2013年07月02日

京えこめる 2013年7月号(No.41)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2013年7月号
                       No.41
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○雨・水にまつわるエコツアー
 ○企業における環境とCSRの取組について
◆京都市からのお知らせ
 ○平成25年度「京都環境賞」の募集について
 ○KES導入講座の開催について
◆京エコロジーセンターから7月のイベントのお知らせ
 ○グリーンウッドワーク体験イベント
 ○湿気を吸い取る調湿泥団子を作ろう!
◆その他のお知らせ
 ○環境と人に優しい交通まちづくりのために〜コンパクト
 シティの創出と「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリ
 ーデー」〜
 ○自治体、企業の協働で 地場の環境配慮型製品を普及す
 るヒント〜第14回グリーン購入大賞環境大臣賞受賞事例
 から〜
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○雨・水にまつわるエコツアー
雨を求めて古都をあるく!【第5弾】
京都盆地の下には琵琶湖と同じ水量の水瓶があるといわれて
います。1千年以上都として栄えたのもその水瓶のおかげだ
と言えます。そのせいか京都 には水にまつわる名所旧跡が至
るところにあります。また、当然雨にまつわる場所もいくつ
かあります。今回は少し趣をかえて私たちが毎日利用する京
都駅ビルの雨水活用施設を見学します。その後、東本願寺の
渉成園(枳殻邸)を訪れます。夏の一日雨、水にまつわる施設、
旧跡を歩きます。是非とも ご参加ください。
日時:7月20日(土)
[内容]
スケジュール:13時00分 京都駅中央改札口東側集合
京都駅ビル雨水施設など見学
14時30分 東本願寺の渉成園見学(明治の本願寺水道管がみ
られます)
15時30分 座談会
解散後、懇親会を予定しています。
案内人:高浦 敬之 氏(京都駅ビル開発(株)常務取締役)
蒲池 誓 氏(東本願寺)
参加費:500円
定員:20名先着順(小雨決行)
当日連絡先:京都・雨水の会 上田正幸(携帯070-5507-7865)
[京都駅ビル]京都駅ビルには「緑水歩廊」と名付けられた自
然エネルギー利用(風力、太陽光、雨水、地下湧水など)の施
設があります。約10トンの雨水を活用してプランターなどで
緑化をしています。
[東本願寺渉成園]1641(寛永18)年に三代将軍家光から寄進さ
れ、石川丈山の趣向を取り入れた庭がつくられました。この
庭には、明治30年につくられた本願寺水道を通じて、琵琶湖
疏水の水が流れ込んでいました。現在、この本願寺水道の保
存、再生、活用の動きもでています。
※できるだけ事前申込をお願いします。
共催:NPO法人京都・雨水の会、京のアジェンダ21フォーラ
ム、東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
連絡先:京都市山科区御陵封ジ山町3の52
TEL 070-5507-7865(上田)、FAX:075-581-3619
E-mail:mail@amamizu.org

詳しくは以下をご覧ください
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/article/69669314.html

○企業における環境とCSRの取組について
11月13日に京のアジェンダ21フォーラム主催、CSRスキル
アップセミナーを行います。
KES取得を目指す企業や、取得事業者にも「分かりやすく、
取組してみよう」と思えるように、事例発表と気軽に質疑応
答をして頂けるスタイルを現在検討中です。一般市民の方に
も参加頂け、幅広い参加者様に対応できる内容を目指してい
ます。
基調講演者としてKESステップ2を取得の三共精機株式会社
代表取締役社長の石川武様をお迎えします。環境への取組に
おいて同志社大学の学生のインターンシップの導入を試みら
れた結果や、新事業へのよりよい影響など、様々な事例を紹
介して頂く予定です。
その他に、KES環境機構より、SR(社会貢献)EN(エネルギー)
の項目を追加され、それを実施された企業の取組などについ
てのお話を伺う予定です。また、交流会を実施し、KESCメン
バー、セミナー参加者様との交流を図る場作りも検討中。
日時:11月13日(水)13:00〜17:30
施設見学:13:00〜13:30(月桂冠株式会社 大倉記念館見学)
セミナー:14:00〜16:00(月桂冠株式会社 昭和蔵ホール)
交流会:16:30〜17:30(  〃  )
※施設見学、交流会はセミナー参加申込者に限ります。
参加費:無料(施設見学・交流会のみの参加はできません)
定員:30名
集合:12:45 月桂冠大倉記念館前 ※駐車スペースはござい
ませんので公共交通機関でご来場下さい。
主催:京のアジェンダ21フォーラム
協力:月桂冠株式会社、京都環境コミュニティ活動(KESC)京
都市・京都市教育委員会・KES環境機構
交流会時には、月桂冠株式会社様のご協力により日本酒の試
飲も含まれます。(ソフトドリンクのご用意もございます)
*未成年者の飲酒は法律で禁じられています。
*交流会時にはお酒の試飲も含まれます。ご来場には公共機
関のご利用をお願い致します。

