2013年09月02日

京えこめる 2013年9月号(No.43)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2013年9月号
                       No.43
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○京都カーフリーデー2013
 ○左京ワンダーランド 糺の森でのイベントに出展します
◆京都市からのお知らせ
 ○事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」第
 11号の発行
◆京エコロジーセンターから9月のイベントのお知らせ
 ○環境ボランティアはじめませんか?
 ○はじめてみよう!ハーブのある暮らし
◆その他のお知らせ
 ○市民・地域共同発電所全国フォーラム2013
 ○企業向けごみ減量実践講座
 環境関連の御担当の皆さま必見!「中国・アジアにおける
 資源・ごみの行方」
 ○企業向けごみ減量実践講座
 環境関連の御担当の皆さま必見!「産業廃棄物 処理の現場
 見学ツアー」
 ○買い物を変える 生活、企業、社会が変わる! グリー
 ンコンシューマーのリーダーになろう
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都カーフリーデー2013
カーフリーデーは1997年にフランスで始まり、2000年には
EU欧州委員会のプロジェクトとなり、世界2000都市以上で
開催されています。エネルギーや地球温暖化の問題が深刻化
する中で、「クルマの使い方」を見直し、徒歩や自転車・バ
ス・電車の利用することによって、環境負荷の少ないこれか
らの「くらしかた」を考え、まちの賑わい・楽しさ・文化や
伝統を大切にする取組です。
京都カーフリーデー2013は、「交通」と「環境」をメインに、
体験や学びを通じて、環境にやさしいライフスタイルと身近
な「まち」の再発見をテーマに、様々な企画でみなさまのご
来場をお待ちしています。
日時:9月23日(月・祝)10:00〜16:00
場所:JR二条駅西口(BiVi二条周辺)
内容(変更される場合があります。ご了承ください)
◆二条歩きま町(ちょう)(佛教大学敷地会場)仮想トランジッ
トモール・・・yotte cote DO!(寄って買うて堂)まちの賑わ
いステージ/cote roji・yotte roji(買うて路地・寄って路地)
京都カーフリーデーマルシェ/バスに乗りたいプロジェクト/
ミニSLに乗ろう
◆知っとこ街道(BiVi二条会場)・・・鉄道ジオラマ出発進行!/
『KON'S CYCLEの自転車相談所』無料点検できますよ!/乗っ
てみたい! 自転車試乗体験/京都の道を安全に ヘルメット
試着体験/くるまいすでまちを見てみよう/エコツアー「WILD
を探せ!〜二条駅かいわいを歩こう〜」/空き缶アカンゲーム
あなたもグリーンコンシューマー!/比べてみよういろんな
のりもの/きづき・つながるコーヒー講座/「目は口ほどにも
のをいう?」 〜視線を使ってお話をしてみよう〜
…ほかにもいろいろあるよ!
◆全体企画・・・二条駅かいわいスタンプラリー/ぐるっとベ
ロタクシー/京都ちょこっとサイクリング(要予約)
主催:京都カーフリーデー実行委員会
(構成団体:二条駅かいわいまちづくり実行委員会・NPO法人
環境市民・Slow “Mobility” Life Project・京都市未来ま
ちづくり100人委員会 自転車と共存するまち京都プロジェ
クト・佛教大学社会学部公共政策学科関谷ゼミ・京のアジェ
ンダ21フォーラム・BiVi二条)
後援:京都市・京都府・京都市教育委員会・国土交通省近畿
運輸局・環境省近畿地方環境事務所・京エコロジーセンター・
京都府地球温暖化防止活動推進センター・NPO法人気候ネッ
トワーク・佛教大学・京都市ごみ減量推進会議

