2012年09月01日

京えこめる 2012年9月号(No.31)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2012年9月号
                       No.31
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○CSR活動セミナー 企業における環境CSRの取組について
◆京都市からのお知らせ
 ○「ごみゅにけーしょん」第6号発行
 ○京朝スタイル「京朝写真コンテスト」作品募集/「朝ふろ
 しき部」参加者募集
◆京エコロジーセンターから9月のイベントのお知らせ
 ○秋のエコセン映画会「地球にやさしい生活」
◆その他のお知らせ
 ○企業向けごみ減量実践講座〜元産廃Gメンが産廃問題を斬
 る!その後…〜
 ○レアメタル-リサイクルの国際協力シンポジウム =眠る
 都市鉱山=
 ○平成24年度近畿ブロック「環境NGO・NPO活動推進 ・組
 織運営講座」
 ○おかしなエコ表示をみつけるグリーンウォッシュ・ウォ
 ッチャーになろう
 ○貴社の環境表示大丈夫ですか?〜日本のものづくりのた
 めに!グリーンウォッシュをなくそう!〜
 ○会員の皆様へ
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○CSR活動セミナー 企業における環境とCSRの取組について
これから企業においてCSRを始めようとされる企業の方、ま
た学校関係者、地域のみなさんで関心ある方を対象に、学校、
企業、地域が連携して広がる活動の実践に繋げるヒントを得
るセミナーとなるよう企画しております。
ゲスト事例発表では、ISO取得企業の環境活動の事例発表を
行います。また、KES取得企業のCSR活動の一環の事例紹介
もあります。パネルディスカッションでは、それぞれの立場
で環境とCSR活動について意見交換をしていただき、会場か
らの疑問や質問にもお答えします。自社の特性を発見したり、
活動を始める際のポイントなどの発見もあるかもしれません。
企業と地域の交流を図りたい!既にCSR活動の一環で出前講
座を行っているので、新たな繋がりやヒントが欲しい!そんな
思いをお持ちの事業者の皆さんなど、興味のある方へ向けて
セミナーを企画しました。
企画運営するのは、事業者・学校・住民をつなぐ仕組み作り
を目指す、京のアジェンダ21フォーラムと、環境教育活動の
プログラム企画実践、場づくり、人づくりを得意とする、京
エコロジーセンター。事業者の皆さんの環境とCSRの取組に
向けての実現・レベルアップをお手伝いします。
日時:9月28日(金) 14:00〜16:30(13:30受付開始)
会場:京エコロジーセンター 1階シアター
参加費:無料 ※交流会費は別途必要
定員:50名(お申込先着順)
[交流会] 16:45〜18:00
会場:京エコロジーセンター3階 エコ厨房
軽食及びソフトドリンク
会費:500円(出来るだけお釣りのないようご用意ください)
主催:京のアジェンダ21フォーラム・京エコロジーセンター
協力:京都市教育委員会・特定非営利活動法人KES環境機構・
京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト
問合先:連絡先:京のアジェンダ21フォーラム事務局
TEL:075-647-3535 / FAX:075-647-3536
ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
担当:奥井
京エコロジーセンターに駐車場はございません。公共交通機
関をお使い下さいますようよろしくお願いいたします。
参加申込書――――――――――――――――――――――
会社・団体名(    )/部署名(    )
お名前(    )
電話番号( - - )
メールアドレス( @   )
交流会に 参加する( )/参加しません( )
―――――――――――――――――――――――――――

詳しくは以下をご覧ください
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「ごみゅにけーしょん」第6号発行
京都市では,ごみ量を平成12年度のピーク時から平成32年
度までに半分以下に減らすという目標を掲げ、その達成に向
けた重点戦略の一つとして、事業ごみの減量対策に積極的に
取り組んでいます。その一環として平成23年度から発行して
いる事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」の
第6号を発行しますので、お知らせします。
仕様:A4判、両面2色刷り 発行部数:毎号約4万部
発行日:平成24年7月27日
今回の主な内容:今回は事業ごみ減量に積極的に取り組む事
務所を訪問し、その内容を紹介しているほか、平成23年度に
実施しました業者収集ごみ組成実態調査の結果や一般廃棄物
収集運搬業優良事業者の認定について掲載しています。
配布方法:一般廃棄物収集運搬許可業者や業界団体を通じて、
事業者の皆様に配布するほか、各区役所・支所エコまちステ
ーション、各環境共生センター及び市役所庁舎案内所等の市
の施設でも配布します。
お問合せ:環境政策局事業系廃棄物対策室
住所:〒604-0924 京都市中京区河原町通二条下る一之船入町
384 ヤサカ河原町ビル7F
電話:075-366-1394 / FAX:075-221-6550