詳細は、今後以下HPにて更新予定です。是非ご覧ください
京のアジェンダ21フォーラム
http://ma21f.sblo.jp/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○平成25年度「京都環境賞」の募集について
京都環境賞は、地球温暖化の防止や循環型社会の形成をはじ
め、環境の保全を目的とした市民や事業者の皆様の自主的な
実践活動を更に推進するため、先進的な活動等に取り組んで
おられる方を表彰するものです。
昨年度は、梅小路公園「いのちの森」で、市民、有識者の協
力のもとに生物のモニタリング調査を行っておられる「京都
ビオトープ研究会 いのちの森モニタリンググループ」が大
賞を受賞されました。
本年度も、環境保全を目的に自主的な実践活動を行っておら
れる方をより幅広く表彰するため、大賞の京都環境賞の他に
部門別特別賞を設けて表彰を行いますので、お知らせします。
募集期間:6月17日(月)から9月17日(火)まで(必着)
表彰の対象:京都市内を主たる活動の場とする個人又は団体
であり、以下に該当する活動を行っている方。
(1)環境保全の活動に具体的な成果が認められること
(2)環境保全に関する活動意識の普及や啓発に効果が認めら
れること
(3)先進的かつ斬新であること
(4)将来性及び発展性が期待できること
受賞者の決定:応募者の中から、京都環境賞選考委員会の意
見を踏まえ、市長が決定し、受賞された方には表彰式を執り
行います。
表彰の内容
京都環境賞(大賞):表彰銘板及び副賞50万円
特別賞(市民活動賞):表彰状及び副賞5万円
特別賞(企業活動賞):表彰状及び副賞5万円
特別賞(環境教育賞):表彰状及び副賞5万円
特別賞(バイオマス功労賞):表彰状及び副賞5万円
特別賞(環境レポート賞):表彰状及び副賞5万円
奨励賞:表彰状
※環境レポート賞についてはKES※2認証取得企業を対象と
する。
※奨励賞については、必要に応じて設けるものとする。
応募方法等:環境政策局環境管理課のホームページ、または
区役所、支所等の窓口に設置している応募用紙に必要事項を
記入し、郵送にて御応募ください。
環境レポートについては、「特定非営利活動法人 KES環境機
構」のホームページ(http://www.keskyoto.org/)で掲載し
ている「かんきょうレポート(一般用)」を参考に作成した
ものか、自社で作成したレポートを郵送してください。
なお、応募については自薦、他薦を問いません。
申込み・問合せ先:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
〒604-8101京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65番地
京都朝日ビル4階 電話075-213-0930 FAX075-213-0922
メールアドレス k-kyosei@city.kyoto.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000150745.html

○KES導入講座の開催について
京都市では、工場・事務所・店舗等をお持ちの事業者の皆様
が、環境にやさしい取組を継続的、組織的に進めていただく
環境マネジメントシステムの普及に力を入れています。環境
マネジメントシステムの導入による省資源化や省エネルギー
の取組が、経費節減や従業員の環境意識の向上等につながる
ことも期待できます。
この度、市内の事業者、特に中小企業の皆様を対象に、環境
マネジメントシステムを知っていただくため、京都発祥で、
取り組みやすく、全国規模で普及している「KES・環境マネジ
メントシステム・スタンダード(KES)」の導入講座を下記のと
おり開催しますので、お知らせします。
KESの審査・登録に向けた取組方法、構築の仕方を分かりや
すく解説しますので、環境マネジメントシステムの取得を検
討されている方のご参加をお待ちしています。
日時:7月3日(水) 13時30分から17時まで
場所:キャンパスプラザ京都 4階「第4講義室」(京都市下
京区西洞院通塩小路下る)
定員:70名(定員になり次第、申込みを締切ります。)
受講料:1,000円 ※当日、受付でお支払いください。
(資料代を含みます。規格書、構築の手引、マニュアルサンプ
ル・ステップ1、登録ガイド含む)
申込み方法:必要事項(氏名、企業・所属名、連絡先)を記入
のうえ、下記連絡先へお申込みください。
FAX:075−213−0922
Eメール:k-kyosei@city.kyoto.jp
京都市 環境政策局環境企画部環境管理課 TEL:075-213-0930

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000149377.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから7月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○グリーンウッドワーク体験イベント
エコ住宅素材展関連イベント
「グリーンウッドワーク」って知っていますか?生木を使って、
家具や道具を作る方法です。今回は、グリーンウッドワーク
の体験教室を行います。今回のイベントでは一輪挿しが作れ
ます!
日時:7月14日(日) 1)10:00〜12:00 / 2)14:00〜16:00
材料費:350円
定員:各回8組
対象:小学生以上の親子※高学年の場合は1人1つ作れます
会場:京エコロジーセンター
運営:関西自然住宅推進ネットワーク

