2013年05月11日

KIESSシンポジウム「コミュニティがつくる持続可能な社会」

「持続可能な社会」を模索するなかで、そのあり方を「コミュニティ」のなかで見出そうという動きが高まりつつあります。特に東日本大震災をきっかけとして「絆」の重要性が各所で訴えられており、コミュニティとはどのようなものか、そしていかに地域のつながりを強めることができるのか、という問いに対する答えが求められています。

今回のシンポジウムでは、21世紀のこれからのコミュニティづくりを中心に、京都市中心部でのまちづくりのいま、三重県鈴鹿市での新しいコミュニティづくり、ヨーロッパの地域主導による持続可能な社会にむけた取り組みについて、現場をよく知る人たちにその実例を紹介してもらい、参加者らと共に、これからのコミュニティづくりのあり方について、議論を広げていきたいと思います。

http://www.kiess.org/event/symposium/sympo1305/

開催日時:2013年5月25日(土) 14:00〜16:30 (開場 13:30)

プログラム
講演1:京都市中心部でのコミュニティづくりのいま
荒川 崇志 氏(NPO法人 場とつながりラボ home's vi)

講演2:地方での新しい動き:アズワンコミュニティ鈴鹿について
坂井 和貴 氏(鈴鹿カルチャーステーション 館長)

講演3:ドイツ・欧州での持続可能な社会にむけた地域での動き(逐次通訳あり)
エクハルト・ハーン 氏(元ドルトムント大学教授・KIESSアドバイザー)

トークセッション:講師・会場参加者らによるディスカッション
進行:内藤 正明(KIESS代表理事)

※シンポジウム終了後にKIESS京都事務所にて懇親会を予定しております。

参加費:KIESS会員 500円 / 非会員 1,000円
懇親会参加費 3,000円

会場:京都市呉竹文化センター
〒612-8085 京都市伏見区京町南7-35-1
(京阪・近鉄丹波橋駅スグ)
http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/

主催:循環共生社会システム研究所(KIESS)
〒606-8386 京都市左京区新丸太町42番地
TEL&FAX:075-752-1133
e-mail:ecosoundmail [at] kiess.org (間の[at]をアットマークに置き換えてください)

★本シンポジウムは、大阪コミュニティ財団/東洋ゴムグループ環境保護基金の助成により開催いたします
posted by アジェンダ at 10:01| 他団体からの情報

2013年04月26日

国立環境研究所公開シンポジウム2013

テーマ: 「国境のない地球環境〜移動する大気・生物・水・資源〜」
○東京会場
開催日時:2013年6月14日(金) 12時〜17時30分 
開催場所:メルパルクホール(東京都港区芝公園2-5-20)
○京都会場
開催日時:2013年6月21日(金)12時〜17時30分
開催場所:シルクホール(京都市下京区四条通室町東入 京都産業会館8階)
主 催:独立行政法人国立環境研究所

▼公式ホームページ・お申し込みはこちらから
http://www.nies.go.jp/sympo/2013/

内 容:
人間社会には国境という境界線がありますが、地球環境に国境はありません。
風が吹き、海流が流れ、鳥が空を渡る、といった自然界の流れに加えて、現代では航空機や船舶の航行などの人間の社会活動によって、ありとあらゆる物質が地球規模で移動しています。
こうした物質の移動は、一方で国境を越えた環境問題を引き起こしています。
国立環境研究所では、国境にとらわれない地球規模の視野で問題の本質を捉え、人間社会の未来を見通す時間スケールの目を意識しながらこのような環境問題の解決に取り組んでいます。
今回の公開シンポジウムでは、地球環境に関わる5つの講演と来場者の皆様と対話をしながら研究者がご説明するポスターセッション(19件)を予定しています。
ポスターセッションでは、東日本大震災後の復旧・復興に貢献すべく開始した災害環境研究についてもご報告します。
本公開シンポジウムのテーマである
「国境のない地球環境〜移動する大気・生物・水・資源〜」について、
皆様とともに考える機会にしたいと願っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<お問い合わせ先>
------------------------------------------------------
国立環境研究所公開シンポジウム2013 登録事務局
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
株式会社ステージ内(担当: 佐河、稲垣、加賀見)
Tel: 03-3958-5292  Fax: 03-5966-5773
E-mail: info_nies2013@stage.ac
posted by アジェンダ at 17:58| 他団体からの情報

2013年03月29日

本願寺水道を歩こう

2013年度「本願寺水道を歩こう」ウォーキングイベントのお知らせ

京都の地下に眠る、近代の防災システム・本願寺水道をたどる!
蹴上琵琶湖疏水から東本願寺までの4.5Kmをつなぐ本願寺水道は、東本願寺の消防用水の供給は勿論、お堀の水や、山門前の噴水へも水を供給し、東本願寺周辺の水辺景観を造成しました。

本願寺水道の足跡をたどり、1897年に作られた当時の歴史を想像する旅へと歩いてみませんか。

昼食後の学習会では立命館大学理工学部教授 大窪健之氏による
「本願寺水道の再生可能性と防災活用‐歴史的な防災設備を復活させる意義‐」
についての講演を予定しています。

日時:2013年5月18日(土)
出発時間:午前10時(受付は9時半から)
集合場所:京都市地下鉄蹴上駅1番出口(地上)
参加費:500円(保険料)
定員:25名

コース:
蹴上琵琶湖疏水→三条通→白川沿い→大谷祖廟(昼休み+講演会)
四条通→建仁寺まえ→五条大橋→渉成園→東本願寺(ゴール)
※10時から出発、11時50分から13時まで昼休み+学習会、大よそ14時半にゴールへ到着します。

※参加対象は子供から大人までです(小さなお子様は、保護者同伴でのご参加をお願いします)
※当日は、雨天決行です。
※昼食は各自でご用意ください。
※車の多い道路も通りますので、歩行時にはくれぐれも安全にご注意ください。

主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援:京のアジェンダ21フォーラム

申し込みのお問い合わせは:
東本願寺御修復事務所
TEL 075-371-9209
FAX 075-371-9222
E-Mail zaimu@higashihonganji.or.jp

130518_ページ_1.jpg 130518_ページ_2.jpg
チラシのダウンロードはこちら(PDF 1.3MB)

IMG_0044.JPG
(過去の開催の様子)
posted by アジェンダ at 14:04| 他団体からの情報

2013年03月08日

関西*環境系キーパーソン 大集合!

