2014年02月01日

京えこめる 2014年2月号(No.49)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2014年2月号
                       No.49
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○未来フェスタ京都2013〜科学×エコ〜
◆京都市からのお知らせ
 ○DO YOU KYOTO?ウィーク
 ○第5回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式・京都環境文化
 学術フォーラム
◆京エコロジーセンターから2月のイベントのお知らせ
 ○アフリカの布で遊ぼう!
 ○第10回京都・環境教育ミーティング
◆その他のお知らせ
 ○水銀条約セミナーin京都
 ○キョウトミライ今日と未来を繋ぐエネルギーとお金の話
 ○第2回ペレットストーブユーザー懇談会「京都ペレット
 4年生」
 ○グリーンコンシュ-マ-全国一斉店舗調査をやろう準備会
 ○地域からの挑戦〜再生可能エネルギー拡大から持続可能
 な地域社会創造に向けて〜(京都会場)
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○未来フェスタ京都2013〜科学×エコ〜
今年のテーマは「未来は自分でつくる!」科学と環境をテーマ
に、親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!これからの未来
をみんなで考えてみよう!
内容:エコに関する展示や,エコと科学の関係を親子で楽し
める体験型ブースの出展(約15ブース)京エコロジーセンタ
ーのイメージキャラクター「ちきゅまる」も登場します♪
京のアジェンダ21フォーラムKESCからは環境エネルギーチ
ーム、おひさまチームが出展します。環境エネルギーチーム
は、風力カーやソーラーカー等の自然エネルギーを使ったお
もちゃのレースや体験を行います。おひさまチームは環境に
ついて考える、環境かみしばいの上演を行います。
是非この機会にお越し下さい。
開催日時:2月15日(土)10:00〜16:00
対象:どなたでも
入場無料、ブースにより一部有料(工作、飲食販売等)
申込不要(当日先着順・ブースにより数に限りがあります)
主催:京エコロジーセンター・京都市青少年科学センター・
京都市ごみ減量推進会議・京のアジェンダ21フォーラム

