2014年04月12日

既存住宅の省エネリフォーム助成制度の創設について

住宅の省エネ化・耐震化・太陽光発電システム等の助成制度の相談・申請に関するワンストップ窓口を設置します!
自立分散型エネルギー利用設備の設置費用の助成や木造住宅の耐震改修助成も充実!
http://www.kyoto-jkosha.or.jp/sumai/taishin/index.html

京都市では、数世代にわたり住み継ぐことができる住宅の普及を促進するため、平成26年度から、既存住宅の省エネリフォームに対する助成制度を創設します。
また、住宅の耐震化や太陽光発電等の自立分散型エネルギー利用設備の設置に係る助成制度についても充実を図るとともに、これらの助成制度の相談・申請窓口を「京(みやこ)安心すまいセンター」に統合し、環境に優しく安全で快適な住まいづくりを総合的に支援する体制を整備しますので、下記のとおりお知らせします。

受付開始:平成26年4月14日(月)午前10時
電話:075-744-1631(耐震・エコ助成ホットライン)

1 既存住宅の省エネリフォーム助成制度について
制度の使いやすさを重視し、窓の二重化や、外壁への断熱材の設置工事など、住宅の省エネ性能が確実に向上する工事に、定額を助成します。
詳細はこちら

2 木造住宅の耐震化支援事業について
密集市街地や細街路における木造住宅について、耐震改修工事と併せて一定の防火改修工事を行う場合、補助額を最大30万円上乗せします。
詳細はこちら

3 自立分散型エネルギー利用設備設置助成制度について
従来の太陽エネルギー利用設備(太陽光発電,太陽熱利用)の助成について、上記1、2の事業と併用することで、助成額を増額するほか、助成対象設備に家庭用燃料電池システム(エネファーム)や家庭用エネルギーマネジメントシステム(HEMS)を追加します。
詳細はこちら

京(みやこ)安心すまいセンター
〒604-8186 京都市中京区烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階(アクセス案内
TEL:075-744-1670 FAX:075-744-1637
耐震・エコ助成ホットライン 075-744-1631
開館時間:午前10時〜午後5時  休館日:水曜日・祝日・年末年始
http://www.kyoto-jkosha.or.jp/sumai/

leaflet_ページ_1.jpg leaflet_ページ_2.jpg
チラシのダウンロードはこちら(PDF 2.46MB)
posted by アジェンダ at 16:43| 他団体からの情報