□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<2013年3月17日開催>

     関西*環境系キーパーソン 大集合!
 〜プレゼン+ワールドカフェ→発見&つながる♪〜

      2013年3月17日(日)13:30〜
  @尼崎市女性センター「トレピエ」2F視聴覚室

    お申し込み→http://www.kansaieco.com/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆□□□

“環境系”にピンときたそこのあなた!

京都・大阪・神戸などそれぞれの街や地域で
環境問題に取り組む人たちはいますが
それらをつなぐネットワークがありません。

そこで、関西で活発に環境に取組む様々な業種の人たちが、
一堂に会するイベントを企画しました。

各テーマの最前線で活躍するキーパーソンの
プレゼンをきっかけに、参加者間の共有や意見交換を行い、
ネットワークづくりにつなげます。

さぁ、大集合ですよー!^0^/

■日時:2013年3月17日(日) 13:30〜17:00(13:15 開場)
■会場:尼崎市女性センター「トレピエ」2F視聴覚室
    >>アクセス http://www.amagasaki-trepied.com

■当日プログラム(予定)
13:15     開場
13:30〜13:45 あいさつ&かんえこ紹介
13:45〜14:45 プレゼンテーション
       *ワカモノ×環境  =吉岡 渚
       *エネルギー×環境=榎原 友樹
       *まちづくり×環境 =福嶋 慶三
       *食×環境     =谷 侑衣子
14:45〜15:00 休憩
15:00〜16:45 ワールドカフェ
16:45〜17:00 閉会あいさつ・アナウンスなど
 ※ 終了後(17:30〜)別会場で懇親会(予算4,000円)を
  予定しています(居酒屋「万」武庫之荘店) 
  http://r.gnavi.co.jp/k714807/map/

■プレゼンテーション登壇者
*ワカモノ×環境=吉岡 渚
 1993年1月13日生まれ。今年で二十歳。
 兵庫県立長田高校卒業、現在同志社大学政策学部二回生。
 ゼミの専攻は国際政治学。
 地球環境問題には小学生のころから関心があり、
 将来は環境政策立案に関わっていきたい。
 Climate Youth JapanにはCOP18参加をきっかけに在籍。

*エネルギー×環境=榎原 友樹
 株式会社 イー・コンザル。代表取締役。
 大手民間シンクタンクにて勤務後2012年6月に独立。
 専門は低炭素社会構築および太陽光発電。
 国際エネルギー機関(IEA)の太陽光発電WG(PVPS Task8)のメンバー。
 環境省再生可能エネルギー普及拡大方策検討会委員、
 総務省緑の分権改革アドバイザーなどを務める。

*まちづくり×環境=福嶋 慶三
 尼崎市理事(環境省より出向中)
 2002年、環境省入省。地球温暖化対策や国際交渉、環境保健、
 環境教育などに携わる。その間に英国留学。
 小泉政権と鳩山政権では、内閣官房でも勤務。
 現在は、まちづくりの最前線で格闘中。
 共著に『霞が関から日本を変える』

*食×環境=谷 侑衣子
 Beautifulあぐり代表。
 1人1人のもつ魅力がより輝くことを大切に、食を通して、
 人材サポート事業や社会活動を展開。
 現在、京都市未来まちづくり100人委員会第4期委員、
 京都発・社会貢献活動の継続促進を図る
 新サービス「ambisus(アンビサス)」運営等に関わる。

■参加費:500円
 ※終了後のネットワーク交流会(4000円)は別途負担をお願いします
■お申込み方法:http://www.kansaieco.com/
 ※上記URLから「お申込み」へ必要事項を記載し、
  お申込みください。
■お問い合わせ先:
*福嶋 慶三(かんえこメンバー、自治体職員)
 keizofukushima@gmail.com
*荒木 孝(かんえこメンバー、デザイン関係)
 info_ads@mac.com
 
■主催・企画運営
*かんえこ(関西環境系異業種ネットワーク)
 関西近辺で環境問題等に関心を持つ方々の交流ネットワーク。
 勉強会やイベント等の「人がつながる集まり」を
 企画・運営しています。ぜひ遊びにいらしてください♪

*Climate Youth Japan(CYJ)
 CYJのキーワードは「気候変動」「政策」「ユースの意見発信」です。
 社会の中で若者が声を上げることにより、気候変動問題の解決を通じ
 た衡平で持続可能な社会の実現を目指します。
 全国各地で定期的にワークショップの開催、キャンペーン活動、
 海外ユースとの交流・活動、国際会議派遣事業などを企画しています。
  (HP):http://climateyouthjapan.jimdo.com/
  (Blog):http://cyjclimatenegotiations.blogspot.com/
  (Twitter):https://twitter.com/ClimateYouthJp

※このワークショップは平成24年度年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。

130317_ページ_1.jpg 130317_ページ_2.jpg
チラシのダウンロードはこちら(PDF 1.16MB)

posted by アジェンダ at 17:48| 他団体からの情報

京(みやこ)環境配慮建築物シンポジウム

京都にふさわしい 環境に配慮した建築物ってどんな建築物?