詳しくは以下をご覧ください
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/01/2013.php

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
○DO YOU KYOTO?ウィーク
京都市では、京都議定書誕生の地の誇りと責務のもと、「DO
YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」を合言葉に、
環境にやさしい取組をオール京都で推進するため、京都議定
書が発効した2月16日にちなんで、毎月16日を「DO YOU
KYOTO?デー(環境に良いことをする日)」と定め、環境にやさ
しい取組を推進しています。
昨年12月に「京都市エネルギー政策推進のための戦略」を策
定したことと、京都マラソンが「DO YOU KYOTO?」をメイン
コンセプトに、環境に配慮した大会を目指して2月16日に開
催されることを契機として、「DO YOU KYOTO?」の行動の輪
を広げるために、京都マラソンの開催日の概ね前後1週間を
中心に、環境にやさしい行動の実践を市民・事業者に呼びか
ける「DO YOU KYOTO?ウィーク」を新たに実施しますので、
お知らせします。
期間:2月11日(火・祝日)〜2月23日(日)
※2月11日開催の京都太陽エネルギーフェア(1月20日発表
済み)をキックオフとし、2月23日開催の第5回「KYOTO地球
環境の殿堂」表彰式・京都環境文化学術フォーラム(昨年12
月16日発表済み)をゴールとした期間
★呼びかける主な環境配慮行動
1)ノーマイカーデー等、公共交通の利用やライトダウン等
2)省エネ(冬の節電)・創エネ(再生可能エネルギーの活用)の
実践(京都太陽エネルギーフェアの開催等)
3)ごみの減量(生ごみ3キリ運動、マイバッグ持参等)
★取組内容
1)京都マラソン(2月16日)及び関連イベントとの連携
・プレイベント「おこしやす広場」(2月14・15日、みやこめ
っせ)での啓発。DO YOU KYOTO?ブースを出展するとともに、
京都市「DO YOU KYOTO?」大使である「DO YOU KYOTO?ネッ
トワーク」によるいけばなや能等の舞台パフォーマンスを実
施(2月15日)。
・「DO YOU KYOTO?クレジット」の活用
京都マラソンの開催に伴い、みやこめっせでの電力使用、ご
み、車両移動、印刷物の作成に関するCO2の排出量をオフセッ
トする(平成24年度クレジット活用実績12.8トン)とともに、
「おこしやす広場」にブース出展し、マラソン参加者に当日
市内移動相当分のCO2排出量をオフセットする協力金(オフセ
ット募金)を呼びかける。
2)京都太陽エネルギーフェアの開催(2月11日京都産業会館)
太陽光発電システムや省エネ家電の普及拡大に向け、機器の
展示や相談事業等を実施。
3)第5回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式・京都環境文化学
術フォーラム(2月22日・23日、国立京都国際会館)を通じた
啓発
4)未来フェスタ京都の開催(2月15日京エコロジーセンター)
京エコロジーセンターが省エネ相談や使用済み天ぷら油・紙
パックのリサイクル等、地球温暖化対策に関する事業を実施。
5)広報媒体を通じた「DO YOU KYOTO?ウィーク」の周知
チラシやホームページ等で環境配慮行動を市民に広く呼びか
ける。
6)事業者(1万社程度)へのノーマイカーデー等、公共交通利
用促進やライトダウン等の呼びかけ
チラシを配布し、DO YOU KYOTO?デーにおけるノーマイカーデ
ー等の取組の実践について、事業者の賛同を得る。
★バス・地下鉄一日乗車券等利用者への記念品贈呈
公共交通の利用を促進するため、期間中、市バス・地下鉄一
日乗車券、京都フリーパス、京都観光一日(二日)乗車券、京
都地下鉄・嵐電1dayチケット、トラフィカ京カード(裏面に
使用年月日が印示され、主に市内を運行する交通機関のもの)
を利用された方を対象に抽選でトラフィカ京カード(3000円
券を15名に)又は京都フリーパス(2000円券を5名に)を進呈。
[応募方法]住所、氏名、電話番号、希望する記念品を記載し、
期間中に京都市内で使用したことが確認できる上記の使用済
み乗車券等を同封して、3月3日(月)までに地球温暖化対策
室へ郵送(必着)。
※応募条件や留意点等は、2月上旬発行予定のチラシ等で御
確認ください。
問合せ・応募先:〒604-8571(住所の記載は不要)
京都市環境政策局地球温暖化対策室
「DO YOU KYOTO?」プロジェクト推進担当 宛て
TEL:075-222-4555 / FAX:075-211-9286
電子メール:ge@city.kyoto.jp

詳しくは以下をご覧ください
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000162063.html

○第5回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式・京都環境文化学
術フォーラム
この度、「京都議定書」誕生の地である京都の名のもとに、
世界で地球環境の保全に著しい貢献をした方々の顕彰を行う
第5回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び国内外の第一線
で活躍する学識経験者による「京都環境文化学術フォーラム」
を下記のとおり開催します(参加費無料)。
・第5回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式 
日時:2月23日(日)13:00〜14:00(予定)
場所:国立京都国際会館 メインホール(定員:1,000名)
内容:殿堂入り者表彰式(認定証授与,記念品贈呈)、殿堂入
り者記念スピーチ
主催:「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会(京都府、京都市、
京都商工会議所、環境省、人間文化研究機構 総合地球環境
学研究所、(公財)国立京都国際会館、(公財)国際高等研究所)
[第5回殿堂入り者]
宮脇 昭氏(公益財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学
センター長)
土地に在来種の樹木を密集させて植え込み、植物の持つ競争
力を活かしながら緑を増やす植樹方法「宮脇方式」を提唱。
国内外1,700箇所以上で森の再生に取り組み、環境保全に関
する活動を実践。
・京都環境文化学術フォーラム
主催:京都環境文化学術フォーラム(京都府、京都市、京都大
学、京都府立大学、人間文化研究機構 総合地球環境学研究所、
人間文化研究機構 国際日本文化センター)
[スペシャルセッション]
<テーマ>山を守り、青い海(水)を育む…世代を超えて。〜
グローバルコモンズを目指して〜
日時:2月22日(土)14:00〜17:00(予定)
場所:国立京都国際会館 Room D(定員:100名)
内容:パネルディスカッション
畠山 信氏(NPO法人 森は海の恋人 副理事長)
吉野 奈保子氏(NPO法人 共存の森ネットワーク 事務局長)
内海 真弓氏(林業女子会@京都 代表)
阿部 健一氏(総合地球環境学研究所 教授)
[国際シンポジウム]
<テーマ>きょうから考える森(みどり)と地球(あお)の未来
〜グローバルコモンズを目指して〜
日時:2月23日(日)14:30〜17:00(予定)
場所:国立京都国際会館 メインホール(定員:1,000名)
内容:第5回殿堂入り者記念講演(宮脇 昭氏)
パネルディスカッション
パネリスト:宮脇 昭氏(第5回殿堂入り者)、ワンジラ・マー
タイ氏(ワンガリ・マータイ平和と環境学研究所理事)
コーディネーター:井上章一氏(国際日本文化研究センター
副所長)
申込期限:2月19日(水)
http://earth-kyoto.jp/ からお申込みいただけます。
お問合せ先:京都市環境政策局地球温暖化対策室
TEL:075-222-4555 E-MAIL:ge@city.kyoto.jp(担当:青島)

