2014年04月01日

京えこめる 2014年4月号(No.51)

―――――――――――――――――――――――――――
*****--------------------------------------------

京えこめる 2014年4月号
                       No.51
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○京都市内の再生可能エネルギーマップ
◆京都市からのお知らせ
 ○既存住宅の省エネリフォーム助成制度の創設について
 ○「京都市生物多様性プラン-生きもの−文化豊かな京都を
 未来へ−」の策定について
◆京エコロジーセンターから4月のイベントのお知らせ
 ○環境活動 助成金申請スキルアップ講座
 ○きょうのごはんに大感謝祭!〜地球とつながるみんなの
 暮らし〜
◆その他のお知らせ
 ○コープ下鴨発電所完成記念セミナー
 ○本願寺水道を歩こう
◆会員からの情報提供について

------------------------------------------------------
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
------------------------------------------------------
○京都市内の再生可能エネルギーマップ
京のアジェンダ21フォーラム再生可能エネルギーワーキン
ググループでは、2008年に作成した「きょうと自然エネルギ
ーマップ」の情報を更新し、新たに「京都市内の再生可能エ
ネルギーマップ」として公開しました。ぜひご活用ください。

詳しくは以下をご覧ください
京都市内の再生可能エネルギーマップ
http://ma21f.sblo.jp/article/88844015.html

------------------------------------------------------
◆京都市からのお知らせ
○既存住宅の省エネリフォーム助成制度の創設について
〜自立分散型エネルギー利用設備の設置費用の助成や木造住
宅の耐震改修助成も充実!〜
京都市では、数世代にわたり住み継ぐことができる住宅の普
及を促進するため、平成26年度から、既存住宅の省エネリフ
ォームに対する助成制度を創設します。
また、住宅の耐震化や太陽光発電等の自立分散型エネルギー
利用設備の設置に係る助成制度についても充実を図るととも
に、これらの助成制度の相談・申請窓口を「京(みやこ)安心
すまいセンター」に統合し、環境に優しく安全で快適な住ま
いづくりを総合的に支援する体制を整備しますので、下記の
とおりお知らせします。
1)既存住宅の省エネリフォーム助成制度について
注目ポイント:制度の使いやすさを重視し、窓の二重化や、
外壁への断熱材の設置工事など、住宅の省エネ性能が確実に
向上する工事に、定額を助成します。
2)木造住宅の耐震化支援事業について
充実ポイント:密集市街地や細街路における木造住宅につい
て、耐震改修工事と併せて一定の防火改修工事を行う場合、
補助額を最大30万円上乗せします。
3)自立分散型エネルギー利用設備設置助成制度について
充実ポイント:従来の太陽エネルギー利用設備(太陽光発電、
太陽熱利用)の助成について、上記1、2の事業と併用するこ
とで、助成額を増額するほか、助成対象設備に家庭用燃料電
池システム(エネファーム)や家庭用エネルギーマネジメント
システム(HEMS)を追加します。
4)各助成制度の事業説明会の開催について
上記1〜3の助成制度について、事業者向けの説明会を行いま
す。
日時・場所・定員:第1回 4月8日(火)18:30〜20:30
キャンパスプラザ京都第1講義室(下京区西洞院塩小路下る
東塩小路町939)定員250名
第2回 4月9日(水)18:30〜20:30
京都市北文化会館ホール(北区小山北上総町49番地の2キタ
オオジタウン内)定員400名(それぞれ当日先着順)
申込み:不要
問合せ:京都市都市計画局住宅室住宅政策課(電話:222-3666)
5)助成制度の申請窓口の統合について
住宅の省エネリフォーム助成制度、耐震化支援事業、自立分
散型エネルギー利用設備設置助成制度に関する相談・申請窓
口を「京(みやこ)安心すまいセンター」に統合します。
受付開始:4月14日(月)10:00
電話:075-744-1631(耐震・エコ助成ホットライン)

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000163868.html

○「京都市生物多様性プラン-生きもの-文化豊かな京都を未
来へ-」の策定について
京都のまちは、森林が市域の74%を占め、鴨川など多くの川
が織りなす山紫水明の自然に恵まれており、こうした自然の
恵みが、生物多様性を支える礎となるとともに、1200年続く、
歴史ある京都の安全で豊かな生活を支える基盤となってきま
した。
しかしながら、近年、三山の荒廃や固有生物の減少・絶滅等、
自然環境の保全や伝統文化の継承を揺るがすような生物多様
性の課題が発生する中、本市として体系的、総合的な取組の
推進が求められています。
本市では、京都ならではの自然環境や伝統文化を後世に受け
継いでいくため、このたび、目指すべき生物多様性保全の方
向性を示す「京都市生物多様性プラン」を策定しましたので、
お知らせします。
本プランに関するお問い合わせは、環境管理課まで。

詳しくは以下をご覧ください。
京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000163983.html