「京都にふさわしい環境配慮建築物」は、自然素材を使い、自然を身近に感じ、大切にする文化をカタチにしたものであり、京都産木材の利用、深い軒・庇による外壁の保護、使い方や季節に応じた可変性のある建具、地域の歴史性への配慮等を取り入れた建築物が挙げられます。
この度、環境配慮建築物について、広く市民に情報を発信し、京都にふさわしい環境配慮建築物の普及・啓発を目的としたシンポジウムを下記のとおり開催しますので、お知らせします。
なお、当シンポジウムについては、当日ご来場いただけない方にも御覧いただけるようにインターネットで生中継します。

日時:平成25年3月14日(木) 午後1時30分〜午後4時20分

場所:京都市国際交流会館 イベントホール
【アクセス】地下鉄東西線「蹴上」駅下車徒歩約6分
http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html

次第(予定)
(1)「京環境配慮建築物」顕彰制度最優秀賞受賞者による建築物の紹介

(2)パネルディスカッション
テーマ:「京都だからできること」
(コーディネーター)
神戸芸術工科大学デザイン学部教授 小玉 祐一郎 氏
(パネリスト)
元京都大学大学院農学研究科教授 岩井 吉彌 氏
立命館大学理工学部教授 近本 智行 氏
京都大学大学院工学研究科教授 田 光雄 氏
アトリエCK管理建築士 所 千夏 氏
「京環境配慮建築物」顕彰制度最優秀賞受賞者

定員:180名(先着順)

参加費:無料

申込先:京都いつでもコール(年中無休 午前8時から午後9時まで)にて受け付けます。参加者の「氏名」「電話番号」を、電話、ファックス又は電子メールにてお伝えください。
 TEL:075−661−3755
 FAX:075−661−5855
 Eメール:京都いつでもコールの送信フォームを御利用ください。
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000013160.html

申込期間:平成25年2月1日(金)〜平成25年3月12日(火)

主催:京都市

後援:一般社団法人京都建築設計監理協会、一般社団法人京都府建築士事務所協会、社団法人京都府建設業協会、社団法人京都府建築士会、社団法人全国中小建設業協会全中建京都、社団法人日本建築家協会近畿支部京都地域会

問合せ先:京都市都市計画局建築指導部建築指導課
 TEL:075−222−3620
 FAX:075−212−3657

その他:インターネット動画による生中継は、以下のホームページで行います。
http://www.ustream.tv/user/kyoto-siminsanka

京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000134708.html

img-208161919_ページ_1.jpg img-208161919_ページ_2.jpg
チラシのダウンロードはこちら(PDF 412KB)

京都市環境配慮建築物顕彰制度 第1回「京(みやこ)環境配慮建築物」についておよび受賞者については、以下をご覧ください。
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000136421.html
【受賞建築物】
最優秀賞 
 龍谷大学 龍谷ミュージアム
優秀賞 
 戸建住宅新築部門   南禅寺の家
 一般建築物改修部門 京都市立朱雀第四小学校
 戸建住宅改修部門   紫竹西南町の住宅_日射し(庇)の家
特別賞
 凌風学園

posted by アジェンダ at 14:32| 他団体からの情報

2013年01月29日

第12回バイコロジー京都「市民フォーラム」

テーマ −自転車が活きる街づくりのために−
    「安全快適に走れる環境づくりについて」
日時 2013年(平成25年)3月2日(土)
   午後2時〜4時30分(開場1時30分)
場所 京都アスニー(第6、第7研修室・5階)
    京都市中京区丸太町通七本松西入
    TEL.075-802-3141
参加対象 一般市民
参加費 無料(お気軽におこしください)
内容 【前半】パネリスト発表 【後半】質疑応答・まとめ
―パネリスト―
 多賀一雄氏 自転車活用推進研究会理事・
       京都府自転車軽自動車商協同組合理事
 藤本芳一氏 (LLP)自転車ライフプロジェクト代表組合員
 京都市建設局土木管理部自転車政策課
 京都府府民生活部安心・安全まちづくり推進課
 京都府警察本部交通企画課
―コーディネーター―
 井原秀隆氏 京都府バイコロジーをすすめる会常任理事・
       京都サイクリング協会理事長
主催 京都府バイコロジーをすすめる会
後援 京のアジェンダ21フォーラム・特定非営利活動法人環境市民・
   京都サイクリング協会・京都府自転車競技連盟・
   京都府自転車軽自動車商協同組合・
   京都府自転車防犯登録推進協議会
問い合わせ 京都府バイコロジーをすすめる会「市民フォーラム事務局」
 〒615-0066 京都市右京区西院四条畑町6 四条マンション32号
 井原方
 TEL&FAX 075-314-1671
 E-mail sanbouan@ybb.ne.jp
posted by アジェンダ at 11:36| 他団体からの情報

2012年11月20日

東本願寺 渉成園(枳穀邸)初冬の自然観察会

東本願寺の飛地境内の渉成園(枳殻邸)で生き物のこと、触れて、感じて、体験してみませんか?
わずかなひととき、楽しい時間を過ごしましょう!

2012年12月8日(土))9:30受付開始 10:00〜12:00
渉成園(枳殻邸) 京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
参加費:500円
小雨決行(雨具をご持参ください)

講師:板倉 豊 氏(いたくら・ゆたか)
京都自然教室事務局長、きょうとグリーンファンド理事長。
自然観察指導員、森林インストラクター、ネイチャーゲーム指導員
著書『環境教育学への招待』(ミネルヴァ書房)ほか多数
現在、京都精華大学人文学部 総合人文学科 大学院 人文学研究科 教授。

プログラム
★渉成園(枳殻邸)にすむ生き物探検隊
★渉成園(枳殻邸)の植物たちについて学んでみよう
★みんなで渉成園(枳殻邸)の再発見!
★自分だけの立体植物図鑑(CDケースで)をつくりましょう!

