2017年03月31日

季刊誌「あじぇんだ」2017年春号発行

京のアジェンダ21フォーラムの季刊誌「あじぇんだ」2017年春号を発行しました。

agenda2017spring.jpg

ダウンロードはこちら(PDF 7.5MB)

バックナンバーはこちら
posted by アジェンダ at 10:22| 定期発行物

2017年03月06日

グリーンインフラ・雨庭について学ぼう

私たちのくらしを支える「まち」を守るのに、コンクリートだけでなく、自然をうまく使う「グリーンインフラ」という考え方が注目されています。
このたび、都市のグリーンインフラとして「雨庭」に着目されている森本幸裕先生を、エコ改修で雨水利用施設やビオトープ「いのちの庭」を整備した朱雀第四小学校にお招きし、その意義や考え方について学ぶ機会を持ちたいと思います。
また、朱四学区での取り組みもご紹介し、そのインフラを地域ぐるみで維持・活用するためにどうすればいいかも合わせて考えたいと思います。どうぞお気軽にご参加ください。

日時:2017年3月27日(月)14:30〜16:30
場所:京都市立朱雀第四小学校 ふれあいサロン
(京都市中京区西ノ京笠殿町164)
アクセス
https://www5.city.kyoto.jp/map/?lat=35.014068890000000&lng=135.733651900000000&id=1000000772&zoom=18

プログラム
1 朱雀第四小学校の雨水利用施設・いのちの庭の説明
2 講演「グリーンインフラ・雨庭の意義(仮題)」
  森本 幸裕さん (京都学園大学教授・公益財団法人京都市都市緑化協会理事長)
3 朱雀第四学区「エコ学区 グリーンUPプロジェクト」の取組紹介
  谷内口 友寛さん (公益財団法人京都市環境保全活動推進協会)
4 雨水利用施設・いのちの庭・西ノ京公園の花壇見学

対象:みどり・雨水・防災・環境などに関心のある企業の方、地域の皆さま、学校関係者、NPO関係者、行政関係者など
参加費:無料
定員:30名(申込先着順)

申込方法:@お名前 Aご所属(あれば) B連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)をメールかFAX(チラシ裏面に申込用紙あり)で下記申込先までお送りください。

主催:京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム
協力:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会公益財団法人京都市都市緑化協会特定非営利活動法人KES環境機構

お問合せ・申込先:京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム事務局(担当:井上)
電話 075-647-3535  FAX 075-647-3536
メール ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

170327_ページ_1.jpg

チラシのダウンロードはこちら
posted by アジェンダ at 12:11| お知らせ

2017年03月01日

京えこめる 2017年3月号(No.93)


―――――――――――――――――――――――――――

*****--------------------------------------------

京えこめる 2017年3月号
                       No.93
--------------------------------------------*****

―――――――――――――――――――――――――――
【 目次 】
◆京のアジェンダ21フォーラムからのお知らせ
 ○グリーンインフラ・雨水について学ぼう
◆京都市からのお知らせ
 ○事業者向け省エネ対策セミナーの開催について
◆京エコロジーセンターから3月のお知らせ
 ○エコロジーカフェ 〜フードロスについて考えよう〜
◆その他のお知らせ
 ○環境首都創造 公開セミナー「地域からの持続可能な社
 会づくりと気候変動への対応」
 ○京都からはじめよう 持続可能な社会へのパラダイムシ
 フトSDGs(持続可能な開発目標)CSR(企業の社会的責任)セ
 ミナー
 ○2050年脱炭素ビジョンの実現に向けて 自治体の温暖化
 対策の成果と展望
 ○小水力発電キャッチアップ講座(第3回)「琵琶湖疏水
 は水力発電発祥の地疏水の歴史を学んで、大胆シミュレー
 ションしてみませんか?
 ○平成の大茶会 洛東の名刹東福寺で楽しむ世界のお茶と
 環境の話
◆会員からの情報提供について

