2013年03月08日

京(みやこ)環境配慮建築物シンポジウム

京都にふさわしい 環境に配慮した建築物ってどんな建築物?

「京都にふさわしい環境配慮建築物」は、自然素材を使い、自然を身近に感じ、大切にする文化をカタチにしたものであり、京都産木材の利用、深い軒・庇による外壁の保護、使い方や季節に応じた可変性のある建具、地域の歴史性への配慮等を取り入れた建築物が挙げられます。
この度、環境配慮建築物について、広く市民に情報を発信し、京都にふさわしい環境配慮建築物の普及・啓発を目的としたシンポジウムを下記のとおり開催しますので、お知らせします。
なお、当シンポジウムについては、当日ご来場いただけない方にも御覧いただけるようにインターネットで生中継します。

日時:平成25年3月14日(木) 午後1時30分〜午後4時20分

場所:京都市国際交流会館 イベントホール
【アクセス】地下鉄東西線「蹴上」駅下車徒歩約6分
http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html

次第(予定)
(1)「京環境配慮建築物」顕彰制度最優秀賞受賞者による建築物の紹介

(2)パネルディスカッション
テーマ:「京都だからできること」
(コーディネーター)
神戸芸術工科大学デザイン学部教授 小玉 祐一郎 氏
(パネリスト)
元京都大学大学院農学研究科教授 岩井 吉彌 氏
立命館大学理工学部教授 近本 智行 氏
京都大学大学院工学研究科教授 田 光雄 氏
アトリエCK管理建築士 所 千夏 氏
「京環境配慮建築物」顕彰制度最優秀賞受賞者

定員:180名(先着順)

参加費:無料

申込先:京都いつでもコール(年中無休 午前8時から午後9時まで)にて受け付けます。参加者の「氏名」「電話番号」を、電話、ファックス又は電子メールにてお伝えください。
 TEL:075−661−3755
 FAX:075−661−5855
 Eメール:京都いつでもコールの送信フォームを御利用ください。
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000013160.html

申込期間:平成25年2月1日(金)〜平成25年3月12日(火)

主催:京都市

後援:一般社団法人京都建築設計監理協会、一般社団法人京都府建築士事務所協会、社団法人京都府建設業協会、社団法人京都府建築士会、社団法人全国中小建設業協会全中建京都、社団法人日本建築家協会近畿支部京都地域会

問合せ先:京都市都市計画局建築指導部建築指導課
 TEL:075−222−3620
 FAX:075−212−3657

その他:インターネット動画による生中継は、以下のホームページで行います。
http://www.ustream.tv/user/kyoto-siminsanka

京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000134708.html

img-208161919_ページ_1.jpg img-208161919_ページ_2.jpg
チラシのダウンロードはこちら(PDF 412KB)

京都市環境配慮建築物顕彰制度 第1回「京(みやこ)環境配慮建築物」についておよび受賞者については、以下をご覧ください。
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000136421.html
【受賞建築物】
最優秀賞 
 龍谷大学 龍谷ミュージアム
優秀賞 
 戸建住宅新築部門   南禅寺の家
 一般建築物改修部門 京都市立朱雀第四小学校
 戸建住宅改修部門   紫竹西南町の住宅_日射し(庇)の家
特別賞
 凌風学園

posted by アジェンダ at 14:32| 他団体からの情報