主催 東本願寺と環境を考える市民プロジェクト

申込先 東本願寺 御修復事務所
 でんわ:075-371-9209(平日のみ9:00〜17:00)
 ファックス:075-371-9222
 メール:goenkihonbu@higashihonganji.or.jp
 (ファックス・メールについては、参加者名・人数・連絡先明記でお願いします。)

初冬の自然観察会.jpg

チラシのダウンロードはこちら
posted by アジェンダ at 16:58| 他団体からの情報

2012年10月03日

いきもの目線で町を歩こう!!「京都Bセンスさんぽ」参加者募集!

=========================
いきもの目線で町を歩こう!!
「京都Bセンスさんぽ」参加者募集! 10/16(火)申込〆切
=========================

身の周りのこんなところにこんなものが・・・
緑やいきものとふだんの暮らしが、いろいろいい感じでつながってる。
それにピン!とくるのがBセンス。
そんなところを見つけに、そんなセンスを磨きに、
家族で、カップルで、みんなで「Bセンスさんぽ」しませんか?

【日時・会場】
◇日時:10月20日(土) 
◇集合:9時30分、京都駅・JR中央改札口/みどりの窓口横
    京都駅構内MAP http://www.kyoto-station-building.co.jp/map/kounai.pdf
◇解散:16時00分、平安神宮・岡崎公園付近
*小雨決行。荒天による中止の場合は、当日7:30頃までにメールまたは電話でご連絡いたします。
◇主催:NPO法人エコプラス  協力: Bセンス・フォーラム、京のアジェンダ21フォーラム
◇定員:30名(先着順)  
*定員になり次第、締め切らせていただきます。
◇参加費:無料  
*移動にかかる交通費、昼食やプログラム中の飲み物等の飲食代は自己負担となります。

【参加対象】 
ご家族やカップル、お友達同士で。お一人での参加も歓迎します。
*5〜6名1グループになって、5km程度歩く予定です。人数が多い場合はご相談ください。

【参加申込】 
◇申込〆切:10月16日(火)
◇申込方法:参加される方すべてのお名前、性別、年齢、事前および当日朝にご連絡がとれるメールアドレスおよび電話番号を明記の上、下記担当までメールでお申込ください。 
◇申込受付メール:bsensesanpo@gmail.com  担当: Bセンス・関西フォーラム/井上
*メールの件名に、「京都Bセンスさんぽ参加申込」とご記入ください。
*メール受領後3日以内に、参加受付メールを返信いたします。
*お預かりした個人情報は、本イベントに関する連絡・確認、班分け、行事災害保険への加入、および本活動に関する各種情報の提供や協力・支援の依頼に使わせていただきます。

【プログラム】 
京都駅から平安神宮まで、普段あまり歩かれることのない五条通り以南の高瀬川から、四条・祇園界隈の繁華街〜白川をたどって半日ゆっくり歩きながら、自然や生き物とつながっていることを楽しみながらくらしていると「Bセンス」を感じるモノ・コトを参加者同士で見つけあい、写真に撮って記録をし、Bセンス度を採点します。

9:30〜10:00 資料配布、プログラム説明、班分け
10:00〜12:00 京都駅〜塩小路七条より高瀬川を北へ〜四条通り界隈の商店街などをさんぽ
12:00〜13:00 四条通り付近のお店で昼食・休憩
13:00〜15:00 錦小路〜四条大橋〜白川〜琵琶湖疏水、平安神宮・岡崎公園をさんぽ
15:00〜16:00 班ごとに記録集計、成果発表、全体のふりかえり・感想 (岡崎公園付近のカフェを予定)
*プログラム終了後に、近隣の店で交流会を行います(自由参加)。
*時刻は、およその予定です。プログラムは、天候等の事情により予告なく変更する場合がございます。
 *これまでに、東京をはじめ各地で行われている「Bセンスさんぽ」のようすは、こちらをご覧ください。
Bセンス・フォーラムwebサイト http://bsense.jp
Bセンス・フォーラムFacebookページ http://www.facebook.com/bsense.jp

【持ち物】 
デジタルカメラ、筆記具、飲み物、(お持ちであれば)A4版クリップボード、(天候に応じて)雨具
*歩きやすい服装および履きなれた靴でお越しください。

【主催】
NPO法人エコプラス 
Webサイト http://www.ecoplus.jp/
【協力】
Bセンス・フォーラム
Webサイト http://bsense.jp/
Facebookページ http://www.facebook.com/bsense.jp/
京のアジェンダ21フォーラム
Webサイト http://ma21f.jp/

*この活動は、2012年度セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。

121020_640.jpg

チラシはこちら
posted by アジェンダ at 09:12| 他団体からの情報

2012年08月14日

「小水力、さぁ関西で!」〜関西広域小水力利用推進協議会設立総会と講演会の集い

「小水力、さぁ関西で!」           
    〜関西広域小水力利用推進協議会設立総会と講演会の集い 

より自然なエネルギーへの転換が求められている中、地域の身近で、環境負荷の比較的小さいエネルギーである小水力発電の再生・推進を目指して、関西6府県と福井県、三重県を対象に、関西広域小水力利用推進協議会を設立することとしました。
その設立総会および記念講演会を、我が国における水力発電発祥の地、京都で下記の通り開催します。

☆日時  9月1日(土)午後1時(12時半開場)〜4時半
☆場所  龍谷大学アバンティ響都ホール9階ホール
    (京都駅八条口南、JR地下通路から直結)  
    http://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
    電話075−671−5670

☆午後1時〜3時
報告 
   上坂 博亨さん(富山県小水力利用推進協議会会長)     
   「全国の動向と小水力利用の今日的な意義」
メイン講演 
   沖 武宏さん(小水力発電技術者)
   「地域に貢献してきた小水力
    〜中国地方の小水力発電 その歴史と今後の展望」
提言
   篠 和夫さん(高知小水力利用推進協議会会長)       
   「高知小水協、設立後1年半の経験から」