○湿気を吸い取る調湿泥団子を作ろう!
エコ住宅素材展関連イベント
土の感触を楽しみながら、みんなで泥団子を作ってみましょ
う!伏見・深草の土が材料になっています!出来上がったピカ
ピカ泥団子はお部屋の湿気を吸い取るインテリアになります。
日時:7月20日(土)
1)11:00〜12:00 / 2)13:30〜14:30 / 3)15:00〜16:00
定員:各回15名(申込先着順)
参加費:無料
会場:京エコロジーセンター
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
運営:株式会社丸浩工業

詳しくは以下をご覧ください
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○環境と人に優しい交通まちづくりのために〜コンパクトシ
ティの創出と「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデ
ー」〜
「歩いて楽しい」「自転車が便利な」「公共交通の利便性向
上」が、自動車に過度に依存した「ライフスタイル」を変え
ていく要素になっています。低炭素かつまちの賑わいを再生
する持続可能な都市モデルである「コンパクトシティ」の創
出がこれからの課題となっています。
これらの課題を多くの市民と共有し、都市政策として「過度
に自動車に依存しないまちづくり」を推進するために1997年
から始まり、現在、世界2000都市で開催されている「ヨーロ
ッパモビリティウィーク&カーフリーデー」の様子から、京都
での課題解決の糸口を探ります。
日時:7月6日(土)14:00から17:00(13:30受付開始)
場所:立命館大学朱雀キャンパス大ホール(京都市中京区西ノ
京朱雀町1)
アクセス:http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html
定員:400名
参加費:無料(申込み不要)
[プログラム]
基調講演1「モビリティウィークの狙いと新しい実現に向け
て」ヨーロッパモビリティウィーク運営委員会日本担当ナシ
ョナルコーディネーター、一般社団法人カーフリーデー・ジ
ャパン代表 望月 真一氏
基調講演2「歩くまち京都に向けたコンパクトシティの実践」
京都大学大学院工学研究科低炭素都市圏政策ユニット特定助
教 松原 光也氏
パネルディスカッション「京都が発信する新しい都市モビリ
ティ−市民・行政・事業者それぞれの役割とは?−」
パネリスト:望月真一氏、松原光也氏、NPO法人気候ネット
ワーク事務局長 田浦健朗氏
コーディネーター:大阪大学大学院法学研究科特任研究員
南聡一郎氏
主催:Slow “Mobility" Life Project
後援:京都市、京都府、京のアジェンダ21フォーラム、京都
府地球温暖化防止活動推進センター、NPO法人環境市民、NPO
法人気候ネットワーク、二条駅かいわいまちづくり実行委員
会、BiVi二条、京都大学大学院工学研究科低炭素都市圏政策
ユニット
協賛:立命館大学

詳しくは以下をご覧ください
Slow “Mobility" Life Project
http://www.slowmobility.net/category/info/

○自治体、企業の協働で 地場の環境配慮型製品を普及する
ヒント〜第14回グリーン購入大賞環境大臣賞受賞事例から〜
グリーン市場の拡大のために、地場の環境配慮型製品をどう
すれば普及していけるのか。これは、グリーン購入活動の大
きなテーマの一つであり、環境の悪化が加速する中、喫緊の
課題でもあります。今回は、地元の木材を活用したオフィス
家具を、自治体、企業が協働で普及している事例を紹介しま
す。
京都も7割以上が森林の地域です。そのポテンシャルをいか
したすばらしい製品もあります。京都らしさを活かした製品、
京都の環境配慮型製品・サービスを、ネットワークの力を活
かして普及していくヒントを一緒に考えましょう!
日時:7月31日(水)午後3:15〜4:45(午後2:45受付開始)
 ※終了後、交流会があります(一人3000円/要申込)
場所:コープイン京都202号室(京都市中京区柳馬場蛸薬師
上ル井筒屋町411)
http://rcpt.kyoto-bauc.or.jp/coop-inn/kyoto/access/index.html
主催:京都グリーン購入ネットワーク
参加費:無料
定員:70人
<プログラム>
3:15〜4:15【基調講演】第14回グリーン購入大賞環境大臣賞
受賞 鹿児島県環境林務部森林経営課 下新原博也さん
4:15〜4:25【事例紹介】平成22年度京都エコスタイル認定製
品 間伐材を活用したオーダーメードスライド書棚 有限会
社家具のヤマカワ代表取締役 山川弘皓さん
4:25〜4:45フロアトーク
コーディネーター:京都グリーン購入ネットワーク代表幹事
京都大学大学院経済学研究科教授 植田和弘

詳しくは以下をご覧ください。
京都グリーン購入ネットワーク
http://www.k-gpn.org/0a_topics1306.html

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2013年7月号(No.41)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2013年7月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 13:52| 定期発行物