2013年12月09日

第7回生物多様性協働フォーラム

いのちにぎやか、文化ゆたか。〜いのちと文化の共鳴をよみがえらせる〜

第7回を迎える今回は「自然と文化のつながり」に注目し、既存の枠組みを超えた新たな連携や、市民や企業の参画のあり方を意見交換し、京都から文化に関わる生物多様性の価値を発信します。また、フォーラムの開催と合わせて京都劇場内において、市民団体、企業博物館、大学等の20以上の団体から、京都の生物多様性・文化保全の取組を紹介するブースを出展いただきます。

日時:2013年12月21日(土)13時00分〜17時15分(11時30分開場)
会場:京都劇場(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る 京都駅ビル内)
参加費:無料(事前申込、定員600名、先着順、申し込み〆切:12月20日(金)12時)
内容:
挨拶 山田啓二(京都府知事)、門川大作(京都市長)
講演 濱崎加奈子(公益財団法人有斐斎弘道館館長/「連」代表)
「伝統文化と生物多様性〜自然の恵みに支えられる京文化〜」
   佐藤潤(鳥獣画家)
「絵画のなかの動物たち〜花鳥画の魅力〜」
事例報告 吉岡幸雄(染司よしおか)、塩澤実(茅葺屋代表)、杉本節子(料理研究家)、久山喜久雄(法然院森のセンター)
パネルディスカッション 「京文化を支える生物多様性の保全と活用に向けて」
【パネリスト】
 深町加津枝(京都大学地球環境学堂 准教授)
 湯本貴和(京都大学霊長類研究所 教授)
 西田貴明(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 副主任研究員/
 徳島大学環境防災研究センター 客員准教授)
 吉岡幸雄、塩澤実、杉本節子、久山喜久雄(事例報告者)
【コーディネーター】
 佐久間大輔(大阪市立自然史博物館 主任学芸員)
挨拶 藤井 秀延(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 取締役社長)

主催:生物多様性協働フォーラム事務局(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、兵庫県立人と自然の博物館、特定非営利活動法人西日本自然史系博物館ネットワーク)
共催:京都府、京都市
協力:環境省、国際自然保護連合(IUCN)日本委員会、一般財団法人CEPAジャパン、地球環境関西フォーラム、生物多様性かんさい、大阪市立自然史博物館、滋賀県立琵琶湖博物館、京都大学生態学研究センター、徳島大学環境防災研究センター、京都府立大学、京都府立植物園、京都市動物園、株式会社サステナ、京都駅ビル開発、三菱東京UFJ銀行
後援:公益社団法人関西経済連合会、関西広域連合、生物多様性民間参画パートナーシップ、京都水族館、KBS京都、α-STATION、エフエム京都、京都新聞社、京都新聞COM

【お申し込み方法】
以下、webサイト お申し込み専用ページよりお申し込みください。
お申し込みURL:http://www.murc.jp/forum/BDC.html

お問合せ:三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
政策研究事業本部 研究開発第2部 西田貴明、永井克治
〒530-8213 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA19F
TEL 06-7637-1480
E-mail bio-kansai@murc.jp

詳しくは以下をご覧ください。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_131024

chirashi_ページ_1.jpg
posted by アジェンダ at 10:52| 他団体からの情報