詳しくは以下をご覧ください。
KYOTO 地球環境の殿堂 表彰式・京都環境文化学術フォーラム
http://earth-kyoto.jp/

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから2月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○アフリカの布で遊ぼう!
Ecology × International〜えこいん話〜vol.3
アフリカの布を題材に、国際協力×エコなお話や、布を使った
クラフト体験、民族衣装体験などを行います。アフリカの布を
通じた国際協力とエコなお話、 アクセサリー作りで自立を目
指す国際協力とエコなお話をします。 また、実際にアフリカ
の布きれを使って簡単な小物等も作成します。1枚の布きれか
ら、世界やエコのこと、考えてみませんか?
日時:2014年2月9 日(日)13:00〜17:00(時間中随時開催)
対象:どなたでも(事前申し込み不要)
参加費:無料
主催:京エコロジーセンター、京都市職員国際協力研究会
arco iris(アルコイリス)/共催:NPO法人 テラ・ルネッサン
ス/後援:JICA 関西
会場:京エコロジーセンター(1 階・シアター)
[プログラム]えこいん話(Ecology × Internationalなお話)
・「アフリカの布」を通じた国際協力とちょっとエコなお話 
1)14:00 〜 2)16:00 〜(各回20分)
スピーカー:村上敦子さん(京都市職員国際協力研究会 arco
iris/青年海外協力隊経験者・2010〜2012年・ブルキナファ
ソ・家政) JICA 青年海外協力隊として、廃棄物になってしま
う市場の余り布(端切れ)に着目、有効活用し、現地の女性が
現金収入を得るための支援を行った活動体験談の紹介。
・「アクセサリー作りで自立を目指す」国際協力とちょっと
エコなお話 1)15:00〜(20分)
スピーカー:栗田佳典さん(NPO 法人テラ・ルネッサンス)海
外NGOとして、ウガンダの元子ども兵を対象に行っている服
の仕立て技術や古紙を利用したペーパービーズづくりの職業
訓練の活動紹介。
★アフリカの布を使った簡単なクラフト体験(時間中随時開
催)アフリカのカラフルな布を使った、コラージュ栞やシュシ
ュ、布や紙でできたビーズのアクセサリー等を作ります。
※材料がなくなり次第終了いたします。ご了承ください。
※一部、針と糸を使うものがあります。
★民族衣装体験(時間中随時開催) 主にアフリカの民族衣装
の試着をします。記念撮影もできます!※サイズ等、ご希望に
添えない場合がございます。ご了承ください。
★映像コーナー(時間中随時開催)イベントに関連する映像の
上映を行います。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

