2015年03月02日

生物多様性保全のために、京都の文化を感じる希少な「和の花」を育てませんか 「KESエコロジカルネットワークプロジェクト」平成27年度取組団体を募集しています

京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム(京都市伏見区、代表:内藤正明)と、NPO法人KES環境機構公益財団法人京都市都市緑化協会京都駅ビル開発株式会社とが協働で進めている、事業者による生物多様性保全活動「KESエコロジカルネットワークプロジェクト」では、希少種の生息域外保全について、平成27年度の取組団体を募集しています。

生物多様性の損失は地球温暖化と並ぶ2大環境問題とされています。京都府内ではレッドリストに掲げられる生物種が急激に増えており、京都市都市緑化協会など各団体では、希少になりつつある地域固有の「和の花」の保全を行ってきました。また、京都市では、平成26年3月に策定した「京都市生物多様性プラン」に基づき、京都の伝統文化を育んできた本市固有の生態系の保全のために「京の生きもの・文化協働再生プロジェクト」認定制度を創設しています。企業等の団体においては、「社会貢献活動(CSR)として、都市の生物多様性の確保に貢献したい」という気運が高まっています。
そこで、今年度、関係団体が集まって「KESエコロジカルネットワークプロジェクト」を立ち上げ、企業等の環境マネジメントシステム「KES」の審査登録企業等を中心に、身近に取り組める活動として、希少になりつつある在来の草花である「フタバアオイ」と「フジバカマ」を育て、生物多様性についての理解を深めることから始め、18の事業所が参加しました。この取り組みは、昨年10月に京都市の「京の生きもの・文化協働再生プロジェクト」に認定されました。
現在、京都市内のKES審査登録団体を対象に、このプロジェクトの次年度(平成27年度)の取組団体を募集しています。次年度は、希少種の生息域外保全として、これまでの「フタバアオイ」「フジバカマ」と、これらに加えて「ヒオウギ」や「キクタニギク」の栽培にも取り組んでいただけるようにしました。申込は4月30日(木)までとし、説明会を5月29日(金)、種ごとの育成実習を6月19日(金)および26日(金)に京都工業会館で開催します。
今後は、生物多様性に配慮した自社敷地内の緑化や生物多様性保全活動への参加などへの取り組みにも広げていく予定です。

【対象】 KES審査登録団体
【申込締切】 2015(平成27)年4月30日(木)まで
【申込先】 NPO法人KES環境機構
TEL:075-321-4767 FAX:075-322-6901 
E-Mail:kes-ems@keskyoto.org

◆本件問い合わせ先  京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム (担当:井上和彦)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコロジーセンター内(木・日曜休館)
TEL 075-647-3535  FAX 075-647-3536
E-mail ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp  URL http://ma21f.sblo.jp/

PDFのダウンロードはこちら

※(公財)京都市都市緑化協会発行の情報誌「京のみどり」2014年秋 72号11ページでも紹介していただいています。

これまでのKESエコロジカルネットワークについてはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 15:19| プレスリリース

2012年07月18日

『地球サミット「リオ+20」報告会&アースダイアログ in 京都 〜現地参加者の生報告とこれからの地球の未来に向けて〜』を開催します

京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム(京都市伏見区、代表:内藤正明)では、この度、アースデイ東京、地球
サミット2012Japanと共同で主催、一般社団法人環境パートナーシップ会議が共催し、本年6月にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連持続可能な開発会議「リオ+20」の報告会を京都で開催します。

1992年に開催された国連地球サミットでは、持続可能な開発のための行動計画「アジェンダ21」が採択されたほか、気候変動枠組条約や生物多様性条約が署名されました。その20年後の2012年6月、再びリオで「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が開催され、各国の首脳をはじめ、NGO、女性、先住民グループ、自治体、企業などから約4万5千人が集まり、私たちの望む未来について話し合いました。
 主なテーマとして、グリーンエコノミー、持続可能な開発目標(SDGs)などが話し合われたこの会議で、何が決まり、また決まらなかったのか。これからの未来へ向けて、私たちに問われていることは何なのか。
 報道では低調の声もあった地球サミット「リオ+20」ですが、現地に参加した各分野のゲストが実際には何を見て、何を感じたか、現場からの生の声を届けるとともに、地球の未来をどのように守っていけばいいのかを皆で考える機会にしたいと思います。

