2013年12月02日

京えこめる 2013年12月号(No.47)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2013年12月号
                       No.47
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○京都環境フェスティバルに出展します
◆京都市からのお知らせ
 ○「京都市エネルギー政策推進のための戦略」骨子案に関
 する市民意見募集の実施について
 ○サン(エネルギー)発(電屋根貸し制度)しませんか?
◆京エコロジーセンターから12月のイベントのお知らせ
 ○風呂敷でおしゃれなエコをしよう!
◆その他のお知らせ
 ○みんなでおひさま発電所をつくろう!2013年度おひさま
 基金助成事業募集のご案内
 ○ワルシャワ会議(COP19/CMP9)報告会〜温暖化防止の新枠
 組み合意に向けて〜
 ○東本願寺 渉成園(枳穀邸)初冬の自然観察会
 ○「みんなでごみ減量」実践講座(市民講座)大量リサイク
 ルから2Rへ−容器包装ごみを考えるシンポジウムin京都
 ○第7回生物多様性協働フォーラム

◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都環境フェスティバルに出展します
「京都環境フェスティバル」は、府内の各地域で活動するNPO
や学校、企業等が出展し、環境について楽しみながら、学び
考えることができる参加・体験型イベントとして、平成2年
度から実施しています。
今年度は、工作体験・発電体験・クイズ・ゲームなど様々な
趣向を凝らした「環境展示・体験型ブース」と併せて、食を
通じて環境を考える「地産地消「京の朝市」・エコグルメブ
ース」を展開します。
京のアジェンダ21フォーラムも出展しますので、ぜひ、ご来
場ください。
日時:12月14日(土)、15日(日)10:00〜16:00
場所:京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)
(京都市伏見区竹田鳥羽殿町5)
主催:京都府、京と地球の共生府民会議、京都府地球温暖化
防止活動推進センター

詳しくは以下をご覧ください。
京都環境フェスティバル
http://www.pref.kyoto.jp/kankyofes/

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
------------------------------------------------------
○「京都市エネルギー政策推進のための戦略」骨子案に関す
る市民意見募集の実施について
京都市は、市民、事業者に最も近い基礎自治体であり、また、
エネルギーの大消費地として、エネルギー政策に積極的に取
り組む責務があることから、「市民の安心・安全」、「市民
生活、経済活動、雇用」、「低炭素社会の構築」等、総合的
な観点を踏まえ、本市が推進すべきエネルギー政策の方向性
を示す「京都市エネルギー政策推進のための戦略」の策定に
取り組んでいます。
この度、「京都市エネルギー政策推進のための戦略」骨子案
について、市民の皆様から御意見を募集しますので、お知ら
せします。
募集期間:11月15日(金曜日)〜12月16日(月曜日)
提出方法:郵送、持参、FAX、電子メール又は京都市ホームペ
ージ内の意見送信フォームのいずれかの方法により提出して
ください。様式は自由です。リーフレットに添付の「御意見
記入用紙」を御利用いただくこともできます。
意見送信フォームについては、京都市情報館(京都市ホーム
ページ)の市民意見募集のホームページから御利用いただけ
ます
なお、電話では受け付けておりませんので、御了承ください。
リーフレットの配布場所:市役所案内所、情報公開コーナー、
各区役所・支所等で配布します。
※ 京都市ホームページからもダウンロードできます。
応募・お問合せ先:京都市環境政策局 地球温暖化対策室
〒604−8571(住所の記載は不要)
電話:075-222−4555 / FAX:075-211−9286
電子メール:ge@city.kyoto.jp
ホームページ: http://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/kankyo/0000158588.html

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000158709.html

○サン(エネルギー)発(電屋根貸し制度)しませんか?
再生可能エネルギーの更なる普及を図るため、学校など市有
施設の屋根を最大限に活用し、民間の事業者に貸し出す「太
陽光(サンエネルギー)発電屋根貸し制度」(サン発)を創設し
ました。今回、この制度を実施していただく運営主体を公募
しますので、お知らせします。概要は以下のとおりです。
応募書類の提出:12月12日(木)〜12月18日(水)
設置施設:市有施設31箇所
屋根の使用料:提案のあった額に基づき、市が決定
社会貢献:(例)地域での環境学習会の開催、災害時の施設へ
の電力供給
問合せ・御質問:京都市環境政策局地球温暖化対策室 太陽
光発電屋根貸し制度担当
TEL:075-222-4555 / FAX:075-211-9286
電子メールアドレス:ge@city.kyoto.jp

