギー利用法
セミナーへの参加を希望します。
お名前:
会社名:
部署名:
電話番号:
E-mail:
------------------------------------------------
問合先:京グリーン電力運営協議会(担当:木村)
〒600-8085 京都市下京区葛籠屋(つづらや)町515-1 3F
TEL/FAX:075-708-8153 E-mail:office@miyako-gpc.com

詳しくは以下をご覧下さい
京グリーン電力運営協議会
http://www.miyako-gpc.com/

○会員の皆様へ
京のアジェンダ21フォーラム会員の皆様には、毎年会費の納
入をお願いしております。お預かりした会費は、フォーラム
の活動に活用させて頂いております。今年度の会費について、
まだ納入されておられない方は、恐れ入りますが、ご確認の
うえご納入頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京えこめる 2012年3月号(No.24)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2012年3月2日

◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。

◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス

*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 13:23| 定期発行物