詳しくは以下をご覧ください。
京都カーフリーデー公式サイト
http://www.slowmobility.net/kyotocfd/

○左京ワンダーランド 糺の森でのイベントに出展します
糺の森で行われる『糺の森ワンダーランド広場』に、再生可
能エネルギーワーキンググループとしてブース出展し、再生
可能エネルギーのワークショップを行います。
野外ブースにて、ペレットオーブンを使い、地産地消食材を
使用した料理を提供したり、ペレットボイラーで温めたお湯
を使い足湯のコーナー等を設ける予定です。料理、足湯など
身近な体験に再生可能エネルギーを取り込むことで、わかり
やすく楽しみながら再生可能エネルギーの利用方法を知って
頂ける機会になればと思います。糺の森ワンダーランドには
約120店舗が参加予定です。是非お越しください。
日時:9月29日(日)9:00〜16:00
会場:下鴨神社糺の森(「糺の森ワンダーランド広場」会場)
出展:京のアジェンダ21フォーラム 再生可能エネルギーワ
ーキンググループ
☆左京ワンダーランドとは・・・9月15日(日)〜10月14日(月)
京都市左京区一帯にて開催されるイベントです。京都市左京
区を中心に約60店舗のお店が参加しています。左京一帯は鴨
川や大文字山などの豊かな自然に囲まれており、自社仏閣も
多い地域。大学も点在し、演劇や音楽、アートなどといった
文化的な豊かさ、そして生活圏としての魅力にあふれていま
す。そんなこの町のさまざまなお店間をつなぐスタンプラリ
ーが基本となって開催されます。昨年好評だった糺の森ワン
ダーランド広場に加え、イベントも多数開催します!

詳しくは以下をご覧ください。
左京ワンダーランド
http://sakyo-wonder.com/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○事業ごみ減量ニュースレター「ごみゅにけーしょん」第11
号の発行
京都市では、平成32年度までにごみ量を平成12年度のピー
ク時から半分以下に減らすという目標を掲げ、その達成に向
けた重点戦略の一つとして、事業ごみの減量対策に積極的に
取り組んでいます。
その一環として平成23年度から発行している事業ごみ減量
ニュースレター「ごみゅにけーしょん」の第11号を発行しま
すので、お知らせします。
仕様:A4判、両面2色刷り / 発行部数:37、000部
発行日:平成25年8月6日
[今回の主な内容]平成24年度における京都市のごみ量の報
告、分別したごみが再生利用されるまでを紹介する新連載「分
別ごみの行方」のほか、好評を頂いている「ごみゅにけーし
ょんQ&A」やコラム「京の知恵」を掲載
配布方法:一般廃棄物収集運搬業許可業者や業界団体を通じ
て、事業者の皆様に配布するほか、各区役所・支所エコまち
ステーション、各環境共生センター及び市役所庁舎案内所等
の市の施設でも配布します。
問合せ先:京都市 環境政策局事業系廃棄物対策室
〒604-0924 京都市中京区河原町通二条下る一之船入町384
ヤサカ河原町ビル7F
TEL:075-366-1394 / FAX:075-221-6550
PDF版ダウンロード↓
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/cmsfiles/contents/0000153/153741/Gommunication_vol11.pdf

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000153741.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから9月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○環境ボランティアはじめませんか?
京エコロジーセンター環境ボランティア「エコメイト」募集
京エコロジーセンターでは、平成26年度から活躍する環境ボ
ランティア「エコメイト14期生」を募集します。
展示の解説、環境学習プログラムやイベントのサポートを通
じて、お客様と環境についてコミュニケーションを図り、環
境に配慮した暮らしを広める活動に取り組みます。
18歳以上で、京エコロジーセンターで開催する「エコメイト
養成講座」(11月〜3月に計8回)に参加できる方なら、どな
たでもお申し込みいただけます。「人と話をするのが好きな
方」「環境問題に関心のある方」「ご自身の特技を環境分野
で活かしてみたい方」など、気軽にお問い合わせください。
募集期間:平成25年9月1日(日)〜11月17日(日)
エコメイト養成講座実施期間:平成25年11月〜平成25年3
月の間に計8回。
(エコメイトとしての活動開始は平成26年4月です。)
養成講座会場・活動場所:京エコロジーセンター(京都市伏見
区深草池ノ内町13)
【事前説明会】
下記の日程で、説明会を開催いたします。(説明会への参加に
申し込みは不要です。)
[エコセンでの説明会]
9月28日(土)10:00〜11:00/14:00〜15:00
10月7日(月)14:00〜15:00/19:00〜20:00
10月27日(日)10:00〜11:00/14:00〜15:00
※会場:京エコロジーセンター
[駅前説明会]
10月18日(金)18:30〜19:30/19:45〜20:45
※会場:キャンパスプラザ京都 第2演習室
11月1日(金)18:00〜19:00/19:30〜20:30
※会場:東山いきいき市民活動センター 会議室2
お問合せ:京(みやこ)エコロジーセンター
(担当:松本みどり・吉田隆真・新堀春輔・竹内真道)
住所:〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
TEL:075-641-0911 / FAX:075-641-0912
E-mail:boshu14@miyako-eco.jp