------------------------------------------------------
◆京エコロジーセンターから4月のイベントのお知らせ
------------------------------------------------------
○環境活動 助成金申請スキルアップ講座
想いが伝わる「助成金申請書」を書くためには、団体の想い
や環境活動・事業の組み立て方を整理し、分かりやすく伝え
る事が必要です。この講座では具体的な事例を通じて、それ
ぞれの活動・事業を整理し、うまく伝わる書き方のポイント
を学ぶ事ができます。
対象:これから団体、グループを立ち上げようとする方・子
育てサークル、学生グループ・町内会、自治会・NPOや市民
団体・その他環境活動を行うグループ
*既に環境活動を行っているけれど、助成金申請の方法が分
からない!という方、ぜひお待ちしています。どなたでもお気
軽にご参加ください。
日時:4月11日(金) 18:30〜20:00
会場:京都産業会館(きらっ都プラザ)2階KPC第2会議室
定員:18名(定員に達し次第、締切)要申込
申込締切:4月8日(火)
申込方法:名前(よみがな)、TEL(連絡のとりやすい電話番号)、
Email(あれば)、現在の活動・所属を明記のうえ、HPよりダウ
ンロードしたチラシをFAXまたはメールにて京エコロジーセン
ターまでお申込ください。
Mail:iyosei26@miyako-eco.jp
問合せ:京エコロジーセンター 事業課担当竹内、島林
TEL:075-641-0911
主催:京エコロジーセンター、京都市ごみ減量推進会議

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/

○きょうのごはんに大感謝祭!〜地球とつながるみんなの暮らし〜
京エコロジーセンター12周年&アースデイ記念イベントです。
“食”をテーマに、おいしく学べるブースがいっぱい!食べ物
から地球環境についてみんなで考えてみませんか?どなたで
もご参加頂けます。是非みなさんでお越し下さい♪
開催日時:4月20日(日) 10:00〜16:00
参加費:無料 ※ブースにより一部有料
会場:京エコロジーセンター 全館
申込不要:当日会場へ
定員:当日先着順 ※ブースにより、材料がなくなり次第終
了します。また、場合により整理券を配布する可能性があり
ます。詳細はHP上で随時アップしていきます。

詳しくは以下をご覧ください。
京エコロジーセンター
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/02/post-156.php

------------------------------------------------------
◆その他のお知らせ
------------------------------------------------------
○コープ下鴨発電所完成記念セミナー
京都生協さんとの連携による市民共同発電所の完成記念セミ
ナーを、コープ下鴨(左京区)にて開催します。ふるってご参
加ください。
日時:4月4日(金)10:00〜12:00
場所:コープ下鴨 集会室
講師:朴勝俊さん(関西学院大学総合政策学部准教授)
タイトル:「脱原発とわたしたちの暮らし」(仮題)
今、日本の原発は全て運転停止していますが、そのために燃
料代が高くついている、電気代が上がった、貿易赤字になっ
た、再生可能エネルギー賦課金がこれからどんどん上がって
いくとますます電気代が高くつく、わたしたちの暮らしはど
うなるの?という声もきかれます。
しかしこうした中には誤解も少なくありません。実際にわた
したちの暮らしと電気代・エネルギーの選択がどのようにか
かわっているのかについて、エネルギーの経済学が専門の朴
さんに関西弁でわかりやすく話してもらいます。
また、ソーラー発電について楽しく学べるクイズ大会も実施
します。

詳しくは以下をご覧ください。
市民エネルギー京都
http://kyoto-renergy.org/?p=302

○本願寺水道を歩こう
京都の地下に眠る近代の防災システム「本願寺水道」をたど
る!
本願寺水道は、高低差を利用した自噴式消火システムとして
1897年に蹴上から東本願寺までの4.5kmに敷設されました。
本願寺水道を通って送られた水は、東本願寺への消防用水の
供給だけでなく、お堀や山門前の噴水へも水を供給し、東本
願寺周辺の水辺景観を造成しました。
現在は送水を停止していますが、文化遺産として、また現代
にも通用する防災インフラとして本願寺水道に注目が集まっ
ています。この本願寺水道の上を歩きながら、1897年に作ら
れた当時の京都、これからの京都を想像してみませんか。
日時:4月19日(土)
出発時間:10:00(受付は9:30から)
集合場所:京都市地下鉄蹴上駅1番出口(地上)
参加費:500円(保険料)
定員:25名
主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援・協力:京のアジェンダ21フォーラム
申し込みのお問い合わせは:東本願寺御修復事務所
TEL:075-371-9209 / FAX:075-371-9222
E-Mail zaimu@higashihonganji.or.jp

詳しくは以下をご覧ください。
https://www.facebook.com/events/277546942407411/

------------------------------------------------------
◆ 会員からの情報提供について
------------------------------------------------------
「京えこめる」では、フォーラム会員の皆様からの情報やお
知らせも掲載します。ご希望の方は、事務局まで掲載希望内
容・ご連絡先を明記し、メールにてお問合せください。
メール:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京えこめる 2014年4月号(No.51)

◆発行:京のアジェンダ21フォーラム
 http://ma21f.jp/
<事務所>
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
 京(みやこ)エコロジーセンター内
 TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 ※木・日曜日、祝日休室

◆発行日:2014年4月1日
◆『京(みやこ)えこめる』は、京のアジェンダ21フォーラム
 が発信するメールマガジンです。
 お心当たりのない方や配信を希望されない方はお手数です
 が、ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp までお知らせください。
 配信停止させていただきます。
◆メールアドレス変更をご希望の場合
 メールタイトルに「メールアドレス変更依頼」、本文中に
 次の内容を明記のうえ、フォーラム事務局
 (ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp)までご連絡ください。
 ・登録者名(団体の場合、団体名、ご担当者肩書・氏名)
 ・旧アドレス / ・新アドレス
*メールマガジンに対するご意見・お問い合わせはフォーラ
ム事務局までお願いいたします。
*メールマガジンに掲載いたしましたイベント等の詳細につ
きましては各団体までお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アジェンダ at 12:25| 定期発行物