○第10回京都・環境教育ミーティング
2014年「京都・環境教育ミーティング」は10年目を迎えます。
また「国連持続可能な開発のための教育の10年(ESD-D)」の
締めくくりの年でもあります。この10年で「環境教育」は、
私たちの暮らしや生き方、そして社会のありようにどれだけ
変化をもたらすことができたのでしょうか。持続可能な社会
をつくるための価値観や行動について考え、今後10年を見据
えた環境教育のさらなる一歩を踏み出しましょう!
京都・環境教育ミーティングとは…環境教育や環境保全活動
に関心のある市民をはじめ,学生,NGO/NPO,事業者,教育・
行政関係者,環境学習施設関係者が京都に集い、日ごろの活
動を紹介して展望・課題を共有します。地域とのつながりや、
これからの環境教育について語り合います。課題解決に向け
た方策のひとつとして,相互のネットワークを広げます。様々
な事例発表・ワークショップ・交流を織り交ぜた「京都スタ
イル」のミーティングを行います。環境教育に携わる人々が,
これまで出会っていなかった人・団体・取組などとつながり,
日本・世界を元気にする場づくりを目指します。
日時:3月1日(土)9:30〜17:00(受付開始9:00)
場所:龍谷大学 深草キャンパス 2号館1・2階(〒612-8577 京
都市伏見区深草塚本町67)
対象・定員:どなたでも・300名(先着順)
参加費:無料 ※終了後、さらに交流を深めるため、懇親会
を予定!別途参加費(3,000円を予定)が必要です。
申込:FAXもしくは下記HP「申込フォーム」にて
主催:京エコロジーセンター
企画運営:第10回京都・環境教育ミーティング実行委員会

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/activity/activity03.html

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○水銀条約セミナーin京都
「水銀に関する水俣条約」が締結されました。この条約のも
とで、水銀の輸出入規制、水銀含有製品の適正処理、水銀の
管理保管システムの構築など、さまざまな取組みが進められ
ることになります。
今回のセミナーでは、水銀条約をふまえ、どのような取組み
をすすめるべきなのか、最新情報の共有、意見交換を行うこ
とをめざします。多数のご参加をお願いします。
日時:2月5日(水)13:30〜16:00まで
場所:登録会館2Fホール(京都市中京区烏丸御池上る東側
TEL:075-221-5856、地下鉄「からすまおいけ」1番出口)
[プログラム]
講演1「有害化学物質規制の国際的な動きについて」
講師 高村ゆかり(名古屋大学大学院環境学研究科)
講演2「水銀に関する水俣条約―交渉結果と今後の予定―」
講師 枝 礼子(経済産業省製造産業局化学物質管理課)
意見交換
定員:80名、参加自由、無料
主催:特定非営利活動法人コンシューマーズ京都(京都消団
連)/後援:一般社団法人蛍光管リサイクル協会
連絡先:TEL:075-251-1001
メール:syodanren@mc2.seikyou.ne.jp

詳しくは以下をご覧ください。
コンシューマーズ京都
http://consumers-kyoto.net/information/015597.php

○キョウトミライ〜今日と未来を繋ぐエネルギーとお金の話
今日と未来を繋ぐお金とエネルギーの話と題して、あの田中
優さんと豪華ゲストにお越し頂き、トークセッションを行い
ます。田中優さんのお話はとてもわかりやすく、普段エネル
ギーや暮らし方の事を聴く機会がない方にも、心と頭に届く
お話をしてくださいます。ぜひお気軽にお越しください!!
日時:2月8日(土)11:00〜14:00(開場10:40)
会場:キャンパスプラザ京都 4階第2講義室
参加費:無料
「エネルギーってなんだか難しいし、私一人が考えたところ
で何もかわらないんじゃない?」そんな風に考えてしまいがち
なエネルギー問題ですが,実は私たちの生活に多くの影響を
与えているのです。エネルギーの作り方を変えることで、お
金の流れや、雇用、過疎、森林保護、まちづくり、コミュニ
ティなどの問題も一緒に解決することは出来ないでしょうか。
エネルギーとお金をキーワードに、今日と未来をつなぐ道を
どんなものにするのが良いのかを考えてみませんか。田中優
さんをはじめ、市民協働発電所を立ち上げるなど京都市の再
生可能エネルギー普及の第一人者である市民エネルギー京都
代表の田浦健朗さんや、ロケットストーブ等の自然の恵みを
実生活に活用している松橋英祐さんをゲストに迎え、再生可
能エネルギーへ転換することで、京都のまちをどのように変
えていけるのかをトークセッションします。
[プログラム]
【第1部】田中優さんのお話(未来バンク事業組合 理事長)
「エネルギーとお金の流れを変える意味」
【第2部】パネルディスカッション
・都市部でできる、再生可能エネルギー
・京都という場所の持つポテンシャル
・今日と未来をつなぐために
スピーカー:田中 優氏(未来バンク事業組合 理事長)
田浦健朗氏(一般社団法人市民エネルギー京都 理事長)
松橋英祐氏(再生可能エネルギーのある自給自足の暮らし実
践家)
増田比呂氏(京都市未来まちづくり100人委員会 チーム4リ
ーダー)
コーディネーター:坂手明子・谷内口友寛
【第3部】 質問&意見交換タイム
申し込み方法:コクチーズ申し込みフォーム
http://kokucheese.com/event/index/138987/
主催者:京都市未来まちづくり100人委員会 チーム4 再エ
ネDoしてSプロジェクト
京都市未来まちづくり100人委員会 運営本部
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 烏丸ビル2階
Flag三条 NPO法人きょうとNPOセンター
URL http://kyo-mirai.jp/