続きを読む
posted by アジェンダ at 16:36| 定期発行物

2017年02月17日

私たちの暮らしとSDGs(持続可能な開発目標)CSR(企業の社会的責任)セミナー

SDGs 最近よく見かける言葉ですね。
国連すべての加盟国で採択した「持続可能な開発目標」のことです。
でも、遠いところの話ではありません。
私たちの生活、仕事、地域のこれからに大きく関わってくる取り組みです。
分かりやすく伝えるセミナーを開催します。
ぜひ、SDGsについて知ってください。

■講演 「誰も置き去りにしない!SDGsで私たちの世界を変革しよう」
 根本かおる氏 国際連合広報センター 所長

■講演 「SDGs時代の企業の社会的責任」
 関正雄氏 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 CSR部上席顧問 

■パネルディスカッション 
 「世界を変革するパートナーシップ 
 持続可能な消費と生産をテーマに私たちに必要な具体的行動とは」
 パネリスト 根本かおる氏 関正雄氏  コーディネーター 癘{育生

■とき:2017年3月9日(木)午後1時半〜4時半
■ところ:東本願寺しんらん交流館大谷ホール(烏丸花屋敷通り西入)
■アクセス:JR京都駅から徒歩6分、地下鉄烏丸線「五条駅」8番出口から徒歩

■対象:持続可能な社会づくり、持続可能な消費と生産に関心のある市民・NPO、事業者、自治体どなたでも
■会費:一般:1,000円 学生、環境市民・KES会員:500円
■申し込み:life@kankyoshimin.org
 (件名を3月9日セミナー申込参加としてください)
 できるかぎり事前にお申し込みください。

■主催:認定NPO法人 環境市民/共催:NPO法人 KES環境機構 
 *公益財団法人京都オムロン地域協力基金の助成を受けて開催します
■協力:消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク、気候ネットワーク
■後援:京都府、京都市、京都市環境保全推進協会、京都商工会議所、京都工業会、京都府地球温暖化防止活動推進センター、京のアジェンダ21フォーラム

http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=242

posted by アジェンダ at 16:37| 他団体からの情報

環境首都創造 公開セミナー「地域からの持続可能な社会づくりと気候変動への対応」

環境首都創造NGO全国ネットワーク」では、持続可能な社会創りとあわせた地域全体の気候変動防止政策・活動をサポートする活動を行っています。その一環として、この課題に多角的に取り組むための公開セミナーを開催することにしました。自治体、NGO、研究者、市民のみなさん、ぜひご参加ください。

とき 2017年3月3日 午前10時〜午後5時

ところ 池坊短期大学 洗心館 6階第1会議室
京都市地下鉄四条駅、阪急烏丸駅、市バス四条烏丸 徒歩2分〜5分
http://www.ikenobo-c.ac.jp/koutsu/#map2

参加費 無料 (定員になり次第締め切りますので、できるだけ早めのお申し込みを)

お申し込み 必ず事前に下記に「公開セミナー」の件名でお申し込みください。
全日参加が基本ですが、部分参加もOKです。その場合は丸数字でご希望をお願いします。
お名前、所属、連絡先電話を書いてください
office@eco-capital.net

■講師とテーマ
@10:05〜 内藤正明さん(NPO法人循環共生社会システム研究所代表理事、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター長)
「地域からの持続可能な社会づくりの実装例とポイント及び理念」

A11:35〜 倉阪秀史さん(千葉大学大学院人文社会科学研究科教授)
「未来シミュレーター 地域の社会資本ストックのマネジメント」

B13:55〜 松橋啓介さん(国立環境研究所社会環境システム研究センター)
「持続可能な地域に向けた交通と都市の計画」

C15:25〜 阿部成治さん(福島大学特任教授)
「ドイツのまちづくりと土地利用制度 ルール地方の持続性を目ざす試みに学ぶ」

コーディネーター 癘{育生(環境首都創造NGO全国ネットワーク代表幹事)

主催 環境首都創造NGO全国ネットワーク
(事務局)認定NPO法人 環境市民 075-211-3521

本公開セミナーは、地球環境基金からの助成を受けて開催します。
posted by アジェンダ at 15:29| 他団体からの情報