なお、今年の3月24日に同じ主催者でリオ+20のシンポジウムを行い、約100名の参加者に自分たちが望む未来について考えていただく場を持ちましたが、本報告会はその流れも汲むものとなります。

【開催日時】 2012(平成24)年7月28日(土) 16時〜19時30分
【会場】 京都テルサ 第2・3セミナー室 (東館2階)

◆添付資料
・広報チラシ(表・裏)

◆本件問い合わせ先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム (担当:井上和彦・石崎雄一郎)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコロジーセンター内(木・日曜休館)
TEL 075-647-3535  FAX 075-647-3536
E-mail ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp  URL http://ma21f.jp/

PDFのダウンロードはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:30| プレスリリース

2012年03月12日

【ご案内】環境に取り組む事業者から藤森小学校へのLED蛍光灯の寄贈について

当フォーラムでは中小事業者の環境CSRの一環として、学校区を中心とした地域で、事業者、学校、住民などの各主体が協力して、環境問題を解決する仕組みづくりを目指す「京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト」を実施しています。
今年度、自然エネルギー環境学習チームが出前環境学習を実施いたしました藤ノ森小学校に授業実施記念としてチームの参加企業よりLED蛍光灯を寄贈させて頂くこととなりました。蛍光灯とLEDの違いなどを勉強し、常に思い出してももらえるようにと思いで学校にも取り付け場所のご提供をご協力頂き、この度職員室横の入り口付近の掲示板をLED蛍光灯へ変更させていただくこととなりました。取り付け工事もチーム内の企業が行います。つきましては、取材方よろしくお願い申し上げます。



場  所 : 京都市立藤ノ森小学校
日  時 : 2011年3月16日(金)午後14:00〜
参加事業者: 株式会社立花エレテック、株式会社大電社、生田産機工業株式会社、株式会社エコロ21、京都市立洛陽工業高等学校

◆本件問い合わせ先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務所 (担当:奥井)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内(木曜休館)
TEL 075-647-3535 FAX 075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp URL: http://ma21f.jp/

PDFのダウンロードはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:40| プレスリリース

2012年03月09日

シンポジウム『地球サミット「リオ+20」に向けて 〜私たちが、望む未来とは〜』を開催します。 関西では、地球サミット「リオ+20」についての本格的なシンポジウムは初めてです

京のアジェンダ21フォーラムでは、一般社団法人環境パートナーシップ会議(http://www.epc.or.jp/)、地球サミット2012Japan (http://earthsummit2012.jp/)、と共同で主催し、本年6月にブラジルのリオデジャネイロで開催される国連地球サミット「リオ+20」の開催に向けて、自分たちが望む未来について考え、集まった声をリオに届けるためのシンポジウムを開催します。

1992年にリオで開催された国連地球サミットでは、持続可能な開発のための行動計画「アジェンダ21」が採択されたほか、気候変動枠組条約や生物多様性条約が署名されました。これらは、国際的な動きから地域での活動につながっています。また、今回の「リオ+20」では、「グリーン経済」と「制度的枠組み」が主要なテーマとなっています。企業にとっては国際的な「グリーン経済」の流れを読み取る機会となるはずです。これらについて、前半で最新の情報を提供します。
トークセッションでは、塩見直紀氏(半農半X研究所代表)、福山哲郎氏(予定)、マエキタミヤコ氏など多彩なゲストを迎え、それぞれの視点での「リオ+20」に期待すること、私たちがなすべきことについてなどの意見交換を行います。その後、会場参加型の対話(アース・ダイアログ)で参加者からも声を集め、リオへ届けていきたいと考えています。