詳しくは以下をご覧ください
申込み要項・養成講座詳細等をご覧になれます。
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/activity/index.html

○はじめてみよう!ハーブのある暮らし
ハーブの苗植えと、ハーブを使ったミニクッキング♪
開催日:9月28日(土)
時間:1)10:00〜12:00 / 2)13:30〜15:30
内容:ハーブにはたくさんのちからがあります。お料理やそ
うじなど、暮らしの中にハーブをとり入れてみませんか?
【植える】土づくりからはじめるガーデニングに挑戦してみ
ましょう!(植えたハーブは持ち帰ります)
【味わう】ハーブを実際につかってみましょう!「ミニマフィ
ンづくり(あたたかいハーブティー付)」
企画・運営:ウィズハーブ 代表 若林葉子
対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
定員:各回20名
持ち物:(植えるとき)持ち帰り用のビニール袋・軍手、(クッ
キング)エプロン・三角巾・手拭タオル
参加費:700円
申込方法:TEL:075-641-0911、FAX:075-641-0912、ホームペ
ージ、または来館し京エコロジーセンターでお申込ください。

詳しくは以下をご覧ください
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○市民・地域共同発電所全国フォーラム2013
2011年3月の福島原発事故により国民の多くが原子力発電に
依存しないエネルギー政策を希望するようになっています。
加えて2012年7月から再生可能エネルギーの固定価格買取制
度も始まり、各地で市民を主体にした再生可能エネルギーの
利用が進みはじめています。また疲弊する地域の自立や経済
の活性化のために、地域資源である再生可能エネルギーを活
かした地域・まちづくりの取組も広がっています。
5年ぶりの開催となる「市民・地域共同発電所全国フォーラ
ム2013」では、こうした日本における再生可能エネルギーの
普及をさらに進め、市民や地域が望むエネルギー政策を実現
していくことを目的に、さまざまな視点から検討、交流を行
います。
日時:9月21日(土)13:00〜20:30、22日(日)9:30〜16:00
会場:龍谷大学 深草キャンパス 22号館(京都市伏見区)
地図・アクセス:http://bit.ly/Ryukoku_Fukakusa
主催:市民・地域共同発電所全国フォーラム2013実行委員会
共催:龍谷大学地域協働総合センター、龍谷大学LORC
参加費(予稿集代含む):
 <2日間ともに参加>一般3,000円、学生1,500円
 <1日間のみ参加> 一般2,000円、学生1,000円
内容:【9月21日(土)】
全体会(13:00〜18:00)
・基調講演 和田武実行委員長(元立命館大学、自然エネル
ギー市民の会)
・パネルディスカッション1 「脱原発・温暖化防止と自然エ
ネルギー」
<コーディネーター>白石克孝(龍谷大学)
<パネリスト>浅岡美恵(気候ネットワーク)、佐々木健洋
(福島県農民連)、竹村英明(エナジーグリーン)、和田武
(元立命館大学、自然エネルギー市民の会)
・パネルディスカッション2「ひろがる市民・地域共同発電」
<コーディネーター>藤永のぶよ(関西ローカルエネルギー
システム研究会)
<パネリスト>谷畑英吾(湖南市市長)、深尾昌峰(龍谷大
学)、豊岡和美(徳島再生可能エネルギー協議会)、豊田陽
介(気候ネットワーク)
懇親交流会(18:30〜20:00)
【9月22日(日)】
分科会(9:30〜12:30)
・分科会1:「市民共同太陽光発電所のつくり方」
<コーディネーター>豊田陽介(気候ネットワーク)
<報告>山崎求博(足元から地球温暖化を考える市民ネット
えどがわ)、中川慶子(新エネルギーをすすめる宝塚の会)、
加藤浩史(エコプランふくい)、自然エネルギー市民の会他
・分科会2:「市民・地域共同発電所が切り拓く投資の未来」
<コーディネーター>伊東真吾(市民エネルギー京都)
<報告>小林正(静清信用金庫)、林久美子(多摩電力合同
会社)、細田勉(丹波市山王自治会)、松尾雄介(公益財団
法人地球環境戦略研究機関)
・分科会3:「社会貢献型自然 エネルギー利用のための地域
の仕組と条例制定」
<報告>西村仁志(新城市環境部環境政策推進室)、伊藤徳
朗(多治見市役所環境文化部環境課長)、洲本市、他
・分科会4:「自然エネルギーで地域の活性化 〜市民主体
の先進事例から〜」
<コーディネーター>竹村英明(エナジーグリーン)
<事例報告>中島大(全国小水力利用推進協議会)、野坂卓
見(エネコープ)、服部乃利子(しずおか未来エネルギー)、
藤井絢子(菜の花プロジェクトネットワーク)
まとめ全体会(14:00〜15:40)
・分科会報告 ・まとめ ・アピール(宣言文採択)
閉会(16:00)
問合せ・申込み
全国フォーラム実行委員会事務局:気候ネットワーク
〒604-8124 京都市中京区高倉通四条上る 高倉ビル305
電話:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください
NPO法人気候ネットワーク
http://www.kikonet.org/event/20130921.html