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000158346.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから12月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○風呂敷でおしゃれなエコをしよう!
〜「ふろしきの包み方教室」と「エコな話」〜
楽しいふろしきの包み方を学んでみよう♪あなたの好きな包
み方が見つかるかも!?可愛いふろしきも登場するよ♪
開催日時:12月7日(土) 13:30〜15:30
プログラム1:ふろしきの包み方教室
プログラム2:エコな話〜ごみ減量な極意〜
対象:どなたでも(小学3年生以下保護者同伴)
参加費:無料
持ち物:ふろしき・リユースビン・ティッシュ箱(なくても大
丈夫です)
定員:24名
企画・運営:京エコロジーセンター 環境ボランティアグル
ープ ♪エコロジーカフェ♪の会
申込方法:参加者全員のお名前・学年(年齢)・連絡先をTEL:
075-641-0911 / FAX:075-641-0912、または来館にて京エコ
ロジーセンターまでお申込ください。
申込の期限: 2013年12月7日(土)

詳しくは以下をご覧ください
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○みんなでおひさま発電所をつくろう!2013年度おひさま基
金助成事業募集のご案内
認定NPO法人きょうとグリーンファンドは、2000年から、地
域にひらかれ、多くの人が集まる施設に自然エネルギー(太
陽光)による市民共同発電所の設置事業「おひさまプロジェ
クト」を進めてきました。
この度、きょうとグリーンファンドと共同で「おひさまプロ
ジェクト」を進めていただけるパートナーを募集します。
広く一般に寄付を募るとともに、費用の一部をきょうとグリ
ーンファンドおひさま基金より助成します。
申込み期間:2013年11月1日〜2014年1月31日
応募方法:申請書に必要事項を記入の上、郵送、FAX、又は
メールで、認定NPO法人きょうとグリーンファンドに、お申
込みください。
[応募要件]
・環境問題に関心を持ち、自主的に継続して環境活動に取り
組んでいただけること。
・京都市内及び京都府下にある、地域にひらかれ、多くの人
が集まる施設であること。(法人、個人は問いません。)
・設置する建物の形状が、太陽光パネル設置(出来れば10kW
以上)に適していること。
・きょうとグリーンファンドの事業に対してご理解、ご協力
いただけること。
・一定の自己資金を調達できること。
選考方法:きょうとグリーンファンド内の選考委員会で、申
し込み順に順次選考し決定いたします。なお、ヒアリングと
現地調査を実施することがあります。ご不明の点については
ご相談ください。専門家のアドバイスを受けることもできま
す。
お申込み・お問合せ:認定NPO法人きょうとグリーンファン
ド事務局(火曜日から金曜日13:00〜17:00)
〒600-8191 京都市下京区五条高倉角堺町21番地 事務機
のウエダビル206
TEL/FAX 075-352-9150 E-mail:info@kyoto-gf.org
URL:http://www.kyoto-gf.org

詳しくは以下をご覧ください。
きょうとグリーンファンド
http://www.kyoto-gf.org/

○ワルシャワ会議(COP19/CMP9)報告会〜温暖化防止の新枠組
み合意に向けて〜
ポーランドのワルシャワで11月に開催される国連気候変動
枠組条約第19回締約国会議(COP19/CMP9)。会議に参加した研
究者、NGOメンバーによる現場からの報告をもとに、温暖化
交渉の行方を考えます。温暖化交渉に関心のある市民、研究
者、自治体、メディア、学生、地球温暖化防止活動推進員の
みなさま、ぜひご参加ください。
日時:12月3日(火)18:30〜20:45(受付開始18:15)
会場:ハートピア京都 第5会議室(京都市中京区)
対象:温暖化の国際交渉に関心のある市民、自治体、メディ
ア、NGO/NPO、研究者、学生、事業者、地球温暖化防止活動推
進員など(どなたでもご参加いただけます)。
参加費:500円(気候ネットワーク会員は無料)
*当日入会いただければ参加費は無料となります。
内容:
・基調講演「ワルシャワ会議の結果と今後の課題」
高村ゆかり氏(名古屋大学大学院環境学研究科教授)
・報告「NGOが見たワルシャワ会議〜日本が今後すべきこと
〜」浅岡美恵(気候ネットワーク代表)
・質疑応答
お申込:下記URLより、ウェブ上でお申込みいただけます。
http://bit.ly/Kiko20131203
あるいは、下記を添えて、メール、FAXなどでお申込下さい。
(1)お名前(ふりがな)、(2)メールアドレス、(3)気候ネットワ
ーク会員種別(会員・非会員・当日入会予定)、(4)本イベント
を知ったきっかけ、(5)本イベントの参加理由、(6)ご所属な
ど、(7)ご質問やメッセージなど。
お問合せ:認定NPO法人気候ネットワーク
事務所:〒604-8124京都市中京区帯屋町574 高倉ビル305
Tel:075-254-1011 / FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org