午後3時〜3時半
休憩、入会手続き、会費納付(年会費3000円の予定)

午後3時半から4時半
入会会員による設立総会

午後5時半〜
京都第2タワーホテルレストランにて懇親会(会費4200円)
※参加希望者は8月20日までに下記里中へ連絡をお願いします

☆「講演会の集い」までの参加費=1000円
 (会員になっていただいた方は年会費と差し引きます)

☆主催=関西広域小水力利用推進協議会準備会

☆連絡先=電話  090−4037−2158(里中)  
     FAX 075−371−0794(宮本)
     メール shp.kansai@gmail.com

小水力チラシ120723_ページ_1.jpg  小水力チラシ120723_ページ_2.jpg

チラシのダウンロード(PDF)

120814kyotos.jpg
京都新聞8月14日の朝刊に掲載されました。

posted by アジェンダ at 14:09| 他団体からの情報

2012年06月01日

大震災と環境再生〜災害に立ち向かう環境研究の最前線〜

国立環境研究所 公開シンポジウム2012
大震災と環境再生〜災害に立ち向かう環境研究の最前線〜

[東京会場]
開催日時:年6月15日(金)12時〜17時30分
開催場所:メルパルクホール(東京 都港区芝公園2-5-20)

[京都会場]
開催日時:6月22日(金)12時〜17時30分
開催場所:シルクホール(京都市下 京区四条通室町東入ル 京都産業会館8階)

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から1年が経過しました。国をあげて被災地の復旧・復興が進められましたが、国立環境研究所も大震災直後から、大量に発生したがれきの処理・処分に取組むとともに、環境中に放出された放射性物質のモニタリングや動態の予測、さらに、復興都市づくりや環境とエネルギー問題についても、これまでの環境研究の経験と知見を活かした取組みを行ってきました。当研究所のこの1年間の取組み、とくに被災地や当研究所において実施した観測、調査・研究、対策支援を通じて得られた経験や知見を広く皆様にご報告いたします。なお以上の講演のほか、テーマについて、来場者の皆様と対話をしながら研究者が成果を説明するポスターセッション(16件)を予定しています。

問合せ:国立環境研究所公開シンポジウム2012 登録事務局
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
(株)ステージ内(担当:佐河・小山・土方)
TEL:03-3958-5292 FAX:03-5966-5773
E-mail:info_nies2012@stage.ac

詳しくは以下をご覧ください。
国立環境研究所
http://www.nies.go.jp/sympo/2012/
posted by アジェンダ at 13:26| 他団体からの情報

2012年05月18日

京都市事業者向け環境学習セミナー

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
平成24年度 京都市事業者向け環境学習セミナー開催
〜 受講者募集のお知らせ 〜
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
京都市では,事業者における環境教育を支援することを目的として,事業所内で環境保全の取組を推進する核となる環境リーダーを養成することを目指し,ワークショップを取り入れたセミナーを開催致します。
本セミナーは連続講座形式により,地球温暖化防止をはじめとする事業活動に伴う環境保全活動のノウハウ等を学ぶとともに,事業所の異なる環境担当者間の情報交流を促し,相互のネットワークづくりを目指します。
なお,4回すべてのセミナーに出席した受講者には修了証書を発行するとともに,修了者が所属する事業所にはセミナー推進事業所として認定書を発行致します。
また,4回連続セミナーに併せて,事例発表会を開催致します。事例発表会では環境への積極的な取組を行っている事業者による講演と,講演後の交流会にて,環境活動について自由に質問や意見交換を行います。

主催:京都市(環境政策局地球温暖化対策室)

共催:京都商工会議所,社団法人京都工業会,京のアジェンダ21フォーラム,特定非営利活動法人KES環境機構,財団法人京都高度技術研究所

日時・会場:
   第1回   6月 4日(月)13:30〜16:30 京都商工会議所
   第2回   6月13日(水)13:00〜17:00
                 施設見学会(光アスコン株式会社)   
   事例発表会 6月27日(水)13:30〜17:00 京都商工会議所
   第3回   7月 4日(水)13:30〜16:30 京都商工会議所
   第4回   7月19日(木)13:30〜16:30 京都商工会議所

 申込者には,後日,申込の確認として会場等の詳細についてご連絡致します。

定員:40名(連続セミナー(事例発表会含む)参加者)
   40名(事例発表会のみの参加)

申込締切:(連続セミナーへの参加)平成24年6月1日(金)
     (事例発表会のみの参加)平成24年6月22日(金)
     いずれも先着順

参加費:無料

第1回「事業者を取り巻く問題とこれからのあり方を考える」
●深刻化する環境問題,エネルギー問題に,事業者はどのように向き合うことが必要なのでしょうか?参加者同士の交流を通して,共に考える足掛かりとします。

第2回「環境にやさしい取組の現場を見てみる」
施設見学会:光アスコン株式会社(京都市伏見区横大路千両松町)
●産業廃棄物の中間処理(焼却)に伴う適正処理やサーマルリサイクルの一環である産業廃棄物の固形燃料化施設の見学を通じて,環境にやさしい取組みについて考えます。

事例発表会「これが聞きたい,環境活動」
●様々な業種において環境にやさしい取組を行っている事業所に,具体的な取組内容や苦労,やりがい等について,ご講演いただきます。講演の後には交流会を行い,環境活動について自由に質問や意見交換を行います。
(事例発表事業者)
・株式会社Hibana
・株式会社ディー・エー・シー
・リゾートトラスト株式会社エクシブ京都八瀬離宮
・三共精機株式会社
・特定非営利活動法人KES環境機構

