2013年11月01日

京えこめる 2013年11月号(No.46)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2013年11月号
                       No.46
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○第3回シンポジウム「三山におけるこれからの森林景観
 づくり〜北山から発信する森づくり活動〜」
◆京都市からのお知らせ
 ○平成25年度秋・冬版「京のいきものガイド」の発行
 ○平成の京町家モデル住宅展示場KYOMO開設1周年記念イ
 ベント
 ○京都建築専門学校市民講座
◆京エコロジーセンターから11月のイベントのお知らせ
 ○京のおばんざいでエコ〜家庭から出る生ごみを減らそ
 う!〜
 ○ひとときフェスタ〜まちで森とつながる暮らし〜
◆その他のお知らせ
 ○京都生協2店舗の屋根で、市民出資による太陽光発電を
 設置・運営します!
 ○KES倶楽部ビジネスマッチングフェア
 ○第7回生物多様性協働フォーラム
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○第3回シンポジウム「三山におけるこれからの森林景観づ
くり〜北山から発信する森づくり活動〜」
京都市では、「京都市三山森林景観保全・再生ガイドライン」
を策定し、広く市民や事業者等の皆様方に三山の現状や課題
を知ってもらうとともに、京都市やボランティア団体などに
よる具体的な森づくり活動を発信することにより、森林景観
を守り続けるための担い手づくりに取り組んでます。
これらの取組の一環として、この度、第3回シンポジウム「三
山におけるこれからの森林景観づくり〜北山から発信する森
づくり活動〜」を下記のとおり開催します。
日時:11月24日(日)13:00〜16:30(開場 12:30)
場所:上賀茂神社(賀茂別雷神社) 庁屋(ちょうのや)
[内容]
第1部 基調講演「上賀茂神社と森林との関わり」
講演者 上賀茂神社宮司 田中安比呂氏
第2部 パネルディスカッション「北山から発信する森づく
り活動」
パネリスト
貴船神社宮司 高井和大氏
京都市森林組合理事 和田泰行氏
京都市立明徳小学校学校運営協議会理事長(KESCプロジェク
トわきの山チーム) 奥井寛之氏
京都森林インストラクター会会長 篠部幸雄氏
コーディネーター
特定非営利活動法人森林再生支援センター常務理事 田研
一氏
定員:150名(先着順)
申込先:京都いつでもコール(年中無休 8時〜21時まで)
参加者の「氏名」、「電話番号」又は「ファックス番号」を
京都いつでもコールまで、電話、ファックス又は電子メール
でお申込み下さい。
TEL:075-661-3755 / FAX:075-661-5855
Eメール:ホームページの送信フォームを御利用下さい。
申込期間:11月6日(水)〜11月21日(木)
主催:京都市
共催:京都伝統文化の森推進協議会
後援:林野庁京都大阪森林管理事務所、京都新聞社
協力:上賀茂神社、貴船神社、京都市森林組合、公益財団法
人京都市森林文化協会、京都市立明徳小学校学校運営協議会、
京都森林インストラクター会、特定非営利活動法人森林再生
支援支センター、京のアジェンダ21フォーラム【50音順】
お問合先:都市計画局 都市景観部 風致保全課
TEL: 075-222-3475 / FAX: 075-213-0461

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000157395.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○平成25年度秋・冬版「京のいきものガイド」の発行
京都市では、6月から市内の公園や道路沿いの樹木、里山な
ど身近な自然の中で、野鳥や昆虫などの“いきもの”を探し
ていただき、その情報を京都市へ報告いただく「京のいきも
の発見レポート」を実施しています。その内容を「京都市版
いきものマップ」として取りまとめ、“いきもの”の生息状
況を把握する手がかりとしています。
この度、この取組の一環として、“いきもの”の特徴や見分
け方などを記した平成25年度秋・冬版「京のいきもの発見ガ
イド」を発行し、各区役所等で配布しますので、お知らせし
ます。
配布期間:11月6日(水)〜2月28日(金)
配布場所
・市役所(配架棚、当課窓口)
・各区役所・支所の環境拠点(エコまちステーション)
・北部・南部環境共生センター
・京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)
・京都市立図書館 等
ダウンロードはこちらから!
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000158311.html

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000157552.html

○平成の京町家モデル住宅展示場KYOMO開設1周年記念イベント
シンポジウム「京都のエコ住宅のこれから〜庭と省エネと健
康長寿〜」を開催します!
日時:11月23日(土)11:00〜16:00
場所:ホテル本能寺 西館 5階 醍醐ホール(京都市中京区
御池河原町西入)
[内容]
【第一部】11:00〜13:00
すまいスクール「がまんせず、楽しく暮らせる健康的な住ま
いと住まい方」
近畿大学理工学部建築学科教授 岩前篤氏
奈良女子大学生活環境学部准教授 久保博子氏
株式会社ミサワホーム総合研究所環境エネルギー研究室室長
太田勇氏
神戸大学大学院工学研究科建築学専攻准教授 鈴木広隆氏
大阪エコリフォーム普及促進地域協議会実行委員長 太田周
彰氏
【第二部】14:00〜16:00
講演「平成の京町家の考え方について」
京都大学大学院工学研究科教授 高田光雄氏
講演「庭と平成の京町家の関連について」
京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科准教授 矢ヶ崎善太郎