詳しくは以下をご覧ください。
気候ネットワーク
http://www.kikonet.org/event/20131203.html

○東本願寺 渉成園(枳穀邸)初冬の自然観察会
東本願寺の飛地境内の渉成園(枳殻邸)で生き物のこと、触れ
て、感じて、体験してみませんか?
わずかなひととき、楽しい時間を過ごしましょう!
日時:12月7日(土)9:30受付開始10:00〜12:00
場所:渉成園(枳殻邸) 京都市下京区下珠数屋町通間之町東入
東玉水町
参加費:500円
小雨決行(雨具をご持参ください)
講師:板倉 豊 氏(いたくら・ゆたか)
京都自然教室事務局長、きょうとグリーンファンド理事長
自然観察指導員、森林インストラクター、ネイチャーゲーム
指導員
著書『環境教育学への招待』(ミネルヴァ書房)ほか多数
現在、京都精華大学人文学部 総合人文学科 大学院 人文学研
究科 教授
[プログラム]
★渉成園(枳殻邸)にすむ生き物探検隊
★渉成園(枳殻邸)の植物たちについて学んでみよう
★みんなで渉成園(枳殻邸)の再発見!
★自分だけの立体植物図鑑(CDケースで)をつくりましょう!
主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援:京のアジェンダ21フォーラム
申込先 東本願寺 御修復事務所
TEL:075-371-9209(平日のみ9:00〜17:00)/FAX:075-371-9222
メール:zaimu@higashihonganji.or.jp
(ファックス・メールについては、参加者名・人数・連絡先明
記でお願いします。)

詳しくは以下をご覧ください。
http://ma21f.sblo.jp/article/81330063.html

○「みんなでごみ減量」実践講座(市民講座)
大量リサイクルから2Rへ−容器包装ごみを考えるシンポジ
ウムin京都−
★容器包装の2Rに、最先端で取り組む3名が登壇!
・京都府立大学 山川肇氏
・流通環境経営研究所 上山静一氏(元イオンリテール(株)
常務取締役、環境・社会貢献担当)
・容器包装の3Rを進める全国ネットワーク 運営委員 中井
八千代氏
主催:京都市ごみ減量推進会議・容器包装の3Rを進める全国
ネットワーク・特定非営利活動法人環境市民
日時:12月10日(火)13:30〜16:30(終了予定)
場所:京都市消費生活総合センター研修室(京都市 烏丸御池
東南角)
参加費:無料
その他詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
申込・問合せ先:京都市ごみ減量推進会議 事務局
TEL:075-647-3444 / FAX:075-641-2971
Mail:gomigen@kyoto-gomigen.jp
ウェブサイト:http://kyoto-gomigen.jp/

詳しくは以下をご覧ください。
京都市ごみ減量推進会議http://kyoto-gomigen.jp/works/47.html

○第7回生物多様性協働フォーラム
いのちにぎやか、文化ゆたか。〜いのちと文化の共鳴をよみ
がえらせる〜
第7回を迎える今回は「自然と文化のつながり」に注目し、
既存の枠組みを超えた新たな連携や、市民や企業の参画のあ
り方を意見交換し、京都から文化に関わる生物多様性の価値
を発信します。また、フォーラムの開催と合わせて京都劇場
内において、市民団体、企業博物館、大学等の20以上の団体
から、京都の生物多様性・文化保全の取組を紹介するブース
を出展いただきます。
日時:12月21日(土)13:00〜17:15(11:30開場)
会場:京都劇場(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る 京都
駅ビル内)
参加費:無料
定員:600名(事前申込、先着順)
申込締切:12月20日(金)12:00
[内容]
講演「伝統文化と生物多様性〜自然の恵みに支えられる京文
化〜」濱崎加奈子氏(公益財団法人有斐斎弘道館館長/「連」
代表)
講演「絵画のなかの動物たち〜花鳥画の魅力〜」佐藤潤氏(鳥
獣画家)
事例報告 吉岡幸雄氏(染司よしおか)、塩澤実氏(茅葺屋代
表)、杉本節子氏(料理研究家)、久山喜久雄氏(法然院森のセ
ンター)
パネルディスカッション「京文化を支える生物多様性の保全
と活用に向けて」
パネリスト:深町加津枝氏(京都大学地球環境学堂准教授)、
湯本貴和氏(京都大学霊長類研究所教授)、西田貴明氏(三菱
UFJリサーチ&コンサルティング(株) 副主任研究員/徳島大学
環境防災研究センター客員准教授)、吉岡幸雄氏、塩澤実氏、
杉本節子氏、久山喜久雄氏(事例報告者)
コーディネーター:佐久間大輔氏(大阪市立自然史博物館主任
学芸員)
主催:生物多様性協働フォーラム事務局(三菱UFJリサーチ&
コンサルティング株式会社、兵庫県立人と自然の博物館、特
定非営利活動法人西日本自然史系博物館ネットワーク)
共催:京都府、京都市
問合せ:三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事
業本部研究開発第2部(西田貴明、永井克治)
〒530-8213 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA19F
TEL:06-7637-1480 / E-mail:bio-kansai@murc.jp

詳しくは以下をご覧ください。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_131024

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2013年12月号(No.47)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2013年12月2日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 15:33| 定期発行物