2013年05月20日

環境と人に優しい交通まちづくりのために〜コンパクトシティの創出と「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー」〜

**-----------------------------------------------------**
シンポジウムのご案内
環境と人に優しい交通まちづくりのために
〜コンパクトシティの創出と「ヨーロッパモビリティ
ウィーク&カーフリーデー」〜
2013年7月6日(土)@京都 参加費無料
**-----------------------------------------------------**

「歩いて楽しい」「自転車が便利な」「公共交通の利便性向上」が、自動車に過度に依存した「ライフスタイル」を変えていく要素になっています。低炭素かつまちの賑わいを再生する持続可能な都市モデルである「コンパクトシティ」の創出がこれからの課題となっています。
これらの課題を多くの市民と共有し、都市政策として「過度に自動車に依存しないまちづくり」を推進するために1997年から始まり、現在、世界2000都市で開催されている「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー」の様子から、京都での課題解決の糸口を探ります。

■と き:2013年7月6日(土)午後2:00から5:00(午後1:30受付開始)
■ところ:立命館大学朱雀キャンパス大ホール(京都市中京区西ノ京朱雀町1)
アクセス:http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html
※会場に駐車場はございません。公共交通機関でご来場下さい。会場に駐輪場がございません。自転車でお越しの方は、二条駅周辺の駐輪場をご利用下さい。
■定 員:400名
■参加費:無料
※申し込み不要。当日直接会場にお越しください。

主催:Slow “Mobility" Life Project

後援:京都市(予定) 、京都府(予定)、京のアジェンダ21フォーラム、京都府地球温暖化防止活動推進センター、特定非営利活動法人環境市民、特定非営利活動法人気候ネットワーク、二条駅かいわいまちづくり実行委員会、BiVi二条、京都大学大学院工学研究科低炭素都市圏政策ユニット

協賛:立命館大学
※本事業は、「平成25年度 京エコロジーセンター環境保全活動助成事業」の助成を受けて実施しています。

■----------■
プログラム
■----------■

【基調講演1】「モビリティウィークの狙いと新しい実現に向けて」
ヨーロッパモビリティウィーク運営委員会日本担当ナショナルコーディネーター
一般社団法人カーフリーデー・ジャパン代表 望月 真一氏

【基調講演2】「歩くまち京都に向けたコンパクトシティの実践」
京都大学大学院工学研究科低炭素都市圏政策ユニット特定助教 松原 光也氏

【パネルディスカッション】
「京都が発信する新しい都市モビリティ−市民・行政・事業者それぞれの役割とは?−」
パネリスト:
 望月 真一氏
 松原 光也氏
 特定非営利活動法人気候ネットワーク事務局長 田浦 健朗氏
コーディネーター:大阪大学大学院法学研究科特任研究員 南 聡一郎氏

★会場に託児施設はありませんが、近くに民間施設があります(有料)。必要な方は直接ご予約をお願いします(前日の22時まで。定員のため予約を受け付けられない可能性がありますので早めの予約をおすすめします)。
託児託老・派遣サービスgreen
TEL:075-801-3799
http://www.kitekitegreen.com/
京都市中京区西ノ京小倉町22-13
二条駅及びシンポジウム会場から徒歩5分

主催者のホームページはこちら
posted by アジェンダ at 11:46| 他団体からの情報