○企業向けごみ減量実践講座
環境関連の御担当の皆さま必見!「中国・アジアにおける資
源・ごみの行方」
日本から中国等に渡っている紙、プラ、家電などの廃棄物や
資源物がどのように処理されているかなど、中国の現状を報
告いただきます。また、排出する側である日本企業のリスク
などについても講演いただきます。
[開催要項]
講師:王 長君 氏 株式会社NTTデータ経営研究所
社会・環境戦略コンサルティング本部 シニアスペシャリスト
内容:日本で排出され、中国に渡っている廃棄物や資源物の
現状についてのお話と質疑応答
日時:10月4日(金)13:30〜16:00
場所:京都府中小企業会館 7階 710会議室
http://www.chusyo-kaikan.jp/access.html
京都市右京区西院東中水町17番地(西大路五条下ル東側)
定員:50名(先着順)
参加費:1,000円(資料代含む)<当日申し受けます>
*京都市ごみ減量推進会議会員は無料
申込締切:10月1日(火)*先着順ですので、お早めにお申し
込みください。
申込方法:ウェブサイト、FAX又はメールにてお申込下さい。
主催:京都市ごみ減量推進会議/京都商工会議所

申込、詳細は以下をご覧ください
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/42.html

○企業向けごみ減量実践講座
環境関連の御担当の皆さま必見!「産業廃棄物 処理の現場見
学ツアー」
企業活動から排出される産業廃棄物について、実際にどのよ
うに処理されているのかや、排出時に配慮すべき点などにつ
いて、現場を見ることにより、知識を深めます。
千両松地域エコ協議会は、京阪神の産業廃棄物の処理を引き
受ける産業廃棄物処理業が多く集積する伏見区横大路千両松
地域の産業廃棄物処理企業で構成される組織です。
同協議会の協力を得て、廃棄物収集運搬・中間処理を行う会
員企業3社を訪問します。
[開催要項]
講師:千両松地域エコ協議会(産業廃棄物処理業を営む企業に
よる任意団体)所属の会員企業
株式会社京都環境保全公社:焼却・RPF・発泡スチロールの減
容など
旭興産業株式会社:蛍光灯の前処理・乾電池の前処理
株式会社山本清掃:建設系混載の選別ライン・機密処理など
※千両松地域エコ協議会HP:http://ecokyo.jimdo.com/会員
企業-エコ協マップ/
内容:企業活動から排出される産業廃棄物について、実際に
3社を見学するミニツアーです。
日時:10月11日(金)13:30〜15:30
場所:京阪中書島駅に集合し、見学先にご案内します。集合
場所等詳細は、参加者へ別途ご案内します。
定員:20名(多数の場合は抽選)
参加費:500円(京阪中書島駅より相乗りタクシーを御利用い
ただく費用が含まれています)
申込締切:10月5日(土)*多数抽選
※抽選後、ご参加いただける方には、ご案内をお送りします。
申込方法:ウェブサイト、FAX又はメールにてお申込下さい。
主催:京都市ごみ減量推進会議/京都商工会議所