・意見交換会「これからのエコ住宅のあり方について」
定員:各部100名(申込先着順、当日席も10席程度御用意し
ています。)
申込期間:11月1日(金)〜11月22日(金)※水曜日を除く。
申込方法:電話又はFAXでお申し込みください。FAXの場合
は、催し名、住所、氏名、電話番号及び参加人数を明記して
ください。※部ごとのお申し込みも可能です。
申込・問合せ先:京(みやこ)安心すまいセンター
TEL:075-744-1670 / FAX:075-744-1637
受付時間:10時から17時まで
主催:公益財団法人空気調和・衛生工学会、省エネルギー委
員会、住宅指針検討小委員会、大阪エコリフォーム普及促進
地域協議会、平成の京町家コンソーシアム、京都市

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000157586.html

○京都建築専門学校市民講座
シンポジウム「木造の魅力」を開催します!
日時:12月14日(土)13:30〜16;30
場所:ひと・まち交流館 京都 2階 大会議室(京都市下京
区河原町五条下る東側)
[内容]「これからの京都にふさわしい木造の家を考える〜「平
成の京町家」の試み〜」
[プログラム]
・挨拶と趣旨説明:進行 佐野春仁氏
・「平成の京町家」の試み:
 京都大学大学院工学研究科教授 高田光雄氏
・伝統の構法を残す意味:
 京都府建築工業協同組合理事長 木村忠紀氏
・温熱環境について:実測調査から報告とコメント
 京都大学大学院工学研究科助教 伊庭千恵美氏
・自然と親しい長屋の住まい:
 日暮手傳舎代表 吉田玲奈氏
・京都の都市構造と町家:
 魚谷繁礼建築研究所代表 魚谷繁礼氏
・意見交換「伝統とどう向き合うか?」
定員:200名(申込先着順)
申込期間:11月1日(金)〜12月13日(金)※土日祝を除く。
申込方法:電話又はFAXでお申し込みください。FAXの場合
は、催し名、住所、氏名、電話番号、参加人数を明記してく
ださい。
申込・問合せ先:京都市都市計画局住宅室住宅政策課 平成
の京町家担当
TEL:075-222-3666 / FAX:075-222-3526
受付時間:8:45〜17:30まで
主催:学校法人京都建築学園京都建築専門学校、平成の京町
家コンソーシアム、京都市、京都市住宅供給公社、京都市景
観・まちづくりセンター

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000157585.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから11月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○京のおばんざいでエコ〜家庭から出る生ごみを減らそう!〜
京都ならではのおばんざいからエコを考えます。
昔から伝わる知恵や工夫で材料を無駄なく使い切る、美味し
いおばんざい作り。お気軽にご参加ください!
メニュー:ごはん、汁物、おばんざい3品
日時:11月16日(土)10:00〜14:00
対象:高校生以上
定員:18名(申込先着順)
持ち物:エプロン・三角巾・手拭タオル
参加費:1,000円
講師:料理研究家 杉本節子
申込開始日:11月1日(金)午前9:00〜
申込:参加者全員のお名前・学年(年齢)・連絡先を11月1日
(金)〜前日までに、電話:075-641-0911、FAX:075-641-0912、
HP、または京エコロジーセンターに来館し、お申込下さい。
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2013/11/post-127.php

○ひとときフェスタ〜まちで森とつながる暮らし〜
今年も開催!みんなであそびに来てね♪
日時:11月23日(土・祝)10:00〜16:00
「ひととき」とは、「人」と「木」のこと。
「エコというと「木を伐ってはいけない」と思われがちです
が、日本には人が植えて、育てて、使うことで元気になる森
がたくさんあります。そして、その森は二酸化炭素(CO2)を吸
収し、地球温暖化の防止になるのです!「ひとときフェスタ」
では、楽しい木工作や、森を身近に感じられる体験ブース、
おいしい森のごはんなど、まちで森とつながる暮らしのため
のヒントがいっぱい!ぜひみなさんでお越しください♪
対象:どなたでも
参加費:無料(※ブースにより一部有料)
申込:不要
★詳細は以下HPにて随時UPしていきます!お楽しみに♪
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2013/08/post-136.php