第3回「私の事業所での環境にやさしい取組を考える@」
●これまでの事例を通じて自分の事業所で何ができるのかを考えます。他事業所の参加者との意見交換やグループワークを通じて問題点を整理し,取り組みの方向性を考えます。

第4回「私の事業所での環境にやさしい取組を考えるA」
●第3回の流れを受けて,具体的な取り組みを考えます。グループごとにアイデアを紹介しあい,それぞれの日常の事業所での取り組みのヒントにします。

詳細:http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000024286.html

申込方法:上記URLから申込用紙をダウンロード・記入された後,
電子メール:ge@city.kyoto.jp又はFAX:075−211−9286にてお申し込みください。

*ご記入いただいた個人情報は,本事業に関するご連絡,参加者名簿の作成,京都市環境政策局地球温暖化対策室からの各種連絡・情報提供のためにのみ利用します。
     
申込・問い合わせ先
■京都市環境政策局地球温暖化対策室 事業者支援担当
 tel:075-222-4555 fax:075-211-9286 e-mail:ge@city.kyoto.jp

posted by アジェンダ at 14:23| 他団体からの情報

2012年05月08日

2012年「本願寺水道を歩こう」ウォーキングイベント

2012年「本願寺水道を歩こう」ウォーキングイベントのお知らせ
(+本願寺水道再生アイデアコンペティションの優秀作品発表会)

本願寺水道。
それは、幕末の争乱によりお堂が焼失してしまったことを契機に、1897(明治30)年に造られた東本願寺独自の消防水道管です。

果たしてこのような設備はどのようにして作られたのか!
その背景には、歴史上の様々な人物の関わりや願いが隠されています。

今回の歩きでは、配管が目で見れる五条大橋をはじめ、街並みに残る本願寺水道の痕跡を探しながら、その敷設の歴史を紐解きます。また、先月行われました本願寺水道を再生再活用するアイデアコンペティションの優秀作品の発表も準備されています。
東本願寺とその周辺地域を守る、先人たちの防災・減災の知恵を学び現在へ活かす歴史想像の旅へと歩いてみませんか。

日時:2012年5月19日(土)
出発時間:午前10時(受付は9時半から)
集合場所:京都市地下鉄蹴上駅1番出口まえ
参加費:500円(行事保険料込み)
定員:25名

コース:
蹴上琵琶湖疏水→三条通→白川沿い→大谷祖廟(昼休み+学習会)
四条通→建仁寺まえ→五条大橋→東本願寺(ゴール)
※10時から出発、
 11時50分から13時半まで昼休み+学習会、
 大よそ15時に解散の予定です。

※参加対象は子供から大人までです
(ただし小さなお子様は、保護者同伴でのご参加をお願いします)
※当日は、雨天決行です。
※昼食は各自でご用意ください。
※車の多い道路も通りますので、
 歩行時にはくれぐれも安全にご注意ください。

主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援:京のアジェンダ21フォーラム

お申し込みは:東本願寺御修復事務所
TEL 075-371-9209
FAX 075-371-9222
E-Mail goenkihonbu@higashihonganji.or.jp

チラシのダウンロードはこちら(PDF 738KB)

IMG_0044.JPG

IMG_0054.JPG

IMG_0061.JPG
(過去の開催の様子)

posted by アジェンダ at 09:38| 他団体からの情報

2012年04月20日

いまからワタシも!サイクリスト入門連続講座

いまからワタシも!
サイクリスト入門連続講座(全5回)
(環境市民野の塾プロジェクト)

主催:スローモビリティライフプロジェクト実行委員会
実行委員会構成団体:環境市民(野の塾プロジェクト) LLP自転車ライフプロジェクト
後援:京のアジェンダ21フォーラム

“暮らしの中に自転車を活かす人=サイクリスト"の入門講座を始めます!通勤・通学や買い物でフツーに乗っている人も、これから本格的に乗ってみようという人も、大歓迎。街乗りや日帰りサイクリングを交えながら、安全・快適に走るためのルールや、自転車フレンドリーな街・道のあり方について、一緒に考えてみましょう。各回単発での参加も可能ですが、全5回通しの参加(6,000円)をオススメします!

【第1回】乗り方と整備の基本
  6月10日(日) 午後1:30〜5:00
【第2回】街乗り実践 伏見へ!
  7月8日(日) 午前9:00〜午後4:00
【第3回】眼からウロコ! 自転車が使いやすい街ってどんな街?
  8月5日(日) 午後1:30〜4:00
【第4回】日帰りサイクリング・琵琶湖へ
  9月9日(日) 午前9:00〜午後6:00
【第5回】私が見つけた自転車ライフ
  10月7日(日) 午後1:30〜4:00

※スローモビリティライフプロジェクトとは……
自動車に過度に依存しなくても徒歩・自転車・公共交通で日常生活を送ることができる「コンパクトシティ」の実現や、スローライフの視点での価値の再発見をめざしています。

お申し込み・お問い合わせ
特定非営利活動法人環境市民事務局
 メール bicycle@kankyoshimin.org
 ※お名前・お電話番号と参加を希望する回を明記してください。
  実施日の3日前までに申込みお願いします。
 電話 075-211-3521  FAX 075-211-3531

詳細はこちら(環境市民のHP)

以下、各回の詳細
続きを読む
posted by アジェンダ at 09:44| 他団体からの情報

2012年04月14日

環境教育リーダー養成講座2012

受講者募集中
◆環境教育リーダー養成講座 2012 (5月開講 全6回連続)◆

自然保全、ごみ減量、温暖化防止等の全体像の理解と、
企画運営スキルなどの実践的修得ができる講座です。
これまで多くのリーダーを生み出した実績があります。

全体コーディネーター 堀 孝弘
(NPO法人環境市民 事務局長・京都精華大学、龍谷大学非常勤講師)
定員 30名
締め切り 5月11日(金)(事前申込が必要です)
参加費 12,000円 学生:7,000円
(全6回通し・資料代および第6回の宿泊研修費(3食付き)を含む)