詳しくは以下をご覧ください
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000125388.html

○京朝スタイル「京朝写真コンテスト」作品募集/「朝ふろし
き部」参加者募集
京都市では、夜型生活を見直し、エネルギー消費量の少ない
朝型の生活への転換を推奨するため、「朝早く起きて、夜は
早く寝る」という自然のサイクルに沿った、京都発の朝型の
ライフスタイルを「京朝スタイル」と命名し、平成22年度か
ら取組を実施しています。現在、京都の朝をテーマとした写
真を募集する「京朝写真コンテスト」を開催しています。皆
さんの思い出の写真を投稿しませんか。
最優秀作品には賞金3万円、その他入選作品にはDO YOU KYO-
TO?グッズを差し上げます。詳しくは、下記の京都リビング新
聞社「京朝写真コンテスト」HPまで。
http://www.kyotoliving.co.jp/sp/kyoasa/pictup.html

また、宮井株式会社が実施する協賛朝講座「朝ふろしき部」
が今年度も開講されます(7:30〜8:45)。昨年度好評いただい
た慶事弔事の場面の風呂敷マナー講座(9/6開講)とに日常生
活に使える便利な使い方講座(9/20開講)を合わせて受講すれ
ば、京都の大人のたしなみをマスターできます。お問合せ・
お申込みは宮井株式会社「朝ふろしき部」担当(TEL:075-221-
0381、平日10:00〜17:00)まで。
宮井株式会社「朝ふろしき部」
HP:http://www.miyai-net.co.jp/2012kyo-asastyle.html

 まだまだ暑い今夏、みなさんも涼しい朝の時間帯を有効活
用してみませんか。「京朝スタイル」に関するお問合せは、
京都市環境政策局地球温暖化対策室(TEL:075-222-4555)まで。

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから9月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○秋のエコセン映画会「地球にやさしい生活」
究極の省エネ・節電ムービー
ストーリー紹介:ニューヨークでの実験的エコムービー。コ
リンヴィーワン一家は、ごみ・車・テレビ・電気なし、1年
間新しいものは何も買わないという生き方に挑戦しました。
アメリカで賛否の渦を巻き起こした一家が挑んだ生活が私た
ちに教えてくれるものは?
対象:どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
※この映画は、日本語字幕、大人向けの内容です。
参加費:無料 定員:各回70名
日時:9月29日(土) 1)10:00〜12:00 2)13:00〜15:00
3)15:30〜17:30 4)18:00〜20:00

詳しくは以下をご覧ください
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○企業向けごみ減量実践講座〜元産廃Gメンが産廃問題を斬
る!その後…〜
産廃や不法投棄は今、どうなっている?当講座で石渡氏を2006
年にお招きしてから、6年が経ちました。あれから建築廃棄
物は?最終処分場は?そして、2011.3.11以降、問題視される
ガレキは?石渡氏に、現状やこれからの展望をお聞きします。
講師等:元産廃Gメン 石渡正佳氏(千葉県河川海岸管理室長)
日時:2012年9月21日(金)13:30〜16:00
定員:60名 場所:京都工業会館 3階 第1教室
参加費:1,000円(京都市ごみ減会員は無料)
主催:京都市ごみ減量推進会議・京都商工会議所

詳しくは以下をご覧ください
京都市ごみ減量推進会議
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gomigen/