なお、これまで、東京などでは「リオ+20」をテーマにしたセミナーや対話イベントなどが開催されてきましたが、関西では、今回のシンポジウムが本格的な行事としては初めての開催となります。

開催日時:2012(平成24)年3月24日(土) 午後1時〜5時
会場:京都テルサ 第1会議室 (西館3階)

◆添付資料
・配布チラシ(表・裏)

◆本件問い合わせ先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム (担当:井上和彦・石崎雄一郎)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京(みやこ)エコロジーセンター内(木・日曜休館)
TEL 075-647-3535  FAX 075-647-3536
E-mail ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp  URL http://ma21f.jp/

PDFファイルのダウンロードはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:18| プレスリリース

2011年01月05日

【ご案内】環境に取り組む事業者による小学校での出前環境学習の実施について

当フォーラムでは中小事業者の環境CSRの一環として、学校区を中心とした地域で、事業者、学校、住民などの各主体が協力して、環境問題を解決する仕組みづくりを目指す「京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト」を実施しています。
今年度の活動として、下記のとおり小学校での出前環境学習を実施いたしますので、当日の取材をお願い申し上げます。今年度は、交通環境学習チーム(地域の人たちと『くるま』についてかんがえよう!)と自然エネルギー環境学習チーム(私たちの生活と電気とのかかわり)の2チームが出前環境学習を実施いたします。
尚、防犯上、小学校への出入り者を事前に把握しておりますので、取材いただける際には、2日前までに事務所にご連絡くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



☆交通環境学習チーム
第1回【京都市立修学院第二小学校】
日  時 : 2011年1月28日(金) 午前10:50〜12:15(3,4時間目)
対  象 : 小学5年生
テ ー マ : 地域の人たちと『くるま』についてかんがえよう!
参加事業者: 株式会社エコロ21、株式会社ホンダカーズ京都、有限会社村田堂、株式会社東映京都スタジオ(東映太秦映画村)、京都市

第2回【京都市立朱雀第四小学校】
日  時 : 2011年2月8日(火) 午前10:45〜午後12:20(3,4時間目)
対  象 : 小学6年生
テ ー マ : 地域の人たちと『くるま』についてかんがえよう!
参加事業者: 株式会社エコロ21、株式会社ホンダカーズ京都、有限会社村田堂、株式会社東映京都スタジオ(東映太秦映画村)、京都市

第3回【京都市立南太秦小学校】
日  時 : 2011年2月24日(木) 午前10:45〜12:15(3,4時間目)
対  象 : 小学5年生
テ ー マ : 地域の人たちと『くるま』についてかんがえよう!
参加事業者: 株式会社エコロ21、株式会社ホンダカーズ京都、有限会社村田堂、株式会社東映京都スタジオ(東映太秦映画村)、京都市

☆自然エネルギー環境学習チーム
第1回【京都市立藤城小学校】
日  時 : 2011年2月2日(水)午前10:45〜12:20(3,4時間目)
対  象 : 小学6年生
テ ー マ : 私たちの生活と電気とのかかわり
参加事業者: 株式会社エコロ21、生田産機工業株式会社、有限会社森田電設、京都市立洛陽工業高等学校、有限会社 村田堂

第2回【京都市立藤ノ森小学校】
日  時 : 2011年2月9日(水)午前9:45〜11:30(2,3時間目)
対  象 : 小学4年生
テ ー マ : 私たちの生活と電気とのかかわり
参加事業者: 株式会社エコロ21、生田産機工業株式会社、有限会社森田電設、京都市立洛陽工業高等学校、有限会社 村田堂

◆本件問い合わせ先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務所 (担当:奥井、石崎)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内(木曜休館)
TEL 075-647-3535  (当日の連絡先 石崎携帯 090-8145-1146)
FAX 075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp URL: http://ma21f.jp/

PDFのダウンロードはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:48| プレスリリース

2010年11月18日

【ご案内】「バスと電車でecoグルメ!KICKOFFイベント Kotochika四条での一斉配布」

当フォーラムでは地球温暖化防止のための公共交通利用促進キャンペーン「バスと電車ecoグルメ!」を2007年度より実施しています。この度、今年度第二期のスタートに合わせまして、Kotochika四条で、一斉配布を行うことにいたしました。エコちゃんも駆けつけて手伝ってくれます。当日の取材をお願い申し上げます。



【日時】 2010年12月1日(水) 12時配布開始 13:15分解散予定
【場所】 地下鉄四条駅構内「Kotochika 四条」 
【内容】 ・みなで一斉にエコグルメを配布する。
・DO YOU KYOTO?キャラクターのエコちゃんも登場。
(交通局キャラクター京ちゃん・都くん、京都タワーホテルのたわわちゃんも登場予定)
・立ち止まって質問等された方には、エコグルメの説明をする。
【配布目標部数】3000部
【ねらい】
・「バスと電車でecoグルメ!」を第二期スタートの日にできるだけたくさんの人に周知し、パンフレットを手にとってもらい、使ってもらう。
・Kotochikaは地下鉄四条駅構内に今年10月に出来、話題性もある。また、Kotochika近くには、11月11日にオープンしたラクエ四条烏丸やKOKON烏丸内店舗などエコグルメに参加店舗として載っているお店もあるので、すぐに使ってもらえる立地条件でもある。

◆本件問い合わせ先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務所 (担当:石崎 雄一郎)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内(木曜休館)
TEL 075-647-3535  (当日の連絡先 石崎携帯 090-8145-1146)
FAX 075-647-3536
E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp URL: http://ma21f.jp/

PDFのダウンロードはこちら

これまでのプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:03| プレスリリース

2010年05月31日

京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト 報告書配布について

この度、下記のとおり、京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト(以下KESC)の水源の森づくりチームが3年間活動をした記録をまとめた報告書を作成いたしました。多くの方々にもKESCの活動を周知していただけるように、京都市の各区役所・支所エコまちステーションにも配布することになりました。
貴社の新聞等の広報媒体にてご紹介いただけますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
尚、ご取材等いただける際には、2日前までに当フォーラム事務所にご連絡くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



1.名  称  京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト 報告書配布について

2.目的と概要  
「京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト」では、中小事業者の環境CSRの一環として、学校区を中心とした地域で、地域の事業者・学校・住民などの各主体が協力して環境問題を解決する仕組みづくりを目指しています。地域を構成する主体を結び付け、地域から環境の取組を始めることで、その総和として地球温暖化防止をはじめとした環境と調和した京都づくりを目指しています。
京のアジェンダ21フォーラムでは、2009年度事業として京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト」をKES取得事業者の参加のもと実施しております。
現在、このプロジェクトでは、「自然エネルギー環境学習チーム」、「交通環境学習チーム」、「市民共同おひさま発電所づくりチーム」、「水源の森づくりチーム」の4つのチームに複数の事業者が参加し、小学校への出前環境学習、保育園への太陽光発電パネル設置の協力、森林保全などの活動を行っております。
今回、「京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト」の中の「水源の森づくりチーム」が、これまで3年間の活動報告を掲載した「京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト水源の森づくりチーム活動報告書」をメンバーの方々の多大なご協力を賜りながら完成することができました。
内容といたしましては、水源の森につながる奥山保全を目指し、森について座学し、また実際に現場に出かけて間伐や植樹などの作業を行ってきたものです。
この活動について、多くの方に知っていただきこのような活動が広がる事を期待しています。
当フォーラムのホームページ内でもPDFの掲載にてご覧いただけます。
以上どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
3.連絡先
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務所(担当 奥井)
京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内(木・日・祝休室)
開室時間:午前8時45分〜午後5時30分
TEL 075-647-3535  
FAX 075-647-3536
URL http://ma21f.jp/    e-mail ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

PDFのダウンロードはこちら

その他のプレスリリースはこちら
posted by アジェンダ at 17:10| プレスリリース