第1回 5月13日(日) 10:00〜17:00
 「はじめよう環境教育 講座への期待」
 講師:西村仁志
 (広島修道大学人間環境学部准教授、環境共育事務所カラーズ主宰)

第2回  5月27日(日) 10:00〜17:00
「自然のふしぎ・おどろきを体験しよう」
 講師:久山喜久雄(フィールドソサエティ代表)
 会場:京都市内の公園(候補地・京都御苑)

第3回  6月10日(日)10:00〜17:00
 「まちあるき(まちの宝さがし)インタープリター入門」
 講師:永橋爲介(立命館大学准教授)
    下村委津子(ECOパーソナリティ・NPO法人環境市民理事)、
 会場:京エコロジーセンター及び周辺

第4回 6月24日(日) 10:00〜17:00
 「グリーンコンシューマーがひらく新しい社会」
 講師:堀 孝弘
 (NPO法人環境市民事務局長・京都精華大学、龍谷大学非常勤講師)

第5回  7月15日(日) 10:00〜17:00
 「地球温暖化と環境教育 教材づくりの基礎理解」
 講師:癘{育生(NPO法人環境市民代表理事)

第6回  7月28日(土) 12:30〜 7月29日(日) 16:00
 「環境教育プログラムをつくってみよう」
 講師:癘{育生
 会場:御所西 京都平安ホテル(京都市上京区烏丸通上長者町上る)

詳細・お申し込みは、以下のHPをご覧ください。
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/activity/activity02.html
posted by アジェンダ at 10:58| 他団体からの情報

2012年04月10日

本願寺水道再生アイデアコンペティション

明治30年に敷設されました消防水利用水道管である「本願寺水道」は漏水の発生など老朽化のため2008年から送水を停止しており、このままでは、歴史的遺産を失われる危機に当面しております。この本願寺水道を再生し、歴史遺産と守ることは勿論、多様な水利用の可能性を考えるため、「本願寺水道」再生アイデアコンペティションを実施します。

「文化」「環境」「防災」をキーワードに再生活用するアイデアを募集しております。

@本願寺水道の管路上における市民消火栓などの防災利用へのアイデア
A東本願寺前緑地帯に本願寺水道を用いた公園へのアイデア
Bその他、本願寺水道再生についてのアイデア

応募について
@期間 2012年4月1日(日)〜2012年4月30日(月)※必着
A送付先 〒600-8505 京都市下京区烏丸七条上ル 「真宗大谷派宗務所 御修復事務所」宛

主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
協賛:東本願寺、立命館大学 歴史都市防災研究室

問合せ先
真宗大谷派宗務所 御修復事務所
Mail:goenkihonbu@higashihonganji.or.jp

要綱のダウンロードはこちら(PDF 543KB)

posted by アジェンダ at 11:37| 他団体からの情報

2012年02月25日

我が社でできる!再生可能エネルギー利用法セミナー

〜新しい環境配慮の取組とPR方法が見つかります〜

 今、太陽光や風力、バイオマスなど再生可能エネルギーが注目を集めています。事業者の立場からも、再生可能エネルギー利用を進めることが求められています。しかし、実際どのように事業活動に取り入れるか、悩ましいところではないでしょうか。
 そこで、本セミナーでは、事業所での再生可能エネルギーの導入事例や方法、グリーン電力の購入、寄付による支援など、京都における多様な取組の可能性をご紹介します。さらに、自社での環境の取組やPR方法を考えるための情報・意見交換会を行います。

【主催】京エコロジーセンター京グリーン電力運営協議会
【日時】2012年3月21日(水)14:00〜16:00(受付開始:13:30)
【プログラム】
 1.企業の再生可能エネルギーの導入事例とその方法
   (株式会社エコテック)
 2.寄付で地域の再生可能エネルギー普及に貢献
   (認定NPO法人きょうとグリーンファンド)
 3.電力のグリーン購入のすすめ(京グリーン電力運営協議会)
   企業での取組事例(京都タワー株式会社)
   行政での活用事例(京都府文化環境部地球温暖化対策課)
 4.意見交換会〜自社で再生可能エネルギーにどう取り組むのか

【参加費】無料
【会場】京都市消費生活総合センター・研修室
   (中京区烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階)
【定員】50名
【参加申し込み方法】
下記内容を office@miyako-gpc.comまで送信ください。
(申し込みなしでの参加も可能ですが、資料準備の都合上、事前申し込みをお願いいたします。)

------------------------------------------------
参加申し込み
我が社でできる!再生可能エネルギー利用法セミナーへの
参加を希望します。

お名前  
会社名
部署名
電話番号
E-mail  
------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
京グリーン電力運営協議会(担当:木村)
〒600-8085 京都市下京区葛籠屋(つづらや)町515-1 3F
TEL/FAX 075-708-8153 E-mail office@miyako-gpc.com
http://www.miyako-gpc.com/