詳しくは以下をご覧ください。
FB:https://www.facebook.com/events/458396747617095/

○第2回ペレットストーブユーザー懇談会「京都 ペレット 4
年生」
ペレット普及の場である、京都ペレット町家ヒノコがこれま
で取り組んできた、ペレットやストーブの普及に関わる事例
報告をさせていただくと共に関連する講演者のお話を聞きな
がら参加者の皆さまが自由に意見交換できる懇談会です。ペ
レットストーブへの疑問や不安を解決して炎のある暮らしの
楽しさをみんなで共有しませんか。ペレットストーブユーザ
ーの方はもちろん、ペレットストーブの導入を検討されてい
る方やご興味のある方のご参加も大歓迎です。皆さまのお越
しをお待ちしております。
日時:2月8日(土)14:00〜16:30
会場:ハートピア京都 ※駐車場はございませんので、公共
交通機関をお使いください。
参加費:無料(事前申し込みが必要です)/募集人数:50名
[内容] 1)挨拶 松田直子(株式会社Hibana 代表)
2)事例報告
「ペレットストーブアンケート結果報告」三井隆志(京都市)
「京都ペレットの宅配について」山田博彦氏(株式会社デリバ
リーサービス 代表取締役)
「ペレットストーブユーザー・ヒアリング報告」森 綾子(株式会社Hibana)
3)講演 「ペレットストーブ最前線」大蔵通孝氏(豊臣工業株
式会社代表取締役)
4)懇談会…自由にご意見を交換できる時間を設けております。
お申込・お問合せ:京都ペレット町家ヒノコ
お名前(フリガナ)・ご住所・TEL・FAX・メールアドレスをご
記載の上メールまたは電話、FAXにてお申し込みください。
E-mail:kyoto-pellet@hibana.co.jp
TEL:075-241-6038 / FAX:075-741-8023
主催:株式会社Hibana
共催:木粒会(京都ペレットを応援する会) / 後援:京都市
http://www.hibana.co.jp/pdf_src/kyoto_pellet_kondankai.pdf

詳しくは以下をご覧ください。
株式会社Hibana
http://www.hibana.co.jp/2014news/2014-news01.html

○グリーンコンシューマー全国一斉店舗調査をやろう準備会
「グリーンコンシューマー」は、環境を大切にした商品を選
ぶことで自らの生活をより豊かにし、そしてスーパーやメー
カーに影響を与え、社会を変えていくことができる活動です。
環境市民では、多くの人がグリーンコンシューマーな買い物、
暮らしがしやすい社会をめざし、スーパー等の店舗に環境に
配慮した製品があるか、店舗としてどのような取り組みをし
ているかなどを調べる全国一斉調査の準備を行います。はじ
めての方でも大丈夫です。暮らしの中から、環境を大切にし
た社会をつくっていきたい!という方はぜひご参加ください。
日時:2月15日(土)13:30〜16:00
※終了後、簡単な交流会(参加は任意)
場所:京都私学会館 中会議室302
定員:35人(先着順、申込必要) / 参加費;無料
対象:環境問題に関心はあるが、どのような行動が効果的な
のか迷っておられる方・環境や健康を大切にした、食べ物や
日用雑貨を選べる社会をつくっていきたい方・地域、企業、
学校などで、社会に影響力のある環境活動をしてみたい方
内容:グリーンコンシューマー活動とは
・簡易調査結果報告…2013年12月にスーパーを対象に行っ
た調査結果概要を紹介します。
・調査員が語る!調査をやってみて気づいたこと…12月の簡
易調査に参加した調査員が調査をして思ったこと、気づいた
ことを紹介します。
・全国一斉調査に向けた仮調査表作成…来年度実施する調査
項目などをつくってみましょう。
[参加者へのお願い]準備会で作成した調査表をもとに、スー
パーなどの店舗で「グリーンコンシューマー調査」を行いま
す。その調査に調査員として参加をお願いします。(京都市内
で実施。交通費有。2人一組で2店舗程度。調査員に大きな
負担はかけません。ご安心ください)
申込み:名前、ふりがな、連絡先電話番号、FAX、E-mail、住
所を明記の上、以下までお申し込みください。
申込先:NPO法人環境市民
TEL:075-211-3521(月〜金曜10:00〜18:00)FAX:075-211-3531
E-mail:li...@kankyoshimin.org
京都市中京区麩屋町通ニ条下る225 第二ふや町ビル405