○レアメタル-リサイクルの国際協力シンポジウム=眠る都市
鉱山=
レアメタル-リサイクルによるグローバルネットワークの構
築「はじまる「小型家電リサイクル法」
来る10月1日(月)〜2日(火)にレアメタル-リサイクル国際
協力シンポジウム「眠る都市鉱山」を京都市を開催地として
開催いたします。使用済の工業製品・自動車・家電製品等に
含まれるレアメタル・レアアースの回収・再利用、即ち「都
市鉱山の開発」は、工業製品の生産国、大量消費国にとって
益々その重要性を増しています。我が国では来年度から消費
者も参加する携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機等小型家
電製品のリサイクルが本格的に始まります。本シンポジウム
では、レアメタル-リサイクルの現状と社会的・技術的課題お
よび今後の方向性ならびにレアメタル-リサイクルによる循
環型社会形成に向けた共同研究、ネットワーク創り、国際協
力の展望等についてレアメタル-リサイクルに関心のある企
業、大学等公的研究機関行政機関、NPO、一般市民が参加して
幅広く発表・討論いたします。皆様の奮ってのご参加をお待
ちしています。
日程:10月1日(月)〜2日(火)
場所:京都テルサ 定員:800人
参加費:企業18,000円/名 共催団体企業14,000円/名
公的機関・学校 5,000円/名 一般/NPO3,000円/名
学生1,000円/名
主催:レアメタル-リサイクル国際協力シンポジウム実行委員
会/共催:廃棄物資源循環学会、環境資源工学会、資源・素材
学会、ネオマテリアル創成研究会、レアメタル資源再生技術
研究会他予定/後援:文部科学省、経済産業省、環境省、京都
市、(独)科学技術振興機構(独)新エネルギー・産業技術総合
開発機構、(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構、(株)日刊
工業新聞社、(株)産業新聞社、(株)京都新聞社他予定
協賛:民間企業多数予定
プログラム(予定) 10月1日(月)
産学官・市民レアメタル-リサイクル関係者発表・討論会
[分科会、ポスター展示]10:00〜17:00
1.小型家電リサイクルシステム分科会
2.リサイクル技術の現状及び先端技術分科会
3.リサイクル国際協力分科会
4.新しいリサイクルシステム分科会
−上記分科会のテーマに係るポスター展示−
[交流会]18:00〜20:00
10月2日(火)
分科会成果発表・国の施策、シンポジウム、ポスター展示
[分科会成果発表・国の施策]10:00〜11:30
・分科会成果総括発表
・小型家電リサイクル法等、国の施策について
(経済産業省、環境省、文部科学省予定)
[基調講演、シンポジウム]13:00〜15:10
・東北大学多元物質科学研究所 中村 崇氏
・独立行政法人物質・材料研究機構 原田幸明氏
・オランダTNO応用科学研究機構 アーノルドトゥッカー氏
・米国エレクトロン・エナジー・コーポレーション(EEC) チ
ンス チンナサミー氏 他
[パネルディスカッション]15:30〜17:30
[懇親会]18:30〜20:30
申込方法:下記ホームページからお申込下さい。
http://www.toshikohzan.com
申込先:実行委員会事務局
TEL:058-384-2877/FAX:058-379-0688
e-mail:office@toshikohzan.com

○平成24年度近畿ブロック「環境NGO・NPO活動推進 ・組織
運営講座」 社会を変える「協働スペシャリスト」養成講座
環境問題の解決、そして持続可能な社会の実現には、環境
NGO・NPO、自治体、企業、地域住民などすべての主体が、パ
ートナーシップでの活動にも取り組む必要があります。ただ
「パートナーシップ」という言葉はよく使われるのに、お互
いの長所を活かす相乗効果を生み出せているものはまだ多く
ありません。また、単なる協力関係や、自治体からNGO・NPO
への安価な丸投げ委託になっているものや対等性が崩れてい
るものも少なくないのではないでしょうか。環境NGO・NPOは、
持続可能な社会づくりに向けて、あるべきパートナーシップ
を率先して創りだしていく存在になっていくことが必要です。
この講座は、豊富なパートナーシップ経験を積んだ講師によ
る講義と、自ら・みんなで考えるワークショップを組み合わ
せることで、パートナーシップを組織し、協働プロジェクト
を実行に移し、成果を出せる人材(協働スペシャリスト)を養
成することを目的として実施します。
日時:10月13、14日(土、日)9:30〜17:00(2日連続)
会場:同志社大学同窓会館(京都市上京区寺町今出川上る常磐
井殿町 543-1)大ホール
アクセス:http://dojo-doso.org/introduction/tenement/
対象:環境・まちづくり活動をしている方・NGOのスタッフ
や活動的なボランティアの方・NGO、自治体、企業など相互の
パートナーシップの具体化に取り組んでいる方・パートナー
シップの構築に悩んでいる方・原則全課程参加可能な方
定員:20人(定員に達し次第締切)
参加費:1,000円(両日通し)
申込方法:参加希望者の1)お名前、2)(主な)所属団体、3)連
絡先住所、4)自宅電話番号、5)携帯電話番号、6)FAX番号、
7)E-mailアドレス、8)志望動機(簡潔に)を添えて下記までお
申込ください。メールの場合は件名を「協働スペシャリスト
養成講座申込」としてください。(記載の個人情報は、受講に
関するやりとり以外に使用することはありません)
※この講座は2日連続の講座です。受講は原則両日参加できる
方といたしますのでご了解ください。なお、近畿地区の開催
ですが、全国どこからでも申し込み可能です。
参加・お問い合せ先:NPO法人環境市民
〒604-0934京都市中京区麩屋町通二条下る第二ふや町ビル
405号室 TEL:075-211-3521/FAX:075-211-3531
E-mail:entry@kankyoshimin.org