申込、詳細は以下をご覧ください
京都市ごみ減量推進会議
http://kyoto-gomigen.jp/works/43.html

○買い物を変える 生活、企業、社会が変わる! グリーン
コンシューマーのリーダーになろう
日本も世界もひどい異常気象が続いています。
私たちの社会が必要とするエネルギーの未来に大きな不安が
あります。人間の行為によって年間4万種もの生物が絶滅し
ています。私たちの生活や経済活動によって、まだ大量のご
みが発生しています。生活の中に入ってくる化学物質や遺伝
子組み換え作物の不安も高まっています……。
このような問題に対して、私たちは無力でしょうか。いいえ、
私たちの消費つまり買い物を変えることによって、私たちの
生活も、販売店も、メーカーも、そして経済活動も変えてい
くことが可能です。それがグリーンコンシューマー(環境を
大切にした消費者)活動で、本質的な生活の豊かさを創り出
すものです。
私たちの未来と、子どものため、そして地球の生きもののた
め、さあ、一緒に活動をはじめしょう!
日時:1日目10月5日(土)、2日目10月6日(日)、3日
目10月14日(月)時間はいずれも10:00〜17:00
場所:ウエダ本社 北ビル2F(京都市下京区五条堺町角塩釜
町363番地)
http://www.ueda-h.co.jp/corporate/company/003.html
定員:20人
参加費:3回で1000円
主催:NPO法人環境市民
参加者へのお願い:
1)講座終了後、スーパーを対象に、環境を大切にした商品を
置いているかどうか、環境の取り組みをしているかどうかを
調べる「グリーンコンシューマー調査」を行います。その調
査に、調査員として参加をお願いします。(京都市内等で実
施。交通費有。2人一組で2店舗程度。調査員に大きな負担
はかけません。ご安心ください)
2)全3回の講座に参加が可能な方を優先します
プログラム:
1日目「買いものでCO2を減らそう」
買い物を通して社会を変える「グリーンコンシューマー活動」
の意義と効果、私たちの暮らしと地球温暖化がどうつながっ
ているのか、講座とクイズを通して学びます。各地のグリー
ンコンシューマー活動事例も紹介します。
2日目「買いものでごみの発生を減らし、生物多様性を守ろ
う」
私たちの暮らしとごみ問題はどうつながっているのでしょう
か。ごみ問題と生物多様性とのつながりに気づく「買い物ゲ
ーム」も行います。国内外の商店街、スーパーでの容器包装
削減や生物多様性を守る取り組みも紹介します。
3日目「地球温暖化防止、ごみ減量、生物多様性の保全に役
立つグリーンコンシューマー活動をつくろう!
あたかも(過度に)環境に配慮しているかのように見せかけ
る表示、広告「グリーンウォッシュ」について学び、調査を
行う際にポイントとなる表示、広告を見る力をつけます。最
後に、スーパーなど小売店舗の環境の取り組みについて学び、
店舗のエコロジー度をチェックする調査票を作成します。
講師:高月紘、癘{ 育生、堀孝弘、下村委津子
申込み:名前、ふりがな、所属団体(あれば)、連絡先電話
番号、FAX、E-mail、住所を明記の上、以下までお申し込みく
ださい。
申込先:NPO法人環境市民
TEL:075-211-3521(月曜日から金曜日 10:00〜18:00)
FAX:075-211-3531 E-mail:life@kankyoshimin.org
〒604-0934 京都市中京区麩屋町通ニ条下る225 第二ふや町
ビル405

詳しくは以下をご覧ください
NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=137

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2013年9月号(No.43)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2013年9月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 13:03| 定期発行物