詳しくは以下をご覧ください
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○京都生協2店舗の屋根で、市民出資による太陽光発電を設
置・運営します!
「市民エネルギー京都」は、新たに、京都生活協同組合と協
定を結び、府内2箇所の店舗の屋根を20年間お借りして、太
陽光発電を設置し、設置費用の一部を出資によって皆さんの
お力を借りてまかないます。
出資募集につきましては、ミュージックセキュリティーズ株
式会社により10月31日より行います。
出資募集はインターネットで行われます。募集ページはこち
らです。
http://www.securite.jp/energy/
また、本事業は、京都府の推進する「府民力活用プチ・ソー
ラー発電支援事業」を活用した取り組みの第1号となります。
総事業費:2994万円
市民出資:750口(1口1万円)10年償還
金融機関借入:2244万円(予定)
なお、本日より11月17日までの期間は、京都府民の方を優
先してお申し込みを受け付けます。京都府外の方はあしから
ずご了承ください。
<出資説明会のご案内>
11月14日(木)10:00〜12:00アピカルイン京都(叡山電鉄修学
院駅西へ5分)にて
11月14日(木)14:00〜16:00城陽市南部コミュニティセンタ
ーにて(アルプラザ城陽より西へ徒歩5分)
<わたしたちが太陽光発電を設置する施設>
・コープ下鴨(京都市左京区下鴨高木町)
発電出力31.7kW、年間計画発電量約 32400kWh
・コープ城陽(城陽市寺田林ノ口)
発電出力49.5 kW、年間計画発電量約 51600kWh
事業についてのお問い合わせ:info@kyoto-renergy.org
またはTEL:075−708−5949(市民エネルギー京都)まで

詳しくは以下をご覧ください
市民エネルギー京都
http://kyoto-renergy.org/?p=261

○KES倶楽部ビジネスマッチングフェア
昨年3月に開催してご好評をいただいた、ビジネスマッチン
グフェアを、今年も11月8日に開催します。
KES倶楽部会員様の展開されている事業や技術・ノウハウ・
ワザなどを持ち寄り、会員相互の交流、学びあいを通じて事
業のネタにしていただけるような相互交流、ご相談などの場
を展示会という形で実施するものです。
当日のご来場をお願い申し上げます。
日時:11月8日(金)10:00〜16:00
場所:京都工業会館 地下展示場
http://www.kyokogyo.or.jp/shokai/kotsu.cfm
出展者:KES登録事業所、環境活動団体・事業者20社余出展
予定
内容:
・出展団体展示ブース
・環境セミナー「KES講師によるセミナー」
11:00〜11:45「KES活動を長く継続させるために」
講師 岸孝雄(KES理事)
・事例発表会「KES登録組織2社による事例発表」
13:30〜14:15活動事例発表(1) (株)王将フードサービス様
14:30〜15:15活動事例発表(2) (有)本杉工機様
主催:KES倶楽部
後援:特定非営利活動法人KES環境機構、京都府、京都市、
京都商工会議所、京都工業会、京エコロジーセンター、京の
アジェンダ21フォーラム
問合せ:特定非営利活動法人KES環境機構 事務局
TEL:075-321-4767 / FAX:075-322-6901
E-mail:kes-ems@keskyoto.org

詳しくは以下をご覧ください。
KES環境機構
http://www.keskyoto.org/

○第7回生物多様性協働フォーラム
いのちにぎやか、文化ゆたか。〜いのちと文化の共鳴をよみ
がえらせる〜
第7回を迎える今回は「自然と文化のつながり」に注目し、
既存の枠組みを超えた新たな連携や、市民や企業の参画のあ
り方を意見交換し、京都から文化に関わる生物多様性の価値
を発信します。また、フォーラムの開催と合わせて京都劇場
内において、市民団体、企業博物館、大学等の20以上の団体
から、京都の生物多様性・文化保全の取組を紹介するブース
を出展いただきます。
日時:12月21日(土)13:00〜17:15(11:30開場)
会場:京都劇場(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る 京都
駅ビル内)
参加費:無料
定員:600名(事前申込、先着順)
申込締切:12月20日(金)12時
[内容]
講演「伝統文化と生物多様性〜自然の恵みに支えられる京文
化〜」濱崎加奈子氏(公益財団法人有斐斎弘道館館長/「連」
代表)
講演「絵画のなかの動物たち〜花鳥画の魅力〜」佐藤潤氏(鳥
獣画家)
事例報告 吉岡幸雄氏(染司よしおか)、塩澤実氏(茅葺屋代
表)、杉本節子氏(料理研究家)、久山喜久雄氏(法然院森のセ
ンター)
パネルディスカッション「京文化を支える生物多様性の保全
と活用に向けて」
パネリスト:深町加津枝氏(京都大学地球環境学堂准教授)、
湯本貴和氏(京都大学霊長類研究所教授)、西田貴明氏(三菱
UFJリサーチ&コンサルティング(株) 副主任研究員/徳島大学
環境防災研究センター客員准教授)、吉岡幸雄氏、塩澤実氏、
杉本節子氏、久山喜久雄氏(事例報告者)
コーディネーター:佐久間大輔氏(大阪市立自然史博物館主任
学芸員)
主催:生物多様性協働フォーラム事務局(三菱UFJリサーチ&
コンサルティング株式会社、兵庫県立人と自然の博物館、特
定非営利活動法人西日本自然史系博物館ネットワーク)
共催:京都府、京都市
問合せ:三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事
業本部研究開発第2部(西田貴明、永井克治)
〒530-8213 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA19F
TEL:06-7637-1480 / E-mail:bio-kansai@murc.jp

詳しくは以下をご覧ください。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_131024

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2013年11月号(No.46)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2013年11月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 11:19| 定期発行物