詳しくは以下をご覧ください
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=107

○おかしなエコ表示をみつけるグリーンウォッシュ・ウォッ
チャーになろう
京都・北海道・東京・熊本 開催
〜あなたの発見でグリーン市場づくりを応援しよう!〜
「環境にやさしい○○」「無添加・天然○○」…よく目にす
る、環境配慮製品の表示。しかし誤解を与えるような伝え方
をしている物もあります。不確かな情報や部分的な情報を伝
え、消費者の誤解をまねくような環境広告・表示は海外で「
グリーンウォッシュ」とよばれています。そこで「エコ製品」
に関する製品の広告、パッケージ表示、ウェブサイトでの表
示情報を見つける「グリーンウォッチャー」を募集します。
参加費:無料
対象:グリーンウォッシュの問題・グリーンコンシューマー
活動に関心のある方、消費者グループ、環境NPO
<申込方法>お名前(ふりがな)、ご所属(あれば)、電話番号、
FAXまたはEメール、ご住所、参加する会場名を、環境市民
までご連絡ください。
〒604-0934 京都市中京区麩屋町通ニ条下る 第二ふや町ビル
405 特定非営利活動法人 環境市民
TEL:075-211-3521 / FAX:075-211-3531
E-mail:life@kankyoshimin.org ※メールのタイトルを『グ
リーンウォッシュ市民セミナー申込』でお願いします。

開催日時・会場など詳しくは以下をご覧ください
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=103

○貴社の環境表示大丈夫ですか?〜日本のものづくりのため
に!グリーンウォッシュをなくそう!〜
京都・北海道・東京・福岡 開催
環境の取り組みを伝えたい、環境対応型商品をアピールした
いという企業の姿勢は大事ですが、グリーンウォッシュをし
てしまうと、結局は消費者の信頼をなくしてしまいます。欧
米ではすでに、国や業界をあげて防止に取り組んでいます。
本セミナーでは、グリーンウォッシュとは何か、なぜ企業に
とって危険なのか、どのように防げばよいのかを、昨年行っ
た英国、米国、オーストラリアの調査結果も紹介します。
参加費:1人1,000円 ※資料代(2011年実施 英国、米国、 オ
ーストラリアでの調査報告書)
対象:企業(マーケティング、開発、企画、広報、CSR、環境
担当者)、広告業界、メディア、消費者団体、環境NGO、研究
者、消費者
<申込方法>お名前(ふりがな)、ご所属(あれば)、電話番号、
FAXまたはEメール、ご住所、参加する会場名を、環境市民ま
でご連絡ください。
〒604-0934 京都市中京区麩屋町通ニ条下る 第二ふや町ビル
405 特定非営利活動法人 環境市民
TEL:075-211-3521 / FAX:075-211-3531
E-mail:life@kankyoshimin.org ※メールのタイトルを『グ
リーンウォッシュ企業セミナー申込』でお願いします。

開催日時・会場など詳しくは以下をご覧ください
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=104

○会員の皆様へ
京のアジェンダ21フォーラム会員の皆様には、毎年会費の納
入をお願いしております。お預かりした会費は、フォーラム
の活動に活用させて頂いております。今年度の会費について、
まだ納入されておられない方は、恐れ入りますが、ご確認の
うえご納入頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2012年9月号(No.31)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2012年9月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by アジェンダ at 11:52| 定期発行物