詳しくは以下をご覧ください。
認定NPO法人環境市民
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=148

○地域からの挑戦〜再生可能エネルギー拡大から持続可能な
地域社会創造に向けて〜(京都会場)
持続可能な社会構築には、地域からの創意工夫あふれる取り
組みが全国各地で始められ、それが広がって面になっていき、
日本社会を変える力にしていく、というプロセスが重要です。
再生可能エネルギー拡大は、持続可能な地域社会構築のため
の大きな可能性を有しています。2012年7月のFIT開始以降、
国内では再生可能エネルギーの拡大がすすんでいますが、先
駆的に取り組んできた地域では今後の展開について様々な課
題に直面していることも事実です。
本フォーラムの目的では、先駆的実践者からの、取り組み経
緯、成功のポイント、今後地域でさらに展開するうえでの課
題などのプレゼンを踏まえ、地域主体の再生可能エネルギー
拡大と省エネ型都市の実現に向けた課題をブレイクスルーす
る方策などについて会場参加型の意見交流を行います。
日時:2月17日(月)10:00〜16:50
会場:コープイン京都 201号室(京都市中京区柳馬場蛸薬師
上ル井筒屋町411)アクセス:http://p.tl/jCC0
定員:60人 対象:地域主体の再生可能エネルギーに関心の
ある行政職員、市民の方
参加費:無料
プログラム(発表順は予定、講演テーマは仮題)
10:00〜10:05 開会、ガイダンス 
10:05〜10:55「町民債による町営太陽光発電事業」
講師:日南町住民課住民生活室室長 久城隆敏氏
11:00〜11:50「市民参加による再生可能エネルギー事業」
講師:宝塚市新エネルギー推進課課長 政処剛史氏
11:50〜12:50 昼食休憩
12:50〜13:40「事業者と自治体連携による再生可能エネルギー事業」
講師:ほうとくエネルギー株式会社副社長 志澤昌彦氏
13:45〜14:35「飯田市のエネルギー戦略について」
講師:飯田市地球温暖化対策課課長補佐 田中克己氏
14:40〜15:30「地域主体による出資型再生可能エネルギー事
業」
講師:一般社団法人市民エネルギー京都専務理事 伊東真吾氏
15:40〜16:40 意見交流
16:40〜16:50 事務連絡、閉会
意見交流コーディネーター:癘{育生(環境市民代表理事、環
境首都創造NGO全国ネットワーク代表幹事)
総合司会:下村委津子(環境市民理事、ecoパーソナリティ)
主催:環境首都創造NGO全国ネットワーク、環境首都創造ネ
ットワーク
参加申し込み方法:
・下記に必要事項を記入の上お申込みください。
・お申し込み受付は先着順とさせていただきますので、お早
めにお申込みください。
・複数人お申込みの場合は全員のご氏名を記入してください。
[申し込みフォーム]
参加会場:2/17京都会場・2/25新城会場(←該当するものを
残してください)
参加者氏名:/所属団体名・部署名:/ご住所〒:/TEL:/FAX:
E-mail:
お問合せ・申込先:環境首都創造NGO全国ネットワーク
604-0394 京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町225番地第
二ふや町ビル405号室 認定NPO法人環境市民内
TEL:075-211-3521 / FAX:075-211-3531
E-mail:office@eco-capital.net

詳しくは以下をご覧ください。
環境首都創造NGO全国ネットワーク
http://www.eco-capital.net/modules/new/index.php?page=article&storyid=213

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2014年2月号(No.49)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2014年2月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス
 ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 15:09| 定期発行物