チラシのダウンロードはこちら(PDF 288KB)
posted by アジェンダ at 08:55| 他団体からの情報

2012年02月17日

第11回バイコロジー京都「市民フォーラム」

テーマ −自転車が活きる街づくりのために―
    「自転車の健全な利用について」
日時 2012年(平成24年)3月3日(土)
   午後2時〜4時30分(開場1時30分)
場所 京都アスニー(5F・第6、第7研修室)
    京都市中京区丸太町通七本松西入
    TEL.075-802-3141
参加対象 一般市民
参加費 無料(お気軽におこしください)
内容 【前半】パネリスト発表 【後半】質疑応答・まとめ
―パネリスト―
 多賀一雄氏 自転車活用推進研究会理事・
       京都府自転車軽自動車商協同組合理事
 藤本芳一氏 (LLP)自転車ライフプロジェクト代表組合員
 京都市建設局土木管理部自転車政策課
 京都府府民生活部安心・安全まちづくり推進課
 京都府警察本部交通企画課
―コーディネーター―
 井原秀隆氏 京都府バイコロジーをすすめる会常任理事・
       京都サイクリング協会理事長
主催 京都府バイコロジーをすすめる会
後援 京のアジェンダ21フォーラム・特定非営利活動法人環境市民・
   京都サイクリング協会・京都府自転車競技連盟・
   京都府自転車軽自動車商協同組合・
   京都府自転車防犯登録推進協議会
問い合わせ 京都府バイコロジーをすすめる会「市民フォーラム事務局」
 〒615-0066 京都市右京区西院四条畑町6 四条マンション32号
 井原方
 TEL&FAX 075-314-1671
 E-mail sanbouan@ybb.ne.jp

チラシのダウンロードはこちら(PDF 145KB)
posted by アジェンダ at 16:27| 他団体からの情報

2011年10月19日

「東本願寺 お堀体験」参加者・見学者募集!!

〜お堀から環境問題と地域防災を考える〜
『東本願寺 お堀体験』 参加者・見学者募集!!

10月30日は、身近な“環境”について、楽しく考える日にしませんか?
  当日参加も大歓迎です!!
開催日時:2011年10月30日(日)10:00〜

東本願寺の「お堀」には大量に捨てられたごみや、どこからかやってきた魚などの生物が存在します。
また、東本願寺を火災から守るために、明治時代に琵琶湖疏水から高低差を利用して水を引いた「本願寺水道」をご存知ですか?
このような状況を多くの市民の方に知ってもらい、現代のくらしのあり方やいのちの尊さ、地域防災について考えながら、お堀の存在意義について、共に考えることを願いとしたイベントを催しています。
また、お堀の水を利用した市民参加型のバケツリレーを行い、地域防災の拠点として、お堀の活用を体験していただきます。ぜひご参加ください。

10:00〜 「お堀」探検(生き物&ごみ採取)
 お堀にどんな生き物が住んでいるか、どんなごみが捨てられているか、見に来ませんか?
 水環境、防災機能、文化遺産を兼ね備える「本願寺水道」についての展示もあります。
12:45〜 バケツリレー体験
 広域災害を想定した、お堀の水を使ったバケツリレー、体験してみませんか?

詳しいお問い合わせは、
 東本願寺 御修復事務所まで
 電話 075-371-9209 FAX 075-371-9222
 メール:goenkihonbu@higashihonganji.or.jp

主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援:京のアジェンダ21フォーラム

111030.jpg

チラシのダウンロードはこちら(PDF 400KB)
posted by アジェンダ at 17:54| 他団体からの情報

2011年09月12日

まいまい京都2011秋

9月17日(土)から、全56コースのまち歩きイベント
「まいまい京都2011秋」を開催します。
http://www.maimai-kyoto.jp/

まいまい京都とは
まいまいとは?「うろうろする」という京ことばです。
京都の住民がガイドする、京都のまち歩きイベントです。

老舗店主、主婦、学生、占い師、植木屋、京町屋大工の棟梁、
鉄ちゃん、銭湯マニア、妖怪の子孫、京都大好き外国人など、
バラエティに富んだガイドたち。

各2〜3kmのコースを、約2時間かけて、じっくり堪能します。
まだ見ぬ京都の魅力を、いっしょに楽しみましょう。


まいまい京都 事務局
〒616-8191
京都市右京区太秦中山町29 (財)京都ユースホステル 内
tel:075-462-2312 fax:020-4623-3417
(受付時間:10:00〜18:00 ※定休日:水・日・祝)
url:http://www.maimai-kyoto.jp
twitter:http://twitter.com/maimai_kyoto
facebook:http://www.facebook.com/maimai.kyoto
mixi:http://mixi.jp/view_community.pl?id=4624228

maimai110917.jpg
posted by アジェンダ at 10:06| 他団体からの情報

2011年08月31日

渉成園(枳殻邸)秋の自然観察会

いきもの観察+竹で工作をしよう!

渉成園(枳殻邸)は、みどりあふれる大きなお庭です。いろんな種類の木があって、そこにはたくさんのいきものが訪れます。ちょっと涼しくなったこの季節、木の実やきのこなどの秋のいきものを観察しましょう。
そして、この時期は竹を切るのに良い季節。この時期の竹は材質がよく虫がつきにくいといいます。観察のあとは園内に生えている竹を使って工作をしてみましょう!

日時:2011年10月1日(土)9時30分〜12時
場所:渉成園(枳殻邸)
受付:渉成園入口受付前 ※9時受付開始
参加費:ひと家族500円(材料費・保険等含む)
    *親子参加歓迎 *大人のみの参加も可能です。
定員:20名(事前申込・先着順)
持ち物:軍手・帽子・飲み物(水とうなど)・ タオル
服装:運動靴・動きやすい服装
*小雨決行

講師:吉野浩樹 
(渉成園の庭木の手入れをしている植木屋さん。小学校や幼稚園での環境学習の先生や、森林インストラクターとして府内各地で自然観察会や林業体験などのリーダーもしています。)

主催:東本願寺と環境を考える市民プロジェクト
後援・協力:京のアジェンダ21フォーラム

申込先: 東本願寺 御修復事務所
でんわ:075-371-9209 (平日のみ9:00〜17:00)
ファックス:075-371-9222
メール: goenkihonbu@higashihonganji.or.jp
(ファックス・メールについては、参加者名・人数・連絡先明記でお願いします。)

チラシのダウンロード(PDF 900MB)
posted by アジェンダ at 10:45| 他団体からの情報